【画像】で解説!スポーツ自転車のブレーキワイヤーの交換方法!

【画像】で解説!ロードバイクのブレーキワイヤーの交換方法!

ロードバイクなどのスポーツ自転車は、ワイヤー式のリムブレーキが主体です。もしブレーキワイヤーに異常があれば、事故につながる可能性もありますので定期的なメンテナンスが必要です。そこで今回は、ブレーキワイヤーの交換方法を画像付きでわかりやすく解説します。

ブレーキの仕組み

仕組みを知っている人は飛ばしてください。ブレーキは、シフトレバーとブレーキキャリパーが、ブレーキワイヤーでつながっており、シフトレバーを引くとキャリパーが動いてホイールのリムを挟み込み制動力が発生する仕組みになっています。

ブレーキワイヤーにはアウターとインナーの2種類があり、固定されたアウターケーブルの穴の中をインナーワイヤーが動くので、シフトレバーを動かせば、お互いがこすれて摩耗します。

キャリパーブレーキの仕組み シフトレバーとキャリパーブレーキがケーブルでつながっている

交換の目安と時期

自転車の保管方法などでも交換時期は変わってきますが、基本的に1年~2年に1回は交換したいですね。見た目的には、インナーワイヤーが錆びたり、ほつれたり、伸びてくれば交換時期となります。

異常があればシフトレバーの引きしろが重くなったり、ガクガクとスムーズに動かなくなる事もあるのですぐに交換しましょう。

必要な工具

必要な工具は「ケーブルカッター(ワイヤーカッター)」「六角レンチ」「ラジオペンチ」の3つです。「ケーブルカッター」はケーブルやワイヤーをカットする時や、ワイヤーキャップをかしめるのに使い、「六角レンチ」はキャリパーのボルトを緩めるのに使います。

シマノは主に5mmの六角レンチになります。「ラジオペンチ」はワイヤーキャップの取り外しや、ワイヤーをシフトレバーから引っ張り抜くのに使います。

ケーブルカッターをAmazonで購入する 六角レンチをAmazonで購入する

自転車のブレーキワイヤー交換に必要な工具

その他に、ブレーキワイヤーをキャリパーに固定する際に「インナーワイヤープライヤー」があれば作業はグッと楽に正確になります。

インナーワイヤープライヤーをAmazonで購入する

ワイヤーの外し方

作業①

まずはラジオペンチでインナーワイヤー先端に付いているキャップを外します。挟んでグイッと引っ張れば簡単に外れます。面倒なら先端をカットしてもいいでしょう。

ラジオペンチでケーブルキャップを外す

作業②

次にワイヤー固定ボルトを六角レンチで緩めてキャリパーから外します。この時に固定ボルトは緩めるだけで完全に外す必要はありません。

ブレーキの固定ボルトを六角レンチで緩める

作業③

キャリパーの上からアウターケーブルごと引っ張って抜きます。この時にアウターケーブルを交換しないならそのまま動かさないようにします。もし、アウターケーブルも交換するならばフレーム内蔵ケーブルの場合はコツがあるので、プロショップに任せた方が無難です。

キャリパーからブレーキワイヤーを引っ張り抜く

作業④

ブレーキレバーを引きながらインナーワイヤーを前に押し出してやると、頭の部分が飛び出してきます。そのまま頭を引っ張ってインナーワイヤーを全て抜き取りましょう。また、新しいインナーワイヤーを差し込む位置は確認しておきます。

シフトレバーからインナーケーブルを引っ張り抜く

これでワイヤーの抜き取りは終了です。

ワイヤーの取り付け方

作業①

準備していたブレーキ用インナーワイヤーを出します。シフトワイヤーに比べて太くて頑丈にできています。

ブレーキ用インナーケーブルとシフターの通し口

作業②

次にインナーワイヤーを通し口から差し込んでいきます。通し口はコンポーネントのグレードや年式によって位置が違うので注意しましょう。

シフトレバーからインナーワイヤーを差し込む

インナーワイヤーの先端を通したら少しずつ傷つけないように差し込んでいきます。慌てずに作業しましょう。

シフトレバーのインナーワイヤー差し込み口

上手くいけばアウターケーブルからインナーワイヤーが出てきます。

アウターケーブルにインナーワイヤーを通す

後は出てきたインナーワイヤーを最後まで引っ張ります。

リヤ側からインナーワイヤーを引っ張る

作業③

ブレーキキャリパーのガイド(溝)の決まった位置にインナーワイヤーを通します。ガイドの位置はブレーキのモデルによって位置が違うのでしっかり確認します。位置を間違えば突然ワイヤーが外れるなど危険です。

ケーブルガイドの所定の位置にインナーワイヤーを通す

作業④

ブレキーを手のひらで挟み込み開き具合を調整しながら、インナーワイヤーを引き、張り具合の調整もします。ちょうどよい位置が決まったらボルトを締めて固定します。固定後の微妙な調整はアジャスターのつまみを回す事で簡単にできます。

ブレーキキャリパーの開き具合を調整する

作業⑤

インナーワイヤーの長く突き出した余分な部分をカットします。ただし、指2本分くらいの長さは残しておきましょう。

インナーワイヤーの余分な部分をケーブルカッターで切断する

インナーワイヤーの先端がほつれるのを防止するためにワイヤーキャップをかぶせてプライヤーなどで潰してかしめます。

ケーブルキャップをかぶせてプライヤーでかしめる

最後にブレーキを動かしてみて制動力をしっかり確保できていれば終了です。長々と書きましたがやってみれば意外と簡単ですぐにできるはずです。

最終チェックしてブレーキワイヤー交換終了

ブレーキレバーの引きしろ

インナーワイヤーの張り具合によってブレーキレバーの引きしろが変わってきます。アジャスターなどで張り具合を調整しましょう。目安としては、思いっきりレバーを握った時にハンドルとレバーの間に1~2cmくらい隙間があるようにします。

ロードバイクのブレーキレバー引きしろは1~2cmが目安

関連記事

  1. メンテナンスの必須アイテム!スポーツ自転車のおすすめチェーンオイル6選

    メンテナンス・修理・調整

    スポーツ自転車チェーンオイルの選び方とおすすめメーカー6選

    ロードバイクのクロスバイクのチェーンは剥き出しになっているので汚れやす…

  2. 【画像】でかんたん解説!ロードバイクのスプロケット交換方法

    メンテナンス・修理・調整

    【画像】でかんたん解説!ロードバイクのスプロケット交換方法

    ロードバイクのスプロケット(以後スプロケ)にはギア比のパターンがいくつ…

  3. トラブルが多いパーツ!ボトムブラケットの規格&BB30の異音問題

    メンテナンス・修理・調整

    トラブルが多いパーツ!ボトムブラケットの規格&BB30の異音問題

    スポーツ自転車の数あるパーツの中でもBB(ボトムブラケット)は、異音な…

  4. 軽装で出来るパンク対策を考える!

    メンテナンス・修理・調整

    ロードバイクのパンク対策を考える!軽装でいろんなトラブルに対応したい!

    パンクをしたらせっかくの楽しいライドも台無しになってしまいます。そこで…

  5. ワイドリムとナローリム!ホイールリム幅とタイヤ幅の適切な範囲は?

    メンテナンス・修理・調整

    ワイドリムとナローリム!ホイールリム幅とタイヤ幅の適切な範囲は?

    ロードバイクのタイヤ幅は、ちょっと前まで21~23Cが標準でした。しか…

  6. チェーン落ち対策!スポーツ自転車のフロントディレイラー調整方法!

    メンテナンス・修理・調整

    チェーン落ち対策!ロードバイクのフロントディレイラー調整方法!

    ロードバイク・クロスバイクに乗っていて、フロントを変速しようとしたら、…

人気記事

  1. 10万円以下!ロードバイクのおすすめホイール!クリンチャー編
  2. パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?
  3. ロードバイク乗りにおすすめ!男のすね毛をツルツルにする人気脱毛法
  4. もう初心者とは言わせない!ロードバイクにカッコよく乗るテクニック
  5. 楽しく体幹をきたえる!おすすめ 3本ローラー台 7選 | ペダリスタ
  6. デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選
  7. 25Cサイズ限定!ロードバイクのおすすめクリンチャータイヤを比較
  8. 欲しい自転車に乗る!格安でロードバイクをつくる方法!
  9. どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!Pedalista

アーカイブ

  1. ロードホイールの空気抵抗

    おすすめパーツ

    ホイール選びに役立つ!ロードバイクのディープホイールの効果
  2. 初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本

    アニメ・漫画・本

    初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本
  3. ロードバイクのドロップハンドル!形状とサイズ&失敗しない選び方

    おすすめパーツ

    ロードバイクのドロップハンドル!形状とサイズ&失敗しない選び方
  4. どれにする?スポーツ自転車のタイヤメーカー 特徴まとめ!

    おすすめパーツ

    どれにする?ロードバイクのタイヤメーカー 特徴まとめ!
  5. 3/19 格安セール情報!春の新作サイクルウェア・自転車ライト その他

    格安SALE・新商品情報

    3/19 格安セール情報!春の新作サイクルウェア・自転車ライト その他
PAGE TOP