ロードバイクのサイズ選び

ロードバイク購入はサイズに注意|パーツ別サイズ確認方法

ロードバイクやクロスバイクは、洋服のように各パーツにサイズがあります。身体の大きさに合っていないスポーツ自転車に長時間乗ると、体に痛みが出たり見た目が不格好になったり、速く快適に走れなかったりと問題が生じます。

パーツによっては購入してからでも大きさを変更できますが、無駄な出費をしないためにもロードバイクを買う前に各パーツのサイズをしっかり確認しましょう。

この記事では、初心者でもわかりやすいようパーツ別にサイズの見方や適応身長の目安などをまとめます。

【関連記事】
ロードバイク・クロスバイクの初心者入門

フレームのサイズ

フレームはロードバイクの根幹になる重要なパーツなので、後でサイズが合わなかったといっても変更は難しいです。出来ないことないですが、組み替える工賃を考えるとかなりの出費になります。

なので、ロードバイクを購入する前に、まずはフレームのサイズをしっかり確認しましょう。完成しているスポーツ自転車を買う場合は、フレームを基準にその他のパーツもサイズを合わせてありますので、フレームさえ確認しておけば取り合えず安心です。

また、フレーム各部の細かい寸法や構成(ジオメトリー)はメーカーによって違います。大手の自転車チェーン店などでは、初心者にもわかりやすく値札にフレームサイズと適応身長が書いてありますが、できればメーカーのホームページかカタログで再確認する事をおすすめします。

そして、ジオメトリーはトップチューブ値、シートチューブ値、ダウンチューブ値、シートステー値、チェーンステー値で表記されます。この中で、サイズ判断の基準になるのはトップチューブ値です。

注意する点は、斜めになったり湾曲しているタイプのトップチューブもあるので、その場合はホリゾンタル換算(水平換算)の値を基準にしましょう。ホリゾンタルとはトップチューブを水平にした場合の長さの事です。

トップチューブ ホリゾンタル換算値

フレームのジオメトリーは長さだけではなく角度も影響します。同じトップチューブ長でもメーカーによって適応身長が微妙に違うので、メーカーのサイトかカタログで確認する事が非常に重要です。同じメーカーでも機種やグレードによってサイズと適応身長が違うので注意しましょう。

しつこいようですが、フレームが大き過ぎると後でポジション修正ができないので要注意です。逆に小さいフレームはある程度ポジション修正できるので、迷ったら小さめがおすすめです。後は購入前に必ず試乗もしたいですね。|関連記事:ロードバイクの簡単なポジション調整方法

チェーンリングの大きさ

チェーンリングとは、クランクの円周に付いているギザギザのパーツの事です。ロードバイクには外側と内側と大小2枚装備されています。

チェーンリング

店舗で販売されている完成車の多くは、円周が小さくて歯数が少ないコンパクトクランクが搭載されています。コンパクトクランクは大きいリングが歯数50、小さいリングが歯数34で構成されていて「50-34」と表記されます。

歯数が少ないのでペダルを回すのは楽になりますが、その分速度は遅くなります。アマチュアロードレースへの参加など考えず、普通に楽しく乗る分にはコンパクトクランクで十分です。その他ノーマルクランクは「53-39」、ノーマルとコンパクトの中間にあたるセミコンパクトは「52-36」となります。

歯数が1つ違うだけで走りも結構違うものです。ガチで速く走りたい人は「52-36」以上がいいかもしれませんね。

  • 50-34:コンパクトクランク。ペダルは軽いけどその分スピードでないです。上りも楽ですね。
  • 52-36:セミコンパクトクランク。中間の性能。ややノーマル寄りなギヤ歯数です。
  • 53-39:ノーマルクランク。ペダルは重くなるがハイスピードで走れます。登りがキツいですね。装備してアウターギヤで山を上れば男の中の男と注目を浴びます(笑)。

クランクアーム長

クランクアームはクランクとペダルをつなげている棒の事です。この部分にも長さがいろいろあります。

クランクアーム長さ

クランクアームが長いとトルクが大きくなり楽にペダルを回せますが、ペダル1回転の円周が長くなり回転数(ケイデンス)が下がります。また、長すぎると脚を大きく動かす事になるので、膝や足首に負担がかかり痛みの原因にもなります。

よく身長の10分の1が基準とか書いてあるサイトを見かけますが、判定方法に無理があるのであまりおすすめしません。股下長にもよりますが、身長175cmで175mmのクランク長とかキツいですよ。実際私は身長175cmですが170mmと172.5mmのクランクアームを長期間乗り比べた上で、現在は170mmを使ってます。

ショップで販売されている多くの完成車にも170mmが装備されている場合が多いです。下はクランク長と適応身長の目安です。迷った場合は詳しい店員さんに相談してみましょう。

クランク長:適応身長

  • 165mm:150~160cm
  • 167.5mm:155~165cm
  • 170mm:165~175cm
  • 172.5mm:175~185cm
  • 175mm:180~190cm

ちなみに、クランクアームの長さを現物で確認したい場合は先っぽの裏に表記されています。

クランクアーム長さのサイズ表記

ステムの長さ

ステム長は大体10mm単位で交換でき、サドルからハンドルまでの距離を調整できます。70mmから140mmまでのサイズがありますが、短すぎるとカッコ悪くハンドルが安定しないので、90~120mmくらいにしておくのが一般的です。

ステムサイズ

ステム長はフレームのトップチューブ長(ホリゾンタル換算値)との兼ね合いもあるので一概には言えませんが、力を抜いて試乗し脇部分の腕と体の角度が90度くらいになるのがいいと言われています。

ステムはそんなに高いパーツではありませんし(2000~10000円)交換作業は簡単なので気軽に変更可能です。いろいろと試してみてもいいかもしれませんね。

ハンドル幅

ハンドル幅にもサイズがあり、肩幅と同じくらいに合わせるのが基本となります。ハンドルを握って両手を平行に真っ直ぐ伸ばせるか、それよりやや広めの幅が目安となります。

肩幅より広いハンドル幅は、操作の安定感が増しますがやや前傾姿勢となり空気抵抗も若干大きくなります。逆に、肩幅より狭いハンドル幅は安定感が落ちますので、初心者の方はやめておいた方がいいでしょう。

また、ハンドル幅の表記は「芯ー芯(C-C)」と「外ー外」と2パターンあります。芯ー芯(C-C)400mmと外ー外の420mmはほぼ同じサイズとなるので、確認する際はどちらの表記となっていか注意が必要です。

ハンドル幅

まとめ

ロードバイクやクロスバイクを購入する目には、これまで紹介した各パーツのサイズを確認し、実際に試乗してみる事が重要です。また、初心者の方がちょっと乗っただけではサイズの判別は難しいので、ショップスタッフや詳しい友人に客観的に見てもらうのもいいでしょう。

  • フレームサイズは検討しているロードバイクメーカーのサイトかカタログでしっかり確認しましょう。
  • クランクの基本はコンパクト。レースを考えるならノーマルかセミコンパクトも考えます。
  • クランクアーム長は身長を基準に確認します。
  • ステム長も試乗して確認をする。違和感があれば交換してもらう。
  • ハンドル幅は肩幅を目安に合わせましょう。

【関連記事】
ロードバイク・クロスバイクの初心者入門

関連記事

  1. ロードバイクを買う前の注意点

    初心者入門

    初心者向けスポーツ自転車の選び方と注意点

    スポーツ自転車(クロスバイクやロードバイク)のスタイリッシュな風貌と、…

  2. 暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点

    初心者入門

    暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点

    夏の暑い日のサイクリングやロングライドで安全快適に走るには、熱中症や日…

  3. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?

    初心者入門

    8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?

    ロードバイクを買おうと決めて専門店に行ってみると、価格がピンからキリま…

  4. ロングライドは準備が大事!必須アイテムまとめ!

    初心者入門

    ロングライドは準備が大事!必須アイテムまとめ!

    時には100km以上を走るロングライド。遠い場所でパンクやハンガーノッ…

  5. スポーツ自転車で挑戦!大人の競技「ブルベ」とは?必要な装備まとめ

    初心者入門

    大人の自転車イベント「ブルベ」とは?必要装備まとめ

    スポーツ自転車には「ブルベ」という耐久サイクリングイベントがあります。…

  6. ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ

    初心者入門

    ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ

    ロードバイクやクロスバイクで歩行者をケガさせてしまったら大変です。また…

人気記事

  1. ローディーのアイドル!かわいすぎる自転車女子特集!ちゃりん娘 etc
  2. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ part② アンブロシオ、ティーエヌアイ、ディーティー スイス、トーケン、トッポリーノ、ノヴァテック、ピーゼット レーシング、ファスト フォワード、フルクラム、エークラス
  3. スポーツ自転車の盗難防止に最新おすすめ鍵!防犯アラーム付きなど
  4. ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選
  5. 乗り心地がかわる!クリンチャーホイールに使えるチューブラータイヤ
  6. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!
  7. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ
  8. デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選
  9. ロードバイクのトレーニング!3本ローラー・固定ローラーの選び方
  10. ローラー台やバイクスタンドの有名ブランド「ミノウラ」が人気の理由

アーカイブ

  1. アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ウェア・アクセサリー

    アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想
  2. ロードホイールの空気抵抗

    おすすめパーツ

    ロードバイクのディープホイール|空気抵抗と効果
  3. ロードバイク・クロスバイクを格安で手に入れる! 中古購入の注意点

    完成車情報

    ロードバイク・クロスバイクを格安で手に入れる! 中古購入の注意点
  4. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?
  5. ロードバイクのドロップハンドル!形状とサイズ&失敗しない選び方

    おすすめパーツ

    ロードバイクのドロップハンドル!形状とサイズ&失敗しない選び方
PAGE TOP