実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

一昔前まではトッププロのロードレースでもタイヤの太さは21~23Cと細いタイヤが常識でした。しかし2~3年ほど前から徐々に25Cを使う選手が増え、新しくリリースされるホイールのリムはほとんどワイドになり「25Cが当たり前」と言わんばかりの状況です。なぜなのか?

転がり抵抗の違いなど理論的に詳しく説明しているサイトも多々ありますが、今回はザクッと簡単に23Cと25Cのタイヤについて書きたいと思います。23Cと25Cどっちにホイールを買おうか、どっちのタイヤを選ぼうか迷っている人の参考にどうぞ!

【おすすめ関連記事】
25Cサイズ限定!おすすめクリンチャータイヤ
ロードバイクで重要なタイヤの選び方

なぜ25Cが良いと言われるのか?

結果から言うと「転がり抵抗」が少なく速く走れるとされているからです。昔は細いタイヤの方を履くと転がり抵抗が減り、速く走れると考えられていました。ママチャリのような太いタイヤより、クロスバイクやロードバイクに使われる細いタイヤの方が楽に走れるのは皆さんご存知だと思います。

しかし、細過ぎると逆に抵抗が増えるのでは?という流れになり、今では多くのプロ選手がロードレースで25Cを使っています。なぜ転がり抵抗が違うのか?を簡単に説明すると、同じ空気圧にした場合、23Cと25Cでは下図のようにタイヤの変形が異なり、接地面積が23Cは細長く、25Cは丸くなります。そして、丸いほうが転がり抵抗が低くなり、より速く走れるという事らしいです。

23Cと25Cの接地面積の形状と転がり抵抗の違い

ただ、今でも23Cを使っている選手もいますし、「絶対に25Cが有利だよ!」って言い切る人がいないのも不思議です。タイヤメーカーやホイールメーカーの測定データを見ると、確かに転がり抵抗だけ見ればわずかに25Cのほ方が優れています。ですが、タイヤの性能には転がり抵抗以外にも、重量や耐パンク性、乗り心地など多くの要素があります。

25Cのタイヤは太くした分、転がり抵抗と乗り心地、耐パンク性は向上しますが、肝心な重量が重くなってしまいます。なので、総合的にみるとほんのわずか、アマチュアではまったく気づかないくらいの本当にわずかな差で、25Cに軍配が上がったという状況なんだと思います。(結局私も断定できなくてすいません・・)

また、この差は勾配や乗り手のパワー、体重、走行スピード、路面の状況などでも微妙に変わると考えられます。状況によっては23Cの方が有利になる事もありそうです。

結局どっちがいいの?

いろいろ書きましたが、アマチュアが体感できる差はないのでどっちでもいいんです(笑 ただ、25Cの方が乗り心地と耐パンク性が向上し、今では多くのホイールが25Cに合わせたワイドリムとなっています。なので、25Cを選んだほうが今後の事を考えても扱いやすいでしょう。時代の流れには逆らえんのです(遠い目)

自分は23C主流の時代にそこそこ高価なカーボンホイールを購入してしまったので、空気圧を高めにしてできるだけ転がり抵抗を減らしながら23Cに乗り続けます。もし、今23Cを使っている人がいたら、そのまま使い続けるのをおおすすめします。わざわざお金を使って25Cに履き替えても大きな違いは感じられないですね。

【おすすめ関連記事】
25Cサイズ限定!おすすめクリンチャータイヤ
ロードバイクで重要なタイヤの選び方

生中継で観戦!2017年 世界の年間ロードレース開催日程まとめ生中継で観戦!2017年 世界の年間ロードレース開催日程まとめ前のページ

ロードバイクのトレーニングに!3本ローラー・固定ローラーの選び方次のページロードバイクのトレーニング!3本ローラー・固定ローラーの選び方

関連記事

  1. ロードバイクの最強ホイール!ライトウェイトの性能と特徴とは?

    おすすめパーツ

    ロードバイクの最強ホイール!ライトウェイトの性能と特徴とは?

    いろいろな意味で最強の呼び声が高いホイールメーカー「ライトウェイト/L…

  2. 交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク

    おすすめパーツ

    交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク

    前回の記事で「【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換す…

  3. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    おすすめパーツ

    10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    前回の記事「10万円以下!ロードバイクのおすすめホイール!」で10万円…

  4. ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選

    おすすめパーツ

    ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選

    ロードバイクのドロップハンドル、ステム、シートポストはシンプルな作りで…

  5. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ

    おすすめパーツ

    購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ

    ロングライドやロードレースに使えるコスパが高いクリンチャータイヤ 7つ…

  6. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - カンパニョーロ編

    おすすめパーツ

    どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 – カンパニョーロ編

    ロードバイクに装備されている3大コンポーネントメーカー【シマノ・カンパ…

人気記事

  1. 3大コンポーネント価格と重量 比較一覧表 【シマノ/カンパ/スラム】
  2. 新型アルテグラR8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較
  3. 初心者でも速くなれる!ロードバイクトレーニングの基本を知る
  4. ロードバイク・クロスバイクに必要なアクセサリーとパーツの一覧
  5. ガーミンだけじゃない!高性能GPSサイコンメーカーが続々登場
  6. 誰でもできる!ロードバイクで疲れず高速巡行するコツとは!?
  7. ヘルメットのおすすめブランドメーカー 10選! | ロードバイク
  8. 【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!
  9. ロードバイクのメンテナンス用具
  10. 軽装で出来るパンク対策を考える!

アーカイブ

  1. ロードホイールの空気抵抗

    おすすめパーツ

    ロードバイクのディープホイール|空気抵抗と効果
  2. クランクアーム長さと身長の適正表|ロードバイク

    メンテナンス・修理・調整

    クランクアーム長さと身長股下の適正表|ロードバイク
  3. 比較まとめ!ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い!

    初心者入門

    ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い比較まとめ!
  4. ロードレースの面白さ3

    ロードレースが面白い

    自転車ロードレース選手の脚質特徴と役割まとめ
  5. 目的別トレーニング方法!ヒルクライム・ロードレース・ロングライド

    速く走りたい!

    目的別トレーニング方法!ヒルクライム・ロードレース・ロングライド
PAGE TOP