ホイール交換の効果

ロードバイクのホイール交換はスピードアップに効果的か?

(最終更新日:2017.12.20)
ロードバイクのグレードアップを考える時に、詳しい人から「ホイール交換がスピードアップに一番効果がある」と言われたことはありませんか?

そこで、スポーツ自転車のホイール交換の効果と、ホイールを選ぶ際に注目すべきポイントを紹介します。

【関連記事】
10万円以下のおすすめホイール

カスタムでホイール交換が1番効果がある?

結論から言えば、ロードバイクのパーツ交換で1番スピードアップ効果を体感できるのはホイールです。人によりますが前後ペアで200~300gも軽くなれば違いがわかるんじゃないでしょうか。

例えば、500mlのペットボトルを買ってきてホイールにえいや!とくっ付けて走ると、ペダルがぐっと重くなるイメージが出来ます。でもフレームに500mlのペットボトルをくくり付けて走っても違いはなかなかわかりません。

ホイールは重ければ漕ぎだしと加速に大きなエネルギーが必要ですし、スピードを維持するのも軽い方が楽です。なので、高いお金出していろんなパーツを軽量化しても体感はなかなかできませんが、ホイール、タイヤ、チューブのパーツ交換は効果を体感しやすいのです。

つまり、人力で動かす回転体のホイール重量を軽くする事は、ロードバイクのどのパーツよりもスピードアップに効果があります。

ホイールは軽ければいいの?

じゃあ、軽けりゃ軽いほどいいのか?っていうと、そう単純ではありません。ホイールのどの部分が軽いのかも重要になってきますし空気抵抗も関係してきます。

まずホイールは大きく分けてハブ、スポーク、リムで構成されてます。そして、総重量は同じでだけど、ハブを重くしたホイールと、リムを重くしたホイールを同時に転がした場合、ハブが重い方が倍程度の速さで転がります。

つまり、同じ総重量のホイールでもリムが軽いほうが有利なのです。

ホイールの重量

次にスポークの空気抵抗です。これは次記事【ディープホイールの空気抵抗】に詳しく書いてます。ただ空気抵抗で大きいのは人体の空気抵抗なのでそこまで気にしなくていいと思います。(高速で走ればバカになりませんが汗)空気抵抗を少なくするにはスポークの本数が少なく短い方がいいです。

最後に、フライホイール効果にも少し触れておきます。フライホイール効果とは重いホイールで走ったほうがスピードに乗った状態の高速巡航は楽になるという考えです。

重いほうが回り続ける慣性の力が大きいので、加速は大変だけど維持はしやすいという事ですが、ペダリングのスキルも関係してくるので一概にそうだとは言えないです。自分はペダリングが下手なので(笑)3本ローラーでは軽いカーボンホイールより少し重めのアルミホイールが速く楽に走れたりします。

3本ローラーは体とバイクは動かずにローラーを回す力のみなので空気抵抗や路面抵抗が0に近く、ホイール慣性の効果が大きくなるからですね。実走行でどこまでこの理論が当てはまるかは検証して確認できたらまた記事にしたいと思います。

まとめ

  • パーツ交換ではホイールが1番スピードアップ効果が高い。
  • ホイールは軽ければ漕ぎだしや登りが楽になる。
  • ホイール総重量よりリムの重さが重要。
  • スポークの本数は少なく短い方が空気抵抗が小さく高速巡行が楽。(関連記事:ディープホイールの空気抵抗
  • 軽すぎると慣性が効かなくなり速度維持がキツクなる場合がある。

【関連記事】
10万円以下のおすすめホイール

関連記事

  1. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - スラム編 ロードバイク

    おすすめパーツ

    どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 – スラム編

    ロードバイクに装備されている3大コンポーネントメーカー【シマノ・カンパ…

  2. どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!Pedalista

    おすすめパーツ

    どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!

    クリンチャータイヤの中に入れるインナーチューブには、メーカーやモデルに…

  3. 各パーツの違いを比較!シマノ 新型アルテグラR8000系と旧型6800系

    おすすめパーツ

    各パーツの違いを比較!シマノ 新型アルテグラR8000系と旧型6800系

    シマノのコンポーネント、アルテグラ「R8000系シリーズ」が2017年…

  4. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - カンパニョーロ編

    おすすめパーツ

    どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 – カンパニョーロ編

    ロードバイクに装備されている3大コンポーネントメーカー【シマノ・カンパ…

  5. ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較

    おすすめパーツ

    ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較

    スポーツ自転車でのサイクリングでお尻が痛くなり、「サドル探しの旅」を続…

  6. 25Cサイズ限定!ロードバイクのおすすめクリンチャータイヤを比較

    おすすめパーツ

    25Cサイズ限定!ロードバイクのおすすめクリンチャータイヤを比較

    一昔前までは23C以下の細いタイヤが主流でしたが、最近はプロが使うロー…

人気記事

  1. ロードバイクのメンテナンスするなら自転車工具箱セットがおすすめ
  2. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - シマノ編
  3. 自転車のホイール交換!シマノ・カンパ・フルクラムの違いを比較
  4. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ
  5. 3大コンポーネント価格と重量 比較一覧表 【シマノ/カンパ/スラム】
  6. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!
  7. ガーミンだけじゃない!高性能GPSサイコンメーカーが続々登場
  8. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ
  9. 人気上昇中のZwift【ズイフト】って何?室内で楽しく自転車に乗る!
  10. 楽しく体幹をきたえる!おすすめ 3本ローラー台 7選 | ペダリスタ

アーカイブ

  1. テレビを見ながらできる!ロードバイクの体幹トレーニング方法

    速く走りたい!

    自宅で気軽にできる!ロードバイクの効果的な体幹トレーニング方法
  2. 自転車ホイールの振れ取り手順とやり方!おすすめ振れ取り台

    メンテナンス・修理・調整

    自転車ホイールの振れ取り手順とやり方!おすすめ振れ取り台
  3. ブランドイメージのまとめ 北米・アジア

    完成車情報

    ロードバイク有名フレームメーカーまとめ北米アジア
  4. 注目選手まとめ1

    ロードレースが面白い

    ロードレース注目選手2016|オールラウンダーとクライマー
  5. なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    完成車情報

    なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情
PAGE TOP