ロードレースの面白さ3

自転車ロードレース選手の脚質特徴と役割まとめ

自転車ロードレースの面白さと観戦方法、見どころ伝える記事の第3弾です。ロードレースは、脚質といわれる選手の特徴で役割が違い、レース展開を複雑に面白くしています。そこで今回は選手の脚質の特徴と役割を簡単にまとめます。その他、特別ジャージの意味やレースランクについても書きます。

【関連記事】
ロードレース観戦は面白い①【空気抵抗ってすごい編】
ロードレース観戦は面白い②【レースは多彩編】

脚質のタイプ

サッカーや野球でも選手の特性でポジションが違うように、ロードレーサーもそれぞれ特徴があり、チーム内での役割が違います。選手の脚質や得意分野で様々なタイプに分けるられるので、それぞれわかりやすくまとめました。「自分の脚質はどれかな?」とあてはめて見ると面白いですね。

オールラウンダー

ヒルクライム(山登り)やTT(タイムトライアル)が得意で、できて平地もそこそこ速く、文字通りオールラウンドに活躍できる選手です。1日で終わるワンデーレースより、主に数日かけて行われるステージレースで総合優勝を狙うエースとして活躍します。

ステージレースでは山岳ステージとタイムトライアル(TT)でタイム差がつきやすいので、総合優勝を狙うにはヒルクライム力とTTをハイレベルでこなせるフィジカルがある事が条件となります。

スプリンター

平地コースでのゴール前スプリントを得意とする選手です。一瞬の爆発力はナンバーワンで、トップクラスになるとゴール手前100~200mでは時速70km/h以上をたたき出します。

主にステージレースの平坦ステージでの優勝や、比較的難所が少ないワンデーレースを主戦場にしています。大柄で筋肉ムキムキな選手が多く、その筋肉の重さが足かせとなりヒルクライムが苦手です。

クライマー

長く急な坂道を上るヒルクライムが得意な選手です。坂道は体重が軽い方が圧倒的に有利なので、小柄で痩せていて持久力に優れる選手が多いです。基本的にステージレースでの山岳賞を狙いますが、圧倒的な登坂力でタイム差を稼ぎ総合優勝を狙える選手もいます。

ただ、体格が小さい選手はTT力にやや劣るので、総合優勝争いに絡むにはオールラウンダーに山岳で大きな差をつける必要があり若干不利ですね。後、瞬発力とパワーが無いのでスプリントなどにはまったく絡めません。

ルーラー

持久力が高く、黙々と一定のスピードで長い距離を走れる選手です。ヒルクライムも平地もそつなくこなしますが強みが少ないので、優勝は逃げに上手に乗り、なおかつ運を味方にしないと難しいですね。

ただ、強力なアシストとしては最適な脚質です。高い持久力でチームの為に先頭を長時間走ったり、逃げに乗ってエースのために戦局を有利に動かします。

パンチャー

ヒルクライムもある程度こなせるスプリンターのようなイメージで、その名のとおり一瞬のパンチ力がある選手です。ただしスプリンター程爆発力もないし、クライマーほど長い登りも登れません。

基本的に平坦なコースだけど、小さいアップダウンがあったりゴール手前に短い激坂があるなど変則的なコースで力を発揮し優勝を狙います。また、一瞬のアタックで抜け出したりするのも得意なのでアシストでも活躍します。

クロノマン(TTスペシャリスト)

タイムトライアルが得意な選手でチームプレーに頼らずとも個人での独走力が高い選手です。もちろんTTステージやTTの大会で優勝を狙います。

その他、他のチームと差を広げたい時は先頭をグイグイ引っ張ったり、逆に先頭グループと差を縮めたい時や、スプリント直前のポジション争いなどの場面でも先頭に出てアシストとして活躍します。

各賞トップはジャージの色でわかる

ステージレースでは各ステージ終了後に、その時点での総合タイムやポイント数に応じて各賞のジャージが送られます。【賞の種類についてはこちら

ツール・ド・フランスを例にすると、黄色いジャージは総合優勝、緑色はポイント賞、赤い水玉は山岳賞、白は新人賞といった感じです。大会によって色は違います。

ツール・ド・フランス

また、各国でトップの大会を優勝している選手は、年間を通して国旗をモチーフにしたジャージを着れます。2015年は新城選手が日の丸ジャージでした。世界選手権で優勝している選手もレインボージャージという鮮やかなジャージを着て走ります。

つまり、実力のある選手や、脚質別にトップの選手が一目でわかるようになっているのです。総合優勝ならオールラウンダーかクライマー、山岳賞なら生粋のクライマー、ポイント賞ならスプリンターかパンチャーといった感じです。

新城幸也選手

レースのランク

ロードレースにはテニスのように各大会がランク分けされています。

UCIワールドツアー

最高ランクの大会。テニスの世界4大大会、サッカーのチャンピオンズリーグのような位置づけです。

【代表的なUCIワールドツアー】

Aランク:ツール・ド・フランス
Bランク:ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャ
Cランク:ツアー・ダウンアンダー、パリ~ニース、ティレーノ~アドリアティコ、ミラノ~サンレモ、パリ~ルーベ、リエージュ~バストーニュ~リエージュ、ツール・ド・ロマンディ、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ、ジロ・デ・ロンバルディア
Dランク:ヘント~ウェヴェルヘム、アムステルゴールドレース、フレッシュ・ワロンヌ、グランプリ・シクリスト・ド・ケベック、グランプリ・シクリスト・ド・モントリオール

UCIレース

クリテリウム・アンテルナシオナル、ツアー・オブ・ターキー、パリ~ツールなど、各国のリーグ戦のような位置づけの大会。ワールドツアーより劣るが格式は高いです。

Jプロツアーなど各国の大会

宇都宮クリテリウム、ツアー・オブ・ジャパン、富士山ヒルクライムなど、各国レベルで開催される大会。日本の大会はJプロツアーとなります。

関連記事:ロードレースのカテゴリー一覧

まとめ

選手の脚質やジャージの色、レースのランクの知識があれば、より面白く自転車ロードレースを観戦できると思います。機会があればスカパーなどで、ロードレースを観戦してみましょう。

  • ロードレーサーはいろいろな脚質があり役割が違います。
  • ジャージの色で各賞トップの選手がわかります。
  • ロードレースの大会にはランクがあります。

【関連記事】
ロードレース観戦は面白い①【空気抵抗ってすごい編】
ロードレース観戦は面白い②【レースは多彩編】

関連記事

  1. 世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは

    ロードレースが面白い

    世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは

    毎年7月に開催される世界最高の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス…

  2. road ロードレースの面白さ

    ロードレースが面白い

    初心者向けロードレース観戦の基本|空気抵抗と心理戦

    ロードレースは、ルールや心理戦、レースの流れを理解できれば非常に面白い…

  3. ロードバイク女子必見!世界で活躍するイケメン自転車選手を紹介

    ロードレースが面白い

    ロードバイク女子必見!世界で活躍するイケメン自転車選手を紹介

    自転車ロードレースを生中継でちょくちょく見ている自分が、選手年鑑を見な…

  4. 偉大なコンタドール!2017年ブエルタ・ア・エスパーニャの結果と感想

    ロードレースが面白い

    偉大なコンタドール!2017年ブエルタ・ア・エスパーニャの結果と感想

    ついに2017年度のブエルタ・ア・エスパーニャ(以下ブエルタ)が終わり…

  5. 2016 UCIワールドチーム紹介②

    ロードレースが面白い

    2016UCIワールドチーム紹介 ②|海外ロードレース

    2016年UCIワールドチームまとめの第2弾です。今回は解散が決定して…

  6. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ③

    ロードレースが面白い

    2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ③

    2017年シーズン、ツール・ド・フランスなど大きな大会に参戦するトップ…

人気記事

  1. 誰でも簡単にすぐできる!ロードバイクで速く走れる呼吸法とは?
  2. ロードバイクに補給食が必要なワケ!おすすめ補給食 10選まとめ
  3. 欲しい自転車に乗る!格安でロードバイクをつくる方法!
  4. 10万円以下!ロードバイクのおすすめホイール!クリンチャー編
  5. road ロードレースの面白さ
  6. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①
  7. ロードバイクのパワーメーターまとめ ペダル型・ハブ型・特殊型
  8. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!
  9. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ⓵
  10. 人気上昇中のZwift【ズイフト】って何?室内で楽しく自転車に乗る!

アーカイブ

  1. ロードホイールの空気抵抗

    おすすめパーツ

    ロードバイクのディープホイール|空気抵抗と効果
  2. 世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは

    ロードレースが面白い

    世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは
  3. 2016 UCIワールドチーム紹介①

    ロードレースが面白い

    2016UCIワールドチーム紹介 ①|海外ロードレース
  4. アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ウェア・アクセサリー

    アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想
  5. ブランドイメージまとめ 欧州2

    完成車情報

    ロードバイクの有名フレームメーカーまとめ欧州編②
PAGE TOP