ブランドイメージまとめ 欧州1

ロードバイクの有名フレームメーカーまとめ欧州編①

(最終更新日:2017.12.19)
ロードバイク購入でまず悩むのが、「どのフレームメーカーがいいの?」ではないでしょうか。ただ、メーカーやブランドの違いで走りが劇的に違うことはありませんので、価格帯やデザイン、イメージで選んでもいいです。気に入ったものを選びましょう。

みんなが大好きなロードバイクのフレームメーカー選び!複数あるブランドイメージや特徴を個人的な意見でザックリまとめます。まずは欧州編①として、ピナレロ、キャニオン、ルック、ビアンキ、リドレー、フェルト、タイム、スコット、BH、オルベアを紹介します。

【おすすめ関連記事】
ロードバイクの有名フレームメーカー欧州編②
ロードバイクの有名フレームメーカー北米アジア編
日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

PINARELLO(ピナレロ)|イタリア

2016~2017年のツールドフランスで圧倒的な強さで優勝したクリス・フルームが乗っていたフレームメーカーです。イタリアらしく、車でいえばフェラーリのような高級感とパンチ、派手さがあります。

フロントとリアフォークが美しい曲線を描いているのも大きな特徴です。このカーブで振動吸収性を高め、空力性能もアップしているとこの事。後、ロードバイクの歯車は右側にあるので、そのねじれを軽減するために、フレームは左右非対称の形をしています。

また、東レの最高級カーボン素材を独占契約し、ピナレロの最高級ロードバイクに使用してあります。こんなん乗ってたら金髪美女にモテモテ間違いなしです。どちらかといえば高級志向のフレームメーカーなので、価格帯は高いです。(PINARELLO/ピナレロ公式サイト

関連記事:高級ロードバイクメーカー「ピナレロ」の特徴と性能

ロードバイクのフレームメーカー PINARELLO(ピナレロ) ー イタリア

PINARELLO/DOGMA F10

CANYON(キャニオン)|ドイツ

2016年のツール・ド・フランスではカチューシャとモビスターの2チームが使用してました。ドイツブランドという事で質実剛健なイメージです。シンプルで飽きのこないデザインと、ワイヤーの取り回しなどが丁寧で、細かい部分に気の利いた工夫が多く見られます。

一番の特徴は店では買えない事。購入はドイツのメーカーに直接注文しなくてはなりませんが、輸入代理店と販売店の利益が価格に足されてないので安く高品質のバイクを購入できます。

コスパは全フレームメーカーの中で最高なので、自分でメンテナンスをきちんとできるのであればオススメです。日本語の販売サイトもありますよ。自分もキャニオンに乗ってます!(CANYON/キャニオン公式サイト

関連記事:インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2

ロードバイクのフレームメーカー CANYON(キャニオン) ー ドイツ

CANYON/ULTIMATE CF SLX DISC 9.0 SL

LOOK(ルック)|フランス

多くの中級者から上級者まで憧れるフレームメーカーで、赤黄青のモンドリアンカラーが有名ですね。乗っている人を見るとかなりの熟練者だという感じがしてむっちゃ速く見えます。(笑

完成車ではなく、フレーム、ホイール、コンポーネント、ハンドル、サドルとオリジナルオーダー前提の販売形態なので、初心者には手が出しずらく価格帯もやっぱり高いです。

トップチューブとステムがまっすぐで独特なハンドル回りをした機種があり、周りから羨望のまなざしを受けながら軽快に走りたい人におすすめのメーカーです。(LOOK/ルック公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー LOOK(ルック) ー フランス

LOOK/795 AERO LIGHT RS

BIANCHI(ビアンキ)|イタリア

薄い水色のチェレステカラーが有名。昔、有名選手がこのバイクで活躍した時期があり、その影響で日本での認知度は1番のフレームメーカーです。何も知らない人でもビアンキだけは聞いたことがある人が多いみたいですね。

初心者の方に「ビアンキっていいんでしょ?」と聞かれる事も多いです。(笑 もちろん今も世界最高峰のプロロードレースで使われている超一流メーカーです。

その知名度と人気からか、一般的な自転車店で販売されていることもあり、初心シェ向けのエントリーモデルは比較的安い価格で手に入ります。ロードバイクだけではなく、クロスバイクも最近は多く見かけますよ。(BIANCHI/ビアンキ公式サイト

関連記事:高い知名度と幅広い人気!ビアンキのクロスバイクとロードバイク

ロードバイクのフレームメーカー BIANCHI(ビアンキ) ー イタリア

BIANCHI/SPECIALISSIMA

RIDLEY(リドレー)|ベルギー

個人的なイメージでは華奢で軽快って感じです。2016年のツール・ド・フランスではロット・ソウダルが使っていた世界的一流メーカーです。

自転車アニメの弱虫ペダルで女の子にモテモテキャラが乗ってたので女性に人気があるみたいですね。ガチガチのプロショップに何も知らない女性が「リドレーありますか?」みたいな。(笑

リドレーって名前もシュッとした感じでスタイリッシュな印象ですが、毎年数多くのプロロードレーサーを排出する自転車大国ベルギーのフレームメーカーなので実力は本物です。価格帯はそこそこなので標準といった所でしょうか。(RIDLEY/リドレー公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー RIDLEY(リドレー) ー ベルギー

RIDLEY/HELIUM SLX

FELT(フェルト)|ドイツ

価格が手ごろでコスパが高いフレームメーカーです。まだ出来て間もなく歴史は浅いですが作りはしっかりしています。デザイン性も無味無臭で無難な感じにまとまってます。

特に大きな特徴はないですが、10~20万円くらいのエントリーモデルの種類が豊富なので初めに手を出すにはいいバイクだと思います。初心者も足を運びやすい自転車量販店での販売をよく見ますし、価格も安めなので購入しやすいです。(FELT/フェルト公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー FELT(フェルト) ー ドイツ

FELT/FR2

TIME(タイム)|フランス

とにかく高級でロードレースに出るユーザー向けの、本格的ロードバイクのイメージですね。LOOKに続いて憧れのフレームメーカーではないでしょうか。

尖った感じのデザインもカッコいいです。この自転車に乗っている人も熟練者で速い人が多い印象ですね。TIMEに乗った人が後ろから迫ってきたら、おそらくトレーニングなのですぐに道をあけましょう(笑

LOOKと同じくオリジナルオーダー向けなので、フレームだけ購入するのがメインとなり価格もかなり高いです。また、LOOKもそうですがTIMEはペダルも作っています。(TIME/タイム公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー TIME(タイム) ー フランス

TIME/IZON

SCOTT(スコット)|スイス

主要モデルのアディクトは真っ直ぐでカッチリしているトップチューブを採用するなど、男らしいストイックなイメージです。スコットを購入するならば、乗って黙々と3本ローラーで練習しましょう。(嘘

最近は軽量化にも力を入れており、最高クラスの軽量ロードバイクも登場しているのでヒルクライムとかにいいかもしれません。精密な高級時計で有名なスイスのメーカーってのも好印象です。価格帯は普通です。(SCOTT/スコット公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー SCOTT(スコット) ー スイス

SCOTT/FOIL RC

BH(ビーエイチ)|スペイン

元々重火器を作っていた歴史があるスペインのフレームメーカーです。性能の割には安いのでコスパが高く、自分が初めて購入したBHのロードバイクは、フルカーボンフレームにティアグラ仕様で15万円程度でした。カーボンロードでこの価格は安いですよね。

また、トライアスロンで使用するTT(タイムトライアル)バイクが有名なので、BHはエアロ系のロードバイクがおすすめです。上りよりも平地が得意なスプリンタータイプの人は、BHが似合いそうです。

もちろんヒルクライム用の超軽量フレームも扱っていますよ。価格帯は安目~普通です。(BH/ビーエイチ公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー BH(ビーエイチ) ー スペイン

BH/G6 Pro

ORBEA(オルベア)|スペイン

同じスペインで元重火器メーカーという事もありBHとイメージは似ています。エントリーモデルは比較的安価で購入できると思います。BHより乗っている人が少ないので、他とかぶりたくない人はこちらを選ぶといいかもしれません。

ただ、エアロ系が得意というイメージはなく、デザイン的にスッキリしたモデルが多いです。ちょっと昔っぽいゴテゴテのカラーリングもあります。人気と知名度が日本では今一つなためか、価格帯が安めなので、フレームメーカーに特にこだわりが無ければオルベアは狙い目ですよ。(ORBEA/オルベア公式サイト

ロードバイクのフレームメーカー ORBEA(オルベア) ー スペイン

ORBEA/ORCA OMR

【おすすめ関連記事】
ロードバイクの有名フレームメーカー欧州編②
ロードバイクの有名フレームメーカー北米アジア編
日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

関連記事

  1. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 北米・アジア編

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 北米・アジア編

    手が届かない高級ロードバイクを眺めてはニヤニヤしている私が「せめてブロ…

  2. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

    完成車情報

    簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

    ロードバイクやクロスバイクは乗って楽しむだけではなく、パーツを好きなカ…

  3. インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON ULTIMATE]

    完成車情報

    キャニオン アルティメットのインプレッション|ロードバイク

    2016年4月に購入した「キャニオン/アルティメット SL 9.0 D…

  4. 10万円以下のアルミ製ロードバイクとカーボンフレームを乗りくらべ

    完成車情報

    10万円以下のアルミ製ロードバイクとカーボンフレームを乗りくらべ

    我が家には妻が乗っているアルミ製ロードバイク「メリダ SCULTURA…

  5. 乗り心地は最高!国産フレームメーカー「アンカー/anchor」の特徴

    完成車情報

    乗り心地は最高!国産フレームメーカー「アンカー/anchor」の特徴

    ロードバイク、MTB、シクロクロスを展開している人気ブランド「ブリジス…

  6. TREK/トレックのハイテク設備!カーボンフレームの製造現場

    完成車情報

    TREK/トレックのハイテク設備!カーボンフレームの製造現場

    現在はほとんどの有名フレームメーカーが、カーボンフレームの製造を台湾や…

人気記事

  1. ローディーのアイドル!かわいすぎる自転車女子特集!ちゃりん娘 etc
  2. パンク修理の必須アイテム!スポーツバイク用おすすめ携帯空気入れ!
  3. もう読んだ?ロードバイクの自転車漫画 14作品 ① ペダリスタ
  4. どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!Pedalista
  5. ロードバイク・クロスバイクの盗難防止に!カギの選び方と種類
  6. スポーツ自転車用!おすすめテールライト[リヤライト] 10選!
  7. デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選
  8. 自転車用パーツ・ロードバイクが激安!海外通販サイトでの購入方法
  9. ロードバイクのパワーメーターまとめ ペダル型・ハブ型・特殊型
  10. ロードバイクのメンテナンス用具

アーカイブ

  1. ロードバイクを買う前の注意点

    初心者入門

    初心者向けスポーツ自転車の選び方と注意点
  2. アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ウェア・アクセサリー

    アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想
  3. みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方

    初心者入門

    みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方
  4. ママチャリとは全然ちがうぞ!スポーツ自転車の良さとは?ロードバイク・クロスバイク

    初心者入門

    ママチャリとは全然ちがう!スポーツ自転車の魅力
  5. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?
PAGE TOP