road ロードレースの面白さ

そうだったんだ!ロードレース観戦は面白い① 【空気抵抗ってすごい編】

ロードレースは心理戦

ロードレースが面白いのは速くて強い選手でも勝つのが難しく、力の弱い選手でも駆け引きで勝つチャンスがあるからです。その駆け引きを理解して観戦すると面白さがグッと増します!

なぜ駆け引きが必要なのでしょうか?それはロードレースは時速40km~50kmで走るので単独で走れば強力な空気抵抗が発生するからです。この空気抵抗が駆け引きを生み出す要因になっているのです。

そしてロードレースはチームで戦うので更に心理戦を複雑にします。チームのエースが優勝するために他のメンバーが自分を犠牲にしてアシストするのです。

空気抵抗を避けるために隊列(トレイン)を組む

ロードレースを見ているといつも縦に並んで走っています。なぜなのか?それは空気抵抗を減らすためです。1番前の選手が100%の空気抵抗を受けているとすれば、2番目は80%、3番目は60%、4番目以下は50%というように前の選手ほどキツくなってしまいます。

この差は決定的です。先頭は顔をゆがめてきつそうに走っているのに対し、後ろは鼻をほじりながら走れるくらいに違います。という事でいかに上手に駆け引きを制して他の選手を利用し空気抵抗を避けれるかが重要なのです。優勝を狙っている選手(各チームのエース)は勝負所まで後ろで力を温存しようとします。

train トレイン

チームで一番強いエースを優勝させる為に他のアシストと呼ばれる選手が前に出て空気抵抗を受けます。そしてエースは勝負所で温存していた力で一気に加速するのです。

ちなみにアシストもずっと1人が先頭だとすぐに疲れて離脱してしまうので、アシスト同士で先頭交代(ローテーション)し休みながら走ります。

逃げとメイン集団

ロードレースは大体20チーム前後が参加して行われますが、必ず逃げ集団とメイン集団に分かれて進みます。各チームのエースはメイン集団で力を温存して走ります。

では逃げとは何ぞや?逃げ集団は一か八かで逃げ切り優勝を目指して、スタート直後に飛び出す少数の集団です。メイン集団はこの逃げ集団を泳がせておいてゴール直前ではしっかり追い抜けるように、残り距離と逃げ集団との時間差を計算しながら走ります。

メイン集団も逃げ集団がいた方がレースが安定して都合がいいのです。逃げ集団が綺麗に逃げ切って優勝する事はほとんどありませんし逃げる理由は他にもいくつかあります。

【逃げる理由】

  • わずかな優勝の可能性に賭ける
  • メイン集団にいるチームメイトの為に逃げる。逃げ集団に選手を送り込んでいるチームは、逃げ集団がそのまま逃げ切りゴールしても優勝の可能性が高いので、無理して追い付く必要がなくメイン集団で前に出る理由がないので後ろで体力温存できる。
  • 目立つ為。スポンサーの名前が入ったジャージがテレビでずっど放送され続けてオイシイ!
  • 戦略の為。あらかじめ力のある選手を逃げに送り込んでおき、レース後半にメイン集団から抜け出てきたエースと合流してアシストさせるなど。
  • ポイントを稼ぐ為。大きなレースではコースの途中に各賞のポイントを稼げる場所を設置しているので、このポイントをに取る為に逃げる。escape 逃げ集団

逃げ集団は違うチーム同士でも優勝するためにゴール手前まで協力して先頭交代(ローテーション)しながらゴールに向かうこともあります。

ただ、お互い相手の様子を見つつ力を残しながら走ったり、メイン集団に追い付かれないようにある程度スピードを上げたりここでも心理戦が展開されます。

また、優勝が目的ではなく戦略で逃げ集団にいる選手が協力しなかったりそれぞれの思惑が絡み合います。そこが面白いところです。

手に汗にぎる最終スプリント

メイン集団は逃げ集団に比べて圧倒的に数が多いので数名のアシストが全力で引けばいつでも逃げを追い抜ける余裕があります。そして無事に逃げ集団をとらえた後はスプリント勝負に入ります。

ゴールまで5~10km手前から各チーム隊列を組みポジション争いが始まります。コースに合わせてなるだけ良いポジションで最終スプリントに入りたいチーム同士がけん制しあってどんどんスピードが上がっていきます。

そして最終スプリント!各チームトレインの先頭が全力で引きます。「もうこれ以上漕げない!」と全力を出したアシストはトレインから離脱し、次の選手が先頭に立ち全力で引きます。

まるでロケットの段階打ち上げのように次々にアシストが離脱していき最後の数百メートルでついにエースが発射!!ガチンコスプリントでGOOL!

sprint スプリント

ちゃんと解説してくれる

心理戦が重要なロードレースですが。放送ではちゃんとその場の状況と選手の気持ちなども解説してくれるのでわかりやすいです。テレビやPCで観戦していると少しづついろいろわかってくるはずです。観戦はJスポーツオンデマンドスカパーで出来ます。

熱狂的な観客

心理戦や駆け引きも見どころですが熱狂的な観客も見ていて面白いです。有名なのは悪魔おじさんですかね。ロードレースは欧州でサッカーに次ぐ人気スポーツ。

観客はさまざまなコスチュームを着たり、ヒルクライムでは選手のスピードが落ちるので横を並走し絶叫しながら応援します。アッツイです!

熱狂的な悪魔おじさんロードレースを観戦するファン

まとめ
  • 上位でゴールする為には出来るだけ空気抵抗を受けずに勝負所まで体力を温存する戦略が必要。
  • ロードレースはチーム戦。チームや個人で駆け引きがある。
  • レースは逃げ集団とメイン集団で展開される。
  • ゴールスプリントもチーム戦。ロケット発射台のような役をするアシストがいる。
  • 放送で観戦すれば解説付きで楽しめる。
  • 熱狂的な観客も見どころ

ここではスプリントで勝負が決まりましたが、他にも大きなレースだと山のステージもありいろいろなレース展開があります。次記事(ロードレースの面白さ②)ではその辺を書きたいと思います。

 

関連記事

  1. ロードレース 注目選手まとめ

    ロードレースが面白い

    ロードレース観戦が面白くなる!2016注目選手まとめ 【スプリンター/クロノマン編】

    ロードレースの注目トップ選手を選手の特性・脚質に分けて挙げる第2弾!今…

  2. 【画像】真似してみる?ロードレースのカッコいい高等テクニック集

    ロードレースが面白い

    【画像】真似してみる?ロードレースのカッコいい高等テクニック集

    前回の記事で「カッコよくロードバイクを乗りこなす 脱初心者編」を書きま…

  3. 2016 UCIワールドチーム紹介③

    ロードレースが面白い

    2016 UCIワールドチーム紹介 ③

    2016年 UCIワールドチーム 18チームの特徴、注目選手、使用バイ…

  4. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ③

    ロードレースが面白い

    2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ③

    2017年シーズン、ツール・ド・フランスなど大きな大会に参戦するトップ…

  5. 2016 UCIワールドチーム紹介①

    ロードレースが面白い

    2016 UCIワールドチーム紹介 ①

    2016年まででティンコフとイアム・サイクリングが解散となってしまいま…

  6. ロードレース - 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝利。TTはトニー・マルティンが優勝

人気記事

  1. 15万円以内のロードバイク おすすめランキング! 2017年版 
  2. 欲しい自転車に乗る!格安でロードバイクをつくる方法!
  3. 簡単にできる!スポーツ自転車のリヤディレイラー調整方法!
  4. 初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本
  5. ロードバイクで脚力アップ!固定式ローラー台のおすすめ 9選!
  6. 丈夫で安い!通勤通学におすすめのクリンチャータイヤ 7選!
  7. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 part.2
  8. ロードバイク漫画。弱虫ペダル・のりりん・Odds -オッズ-・東京自転車少女。の紹介
  9. 初心者入門!ロードバイク選びから購入までの流れ
  10. どう選ぶ?ビンディングシューズ種類とペダル互換性 - ロードバイク

アーカイブ

  1. 誰でもできる!ロードバイクで疲れず高速巡行するコツとは!?

    速く走りたい!

    誰でもできる!ロードバイクで疲れず高速巡行するコツとは!?
  2. ロードレース - 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝利。TTはトニー・マルティンが優勝

    ロードレースが面白い

    ロードレース – 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝…
  3. 実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    おすすめパーツ

    実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ
  4. インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON ULTIMATE]

    完成車情報

    インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON U…
  5. ヘルメットのおすすめブランドメーカー 10選! | ロードバイク

    ウェア・アクセサリー

    ヘルメットのおすすめブランドメーカー 10選! | ロードバイク
PAGE TOP