ブランドイメージのまとめ 北米・アジア

ロードバイク有名フレームメーカーまとめ北米アジア

(最終更新日:2017.12.19)
ロードバイク有名人気メーカーのイメージや特徴を個人的な意見でまとめる第3弾です。前回までは欧州編をまとめましたが、今回は北米とアジア編です。カナダ、アメリカ、台湾、日本のメーカーを紹介します。

中でも台湾のフレームメーカーは、ヨーロッパや北米のほとんどの有名メーカーが製造を委託するほど技術が発達しています。なおかつコストが安いので高性能なロードバイクが安く購入できるメリットがあります。

【関連記事】
ロードバイクの有名フレームメーカー欧州編①
ロードバイクの有名フレームメーカー欧州編②
日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

cervélo(サーヴェロ)|カナダ

エアロ系のロードバイクに人気があり、カッコいいスタイリッシュなイメージです。ヒルクライムより平地での高速巡行やTT(タイムトライアル)に強い印象ですね。実際に、トライアスロンなどで使用する空力性能に優れたTTバイクの種類が豊富です。

エアロタイプのSシリーズは、リヤタイヤを包み込むようなシートチューブ形状が目を引きます。TTが得意なクロノマンにサーヴェロは似合うでしょう。

価格帯はかなり高く、ミドルグレード以上のモデルしか取り扱っていないのが潔くていいです。後、個人的にサーヴェロのロードバイク乗っている人見ると男前に見えます。(cervélo/サーヴェロ公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー cervélo(サーヴェロ) ー カナダ

cervélo/S5

Argon18(アルゴン18)|カナダ

1989年に設立され、最近グランツールなどの主要大会で見かけるようになったフレームメーカーです。日本ではまだメジャーではなく、「なんか名前に数字が入っているぞ」くらいの印象しかまだありません。(すいません汗)

乗っている人もまだ見たことがないです。フレーム形状はサーヴェロに似ているので山より平地が速そうなエアロ系が得意な感じです。デザインがカッコいいので、今後日本でも知名度が上がりそうです。(Argon18/アルゴン18公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー Argon18(アルゴン18) ー カナダ

Argon18/NITROGEN PRO

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)|カナダ

量販店などでも多くのモデルが販売されている、カジュアルで親しみやすいフレームメーカーです。本格的なスポーツ自転車というよりも、どっちかというとファッション性が高く街乗り感が強いです。

オシャレで価格帯は安いですが、本物のロードバイクというにはやや物足りないです。性能的にはちゃんとした自転車なのですが、あまりにも一般的な量販店で販売されているのでそのようなイメージになってます。

カジュアルな私服でちょっとそこまで行きたい人や、のんびりサイクリング、気軽に通勤に使う人におすすめです。(ルイガノ公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー LOUIS GARNEAU(ルイガノ) ー カナダ

LOUIS GARNEAU

SPECIALIZED(スペシャライズド)/S-WORKS(エスワークス)|アメリカ

エントリー~ミドルグレードのモデルがスペシャライズド、ハイグレードがS-WORKSとなります。フレームに記載されるブランド名は違いますが、リリースしているメーカーは同じです。

S-WORKSは有名な世界トッププロチームが複数使用しており、2017年現在、ツール・ド・フランスなどの世界トップレベルのロードレースでも1番多く見るフレームメーカーです。もちろん実績も数多くあげていますね。

スぺシャライズドの価格帯は普通ですがS-WORKSはかなり高価です。限定版などは個性的なカラーリングが多くリリース中。今最も世界的イメージ戦略で成功しているフレームメーカーじゃないでしょうか。(SPECIALIZED/スペシャライズド公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー SPECIALIZED(スペシャライズド)

SPECIALIZED/TARMAC MEN EXPERT

ロードバイクのフレームメーカー S-WORKS(エスワークス) ー アメリカ

S-WORKS/TARMAC MEN ULTRALIGHT

Cannondale(キャノンデール)|アメリカ

名前からロケットや弾丸みたいな加速をイメージしてしまいます。実際ハイグレードモデルはかなり軽量で、ギリギリまで無駄をそぎ落としてあるので、ガチムチのスプリント向けの印象です。

また、アルミロードの最高峰と言われるCADD(キャド)シリーズが有名で、最新のCADDにちょっといいホイールを付ければ高性能なバイクの出来上がりです。高性能なアルミフレームが欲しいならキャノンデールは選択肢に入るでしょう。

代表的なカラーは鮮やかなグリーンで、お抱えの自転車チームもグリーンのジャージを着用して活躍しています。(Cannondale/キャノンデール公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー Cannondale(キャノンデール) ー アメリカ

Cannondale/SUPERSIX EVO

TREK(トレック)|アメリカ

最新式の風洞実験で風の抵抗を考えた設計など、各所に革新的なアイデア盛り込んでくるフレームメーカーです。機械的でクール、斬新、そんなイメージです。

例えばハイグレードモデルのマドンは、ワイヤー類をすべてフレーム内に収納し、フレームと一体化したようなブレーキで空気抵抗を減らす、トップチューブとシートチューブを切り離して振動吸収性を高めるなど、他メーカーにはない最新のアイデアと技術が盛り込まれています。

やっぱり価格帯は高め(笑。その他、カラーリングを細かく自分で組み合わせてこだわりの1台を作れる独自のシステムが特徴です。

トレックがスポンサーのトッププロチーム「トレックファクトリーレーシング」では日本人の別府選手が活躍中!また、トレック専門ショップを開店するなど日本での販促活動に積極的なメーカーですね。ロングライドをしていると乗っている人をよく見かけます。(TREK/トレック公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー TREK(トレック) ー アメリカ

TREK/Madone 9.9

GIANT(ジャイアント)/LIV(リブ)|台湾

ジャイアントはコストパフォーマンスが非常に高く、普通の自転車ショップでも多く販売されています。会社は台湾にありますが、ツール・ド・フランスなどに出場すで活躍するプロチームを持っている一流フレームメーカーです。

クロスバイクでは定番となっているエスケープR3が有名ですね。価格帯も安目で最初の一台には持ってこいですが、他人とかぶる事が多いので個性はあまり出せません。女性専用でLivというブランドも発売されています。

また、欧州や北米の有名トップメーカーの製造も請け負っていて、世界で販売されているミドルグレード以下のロードバイクの多くが台湾製といっても過言ではないでしょう。

フレームメーカーにこだわりがなければ、ジャイアントは最初の一台としておすすめです。(GIANT/ジャイアント公式サイト

関連記事:初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ

ロードバイクのフレームメーカー GIANT(ジャイアント) ー 台湾

GIANT/TCR ADVANCED SL 0

ロードバイクのフレームメーカー LIV(リブ)

LIV/LANGMA ADVANCED SL 0

 MERIDA(メリダ)|台湾

ジャイアントと同じく台湾製ですがトッププロチームの「ランプレメリダ」を持つ世界的一流フレームメーカーです。2017年現在、新城選手が所属しているチームで、近年日本での販促に積極的ですね。

コストパフォーマンスが最高でエントリーモデルは8万円~からあります。ハイグレードモデルにはかなりの軽量モデルがあり性能も間違いありません。ちなみに自分の嫁さんには、コスパ重視でメリダのロードバイクを買いました。

また、ジャイアントと同じく世界の有名メーカーのフレーム製造を請け負っています。近年は最安値のロードバイクでも、ワイヤーをフレームに内蔵するなど、細かい努力もうかがえます。(MERIDA/メリダ公式サイト

関連記事:初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ

ロードバイクのフレームメーカー MERIDA(メリダ) ー 台湾

MERIDA/SCULTURA TEAM-E

anchor(アンカー)|日本

日本が誇る日本人の為のフレームメーカーです。デザインやカラーリングも含めて素直で実直なイメージです。ジオメトリー(フレームの各寸法)が日本人の体形に細かく合わせてあるのが大きな特徴ですね。

自分もアンカーのRIS9というモデルに乗っていた時期がありますが、非常に乗りやすく、体にぴったりフィットした疲れないロードバイクでした。次に新しいロードバイクを買うなら、アンカーも十分考えます。

また、ハイグレードモデルのカーボンフレームでも硬すぎず適度な柔らかさがあり、その上推進力がありました。乗り手の実力に合わせて機種も豊富なので、初心者の最初の一台におすすめです。価格帯は普通ですね。(anchor/アンカー公式サイト

関連記事:国産フレームメーカー「アンカー」の特徴

ロードバイクのフレームメーカー anchor(アンカー) ー 日本

anchor/RS9

【関連記事】
ロードバイクの有名フレームメーカー欧州編①
ロードバイクの有名フレームメーカー欧州編②
日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

関連記事

  1. ロードバイクを余裕で積む!大人気ダイハツ・ウェイクの収納スペース

    完成車情報

    ロードバイクを余裕で積む!大人気ダイハツ・ウェイクの収納スペース

    コンパクトてお手軽、低価格の軽自動車はとっても便利ですよね。そして近年…

  2. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

    完成車情報

    簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

    ロードバイクやクロスバイクは乗って楽しむだけではなく、パーツを好きなカ…

  3. 不要なロードバイクやクロスバイクを処分方法・高く売るコツ・注意点

    完成車情報

    不要なロードバイクやクロスバイクを処分方法・高く売るコツ・注意点

    ロードバイク・クロスバイクを買ったもののあんまり乗らなかった・・と、よ…

  4. ガンダムロードバイク第2弾!モビルスーツ6モデルの発売が決定

    完成車情報

    ガンダムロードバイク第2弾!モビルスーツ6モデルの発売が決定!

    以前のブログでガンダムのシャア専用仕様ロードバイクを紹介しましたが、非…

  5. ユニコーンガンダムと百式!アナハイム社製のロードバイクが発売開始

    完成車情報

    ユニコーンガンダムと百式!アナハイム社製のロードバイクが発売開始

    ガンダム仕様のロードバイク第1弾「赤い彗星シャア」に続き、2017年1…

  6. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 欧州編

    高級バイクはお値段的に買えないと分かっていても見るだけで楽しくなります…

人気記事

  1. どう選ぶ?ビンディングシューズ種類とペダル互換性 - ロードバイク
  2. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①
  3. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ
  4. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?
  5. 初心者でも速くなれる!ロードバイクトレーニングの基本を知る
  6. ロードレースで効果的な補給とタイミング!ジェル・パワーバーなど
  7. パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?
  8. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - シマノ編
  9. 15万円以内のロードバイク おすすめランキング! 2017年版 
  10. 安くて明るい!スポーツ自転車のおすすめヘッドライト10選!

アーカイブ

  1. 目的別トレーニング方法!ヒルクライム・ロードレース・ロングライド

    速く走りたい!

    目的別トレーニング方法!ヒルクライム・ロードレース・ロングライド
  2. 性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!

    おすすめパーツ

    性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!
  3. すぐに実践できる!高速コーナリングの知識とスキル

    速く走りたい!

    すぐに実践できる!高速コーナリングの知識とスキル
  4. 自転車競技の種目はどれだけあるのか?ピックアップしてまとめてみた

    ロードレースが面白い

    自転車競技の種目はどれだけあるのか?ピックアップしてまとめてみた
  5. 安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク13選!

    完成車情報

    安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク 13選!
PAGE TOP