携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!

コンパクトに道具を携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!

ロードバイク、クロスバイクでのサイクリングにはパンク修理セットなどを持っていくのは常識です。持ち運びはサドルバッグ入れたり、リュックサックを使ったりと人それぞれだと思います。

しかし、個人的に一番おすすめしたいのはツールボトル(ツールケース)ですね。そこで、「ツールボトルがおすすめな理由」「ツールボトルの種類」「選び方」「自分のツールボトルの中身」を紹介します。

ツールボトルは便利

リュックサックやサドルバッグよりツールボトルが優れている点は、コンパクトで取り外しが簡単な事です。やはりコンパクトな方がかさばりませんし、出先でランチをする場合などは盗難されないようにサクッと取り外して持っていけるのは便利だと思います。

ロードバイクのツーツボトル(ツールケース)イメージ画像

後は重心を下に持っていけるのでダンシングでロードバイクを左右に振った場合も軽く感じます。サドルバッグだと重心が上がるので振りが重く感じます。リュックサックもわずかですが安定感が悪くなります。

ですから、「ロングライドやサイクリングは必要最低限の荷物で身軽でいたい」が身上の私はツールボトルをおすすめするのです。

ツールボトルの種類

ツールボトルには硬いプラスチックや金属製のタイプと、柔らかい合成革のようなタイプの2種類があります。硬いタイプは上部にある蓋から物を出し入れするようになっており、中にはクッション材等が無いので乗っているとガチャガチャとうるさく、収納時もうまく入れないとスペースが無駄になりがちです。

それに比べて柔らかい合成革タイプはファスナーで真っ二つに開くので出し入れがしやすく、中がフワフワしているので音が鳴る事もないですし、収納もグイッと強引に押し込むことができるので使いやすいです。

硬いプスチック製ツールボトルと柔らかい合成革製ツールボトルの違い

また、プラスチックタイプと合成革タイプにはそれぞれ大きさもいろいろあります。大きいタイプには予備のチューブラータイヤなども入れられます。

小さいツールボックスと大きいツールボックスの違い

ツールボトルの選び方

先ほども言いましたが、ツールボックスには素材の違いや大きさの違いがあります。まずは、収納する物を決めてから、それに合わせてツールボックスの大きさを選ぶといいでしょう。

次に重量ですね。速く走りたい人、ヒルクライムが好きな人はやはり軽い方がいいと思います。最後にデザインです。自分のロードバイク、クロスバイクのカラーと合わせると見栄えが良くなります。

ツールボトル(ツールケース)をAmazonで購入する

自分のツールケースの中身

おまけで自分のツールボトルとその中身を晒しときます(笑 どれくらいの物が入るのか参考にしてください。自分が使っているのは「ノグチ(NOGUCHI) ツールケース」でサイズは 直径75mm/高さ210mm となります。下の画像を見る限りはまだ少しスペースに余裕がありますね。

自分のツールボックスの中身

中身は地球ロックできるくらい長い鍵とアーレンキーセット、空気を入れるインフレーターボンベ2本、予備のボタン電池、タイヤを外すレバー、タイヤの延長バルブ、そしてパンク補修材クイックショットです。

ちなみに自分はチューブラータイヤなのでパンクした時のためにクイックショットを持ち歩いてますが、もしクリンチャーなら代わりに予備チューブを入れるでしょう。(関連記事:ロードバイクのパンク対策

まとめ

  • サドルバッグやリュックサックよりツールボトルがおすすめです。
  • 硬いプラスチックや金属タイプより、柔らかい合成革タイプが使いやすい。
  • 使い方によって容量や重量、デザインを見て選びましょう。

ツールボトル(ツールケース)をAmazonで購入する

大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!前のページ

パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?次のページパワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?

関連記事

  1. デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選

    ウェア・アクセサリー

    デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選

    前回の記事「必須アイテム!サイクルグローブの選び方」でも書きましたが、…

  2. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど

    ウェア・アクセサリー

    アイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど

    ロードバイクで長距離走る時のファッションアイテム「アイウェア(スポーツ…

  3. ガーミンだけじゃない!高性能GPSサイコンメーカーが続々登場

    ウェア・アクセサリー

    ガーミンだけじゃない!高性能GPSサイコンメーカーが続々登場

    一昔前はサイクルコンピュータ(サイコン)といえば、価格で選ぶならキャッ…

  4. 本当に必要!?自転車ウェアの機能と選び方 - サイクルジャージ

    ウェア・アクセサリー

    本当に必要?自転車ウェアの機能と選び方|サイクルジャージ

    サイクルジャージやタイツなどの自転車ウェアって見た目が変わってますよね…

  5. サイクルウェアブランドCYCOREの商品イメージ

    ウェア・アクセサリー

    気軽に着る!カジュアルなサイクルウェアブランド|CYCORE

    クロスバイク、マウンテンバイクなどのスポーツ自転車のライトユーザー…

  6. オシャレに着こなす!ロードバイクのサイクルウェア種類と選び方

    ウェア・アクセサリー

    オシャレに着こなす!ロードバイクのサイクルウェア種類と選び方

    スポーツバイク乗るときに多くの人が着ているサイクルウェア。空気抵抗を抑…

人気記事

  1. ヒルクライムが速く楽になる!ペダリングや呼吸法とは?- ロードバイク
  2. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ part② アンブロシオ、ティーエヌアイ、ディーティー スイス、トーケン、トッポリーノ、ノヴァテック、ピーゼット レーシング、ファスト フォワード、フルクラム、エークラス
  3. スポーツ自転車の盗難対策は?絶対に盗ませない方法!(ロードバイク・クロスバイク・MTB・マウンテンバイク)
  4. 低予算で決戦用ロードバイクを作ってみる!いくらで出来るか? ブログ
  5. 大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!
  6. ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較
  7. 自転車必須アイテム!サイクルボトルの種類とおすすめ商品を紹介!
  8. 集団走行スキルを身につける!ロードバイクの効果的なローラー台練習
  9. どれにする?ビンディングペダルの4大メーカー 特徴チェック
  10. 丈夫で安い!通勤通学におすすめのクリンチャータイヤ 7選!

アーカイブ

  1. ブランドイメージまとめ 欧州2

    完成車情報

    ロードバイクの有名フレームメーカーまとめ欧州編②
  2. 自転車活用推進法で日本はどう変わるのか?サイクリストの心構え

    楽しい自転車日記

    自転車活用推進法で日本はどう変わるのか?サイクリストの心構え
  3. スポーツ自転車で挑戦!大人の競技「ブルベ」とは?必要な装備まとめ

    初心者入門

    大人の自転車イベント「ブルベ」とは?必要装備まとめ
  4. ちゃんと処理してる?ロードバイクでスネ毛をキレイに剃る理由とは

    初心者入門

    ちゃんと処理してる?ロードバイクでスネ毛をキレイに剃る理由
  5. 世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは

    ロードレースが面白い

    世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは
PAGE TOP