意外と知らない!正しいロードバイクのコーナリングとトレイン走行 ブログページ

意外と知らない!ロードバイクの正しいコーナリングとトレイン走行

ロードバイクはまず安全第一が基本ですよね。しかしサイクルイベントなどに参加するとコーナリングやトレイン走行が危なっかしい人が意外と多いです。

そこで今回はコーナリングとトレイン走行の注意点、乗り方、降り方を取り上げたいと思います。落車の危険性もあるので正しい乗り方をしっかりと習得し周りにも迷惑をかけないようにしましょう!

【関連記事】
高速コーナリングの知識とスキル

高速コーナリングの知識とスキル②

コーナリングの注意点

コーナーリング時の注意すべき点を簡単にまとめました。ちょっとした事ですが、意識するだけでコーナーリングが変わると思います。

外側の脚を伸ばす

コーナーでは曲がる方向の逆足を伸ばして真下になるようにします。下にイメージ画像もあるので参考にしてください。曲がる時にはバイクを倒すため、もし逆に曲がる方向の足を伸ばしていた場合はペダルが地面をこすり落車の可能性があり大変危険です。

また、ペダルを地面に水平にして曲がった場合はつま先が前輪にあたる事があるのでこれも危ないです。この基本は絶対に守るようにしましょう!

重心を足に移動

カーブでは重心をサドルではなく伸ばした外側の足に移動します。サドルは高い位置にあるので重心が高くなりますが、真下にあるペダルは低い位置にあるので重心は低くなりコーナリングが安定します。

ただしあまり重心を移動しすぎると脚が疲れてしまうので、無理のない程度で試してみてください。カーブでしっかり曲がれるようになるはずです。

ロードバイクのコーナーリング(曲がり方) 簡単ロードバイクの参考ブログ ペダリスタ

ブレーキング

急なカーブでは減速して曲がりますが、カーブに入る前にブレーキをかけて減速するようにして曲がっている途中ではブレーキを使わないようにしましょう。

曲がっている最中にブレーキをかけるとスリップの危険が増すからです。ただ、慣れてないうちはなかなか難しいので低速であればコーナリング中にブレーキをかけてもいいかと思います。徐々に慣れていきましょう!

ラインどり

基本はアウトインアウトですが公道を走るときは車に注意して無理のないラインどりが大切です。特に山道で反対車線すれすれを走る人もいますが、対向車がカーブで膨らんで走ってきた場合は衝突してしまうので余裕をもって反対車線すれすれを走らないようにしましょう。また、車が後ろから来ていないかも確認しながら、周りに迷惑をかけないように安全に走ってください。

ロードバイクのコーナーリング ラインどり画像

安全なトレイン走行

トレインとは数人で縦に並んで走行する事です。後ろの人は空気抵抗が軽減されてかなり楽に走れます。ただ、一歩間違うと周りを落車に巻き込んでしまう事も・・。そうならないよう、基本をしっかり覚えておきましょう。

タイヤをずらす

トレイン走行では前の人が急にブレーキをかけた場合や、不意に間隔がつまってしまった場合などは衝突してしまう可能性があります。そこで5~15cm程度、前の人の後輪と自分のバイクの前輪を横にずらしておきます。

何かトラブルがあっても横に逃げることができるので大きな事故を未然に防げますね!また、慣れないうちは十分に前のバイクとの間隔も開けておきましょう。

トレイン走行ではタイヤをずらしておく。安全走行

声をかける

前の人を抜くときや、後ろに付きたいときには声を軽くかけてからにしましょう。特に知らない人の後ろにいきなりつくことはあまりいい事ではありません。抜くときも声をかけておくとラインを急に変更される心配もないので安全です。また、抜くときには後ろから車が来ないかも確認してからにしましょう。

ロードバイク トレイン走行のやり方 注意点! 

もう一度確認!基本の乗り方・降り方

もう知っている人が多いと思いますが、もう一度、最低限覚えておきたい基本について書きます。念のため確認してみましょう。

足を置く位置

ママチャリでは足裏の土踏まずをペダルに乗せて漕ぐ人がいますが、スポーツバイクは指の付け根よりややカカト寄り、足幅が広くなっている部分をペダルの中心に乗せて漕ぎます。

土踏まずで漕いでしまうとつま先が前輪に当たって転倒してしまいますし、力が効率的に伝わらないので速く走れません。きちんとできるように練習しましょう。

クリート位置 ピンディングペダル ポジション調整

乗り方

乗る時にはサドルではなくまずトップチューブにまたがります。そしてペダルに片足をかけて発進しながらサドルにまたがります。止まっている時にサドルにまたがるとロードバイクは足がしっかり付かないので転倒してしまいます。誰もが一度は経験する立ちゴケですね(笑

ロードバイクの乗り方。止まった状態から発車する参考画像。

降り方

降りるときもトップチューブにまたがるようにして止まってから降ります。そして車に気を付けてバイクの左側に降りるようにしましょう。減速も余裕をもってしっかりやったほうがいいですね。

ロードバイクの降り方、止まり方。走っている状態から停車するまでの参考画像。

まとめ

  • コーナリングでは外側の脚を伸ばし重心を移動します。ブレーキはコーナーに入る前に行い速度を調整しましょう。
  • トレイン走行はトラブルに備えて間隔を開け、タイヤを少しずらします。また、抜くときは後方確認をして声かけをしましょう。
  • ペダルに乗せる足は正しい位置があります。
  • しっかりと基本の乗り方と降り方をマスターしましょう。

【関連記事】
高速コーナリングの知識とスキル

高速コーナリングの知識とスキル②

関連記事

  1. 暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点

    初心者入門

    暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点

    夏の暑い日のサイクリングやロングライドで安全快適に走るには、熱中症や日…

  2. ロードバイク ロードレース 用語集

    初心者入門

    五十音別 じてんしゃ用語集

    ロードバイクの専門用語をかんたんに解説! 【あ・ア行】【か行】 【…

  3. 失敗しないお店選び!初心者はロードバイクをどこで買ったらいいの?

    初心者入門

    失敗しないお店選び!初心者はロードバイクをどこで買ったらいいの?

    初心者がロードバイク、クロスバイク、MTBなどのスポーツ自転車を購入す…

  4. 知らないと損!もしもスポーツ自転車で事故に遭ってしまったら!?

    初心者入門

    知らないと損!もしもスポーツ自転車で事故に遭ってしまったら!?

    実際にロードバイクで軽い事故に遭ってしまった経験から、損をしない慰謝料…

  5. 比較まとめ!ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い!

    初心者入門

    ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い比較まとめ!

    数年前に趣味で少しだけ自転車店でバイトしていた時期がありました。その時…

  6. ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ

    初心者入門

    ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ

    ロードバイクやクロスバイクで歩行者をケガさせてしまったら大変です。また…

人気記事

  1. 大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!
  2. タイヤは走りを変える!スポーツ自転車 タイヤの選び方!
  3. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ イーストン、ウルサス、エキノクス、エンヴィ、カンパニョーロ、ゴキソ、コリマ、ジップ、シマノ、スピナジー
  4. 名選手の人生は面白い!ロードレースのドキュメンタリー映画 6作品
  5. ロードバイクのトレーニングに!効果的な栄養素と持久系サプリメント
  6. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?
  7. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ part② アンブロシオ、ティーエヌアイ、ディーティー スイス、トーケン、トッポリーノ、ノヴァテック、ピーゼット レーシング、ファスト フォワード、フルクラム、エークラス
  8. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ⓵
  9. ロードバイクの修理を自分でやる!必要なメンテナンス工具 一覧
  10. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ

アーカイブ

  1. シマノ 電動コンポ[Di2]のディレイラー調整方法!

    メンテナンス・修理・調整

    シマノ 電動コンポ[Di2]のディレイラー調整方法!
  2. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ②

    ロードレースが面白い

    2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ②
  3. ワイドリムとナローリム!ホイールリム幅とタイヤ幅の適切な範囲は?

    メンテナンス・修理・調整

    ワイドリムとナローリム!ホイールリム幅とタイヤ幅の適切な範囲は?
  4. 速く走るために!簡単にロードバイクの空気抵抗を減らす方法とは!?

    速く走りたい!

    速く走るために!簡単にロードバイクの空気抵抗を減らす方法とは?
  5. パンク修理の必須アイテム!スポーツバイク用おすすめ携帯空気入れ!

    ウェア・アクセサリー

    パンク修理の必須アイテム!スポーツバイク用おすすめ携帯空気入れ!
PAGE TOP