クランクアーム長さと身長の適正表|ロードバイク

クランクアーム長さと身長股下の適正表|ロードバイク

ロードバイクのクランクアームには長さがいろいろあり、基本的に2.5mm間隔で調整が可能です。ただし、長さが体に合わないと膝や足首を痛めたり、効率よく脚のパワーを使えなくなります。

そこで、「クランクアーム長の選び方」「身長でわかる適正表」をまとめました。クランクアーム長の変更を検討している方は参考にしてください。

スポーツ自転車専門ショップには、各パーツのサイズについて詳しいスタッフさんが多いので相談できますが、一応知識として知っておいた方がいいと思います。

クランクアーム長を変えるとどうなる?

クランクアームを長くすると、足を動かす円周が大きくなるので回転数(ケイデンス)が落ち、膝や脚への負担が大きくなります。ただ、トルクが大きくなりペダルを回すのが楽になるので、重いギヤを使いやすいです。

反対にクランクアーム長を短くすると、トルクが小さくなるので重いギヤが使いづらく、脚が長い人は窮屈なペダリングとなります。しかし、足を動かす円周が小さくなるので、ペダルの回転数を上げやすいです。

クランクアーム長を変えるとどうなる?

つまり、高回転数(ハイケイデンス)のペダリングをするなら短いクランクアームが向いています。反対に重いギヤを使ったペダリングをしたいなら長いクランクアームが有利と言えます。

クランクアーム長さの確認方法

ショップで完成車として販売されているロードバイクやクロスバイクには、フレームサイズに合わせたクランクアームが装備されています。大体170mmが付属していることが多いようですね。

クランクアームの長さを確認したければ、クランクアーム先端の裏側に書いてあります。単位はmmです。

クランクアーム長さの記載場所

クランクアーム長さの選び方

まずは、体の大きさや脚の長さに合わせて選びます。身長が低く脚が短い人は短いクランクアームを選び、身長が高く脚が長ければ長いクランクアームを選びます。

ただし、よく他のサイトで目にする「クランクアーム長さ=身長÷10」や「クランクアーム長さ=股下×1.25+65」という計算式は個人的にやや雑で根拠が薄いように思います。

例えば自分は、身長175cm、股下80cmなので、計算式で行くと「175mm=175÷10」「165mm=80×1.25+65」となります。しかし実際は、170mmのクランクアームを使っています。175mmは長すぎますし、165mmは短すぎます。

一度、172.5mmに交換し1年ほど乗りましたが、膝への負担が大きく長距離走行のスピードも落ちたので170mmに戻しました。ロードレースのプロ選手となると、同じような身長と股下でもクランクアーム長さが違うことがあります。

結果、身長や脚の長さを基本にし、脚の筋力やペダリングの癖を加味してクランクアーム長を選ぶのがいいでしょう。特にレースにも出場する本格的なライダーであれば、様々な要因を考慮して選ぶ必要があります。

ロードバイクに楽しく乗りたいホビーライダーであれば、体に負担がかからないよう、基本数値の±25mmの範囲内で選ぶといいでしょう。次で基本的な身長や股下長とクランクアーム長の適正表を掲載します。

身長と股下長で確認する適正表

あくまで参考ですが、身長と股下長で確認できるクランクアーム長さ適正表をまとめました。クランク交換の基準にしてください。

身長(cm)股下(cm)クランクアーム長
150~15465~67150 ±2.5
154~15767~69.5155 ±2.5
157~16069.5~71160 ±2.5
160~161.571~72162.5 ±2.5
161.5~16472~73.5165 ±2.5
164~16773.5~76167.5 ±2.5
167~17776~81170 ±2.5
177~18081~83172.5 ±2.5
180~18883~88175 ±2.5
188~19188~90177.5 ±2.5
191~90~180 ±2.5

格安自転車用品サイトWiggleでクランクセットを注文する

シマノのクランクセットをAmazonで注文する

関連記事

  1. 【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!

    メンテナンス・修理・調整

    【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!

    ロードバイクのハンドルには、衝撃吸収や滑り止めのためにバーテープが巻か…

  2. 【画像】で解説!スポーツ自転車のブレーキワイヤーの交換方法!

    メンテナンス・修理・調整

    【画像】で解説!ロードバイクのブレーキワイヤーの交換方法!

    ロードバイクなどのスポーツ自転車は、ワイヤー式のリムブレーキが主体です…

  3. チェーン落ち対策!スポーツ自転車のフロントディレイラー調整方法!

    メンテナンス・修理・調整

    チェーン落ち対策!ロードバイクのフロントディレイラー調整方法!

    ロードバイク・クロスバイクに乗っていて、フロントを変速しようとしたら、…

  4. 自転車ホイールの振れ取り手順とやり方!おすすめ振れ取り台

    メンテナンス・修理・調整

    自転車ホイールの振れ取り手順とやり方!おすすめ振れ取り台

    どんな高額なホイールでも長年使っていれば、わずかに振れ(ゆがみ)がでて…

  5. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    スポーツ自転車はハンドルやサドルなど、パーツを組み合わせるのに多くのボ…

  6. メンテナンスや修理に必須!ロードバイクのパーツ別適正トルク表!

    メンテナンス・修理・調整

    メンテナンスや修理に必須!ロードバイクのパーツ別適正トルク表!

    前回の記事で「締め付けトルクが重要な理由」について書きましたが、今回は…

人気記事

  1. ローラー台やバイクスタンドの有名ブランド「ミノウラ」が人気の理由
  2. ロードバイクのメンテナンスするなら自転車工具箱セットがおすすめ
  3. ロードレースで効果的な補給とタイミング!ジェル・パワーバーなど
  4. 人気上昇中のZwift【ズイフト】って何?室内で楽しく自転車に乗る!
  5. どれにする?ビンディングペダルの4大メーカー 特徴チェック
  6. 簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方
  7. オリジナルの1台を!ロードバイクのフレームをカラーオーダーする
  8. 誰でもできる!ロードバイクで疲れず高速巡行するコツとは!?
  9. ロードバイクのパワーメーターまとめ ペダル型・ハブ型・特殊型
  10. 通勤通学や旅に!自転車用のおすすめリュック・バックパックと選び方

アーカイブ

  1. 自転車活用推進法で日本はどう変わるのか?サイクリストの心構え

    楽しい自転車日記

    自転車活用推進法で日本はどう変わるのか?サイクリストの心構え
  2. 自転車競技の種目はどれだけあるのか?ピックアップしてまとめてみた

    ロードレースが面白い

    自転車競技の種目はどれだけあるのか?ピックアップしてまとめてみた
  3. 新機能を搭載!シマノ 新デュラエース R9100/R9150

    おすすめパーツ

    新機能を搭載!シマノ 新デュラエース R9100/R9150の進化とは?
  4. みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方

    初心者入門

    みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方
  5. 自転車で動画を撮影する!スポーツカメラの使い方&おすすめメーカー

    ウェア・アクセサリー

    自転車で動画を撮影する!スポーツカメラの使い方&おすすめメーカー
PAGE TOP