憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編②

憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 欧州編②

見るだけでウットリなる各ブランドのフラッグシップモデルをまとめる記事のパート②です。今回はドイツ、フランス、ベルギー、スイスの最上級ロードバイクを紹介します。

どれもかなりのお値段ですね(笑 「宝くじが当たったらどれ買うかな~」みたいな感じで書きます!

【おすすめ関連記事】
最高級ロードバイク 欧州編 ①
最高級ロードバイク 北米・アジア編

CANYON [キャニオン] ー ドイツ ー

ULTIMATE CF SLX 9.0 AERO(アルティメット CF SLX 9.0 エアロ)

ULTIMATE CF SLX 9.0 AERO(アルティメット CF SLX 9.0 エアロ) CANYON [キャニオン] ー ドイツ ー 重量、価格、特徴など情報まとめ
フレーム価格:27.9万円
完成車価格:
88.9万円
重量:6.4kg
コンポーネント:スラム RED eTap
ホイール:ZIPP 404 NSW CARBON CL

[特徴]

販売ははメーカー直販のみのキャニオンなので性能に比べてかなり低価格になってます。コンポやホイール、重量を見る限り他ブランドなら120万円以上はしますね。フレームも50万円くらいはしそうです。コンポーネントは無線電動のスラムの最高峰 RED ETAPを装備し、完成車重量も6.4kgとトップクラスの軽さです。

また、ステム一体型ハンドルが標準装備されているなど空力性能も高く、電動専用フレームが採用されているので機械式ワイヤーを通す穴が付いていないなど細かい部分にもこだわりを感じます。

AEROAD CF SLX 9.0 LTD(エアロード CF SLX 9.0 LTD)

AEROAD CF SLX 9.0 LTD(エアロード CF SLX 9.0 LTD) CANYON [キャニオン] ー ドイツ ー の重量、価格、特徴など情報まとめ
フレーム価格:29.9万円
完成車価格:
92.9万円
重量:ーkg 不明
コンポーネント:シマノ 新型デュラエース Di2
ホイール:ZIPP 404 NSW CARBON CL

[特徴]

TTバイクから受け継いだフォルムはなかなか個性的で重量はやや重くなっていますが空力は極限まで削ってあります。ステム一体型ハンドルバーは上部がフラット形状になってエアロ効果を高めているだけではなくステム裏に Di2 ジャンクションが内蔵できる空間が作られています。

この価格でスプリンターシフターも装着されているので下ハンでハンドルを握りこんだままシフトチェンジできます。ホイールもZIPP 404と申し分ないのでこれ以上修正が必要ないほど完成度が高いです。

CORRATEC [コラテック] ー ドイツ ー

CCT EVO(シーシーティー エヴォ)

CCT EVO(シーシーティー エヴォ) CORRATEC [コラテック] ー ドイツ ー 価格、重量、特徴など情報まとめ
フレーム価格:39.8万円
完成車価格:
59.8万円
重量:6.98kg
コンポーネント:シマノ 新型デュラエース
ホイール:不明

[特徴]

全体的に見ると価格や装備は柔らかめの出来になっています。基本はオールラウンド系のバイクですがややエアロを意識した作りになっていてダウンチューブは空気抵抗を軽減し横風に強く剛性も確保しやすいカムテール形状(涙型断面)になってます。

さらにリヤはダイレクトマウントブレーキを採用し乱流を抑えシートステーの柔軟性を高めながら快適性も重視した作りになっています。

FOCUS [フォーカス] ー ドイツ ー

IZALCO MAX(イザルコ マックス)

IZALCO MAX(イザルコ マックス) FOCUS [フォーカス] ー ドイツ ー の重量、価格、特徴などの情報まとめ
フレーム価格:34.2万円
完成車価格:
91.4万円
重量:ーkg 不明
コンポーネント:スラム RED eTap
ホイール:ーkg 不明

[特徴]

まだドイツ本国で発表されたばかりで日本での販売は決まっていないモデルです。コンポーネントは最新の無線電動コンポーネント、「スラム RED eTap」となってますがその他の情報は不明です(すいません・・)以前のモデルはスラムRED22とホイールにフルクラムRacing0を装備して完成車重量がわずか6.2kgというビックリの軽さでした。今回はさらに軽量化されている可能性もあるのでヒルクライムに強そうなバイクですね。

FELT [フェルト] ー ドイツ ー

FR FRD(エフアール)

FR FRD(エフアールツー) FR FRD(エフアールツー) の価格、重量、特徴まとめ
フレーム価格:46.8万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:ーkg 不明

[特徴]

このグレードはフレーム販売のみとなります。シートステーはシートチューブの横を通ってトップチューブにつながる形になっているので振動吸収性を高めて乗り心地を良くしています。リアブレーキはBB下のダイレクトマウントブレーキ式に変更。

カーボン素材は織り目が大きいスウェーデンのOxeon社製「テクストリーム」で、シート内でカーボン繊維が編まれる回数を少なくし重量を抑えており90度方向の引っ張りに強い特性を生かして剛性もしっかり高めています。

AR FRD(エーアール)

AR FRD(エフアールツー) FELT [フェルト] ー ドイツ ー の重量、価格、特徴の情報まとめ
フレーム価格:46.8万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:フレーム1248g(908+フォーク340g)

[特徴]

フェルトのエアロ系ロードバイク最高峰はフレーム販売のみとなります。エアロ系ロードの中では軽量に仕上がっており、フェルトも自信があるようで重量も公開されています。

1248gであれば他のパーツを軽量にしてUCIレース最低基準の6.8kgで空力性能も高い最高の一台が出来そうです。フレーム全体に浮かび上がるカーボン柄がポイントですね。

TIME [タイム] ー フランス ー

IZON CUSTOM COLOR(アイゾン アクティブフォーク カスタムカラー)

IZON CUSTOM COLOR(アイゾン アクティブフォーク カスタムカラー) TIME [タイム] ー フランス ー
フレーム価格:60万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:ーkg 不明

[特徴]

フレーム単体の公称重量は995gと決して軽くはありませんが、カーボン素材を扱っている歴史が長いタイムは信頼性と人気があるのでお高いですね・・。

乗り手がもっとも不快と感じる25~50ヘルツの低周波帯の振動を減衰するアクティブフォークが特徴で、乗り心地がいいだけではなくペダルの力をロスなく推進力に変化する役割もあります。アクティブフォークは性能だけではなく他にないシルエットでカッコイイですね!

SCYLON AKTIV 30th(サイロン アクティブフォーク 30th アニバーサリー)

SCYLON AKTIV 30th(サイロン アクティブフォーク 30th アニバーサリー) TIME [タイム] ー フランス ー
フレーム価格:70万円
完成車価格:
199.9万円
重量:ー 不明
コンポーネント:カンパニョーロ スーパーレコードEPS
ホイール:不明

[特徴]

販売している機種が全部フラッグシップ級のタイムは期待を裏切りません。(笑 完成車は「とりあえず200万円は切っといたよ」的な199.9万円です(驚 オールラウンド系のアイゾンと同じくアクティブフォークが採用されています。

現在はタイムのみが採用する「RTM」工法を使用し、フレームと同じ形をしたロウ(蝋)に筒状に編み込まれた炭素繊維を被せそこに圧力をかけフレーム成型されています。炭素の糸を並べたものに樹脂を浸透させた「プリプレグ」を切り貼りする一般的なカーボンの成型法に対して、強度低下と重量増の原因となる内部のシワや個体ごとの性能差を抑えることができます。

また、炭素以外の素材を編み込むことで快適性を高められるといった多くのメリットを持っています。創業30年記念モデルは派手なカラーリングで乗らずに飾っておきたい神々しさがありますね。

LAPIERRE [ラピエール] ー フランス ー

XELIUS SL ULTIMATE(ゼリウス SL アルティメット)

XELIUS SL ULTIMATE(ゼリウス SL アルティメット) LAPIERRE [ラピエール] ー フランス ー
フレーム価格:35.9万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:ーkg 不明

[特徴]

シートステーがトップチューブから伸びている特殊なスタイルで軽量化と振動吸収性を高めて快適性を向上させています。フロントフォークはブレーキ設置位置がくぼんでいて空力性能、制動力、整備性を兼ね備えるダイレクトマウントタイプブレーキを採用。

リアはワイドリムのエアロホイールに対応するためにノーマルタイプのキャリパーになっています。フレームの単体重量は850gと比較的軽く作られており、性能も素晴らしいですがカモシカのようにしなやかな雰囲気はフランスっぽくお洒落です!

AIRCODE SL ULTIMATE(エアーコードSLアルチメイト)

AIRCODE SL ULTIMATE(エアーコードSLアルチメイト) LAPIERRE [ラピエール] ー フランス ー
フレーム価格:35.9万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:ーkg 不明

[特徴]

フレームのどの部分を見てもキレイなカーブを描く曲線を使ってあり見ているだけでウットリするフォルムに仕上がっているエアロ系フレームです。

TTバイク「AEROSTORM」のテクノロジーが多く取り入れており、リアホイールを沿わせたカムテール形状のシートチューブや、前方投影面積を低減したスリムなヘッドチューブ、トップチューブ上面とヘッドチューブ上面に段差を設けたデザインなどで空気抵抗を減らし、横風に強く安定感ある走りができます。素材は30トン、38トン、40トンと3種類のカーボンを組み合わせて使用しています。

LOOK [ルック] ー フランス ー

695 LIGHT(695 ライト)

695 LIGHT(695 ライト) LOOK [ルック] ー フランス ー
フレーム価格:49.98万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:2,300g(フレーム+クランク+フロントフォーク+ステム+E-POST+ヘッドパーツ 未塗装Sサイズ)

[特徴]

フレームに標準装備されているLOOK独自のZED2クランクセットは中空カーボン構造で一体成型され重量320gと超軽量です。その他ステム、ヘッドパーツなどもLookオリジナルのパーツが標準装備されています。

ヘッド、シート、BB部分は高圧圧縮製法でインナーラグを成形後にチューブと接合してモノブロック窯で一体成型し比類なき性能を発揮します。上質なコンフォート性能とレスポンス、スタビリティを全て兼ね備えたヒルクライムに最適なロードバイクフレームです。

795 AEROLIGHT(795 エアロライト)

795 AEROLIGHT SPECIAL EDITION(795 エアロライト スペシャル エディション) LOOK [ルック] ー フランス ー
フレーム価格:79.98万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:2,700g(フレーム+クランク+フロントフォーク+ステム+E-POST2+ヘッドパーツ+前後ブレーキ 未塗装Sサイズ)

[特徴]

フレームだけで約80万円・・。ただ、Look独自のZED3クランクセットが標準装備されていています。左右アームとシャフトがカーボンで作られた軽量高剛性クランクで、BB65という専用の大口径BBシステムを介してフレームに挿入されているので他の追随を許さない高性能バイクに仕上がっていますね。

また、トップチューブから直線状に伸びたステム、フロントブレーキはオリジナルのエアロタイプブレーキシステム、リアはシマノデュラエースのダイレクトマウントブレーキ採用でコントロール性能と空力性能が向上しています。

その他、ウルトラライトHMという特殊素材を使うなど語りつくせないほど細かい部分にこだわった高級フレームです。お値段の価値はあり!

SCOTT [スコット] ー スイス ー

ADDICT SL(アディクト エスエル)

ADDICT SL(アディクト エスエル) SCOTT [スコット] ー スイス ー
フレーム価格:ー 不明
完成車価格:
129万円
重量:6.26kg
コンポーネント:スラム RED eTap
ホイール:Zipp 202 Firecrest Carbon CL

[特徴]

フレーム単体で710gと他とは比較にならないほどの軽量化に成功しています。完成車重量も6.26kgと圧倒的な軽さですね。ホイールもリムハイトが低く軽量なZipp 202が装備されていて気持ちいいくらいヒルクライムに特化したマシンです!

重量を極限までそぎ落としながら剛性は保ち、シートチューブとシートステーを連動させてしならせる事で快適性も実現しています。極限まで無駄を削ってあるので全体的に細身になっており、デザインもカラーリングもストイックな感じでカッコいいです。

FOIL PREMIUM(フォイル プレミアム)

FOIL PREMIUM(フォイル プレミアム) SCOTT [スコット] ー スイス ー
フレーム価格:ー 不明
完成車価格:
139万円
重量:6.88kg フレーム重量(945+フォーク335)
コンポーネント:シマノ 新デュラエース Di2
ホイール:Zipp 303 Firecrest Carbon Clincher

[特徴]

エアロ系バイクながら完成車重量6.88kgは圧倒的な軽さです。これで空力性能も高いとなればヒルクライムから平地までオールラウンドに使えるんじゃないでしょうか?こういうマシンが増えれば今後はエアロ系がスタンダードになっていく気がします。

コンポーネントは軽さより耐久性となどトータルバランスに優れているシマノ デュラエース、ホイールはZipp 303とスコットはコンセプトというか方向性がハッキリしていますね。

BMC [ビーエムシー] ー スイス ー

teammachine SLR01(チームマシン SLR01)

teammachine SLR01(チームマシン SLR01) BMC [ビーエムシー] ー スイス ー
フレーム価格:46万円
完成車価格:
86万円
重量:6.6kg フレームセット1,380g(フレーム790g+フォーク、シートポスト、ヘッドセット、Di2/メカキット)
コンポーネント:シマノ デュラエース
ホイール:DT Swiss R20 DiCut

[特徴]

FEM(有限要素法)による3万4000種によるシミュレーションを実施し、重量と強度、剛性などがもっとも効率的に発揮される形状とパターンを選んで作られたフレームです。横方向の剛性をキープしたまま縦方向の剛性だけを故意に落として、路面からの振動を効率的にいなすようにカーボンの組み方、重ね方などが工夫されています。

強大なペダリングパワーを受け止めつつ、ロングライドでの快適性を確保し硬さと柔らかさの両立が可能になってます。

timemachine TMR01(タイムマシン TMR01

timemachine TMR01(タイムマシン TMR01) BMC [ビーエムシー] ー スイス ー
フレーム価格:50万円
完成車価格:
57.8万円
重量:7.7kg
コンポーネント:シマノ アルテグラ
ホイール:DT Swiss R46C Hybrid Clincher

[特徴]

エアロ系ロードバイクというよりTTバイクに近い性能とフォルムです。トップチューブがハンドルに近くなるほど低くなっていて独特のスタイルになってます。

重量はそこまで軽くないですが、ダイレクトマウントブレーキやプレート形状のダウンチューブなどとにかく空気抵抗を軽減させる方向で調整されています。もちろんトライアスロンなどにも使えます。

RIDLEY [リドレー] ー ベルギー ー

HELIUM SLX(ヘリウム SLX)

HELIUM SLX(ヘリウム SLX) RIDLEY [リドレー] ー ベルギー ー
フレーム価格:38.5万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:フレーム1050g(750g+300g)

[特徴]

全体的に細いフレームですが特にシートステーは他に類を見ないほど細くなっています。この細いシートステーが高い振動吸収性を生み出し、過酷な石畳のレースでも安定した走りを見せています。重量も1050gとなかなかの軽量っぷりです。素材は60、40、30Tカーボンを使い分けており快適性と剛性を両立しています。

NOAH SL(ノア SL)

NOAH SL(ノア SL) RIDLEY [リドレー] ー ベルギー ー
フレーム価格:40万円
完成車価格:
ー 完成車なし
重量:フレーム1390g(950g+440g)

[特徴]

エアロ系ロードがまだ一般的ではない2006年からリリースされている先駆け的シリーズの最新マシンです。他のメーカーに比べて若干重いものの、蓄積された空力性能アップのノウハウは細かい部分までしっかり作り込まれていて他を一歩リードしています。

【おすすめ関連記事】
最高級ロードバイク 欧州編 ①
最高級ロードバイク 北米・アジア編

関連記事

  1. ロードバイクを余裕で積む!大人気ダイハツ・ウェイクの収納スペース

    完成車情報

    ロードバイクを余裕で積む!大人気ダイハツ・ウェイクの収納スペース

    コンパクトてお手軽、低価格の軽自動車はとっても便利ですよね。そして近年…

  2. 初心者必見!フレーム素材別 性能と特徴まとめ! ロードバイク

    おすすめパーツ

    初心者必見!フレーム素材別 性能と特徴まとめ! ロードバイク

    今回は初心者や入門者の人向けに、フレーム素材の性能や特徴をまとめます。…

  3. ロードバイク・クロスバイクを格安で手に入れる! 中古購入の注意点

    完成車情報

    ロードバイク・クロスバイクを格安で手に入れる! 中古購入の注意点

    高級スポーツバイクをできるだけ安く手に入れるには、中古を購入するのが手…

  4. 無名ブランドの格安ロードバイク・クロスバイクって性能が違うのか?

    完成車情報

    無名ブランドの格安ロードバイク・クロスバイクって性能が違うのか?

    Amazon、楽天などの通販サイトや、大型ショッピングモールの自転車屋…

  5. なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    完成車情報

    なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    現在、ロードバイクのフレームを製作しているメーカーは、日本で知られてい…

  6. 15万円以内のロードバイク おすすめランキング! 2017年版 

    完成車情報

    2017年版 15万円以内のロードバイク おすすめランキング!

    2017年の新しいモデルも各メーカーだいたい発表が終わりましたね。そこ…

人気記事

  1. ロードバイク乗りにおすすめ!男のすね毛をツルツルにする人気脱毛法
  2. デザインから注文まで!失敗しないオーダージャージ選びのコツとは?
  3. どう選ぶ?ビンディングシューズ種類とペダル互換性 - ロードバイク
  4. 簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方
  5. スポーツ自転車用!おすすめテールライト[リヤライト] 10選!
  6. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①
  7. パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?
  8. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど
  9. 室内でロードバイクに乗る!ローラー台で効率的にダイエットする方法
  10. ロードバイクのトレーニング!3本ローラー・固定ローラーの選び方

アーカイブ

  1. 2017年 ジロ・デ・イタリア終盤戦! 第16~21ステージの結果と感想

    ロードレースが面白い

    2017年 ジロ・デ・イタリア終盤戦! 第16~21ステージの結果と感想
  2. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ②

    ウェア・アクセサリー

    見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 32選 ②
  3. 意外と知らない!?ロードバイクのシフトチェンジ基本!

    初心者入門

    意外と知らない!?ロードバイクのシフトチェンジ基本と使い方!
  4. もう読んだ?ロードバイクの自転車漫画 14作品 ① ペダリスタ

    アニメ・漫画・本

    もう読んだ?ロードバイクの自転車漫画 20作品 ①
  5. 使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】 一覧

    ウェア・アクセサリー

    使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】
PAGE TOP