2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ⓵

2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ①

2017年シーズンにロードレース世界トップカテゴリー「UCIワールドツアー」に所属する全18チームの特徴と移籍した選手、注目選手、使用するロードバイクなどをまとめます。チームや選手を簡単に理解しておくと、ロードレース観戦もグッと面白くなりますよね。 スカパー!に登録して「J SPORTS」でロードレース観戦!

ただ、チーム数が多いので6チームずつ3回に分けてまとめていきたいと思います。今回は「AG2R」「アスタナ」「バーレーン・メリダ」「BMC」「ボーラ・ハンスグローエ」「キャノンデール・ドラパック」の6チームです。

【関連記事】
2017 UCIワールドチームガイド ②
2017 UCIワールドチームガイド ③

AG2R LA MONDIALE/アージェードゥーゼル・ラ・モンディアル

AG2R LA MONDIALE/アージェードゥーゼル・ラ・モンディアルのサイクルジャージ
入れ替わりが激しいロードレースチームにあって、長い歴史があるフランスのチームです。ツール・ド・フランス(以下ツール)などグランツールを始めとしたステージレースを得意としています。

他のチームからお金をかけて選手を引き抜くようなことはせず、地元フランスの選手を中心にじっくり生え抜きの選手を育てるやり方は好感が持てます。

2011年ジロ・デ・イタリア(以下ジロ)総合3位、2014年ツール総合2位、昨年は注目の若手「ロマン・バルデ」がツール総合2位という快挙を成し遂げましたが、まだ優勝がありません。今年はグランツールを制覇できるのか期待です!

2017年ロードレース AG2Rの注目選手 ロマン・バルデ/マティアス・フランク/ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ

左から「ロマン・バルデ」「ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ」「マティアス・フランク」

もちろん今年のツールでエースを張るのは昨季ツール2位の「バルデ」、ジロのエースは「ポッツォヴィーヴォ」です。その2人をアシストするのは経験豊富で昨年のブエルタ・ア・エスパーニャ(以下ブエルタ)で初の区間優勝を果たした「マティアス・フランク」となってます。その他にも生え抜きの有望な若手フランス人選手が数多くいるので活躍が楽しみですね。

2017シーズン AG2R LA MONDIALE/アージェードゥーゼル・ラ・モンディアル使用ロードバイク 【FACTOR O2/ファクター・オーツー】

【FACTOR O2/ファクター・オーツー】

AG2Rを支えるマシンは「FACTOR/ファクター」というフレームブランドにシマノ製コンポ、ホイールはマヴィックです。正直、フレームブランドのファクターは初めて聞く名前でした。

ファクターは2007年に誕生した新興ブランドで、レーシングカーや航空宇宙産業の技術をバックボーンに持っているようです。軽量オールラウンダータイプの「O2」は740gというフレーム単体重量と、ヘッド&フォークのつなぎ目も独特で空力性能を考えて作られています。

ASTANA PRO TEAM/アスタナ プロチーム

ASTANA PRO TEAM/アスタナ プロチームのサイクルジャージ
元名選手のヴィノクロフ大佐を指揮官に、常に優勝を狙える選手層の厚さを誇るカザフスタン国営企業のチームです。昨年までは豊富な資金力を背景に大物選手を獲得していましたが、今年はおとなしいですね。どちらかといえばワンデーレースが得意な選手を数人獲得しています。

今年のグランツールは、年齢のため衰えがきていた大エース「ヴィンチェンツォ・ニーバリ」を「バーレーン・メリダ」に放出し「ファビオ・アル」をエースに据えて戦います。

2017年ロードレース アスタナプロチームの注目選手 ファビオ・アル/ヤコブ・フルグサング/ルイスレオン・サンチェス

左から「ファビオ・アル」「ルイスレオン・サンチェス」「ヤコブ・フグルサング」

感情的で攻撃的な熱い走りをニーバリ先輩から受け継いだ「ファビオ・アル」には注目です。まだ若いですが2015年ブエルタの覇者であり、実力的には今年もグランツール総合優勝してもおかしくないですね。

やや年齢を重ねていますが「アル」を固めるアシストの「ルイスレオン・サンチェス」と「ヤコブ・フグルサング」は強烈です。時にはアシストに徹しながらも総合上位に食い込んでくる実力者です。

昨年、ニーバリがジロで劇的な総合優勝を飾ったのも2人のアシストが素晴らしかったからです。今年もエースの「アル」をしっかりアシストしてくるでしょう。

2017シーズン ASTANA PRO TEAM/アスタナ プロチーム使用ロードバイク【ARGON18 GALLIUM PRO/アルゴン18・ガリウムプロ】

【ARGON18 GALLIUM PRO/アルゴン18・ガリウムプロ】

昨年はS-WORKSでしたが、今年はアルゴン18のフレームを使います。軽量オールラウンダーのフレーム「ガリウムプロ」に、コンポはシマノが装備されています。ただ、クランクとブレーキはFSA、ホイールはヴィジョンとなっています。

BAHRAIN-MERIDA/バーレーン・メリダ

BAHRAIN-MERIDA/バーレーン・メリダのサイクルジャージ
バーレーンの銀行など複数の大企業がスポンサーを務める新しいチームです。取りまとめたのはバーレーンの王子だとか・・。選手の国籍はバラバラでアジア圏の選手も3人おり、全部の国籍が11にもなる多国籍チームです。昨年のジロを制した「ニーバリ」が加わり、今年はジロ優勝が最大のターゲットとなりそうです。

2017年ロードレース バーレーン・メリダの注目選手 ヴィンチェンツォ・ニーバリ/新城幸也/ヨン・イサギレ

左から「ヴィンツェンツォ・ニーバリ」「新城幸也」「ヨン・イサギレ」

ニーバリは今年のジロも総合優勝する事ができれば、3度目の優勝となりますね。今年は他のレースを捨ててジロのみに集中するようです。ただ、若干年齢を重ねているのは不安要素でしょうか。

そして我らが「新城幸也」にも頑張ってほしいです!昨年は骨折であまり活躍できなかったので、今年は何かやってくれると期待しています。後はTTが得意な「ヨン・イサギレ」がツールではエースとなりそうです。

2017シーズン BAHRAIN-MERIDA/バーレーン・メリダ使用ロードバイク【MEIDA SCULTURA TEAM/メリダ・スクルトゥーラチーム】

【MEIDA SCULTURA TEAM/メリダ・スクルトゥーラチーム】

バーレン・メリダを支えるのは当たり前ですがメリダです(笑 日本でも認知度が上がっているブランドですね。チームはエアロタイプの「リアクト」とオールラウンダーの「スクルトゥーラ」を使い分けます。後、コンポはシマノ、ホイールはフルクラムとなっています。

BMC RACING TEAM/ビーエムシー レーシングチーム

BMC RACING TEAM/ビーエムシー レーシングチームのサイクルジャージ
全体的に年齢が高く、いぶし銀なイメージがありますが総合力が高い大人のチームとなってます。世界ロード選手権のチームTTでは常に表彰台の常連で、グランツールでのチームTTでも必ず優勝争いに食い込んでくるほど選手個々の能力とチームワークが素晴らしいです。今は引退してしまいましたが、2011年ツールで「カデル・エヴァンス」が総合優勝しています。

2017年ロードレース BMCレーシングチームの注目選手 フレッヒ・ヴァンアーヴェルマート/リッチー・ポート/ローハン・デニス 

左から「リッチー・ポート」「フレッヒ・ヴァンアーヴェルマート」「ローハン・デニス」

一昔前にチーム・スカイで最強のアシストとして一世を風靡した「リッチー・ポート」は、移籍してエースとなってからの成績は今ひとつ。とはいえ昨年のツールでは総合5位に入ってます。今年はもう一段階上の成績が欲しい所です。

その他、リオデジャネイロオリンピック ロードレース金メダルの「ヴァン・アーヴェルマート」はワンデーレースやグランツールの区間賞を獲りに行きます。また、現在のTTスペシャリストでトップ3に入ると思われる「ローハン・デニス」、近年はやや調子を落としていますが、グランツール上位の常連「ティージェイ・ヴァンガードレン」とタレントは揃っています。

2017シーズン BMC RACING TEAM/ビーエムシー レーシングチーム使用ロードバイク【BMC TEAMMACHINE SLR01/BMC・チームマシーンSLR01】

【BMC TEAMMACHINE SLR01/BMC・チームマシーンSLR01】

このチームのマシンは、弱虫ペダルの主人公である小野田君も乗っているBMCのバイクです。まじめで質実剛健なイメージのBMCは、独自のTCCテクノロジーを取り入れ、優れた乗り心地を実現しています。コンポとホイールはシマノ製となっており、細部までまじめで実直な感じに仕上がっています。

BORA-HANSGROHE/ボーラ・ハンスグローエ

BORA-HANSGROHE/ボーラ・ハンスグローエのサイクルジャージ
2010年の創立以来、ハンスグローエとスペシャライズドから支援を受け、初めて「UCIワールドツアー」への昇格を果たしたドイツのチームです。昇格できた要因は、ただ資金が豊富になっただけでなくティンコフから「ペテル(ペーター)・サガン」「ラファウ・マイカ」という強力な選手を獲得し、UCIポイントが跳ね上がった事が大きいですね。

2017年ロードレース ボーラ・ハンスグローエの注目選手 ペテル(ペーター)・サガン/ラファウ・マイカ/サム・ベネット

左から「ペテル・サガン」「ラファウ・マイカ」「サム・ベネット」

何といっても現役最強の一人「ペテル・サガン」は大注目です。世界選手権を2連覇、ツールのポイント賞を5連覇をはじめ数々の大会を荒らしまわるスロバキアの怪童です。元々マウンテンバイクの選手で、手放しウイリーなど半端ではないバイクコントールでも有名です。新興チームでアシストの力が弱いとはいえ他チームのトレインに無賃乗車して勝利を重ねるのは間違いないでしょう。

余談ですが、今でもロードバイクよりマウンテンバイクが好きなんだとか・・。そして、その奔放なキャラクターから、英国の金融雑誌でビジネス的影響力を持つ人物ランキングで世界26位となり、サッカーのリオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドより上位に位置しています。

サガンに負けない実力を持っているのは山岳のスペシャリスト「ラファウ・マイカ」です。ツールで山岳賞の水玉ジャージを2度獲得した実力者で、今年は総合優勝も狙ってくるかもしれませんね。ただ、サガンとマイカ以外の選手で飛びぬけた選手はおらず、アシスト力には若干不安が残ります。

2017シーズン BORA-HANSGROHE/ボーラ・ハンスグローエが使用するロードバイク【S-WORKS VENGE Vias/Sワークス ヴェンジヴァイアス】

【S-WORKS VENGE Vias/Sワークス ヴェンジヴァイアス】

エースのサガンが得意とするスピードレースで活躍するのがスペシャライズドのエアロロード「ヴェンジヴァイアス」です。流線型のボディ、独特のブレーキシステムなど、もう見た目からパンチ力が違いますね。

自転車専用の風洞実験装置から生まれたその姿は、最高のエアロダイナミクスを発揮できるように設計されています。また、コンポはシマノ、ホイールはロヴァールとなってます。

CANNONDALE DRAPAC/キャノンデール・ドラパック

CANNONDALE DRAPAC/キャノンデール・ドラパックのサイクルジャージ
アメリカの有名フレームメーカー「キャノンデール」がメインスポンサーを務めるチームです。2016年は期待して獲得したオールラウンダー「リゴベルド・ウラン」とベテランの「ピエール・ローラン」が不発・・。結局年間で10勝しかできなかったです。

そんな事もあり今年は現実路線に変更。グランツールよりワンデーレースに力を入れるようですね。昨年のレースを観戦していて「キャノンデールはチームとしてうまく行ってないなぁ」というのが個人的な感想でした。タランスキー、ウランと良い選手はいるので頑張ってほしいです。

2017年ロードレース キャノンデール・ドラパック プロフェッショナルサイクリングチームの注目選手 リゴベルト・ウラン/アンドリュー・タランスキー/セップ・ヴァンマルケ

左から「リゴベルト・ウラン」「アンドリュー・タランスキー」「セップ・ヴァンマルケ」

「リゴベルド・ウラン」はBMCの「リッチー・ポート」と同じようにチームスカイで圧倒的アシスト力を発揮して注目された選手です。その後、エースとしてキャノンデールに移籍しましたが目立った活躍はできていません。ただ、現在のロードレース界を席巻しているコロンビア選手旋風の先駆けであり、まだ年齢も30歳と十分戦えるので今年は狙ってほしいですね。

その他、「アンドリュー・タランスキー」もグランツールで上位に食い込める実力の持ち主で、ワンデーレース路線に切り替えたキャノンデールで区間優勝を狙いやすくなりました。また「セップ・ヴァンマルケ」は荒れた路面の石畳が得意な選手で、特別なクラシックレースで勝利を目指します。

 2017シーズン CANNONDALE DRAPAC/キャノンデール・ドラパックが使用するロードバイク【CANNONDALE SUPER SIX EVO HI-MOD/キャノンデール・スーパーシックスエヴォ ハイモッド】

【CANNONDALE SUPER SIX EVO HI-MOD/キャノンデール・スーパーシックスエヴォ ハイモッド】

コース設定によってエアロロードとオールラウンドを使い分けるチームが多いですが、キャノンデールはオールランドタイプの「スーパーシックスエヴォ」のみで戦います。細身のフレームは空力性能も備えており、これ一台で平地から山岳までこなします。また、コンポはシマノ、ホイールはマヴィックとなっています。

スカパー!に登録して「J SPORTS」でロードレース観戦!

【関連記事】
2017 UCIワールドチームガイド ②
2017 UCIワールドチームガイド ③

関連記事

  1. ロードレース - 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝利。TTはトニー・マルティンが優勝

    ロードレースが面白い

    ロードレース – 2016世界選手権の結果!サガンが見事に勝利。

    2016年10月16日にカタールのドーハで行われたUCI世界選手権の結…

  2. 2016 UCIワールドチーム紹介③

    ロードレースが面白い

    2016 UCIワールドチーム紹介 ③ 世界ロードレース

    2016年 UCIワールドチーム 18チームの特徴、注目選手、使用バイ…

  3. 2017年 ジロ・デ・イタリア終盤戦! 第16~21ステージの結果と感想

    ロードレースが面白い

    2017年 ジロ・デ・イタリア終盤戦! 第16~21ステージの結果と感想

    24日間、3,609kmにわたって行われたジロ・デ・イタリアも昨日で終…

  4. 2016 UCIワールドチーム紹介①

    ロードレースが面白い

    2016 UCIワールドチーム紹介 ① 世界ロードレース

    2016年まででティンコフとイアム・サイクリングが解散となってしまいま…

  5. 40歳の中年がアマチュアロードレースに初参戦!結果と感想 Pedalista

    ロードレースが面白い

    40歳の中年がアマチュアロードレースに初参戦!結果と感想

    先日の土曜日に開催されたアマチュアロードレース「2017 オール九州3…

  6. 名選手の人生は面白い!ロードレースのドキュメンタリー映画 6作品

    ロードレースが面白い

    名選手の人生は面白い!ロードレースのドキュメンタリー映画 6作品

    3月から少しずつ暖かくなりロードレースもボチボチ始まりますね。まずは3…

人気記事

  1. 初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本
  2. ロードバイクに補給食が必要なワケ!おすすめ補給食 10選まとめ
  3. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 31選 part.3
  4. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 part.2
  5. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - シマノ編
  6. 名選手の人生は面白い!ロードレースのドキュメンタリー映画 6作品
  7. 楽しく体幹をきたえる!おすすめ 3本ローラー台 7選 | ペダリスタ
  8. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①
  9. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編
  10. 携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!

アーカイブ

  1. スマホホルダー・マウントキットの選び方とおすすめ商品

    ウェア・アクセサリー

    スマホホルダー・マウントキットの選び方とおすすめ商品
  2. 効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング方法 | pedalista

    速く走りたい!

    効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング
  3. デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選

    ウェア・アクセサリー

    デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選
  4. 交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク

    おすすめパーツ

    交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク
  5. ブランドイメージまとめ 欧州2

    完成車情報

    ザックリわかる!ロードバイクのブランドイメージまとめ【ヨーロッパ編②】
PAGE TOP