ロードレースの面白さ3

そうだったんだ!ロードレース観戦は面白い③【選手の脚質編】

ロードレースの面白さを投稿者が頑張って伝える記事のパート3です。ロードレースは、選手の性質で役割が違い、さらにレース展開を面白くしています。そこで今回は選手の脚質をまとめます。その他にも、特別ジャージの意味やレースのランクについて書きます。

【関連記事】
ロードレース観戦は面白い①【空気抵抗ってすごい編】
ロードレース観戦は面白い②【レースは多彩編】

脚質(特性)で役割が違う

サッカーや野球でも選手の特性でポジションが違うように、ロードレーサーもそれぞれ特徴があり役割の違いによってレースを面白くしています。選手の脚質や得意分野で様々なタイプに分けることが出来るので、どのようなタイプがあるのかをまとめてみました。自分はどのタイプかなー?ってあてはめて見ると面白いですね!

オールラウンダー

ヒルクライム(山登り)も出来て平地も速く、TT(タイムトライアル)もこなせる文字通りオールランドに活躍できる選手ですが、逆にこれといった得意分野もないです。クラシックレースよりステージレースでエースとして出場し総合優勝を狙える選手に多いです。

スプリンター

平地コースでゴール前スプリントを得意とする選手です。ゴール前100~200mでの平地では爆発的な走りで時速70km~にもなります。ステージレースの平地ステージで優勝や比較的難所が少ないワンデーレースが得意です。大柄で筋肉ムキムキな選手が多く、その筋肉の重さや持久力に難があるのでヒルクライムが苦手です。

クライマー

ヒルクライムが得意な選手です。体重が軽い方が登りは有利なので小柄で痩せている選手が多いです。山岳ステージなどで活躍します。ステージレースは山岳ステージで差がつくことが多いので総合優勝を狙える選手もいます。瞬発力とパワーは無いのでスプリントなどにはまったく絡めません。ちなみに自分は痩せていますがヒルクライムが苦手です(笑

ルーラー

持久力が高く、黙々と一定のスピードで長い距離を走れる選手です。ヒルクライムも平地もそつなくこなしますが強みが少ないので、優勝は逃げに乗ってなおかつ運を味方にしないと難しいかもしれません。ただ、強力なアシストとしては最適な脚質です。高い持久力でチームの為に風よけとして先頭を長時間走ったり、逃げに乗って戦局を動かします。

パンチャー

短いヒルクライムも出来るスプリンターのようなイメージで、その名のとおり一瞬のパンチ力がある選手です。ただしスプリンター程爆発力もないし、クライマーほど長い登りも登れません。基本平地ステージだけど、小さいアップダウンがあったりゴール手前に短い激坂があるなど変則的なコースで力を発揮し優勝を狙います。一瞬のアタックで抜け出したりなどの戦略も出来るのでアシストも得意です。

クロノマン(TTスペシャリスト)

タイムトライアルが得意な選手でチームプレーに頼らずとも個人での独走力が高い選手です。もちろんTTステージやTTの大会で優勝を狙います。その他、先頭をグイグイ引っ張り他のチームと差を広げたいときや、逆に差を縮めたい時、スプリント直前のポジション争いなどの場面で先頭に出てアシストとして活躍します。

ジャージでわかる各賞優勝者

ステージレースでは各ステージ終了後に、その時点での総合タイムやポイント数に応じて各賞のジャージが送られます。【各賞についてはこちら】ツール・ド・フランスを例にすると黄色いジャージは総合優勝、緑色はポイント賞、赤い水玉は山岳賞、白は新人賞といった感じです。大会によって色は違います。

また、各国の主要大会で優勝している選手は年間を通して国旗が入ったジャージを着れます。2015年は新城選手が日の丸ジャージでした。世界選手権で優勝している選手もレインボージャージという鮮やかなジャージを着て走ります。

ツール・ド・フランス新城幸也選手

レースのランク

ロードレースにはテニスのように各大会がランク分けされています。

UCIワールドツアー

最高ランクの大会。テニスの4大大会、サッカーのチャンピオンズリーグのような位置づけです。

【代表的なUCIワールドツアー】

A – ツール・ド・フランス
B – ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャ
C – ツアー・ダウンアンダー、パリ~ニース、ティレーノ~アドリアティコ、ミラノ~サンレモ、パリ~ルーベ、リエージュ~バストーニュ~リエージュ、ツール・ド・ロマンディ、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ、ジロ・デ・ロンバルディア
D – ヘント~ウェヴェルヘム、アムステルゴールドレース、フレッシュ・ワロンヌ、グランプリ・シクリスト・ド・ケベック、グランプリ・シクリスト・ド・モントリオール

UCIレース

クリテリウム・アンテルナシオナル、ツアー・オブ・ターキー、パリ~ツールなど、各国のリーグ戦のような位置づけの大会。ワールドツアーより劣るが格式は高い。

Jプロツアーなど各国の大会

宇都宮クリテリウム、ツアー・オブ・ジャパン、富士山ヒルクライムなど、各国レベルで開催される大会。日本の大会はJプロツアーとなる。

まとめ

  • ロードレーサーはいろいろな脚質があり役割が違う。
  • ジャージの色で各賞1位の選手がわかる。
  • ロードレースにはランクがある。

【関連記事】
ロードレース観戦は面白い①【空気抵抗ってすごい編】
ロードレース観戦は面白い②【レースは多彩編】

関連記事

  1. road ロードレースの面白さ

    ロードレースが面白い

    そうだったんだ!ロードレース観戦は面白い①【空気抵抗ってすごい編】

    ロードレースはわかれば非常に面白いスポーツです。ツール・ド・フランスが…

  2. ロードレース観戦に行こう!日本の有名自転車チームまとめ!

    ロードレースが面白い

    ロードレース観戦に行こう!日本の有名自転車チームまとめ!

    ここ数年でロードバイクやクロスバイクの愛好者が増えています。それに伴っ…

  3. 2017年 ツール・ド・フランス前半戦!第1~9ステージの結果と感想

    ロードレースが面白い

    2017年 ツール・ド・フランス前半戦!第1~9ステージの結果と感想

    2017年のツール・ド・フランスはドイツからスタートとなり、現地も大変…

  4. 自転車競技の種目はどれだけあるのか?ピックアップしてまとめてみた

    ロードレースが面白い

    自転車競技の種目はどれだけあるのか?ピックアップしてまとめてみた

    スポーツ自転車の競技種目はいったいどれだけあるのでしょうか?海外では人…

  5. 生中継で観戦!2017年 世界の年間ロードレース開催日程まとめ

    ロードレースが面白い

    生中継で観戦!2017年 世界の年間ロードレース開催日程まとめ

    2017年も本格的にロードレースのシーズンが近づいてきましたね。そこで…

  6. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ②

    ロードレースが面白い

    2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ②

    3月になりロードレース本番の季節がやってきましたね。そこで前回に引き続…

人気記事

  1. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①
  2. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ
  3. 3大コンポーネント価格と重量 比較一覧表 【シマノ/カンパ/スラム】
  4. 安くて明るい!スポーツ自転車のおすすめヘッドライト10選!
  5. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?
  6. ブランドイメージまとめ 欧州1
  7. どれにする?ビンディングペダルの4大メーカー 特徴チェック
  8. ヘルメットのおすすめブランドメーカー 10選! | ロードバイク
  9. ロードバイク乗りにおすすめ!男のすね毛をツルツルにする人気脱毛法
  10. 楽に速く走る!知っておきたいペダリングの基本 ペダリスタ | pedalista

アーカイブ

  1. 2017ツール・ド・フランス!総合優勝&各賞の有力選手と注目ポイント

    ロードレースが面白い

    2017ツール・ド・フランス!総合優勝&各賞の有力選手と注目ポイント
  2. 初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ

    完成車情報

    初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ
  3. ~自転車ドハマり日記~ ロードバイクに乗り始めるとこうなるかも!

    楽しい自転車日記

    ~自転車ドハマり日記~ ロードバイクに乗り始めるとこうなるかも!
  4. すごすぎる!自転車を愛しすぎた冒険家と偉人たち

    楽しい自転車日記

    すごいぞ!自転車を愛しすぎた冒険家と偉人たち
  5. スマホホルダー・マウントキットの選び方とおすすめ商品

    ウェア・アクセサリー

    スマホホルダー・マウントキットの選び方とおすすめ商品
PAGE TOP