ロードバイクのメンテナンス用具

愛車を20分でピカピカに!ロードバイクのかんたんメンテナンスと洗い方!

ロードバイクは自転車にしては非常に高価なので大事に乗りたいですね!チェーンの汚れなどは長い間放っておくとペダルが重くなり、走りにも影響してきますので自分は必ず月1回は清掃と不良チェックをやるようにしています。そこで今回は、20分で出来るメンテナンスと清掃方法を簡単にご紹介します。

【関連記事】
チェーンオイルの選び方とおすすめメーカー

車体に不良がないかチェックする

まずは各パーツに不備がないかをチェックします。不備があればパーツ交換や整備が必要です。簡単なチェックをすることで旅先でのトラブルを回避できます。

  • ブレーキシュー(ゴム)が極端にすり減っていないか?すり減ってたら交換しましょう。
  • ブレーキシューとホイールの隙間は左右均等か?均等でなかった場合はブレーキとフレームをつなぐボトルを緩めて調整しましょう。
  • ブレーキレバーの引きしろは適切か?シューがすり減ると引きしろは変わります。ブレーキレバーを引いてみてチェックし異常があればブレーキのアジャスターを回して調整しましょう。引きしろはブレーキを思いっきり引いて、レバーとハンドルの隙間が1~2cm程度を基準に手の大きさや操作しやすいかどうかで判断します。また引きしろは左右同じに合わせましょう。

ブレーキレバーの引きしろは適切か?シュー

  • ブレーキワイヤーとシフトワイヤー(機械式)が伸びていないか?または錆びていないか?だいたい1年~2年に一回くらいに交換するのが基準です。ワイヤーが伸びたり錆びたりすると変速がうまくできなくなりますし、ブレーキが重くなったりします。動かしてみて異変があれば交換しましょう。
  • ボルトが緩んでないか?目視で軽く確認し、ハンドルを持って10cmくらい前輪を浮かしてから落としてみましょう。異音がなければokです。後輪も同様に10cm持ち上げて軽く落としてチェックします。
  • ホイールに振れがないか?タイヤに大きな傷がないか?車体を持ち上げてホイールを回してホイールの歪みが大きければショップで修正してもらいましょう。タイヤに大きな傷があればパンクの危険性があるのでタイヤかチューブ交換をした方がいいかもしれません。

チェーンの汚れを落とす

どんなに高価なバイクでもチェーンが真っ黒だとちょっと残念な気持ちになったりもしますし、キレイだと年季のはいったバイクでもカッコよく見えます。それでは楽に汚れを落とす方法を紹介します。

※自分は値段が安くしっかり汚れを落とせるのでAZ 自転車用チェーンディグリーザー高浸透タイプという洗浄剤を使っています。

  • AZ 自転車用チェーンディグリーザー高浸透タイプをチェーンとスプロケットにまんべんなく吹き付ける。できるだけフレームやホイール、コンポーネントにかからないようにした方がいいでしょう。(かかっても問題ないですが一応)AZ 自転車用チェーンディグリーザー高浸透タイプでチェーンを洗浄
  • 歯ブラシでゴシゴシします。

歯ブラシでチェーンをゴシゴシこすります

  • 水でしっかり洗い流し30分ほど日陰干しします。画像のようにピカピカになりました!

スプロケとチェーンを掃除してピカピカに

フレームを洗いコーティングする

フレームを洗います。自分が使用している洗浄剤はAZ 自転車用バイクウォッシュ[Blw-001]です。洗浄力はそこまで強くありませんが塗料やフレーム素材にトラブルがないのと、雨や汚れを防ぐ軽いコーティングを同時にやってくれるので重宝してます。

AZ 自転車用バイクウォッシュ[Blw-001]でフレームを洗う

  • 水で濡らした柔らかいスポンジで優しくこする。同時にフレームに大きな傷がないかもチェックしましょう。

AZ 自転車用バイクウォッシュ[Blw-001]でフレームをきれいに!

  • 水でしっかり洗い流します
  • 柔らかい布で水気をふき取って30分日陰干しします。

フレームをきれいに拭きます

  • ハンドル回りやサドルはしっかり水を絞った布で拭いて汚れを落とします。

動く部分に注油する

水気が完全に飛んでしっかり乾いたら、各パーツに注油して錆を防ぎ動きを滑らかにしましょう。オイルは評価の高いWAKO’S(ワコーズ)チェーンルブ スプレーを使用しています。また余分な油は使い捨てペーパーでふき取るようにしています。

  • WAKO’S(ワコーズ)チェーンルブ スプレーでチェーンに注油します。注油は左手小指でホイールのスポークを引っ掛けるとスプレーがぶれません。右手でペダルを反時計回りに回しながら1~2秒ほどスプレーします。その後はただ回転させてなじませた後、余分な油をふき取りましょう。油が多すぎるとすぐに汚れてしまうので注意です!

WAKOS チェーンルブ スプレータイプでチェーンに注油

WAKOS チェーンルブ スプレータイプでチェーンに注油②

  • コンポーネントやリヤディレイラーのプーリー、ブレーキの可動部分に注油します。余分な油はふき取っておきましょう。

リアディレイラーに注油

ブレーキに注油

※注意 ペダルやクランクBB近辺、ホイールのハブに注油は絶対ダメです!グリスが入っているパーツなので注油するとグリスが溶けて流れ出ててしまいます。あと、KURE556などを注油するのもいけません。必ず自転車専用のオイルを使用しましょう。

まとめ

  • 月に1回程度はメンテナンスをしましょう。
  • 不良がないかチェックしましょう。
  • あとは各パーツを洗って注油するだけ!
  • 注油してはいけない部分もあるので注意!

【関連記事】
チェーンオイルの選び方とおすすめメーカー

関連記事

  1. 自転車のパンク修理に大活躍!インフレーターとCO2ボンベの使い方

    メンテナンス・修理・調整

    自転車のパンク修理に大活躍!インフレーターとCO2ボンベの使い方

    ロードバイクやクロスバイクに乗っていてパンクした場合は、その場で自らパ…

  2. 【画像】で解説!スポーツ自転車のチェーン交換方法!

    メンテナンス・修理・調整

    【画像】で解説!ロードバイクのチェーン交換方法!

    ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク(MTB)などのスポーツバ…

  3. ワイドリムとナローリム!ホイールリム幅とタイヤ幅の適切な範囲は?

    メンテナンス・修理・調整

    ワイドリムとナローリム!ホイールリム幅とタイヤ幅の適切な範囲は?

    ロードバイクのタイヤ幅は、ちょっと前まで21~23Cが標準でした。しか…

  4. チェーン落ち対策!スポーツ自転車のフロントディレイラー調整方法!

    メンテナンス・修理・調整

    チェーン落ち対策!ロードバイクのフロントディレイラー調整方法!

    ロードバイク・クロスバイクに乗っていて、フロントを変速しようとしたら、…

  5. シマノ 電動コンポ[Di2]のディレイラー調整方法!

    メンテナンス・修理・調整

    シマノ 電動コンポ[Di2]のディレイラー調整方法!

    シマノ(shomano)の電動式コンポについて、ディレイラー調整方法を…

  6. 自転車ホイールの振れ取り手順とやり方!おすすめ振れ取り台

    メンテナンス・修理・調整

    自転車ホイールの振れ取り手順とやり方!おすすめ振れ取り台

    どんな高額なホイールでも長年使っていれば、わずかに振れ(ゆがみ)がでて…

人気記事

  1. ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選
  2. ロードレースで効果的な補給とタイミング!ジェル・パワーバーなど
  3. ローディーのアイドル!かわいすぎる自転車女子特集!ちゃりん娘 etc
  4. 自転車のホイール交換!シマノ・カンパ・フルクラムの違いを比較
  5. 速く走るために!簡単にロードバイクの空気抵抗を減らす方法とは!?
  6. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど
  7. 自転車に乗って音楽を聴く!おすすめ骨伝導ヘッドホンメーカー 7選
  8. 使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】 一覧
  9. 15万円以内のロードバイク おすすめランキング! 2017年版 
  10. 低予算で決戦用ロードバイクを作ってみる!いくらで出来るか? ブログ

アーカイブ

  1. 最高速度を引き上げる!ロードバイクのスプリント術!

    速く走りたい!

    最高速度を引き上げる!ロードバイクのスプリント術!
  2. PD-5800 105 と PD-6800 アルテグラを比較!ピンディングペダル

    おすすめパーツ

    「PD-5800 105」と「PD-6800アルテグラ」を比較! ビンディングペ…
  3. 携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!

    ウェア・アクセサリー

    コンパクトに道具を携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!
  4. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 31選 part.3

    ウェア・アクセサリー

    アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 31選 part.3
  5. ロードバイク・クロスバイクで必須!初心者でもわかるパンク修理方法

    メンテナンス・修理・調整

    ロードバイク・クロスバイクで必須!初心者でもわかるパンク修理方法
PAGE TOP