ブランドイメージまとめ 欧州1

ザックリわかる!ロードバイクのブランドイメージまとめ【ヨーロッパ編①】

ロードバイク購入でまず悩むのが、「どのメーカーがいいの?」ではないでしょうか。ただ、フレームブランドの違いは走りにほとんど影響しないので、価格帯やデザイン、イメージで選んでもいいです。

みんな大好きブランド選び!複数あるブランドのイメージや特徴を個人的な意見でまとめます。まずはヨーロッパ編①

【関連記事】
ヨーロッパ編②
  北米・アジア編

PINARELLO(ピナレロ) ー イタリア

2016ツールドフランスで圧倒的な強さで優勝したクリス・フルームが乗っていたブランドです。イタリアらしく、車でいえばフェラーリのような高級感とパンチ、派手さがあります。

フロントとリアフォークが美しい曲線を描いているのも独特です。こんなん乗ってたら金髪美女にモテモテ間違いなしです。価格帯は高いです。(PINARELLO/ピナレロ公式サイトpinarello ピナレロ

CANYON(キャニオン) ー ドイツ

2016ツール・ド・フランスではカチューシャとモビスターの2チームが使用してました。ドイツブランドという事で質実剛健なイメージです。一番の特徴は店では買えない事・・。

購入はドイツのメーカーに直接注文しなくてはなりませんが、輸入代理店と販売店の利益が価格に足されてないので安く高品質のバイクを購入できます。自分でメンテナンスをきちんとできるのであればオススメです。自分もキャニオンに乗ってます!(CANYON/キャニオン公式サイト
canyon キャニオン

LOOK(ルック) ー フランス

自分の憧れるブランドナンバー1です。赤黄青のモンドリアンカラーが有名です。乗っている人を見るとかなりの熟練者だという感じがしてむっちゃ速く見えます(笑 価格帯もやっぱり高いです。

トップチューブとステムがまっすぐで独特なハンドル回りをした機種があり、周りから羨望のまなざしを受けながら軽快に走りたい人におすすめのブランドです。(LOOK/ルック公式サイト

look ルック

BIANCHI(ビアンキ) ー イタリア

薄い水色のチェレステカラーが有名。昔、有名選手がこのバイクで活躍した時期があり、その影響で日本での認知度は1番だと思います。何も知らない人でもビアンキだけは聞いたことがある人が多いみたいですね。

初心者の方に「ビアンキっていいんでしょ?」と聞かれる事も多いです(笑 もちろん今もプロレースで使われている超一流メーカーです。価格帯は普通~安目。(BIANCHI/ビアンキ公式サイト
bianchi ビアンキ

RIDLEY(リドレー) ー ベルギー

個人的なイメージでは華奢で軽快って感じです。2016ツール・ド・フランスではロット・ソウダルが使っていた一流メーカーです。自転車アニメの弱虫ペダルで女の子にモテモテキャラが乗ってたので女性に人気みたいですね。

ガチガチのプロショップに何も知らない女性が「リドレーありますか?」みたいな・・。リドレーって名前もシュッとした感じでスタイリッシュな印象ですが、自転車大国ベルギーのブランドなので実力は本物です。価格帯は普通。(RIDLEY/リドレー公式サイト

ridley リドレー

FELT(フェルト) ー ドイツ

価格が手ごろでコスパが高いブランドです。まだ出来て間もなく歴史は浅いですが作りはしっかりしています。価格帯は安目。

特に特徴はないですが、10~20万円くらいのエントリーモデルの種類が豊富なので初めに手を出すにはいいバイクだと思います。デザイン性は無味無臭で無難な感じでまとまってます。(FELT/フェルト公式サイトfelt フェルト

TIME(タイム) ー フランス

とにかく高級なイメージ。LOOKに続いて憧れのブランドナンバー2です!尖った感じのデザインもカッコいいです。この自転車に乗っている人も熟練者で速い人が多い印象ですね。

TIMEに乗った人が後ろから迫ってきたらすぐに道をあけましょう(笑 価格もかなり高いです。LOOKもそうですがTIMEはペダルも作っています。(TIME/タイム公式サイトTIME タイム

SCOTT(スコット) ー スイス

主要モデルのアディクトは真っ直ぐでカッチリしているトップチューブを採用するなど、男らしいストイックなイメージです。これに乗って黙々とローラーを漕ぎましょう(笑

最近は軽量化にも力を入れているのでヒルクライムとかにもいいかもしれません。精密な時計で有名なスイスのメーカーってのも好印象です。価格帯は普通。(SCOTT/スコット公式サイト
scott スコット

BH(ビーエイチ) ー スペイン

元々重火器を作っていた歴史があるメーカーです。コスパも高く、自分が初めて購入したBHのロードバイクは、フルカーボンフレームにティアグラで15万円程度でした。カーボンでこの価格は安いですよね。

また、エアロ系に強く平地が速い人が乗っているイメージがあります。もちろんヒルクライム用の超軽量フレームも扱っていますよ。価格帯は普通~安目。(BH/ビーエイチ公式サイトbh ビーエイチ

ORBEA(オルベア) ー スペイン

同じスペインで元重火器メーカーという事もありBHとイメージは似ています。エントリーモデルは比較的安価で購入できると思います。BHより乗っている人が少ないので、他とかぶりたくない人はこちらを選ぶといいかもしれません。

デザイン的にスッキリしたモデルが多いですが、ちょっと昔っぽいゴテゴテのカラーリングもあります。価格帯は普通~安目。(ORBEA/オルベア公式サイトorbea オルベア

関連記事

  1. 2016.12.04 熊本のイベント「天草四郎サイクリングフェスタ」

    楽しい自転車日記

    くまモン参加!熊本のイベント「天草四郎サイクリングフェスタ」

    今回はロードバイクやクロスバイクを手に入れたらぜひ参加してほしいサイク…

  2. ロードバイクのサイズ選び

    おすすめパーツ

    ロード購入はサイズに注意!どんなパーツにサイズがあるの?

    ロードバイク・クロスバイクは洋服のように各パーツにサイズがあります。身…

  3. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!

    ウェア・アクセサリー

    場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管!

    普通の自転車にくらべると高額なロードバイク・クロスバイク・MTB(マウ…

  4. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 欧州編

    高級バイクはお値段的に買えないと分かっていても見るだけで楽しくなります…

  5. 意外と知らない!正しいロードバイクのコーナリングとトレイン走行 ブログページ

    速く走りたい!

    意外と知らない!ロードバイクの正しいコーナリングとトレイン走行

    ロードバイクはまず安全第一が基本ですよね。しかしサイクルイベントなどに…

  6. インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON ULTIMATE]

    完成車情報

    インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON ULTIMATE]

    2016年4月に購入したキャニオン アルティメット SL 9.0 DI…

人気記事

  1. 乗り心地がかわる!クリンチャーホイールに使えるチューブラータイヤ
  2. 【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!
  3. どれだけ知ってる?スポーツ自転車で使える便利アイテム グッズ 14選
  4. 軽装で出来るパンク対策を考える!
  5. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ イーストン、ウルサス、エキノクス、エンヴィ、カンパニョーロ、ゴキソ、コリマ、ジップ、シマノ、スピナジー
  6. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編
  7. 楽に速く走る!知っておきたいペダリングの基本 ペダリスタ | pedalista
  8. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ
  9. 誰でも簡単にすぐできる!ロードバイクで速く走れる呼吸法とは?
  10. 欲しい自転車に乗る!格安でロードバイクをつくる方法!

アーカイブ

  1. 2017年 ジロ・デ・イタリア前半戦 !1~9ステージの結果と感想

    ロードレースが面白い

    2017年 ジロ・デ・イタリア前半戦 !第1~9ステージの結果と感想
  2. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    おすすめパーツ

    10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編
  3. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?
  4. メンテナンスや修理に必須!ロードバイクのパーツ別適正トルク表!

    メンテナンス・修理・調整

    メンテナンスや修理に必須!ロードバイクのパーツ別適正トルク表!
  5. ロードレースやトレーニング情報!おすすめロードバイク本 part.2

    アニメ・漫画・本

    自転車旅やトレーニング関連のおすすめロードバイク本 part.2
PAGE TOP