ロードバイクのサイズ選び

ロード購入はサイズに注意!どんなパーツにサイズがあるの?

ロードバイク・クロスバイクは洋服のように各パーツにサイズがあります。身体に合っていないサイズでは体に痛みが出たり見た目が不格好になったり、速く快適に走れなかったりします。

パーツによっては購入してからでも変更できますが、無駄な出費をしないためにも最初に買うときにしっかり確認しましょう。パーツ別にサイズの見方や適応身長の目安などをまとめます。

【関連記事】
ロードバイク・クロスバイクの初心者入門

フレームのサイズ

フレームはロードバイクの根幹になるパーツなので、サイズが合わなかったからと言って後で変更は難しいです。出来ないことないですが・・かなりの出費になります。まずはフレームのサイズをしっかり確認しましょう!完成しているスポーツバイクを買う場合は、フレームのサイズを基準にその他のパーツもサイズを考えて取り付けられているので、フレームサイズを合わせれば大体すべてのパーツが体に合います。

大手チェーン店などではわかりやすくサイズと適応身長などが書いてありますが、フレーム各部の寸法や構成はメーカーによって違うので出来ればそのメーカーのホームページやカタログなどで確認した方がいいと思います。フレーム各部の寸法や構成をジオメトリーと言います。

ジオメトリーはトップチューブ値、シートチューブ値、ダウンチューブ値、シートステー値、チェーンステー値などで表記されますが、サイズ判断の基準になるのはトップチューブ値です。注意する点は斜めや湾曲しているタイプのトップチューブもあるのでホリゾンタル換算(水平換算)の値を基準にします。ホリゾンタルとはトップチューブを水平にした場合の事です。

トップチューブ ホリゾンタル換算値

フレームのジオメトリーは長さだけではなく角度も影響します。同じトップチューブ長でもメーカーによって適応身長が違うので、メーカーサイトかカタログで確認する事が重要です!出来れば試乗もしたいです。また同じメーカーでも機種やグレードによってサイズと適応身長が違うので注意しましょう。

またフレームが大き過ぎると他のパーツを使ってもポジション修正できません。小さいのは修正できるので迷ったら小さめがおすすめです。

チェーンリングの大きさ

チェーンリングはクランクについているギアの事です。そう、ギザギザのアレです。ロードバイクには大小2枚付いています。

チェーンリング

店舗で販売されている完成車の多くは小さくて歯数が少ないコンパクトクランクというのが付いています。コンパクトクランクは大きいリングが歯数50、小さいリングが歯数34で構成されていて「50-34」と表記します。

歯数が少ないのでペダルを回すのは楽になりますが若干速度は遅くなります。レースなど考えず普通に楽しく乗る分にはこれで十分です。その他ノーマルクランクは「53-39」、ノーマルとコンパクトの中間にあたるセミコンパクトは「52-36」と表記します。

歯数が1つ違うだけで走りも結構違うものです。ガチで走りたい人は「52-36」以上がいいかもしれませんね!

  • 50-34 - コンパクト ペダル軽いけどハイスピード出にくい。登りが楽!
  • 52-36 - セミコンパクト 中間の性能。ややノーマル寄り。
  • 53-39 - ノーマル ペダル重いけどハイスピードが出しやすい。登りキッツイ!装備すれば男の中の男と注目を浴びる(笑

クランクアーム長

クランクアームはクランクとペダルをつなげている棒です。クランクアーム長さ

これにも長さがいろいろあります。長いとトルクが大きくなり楽にペダルを回せますがペダル1回転の円周が長くなり速く回せなくなります。また長すぎると大きく動かすので足に負担がかかりひざ痛の原因にもなりますので注意です!

よく身長の10分の1が基準とか書いてあるサイトもありますが無理があるのでおすすめしません。身長175cmで175mmのクランク長とかキツいですよ~。(股下長にもよりますが・・)実際私は身長175cmですが170mmと172.5mmのクランクを長期間乗り比べた上で、今は170mmのクランクを使ってます。

ショップで販売している完成車にも170mmが装備されている場合が多いです。下はクランク長と適応身長の目安です。迷った場合はショップに相談しましょう!

クランク長 - 適応身長
  • 165mm - 150~160cm
  • 167.5mm - 155~165cm
  • 170mm - 165~175cm
  • 172.5mm - 175~185cm
  • 175mm - 180~190cm

クランクアーム長さのサイズ表記

クランクアームの長さは先の裏に書いてありますよ。

ステムの長さ

よ~く考えよ~♪ステムは大事だよ~♪ 古いですかね(汗 ステムは大体10mm単位で交換できサドルからハンドルまでの長さを調節します。大体70~140mmのサイズがありますが短すぎるとカッコ悪いので90~120mmくらいにしておくのが一般的です。

ステムサイズ

ステムサイズはフレームサイズのトップチューブ長(ホリゾンタル)でも変わってくるので一概には言えませんが、力を抜いて試乗し脇部分の腕と体の角度が90度くらいになるのがいいかもですね。ステムはそんなに高いパーツではないし(2000~10000円)交換作業は簡単なので後で変更も可能です。

ハンドル幅

ハンドル幅もサイズがあり一般的に肩幅に合わせます。ハンドルを握って両手を平行に真っ直ぐ伸ばせるか、それよりやや広めの幅が目安となります。肩幅より広いハンドル幅は操作の安定感が増しますがやや前傾姿勢となり空気抵抗も若干増えます。

逆に狭いハンドル幅は安定感が落ちますので初心者の方は方は肩幅より狭いハンドル幅はやめた方がいいでしょう。表記は2種類あり「芯ー芯(C-C)」と「外ー外」と表記します。芯ー芯(C-C)400mmと外ー外の420mmは同じサイズとなるので確認する際はどちらの表記か注意が必要です。

バイクを購入するときはできるだけショップで試乗して身体に合っているか確認しましょう。

ハンドル幅

まとめ

  • フレームサイズは検討しているロードバイクメーカーのサイトかカタログで欲しい機種をしっかり確認しよう!
  • ガチで走りたいならノーマルかセミコンパクトのクランクを選ぼう。
  • クランク長も身長を基準に確認しよう!出来れば試乗を。
  • ステムも試乗して確認を。交換できれば交換してもらおう。
  • ハンドル幅は肩幅を目安に合わせよう。出来れば試乗を!

【関連記事】
ロードバイク・クロスバイクの初心者入門

関連記事

  1. 各パーツの違いを比較!シマノ 新型アルテグラR8000系と旧型6800系

    おすすめパーツ

    各パーツの違いを比較!シマノ 新型アルテグラR8000系と旧型6800系

    シマノのコンポーネント、アルテグラ「R8000系シリーズ」が2017年…

  2. 20万円以上のロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    おすすめパーツ

    20万円以上のロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    前々回「10万円以内のおすすめホイール」、前回「10~20万円のおすす…

  3. 安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク13選!

    完成車情報

    安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク 13選!

    前回の記事で「ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い」を書…

  4. 実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    おすすめパーツ

    実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    一昔前まではトッププロのロードレースでもタイヤの太さは21~23Cと細…

  5. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - スラム編 ロードバイク

    おすすめパーツ

    どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 – スラム編

    ロードバイクに装備されている3大コンポーネントメーカー【シマノ・カンパ…

  6. どこまで走りが変わるのか? ロードバイクのホイール交換と選び方

    おすすめパーツ

    どこまで走りが変わるのか? ロードバイクのホイール交換と選び方

    ロードバイクを購入してしばらくしたら、パーツ交換で愛車をカスタマイズし…

人気記事

  1. ロードバイク・クロスバイクの盗難防止に!カギの選び方と種類
  2. 初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本
  3. 自転車に乗って音楽を聴く!おすすめ骨伝導ヘッドホンメーカー 7選
  4. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 - スポーツサングラス -
  5. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!
  6. 自転車用パーツ・ロードバイクが激安!海外通販サイトでの購入方法
  7. デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選
  8. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!
  9. ハイブリッド式&ダイレクト式!おすすめ最新特殊ローラー台 7選
  10. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど

アーカイブ

  1. すごすぎる!自転車を愛しすぎた冒険家と偉人たち

    楽しい自転車日記

    すごいぞ!自転車を愛しすぎた冒険家と偉人たち
  2. とっても重要!簡単なロードバイクのポジション調整方法 サドル高 etc・・

    メンテナンス・修理・調整

    とっても重要!ロードバイクの簡単なポジション調整方法
  3. どこまで走りが変わるのか? ロードバイクのホイール交換と選び方

    おすすめパーツ

    どこまで走りが変わるのか? ロードバイクのホイール交換と選び方
  4. ロードバイクのトレーニング!3本ローラー・固定ローラーの選び方

    速く走りたい!

    ロードバイクのトレーニングに!3本ローラー・固定ローラーの選び方
  5. ロードレース - 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝利。TTはトニー・マルティンが優勝

    ロードレースが面白い

    ロードレース – 2016世界選手権の結果!サガンが見事に勝利。
PAGE TOP