定期的にチェック!スポーツ自転車 ヘッドパーツのガタつき調整!

定期的にチェック!ロードバイクのヘッドパーツ ガタつき調整!

ブレーキをかけた時や、ダンシングでハンドルを振った時などに、コラムの根本がカタカタと動いたらヘッド周りのガタを疑いましょう。

そのままにしておくとベアリングが破損したり、フレームにダメージを与えてしまいますので、定期的な点検とメンテナンスと早めの対策が必要です。そこで、ヘッドパーツの調整方法を画像でわかりやすくまとめます。

トルクレンチは必須

ヘッドまわりのボルトを締める時には、締め付けトルクを計測できる「トルクレンチ」が必須です。締め付けが緩いと、走行中にハンドルが動く危険がありますし、締め付け過ぎるとボルトが突然折れる危険があります。

ロードバイクのヘッド調整に必要なトルクレンチと六角レンチ

特にカーボン製のパーツやフレームは締めすぎると割れてしまうので、トルクレンチを持っておいた方がいいでしょう。ヘッドパーツ以外のボルトにも使いますからね。簡易型トレクレンチであれば2000円以下で購入できます。後は普通の六角レンチも必要です。

トルクレンチをAmazonで購入する
六角レンチをAmazonで購入する

ヘッドまわりの仕組み

ヘッドパーツの調整はカップ&コーンの構造が理解できれば簡単です。フレームのヘッドチューブには、上端と下端にそれぞれベアリングが入っています。この中をフロントフォークのコラムが通っていますが、そのままでは固定していないので動いてしまいます。

スポーツ自転車のヘッドパーツの仕組みとガタつき

そこで、フォークコラムの中にアンカープラグ(マルチプレッシャープラグ)を装着し、ステムとスペーサーをコラムに通した上でトップキャップのボトルを締めると、アンカープラグとトップキャップが連結され、フォークコラムが固定されるのです。

ヘッドパーツの調整ができるようになると、自分でハンドルの高さを変えたり、ステム交換ができるようになりますので挑戦してみましょう。

ヘッドパーツの調整方法

まずはトップキャップのボルトを緩めて、次にステムのボルトを緩めます。定期メンテナンスでヘッドを増し締めするだけなら、トップキャップは完全に外さなくてもいいです。

ヘッドパーツにガタが出る主な原因は、トップキャップのボルトが緩む事です。増し締めするとヘッドキャップがしっかり固定されてガタがなくなります。

作業はどこかに指定トルクの記載がない確認して、トルクレンチでしっかりトルクを測りながら行いましょう。大体「1~2Nm」がヘッドパーツの指定トルクとなります。

ヘッドキャップを緩めて締め直す。ロードバイクのヘッドパーツ調整方法

次にステムのボルトを固定します。締め付けトルクが指定されているので、緩めに締めておいて仕上げはトルクレンチで行います。

また、この時にタイヤとハンドルがまっすぐなるように調整しましょう。上からのぞくようにして、ハンドルとフロントホイールのハブを基準にすると位置をあわせやすいです。

ステムを仮固定する。ロードバイクのヘッドパーツ調整方法

トルクレンチで指定されたトルクで締め付ければ作業終了です。指定トルクは大体ステムに記載してあります。もし記載がない場合は「4~8Nm」で締め付けます。カーボン製ならば低めの「4~5Nm」にしておいた方が無難です。

最後にトルクレンチでボルトを締め直します。ヘッドパーツの調整方法

ステムを一番上にセットすると、ステムの固定が弱かったりコラムをつぶす危険性があります。コラムがステムをしっかり貫通するのが基本で、一番上にスペーサーをセットしましょう。

ヘッドキャップとステムの間にはスペーサーを挟む。ロードバイクのヘッドパーツ調整方法

調整してもガタがあるときは?

トップキャップを増し締めしてもガタが残るようであれば、フォークコラムの中のプレッシャープラグが緩んでいる可能性があります。

トップキャップを外して、プレッシャープラグを固定し直しましょう。プレッシャープラグはフォークコラムの中に収まっています。ボルトを締めるとプレッシャープラグは固定されます。

トップキャップを外し、プレッシャープラグを適正な位置に固定し直す

最終チェックのポイント

トップキャップの適正な締め付け具合は、ヘッド周りにガタがなく、前輪を浮かせて少しだけ斜めにした時に自然にハンドルが切れるくらいです。

緩いのも危険ですが、締めすぎるとハンドルの動きが硬くなりますし、ヘッドチューブのベアリングに負担がかかるので注意しましょう。

ハンドルが軽く切れるか最終チェック。ロードバイクのヘッドパーツ調整方法

関連記事

  1. メンテナンスや修理に必須!ロードバイクのパーツ別適正トルク表!

    メンテナンス・修理・調整

    メンテナンスや修理に必須!ロードバイクのパーツ別適正トルク表!

    前回の記事で「締め付けトルクが重要な理由」について書きましたが、今回は…

  2. ロードバイクの修理を自分でやる!必要なメンテナンス工具 一覧

    メンテナンス・修理・調整

    ロードバイクの修理を自分でやる!必要なメンテナンス工具 一覧

    ロードバイクやクロスバイクは定期的なパーツ交換やメンテナンスが必要な自…

  3. 【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!

    メンテナンス・修理・調整

    【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!

    ロードバイクのハンドルには、衝撃吸収や滑り止めのためにバーテープが巻か…

  4. 【画像】で解説!スポーツ自転車のブレーキワイヤーの交換方法!

    メンテナンス・修理・調整

    【画像】で解説!ロードバイクのブレーキワイヤーの交換方法!

    ロードバイクなどのスポーツ自転車は、ワイヤー式のリムブレーキが主体です…

  5. 自転車のパンク修理に大活躍!インフレーターとCO2ボンベの使い方

    メンテナンス・修理・調整

    自転車のパンク修理に大活躍!インフレーターとCO2ボンベの使い方

    ロードバイクやクロスバイクに乗っていてパンクした場合は、その場で自らパ…

  6. ワイドリムとナローリム!ホイールリム幅とタイヤ幅の適切な範囲は?

    メンテナンス・修理・調整

    ワイドリムとナローリム!ホイールリム幅とタイヤ幅の適切な範囲は?

    ロードバイクのタイヤ幅は、ちょっと前まで21~23Cが標準でした。しか…

人気記事

  1. 効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング方法 | pedalista
  2. 楽しく体幹をきたえる!おすすめ 3本ローラー台 7選 | ペダリスタ
  3. 軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング
  4. 簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方
  5. 自転車のホイール交換!シマノ・カンパ・フルクラムの違いを比較
  6. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編
  7. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 part.2
  8. 交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク
  9. ロードバイクに補給食が必要なワケ!おすすめ補給食 10選まとめ
  10. 携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!

アーカイブ

  1. 歩きやすいビンディング!おすすめSPDシューズとSPDペダル

    ウェア・アクセサリー

    歩きやすいビンディング!おすすめSPDシューズとSPDペダル
  2. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

    完成車情報

    簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!
  3. 新型アルテグラR8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較

    おすすめパーツ

    新型アルテグラR8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較
  4. 本当に必要!?自転車ウェアの機能と選び方 - サイクルジャージ

    ウェア・アクセサリー

    本当に必要!?自転車ウェアの機能と選び方 - サイクルジャージ
  5. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?

    初心者入門

    8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?
PAGE TOP