ディープホイールを買う前に!延長バルブエクステンダーの規格を確認

ディープホイールを買う前に!延長バルブエクステンダーの規格を確認

空気抵抗を軽減してくれるデープホイールは、見た目のパンチ力もあるので、装備するとロードバイクが一気にカッコよくなります。しかし、バルブの長さを考える必要があるので、購入する前に確認しておきましょう。状況によってはチューブやチューブラータイヤ、または延長バルブの買い足しが必要です。

ディープホイールには長いバルブが必要

ディープホイールを使うときは、ハイトの高さに合わせてバルブの長さを調整する必要があります。通常のバルブ長だとディープホイールのリムに埋まってしまって、空気入れの口金をバルブに差し込めないからです。ロードバイクは最低でも週一で空気を入れなければいけないので、バルブが短いと乗れなくなってしまいます。

なので、クリンチャーであれば、バルブが長いチューブにするか延長バルブ(バルブエクステンダー、バルブエクステンション)で調整します。チューブラーであれば、バルブが長いチューブラータイヤを選ぶか、延長バルブを取り付けて長くなるよう調整します。

どちらにしろディープホイールを購入するときは、バルブ長を計算し、長いバルブのチューブかチューブラータイヤを用意するか、延長バルブを買い足す必要があります。

適正な長さ

必要なバルブ長を計算するには、リムからバルブ頭が15mm~25mm程度出るくらいにするといいでしょう。あまり長すぎると空気抵抗と重量が増しますので、せっかくのディープホイールがもったいないです。

例えばバルブ長34mmのチューブを、リムハイト50mmのディープホイールに取り付ける場合は、30mm~40mmくらいの延長バルブを用意するといいです。

例:リムハイト50mm + 突き出しバルブ長15mm – チューブのバルブ長34mm =必要な延長バルブ長31mm

もし、チューブのバルブ長が65mm以上であれば、延長バルブは不要でそのまま使えます。

延長バルブ(バルブエクステンダー)の適正な長さ

まずはチューブのバルブタイプをチェック!

まずはディープホイールに装着するチューブやチューブラータイヤに付いているバルブ本体の種類をチェックしましょう。仏式バルブには「バブルコアが外れるタイプ」と、「バブルコアが外れないタイプ」の2種類があります。

もし、ディープホイール用にチューブやチューブラータイヤをこれから購入するのであれば、どちらのタイプかをよく見てからにしてください。

バブルコアが外れるタイプ

今では多くのチューブラータイヤがこのタイプです。バルブコアを外す時は、延長バルブに付属している小さな工具で回すだけで簡単に外せます。このタイプには「中継ぎ式」「シンクロ式」「かぶせ式」と全ての延長バルブが使えます。

仏式バルブのバルブコアを外した状態と専用工具

仏式バルブのバルブコアと専用工具

バブルコアが外れないタイプ

市販されている多くのチューブはバルブコアが外れないタイプです。またチューブラータイヤも価格が安い物にこのタイプが多いです。そして、このタイプは「シンクロ式」と「かぶせ式」の延長バルブは使えますが、「中継ぎ式」は使えないので注意しましょう!

仏式バルブのバルブコアを外せないタイプ

バルブコアを外せないタイプ

 

チューブをAmazonで購入する
チューブラータイヤをAmazonで購入する

【関連記事】
クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!
おすすめチューブラータイヤ 7選!

延長バルブは3種類

延長バルブは「中継ぎ式」「シンクロ式」「かぶせ式」の3タイプがあります。それぞれメリットとデメリットがあります。

中継ぎ式

バルブ本体とバルブコアの間に延長バルブを入れる方式です。しっかりと密閉して取り付けられるので空気漏れが少なく、空気圧調整も正確にできます。自分もこのタイプを使っていますが、一番安心できるのでおすすめです。ただ、バルブコアが外れるタイプでないと装着できないので、チューブやチューブラータイヤを購入するときはしっかり確認しましょう。

中継ぎ式の延長バルブ(バルブエクステンダー)

中継ぎ式の延長バルブ

シンクロ式

バルブコアが付いたままのの仏式バルブにそのまま取り付けるのがシンクロ式です。シンクロ式の先端についているバルブは、本体のバルブコアと連動しています。つまり、シンクロ式の先端バルブを動かせば、本体のバブルコアも締めたり緩めたりできるのです。

バルブコアを外せないタイプにも使えるメリットがりますが、長期間使うとバルブの開け閉めに不具合が生じたり、空気漏れが起こることがあります。また、直径が太いので、ホイールのバルブ穴がシビアな場合は入らないことも・・。

シンクロ式の延長バルブ(バルブエクステンダー)

シンクロ式の延長バルブ

かぶせ式

この方式はあまりポピュラーではありません。シンクロ式と同様、ただ仏式バルブにかぶせるだけですが、バルブをシンクロする機能がなく先端には何もついていません。なので本体のバルブは常に緩めっぱなしで走ることになります。空気漏れが多いのであまり使わない方が無難ですね。

 

延長バルブをAmazonで購入する

空気漏れを防ぐコツ

長年使っていると延長バルブのつなぎ目から空気漏れが起こることがあります。それを防ぐには、ネジの部分にシーリングテープを1巻きしておくと違います。ぴったり密着してネジが緩むのも防いでくれます。一度走行中に延長バルブが緩んで飛んで行ったことがありました。もちろんすぐにパンクです・・。シーリングテープを巻いておけば安心ですね。

シーリングテープをAmazonで購入する

延長バルブのネジにシーリングテープを巻いておけば空気漏れを防げる

普通のネジに巻かれるシーリングテープ

まとめ

  • ディープホイールには長いバルブが必要
  • 延長なバルブの適正な長さは、15~25mmはみ出す程度
  • バルブコアは外れるタイプと、外れないタイプがある
  • 延長バルブには、「中継ぎ式」「シンクロ式」「かぶせ式」がある
  • 延長バルブを接続するときにはシーリングテープが便利

関連記事

  1. メンテナンスの必須アイテム!スポーツ自転車のおすすめチェーンオイル6選

    メンテナンス・修理・調整

    スポーツ自転車チェーンオイルの選び方とおすすめメーカー6選

    ロードバイクのクロスバイクのチェーンは剥き出しになっているので汚れやす…

  2. メンテナンスや修理に必須!ロードバイクのパーツ別適正トルク表!

    メンテナンス・修理・調整

    メンテナンスや修理に必須!ロードバイクのパーツ別適正トルク表!

    前回の記事で「締め付けトルクが重要な理由」について書きましたが、今回は…

  3. クランクアーム長さと身長の適正表|ロードバイク

    メンテナンス・修理・調整

    クランクアーム長さと身長股下の適正表|ロードバイク

    ロードバイクのクランクアームには長さがいろいろあり、基本的に2.5mm…

  4. ロードバイクのメンテナンスするなら自転車工具箱セットがおすすめ

    メンテナンス・修理・調整

    ロードバイクのメンテナンスするなら自転車工具箱セットがおすすめ

    ロードバイクは各パーツの定期的なメンテナンスが必要です。消耗品であるタ…

  5. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    スポーツ自転車はハンドルやサドルなど、パーツを組み合わせるのに多くのボ…

  6. 【画像】でかんたん解説!ロードバイクのスプロケット交換方法

    メンテナンス・修理・調整

    【画像】でかんたん解説!ロードバイクのスプロケット交換方法

    ロードバイクのスプロケット(以後スプロケ)にはギア比のパターンがいくつ…

人気記事

  1. 初心者でも速くなれる!ロードバイクトレーニングの基本を知る
  2. 交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク
  3. 誰でもできる!ロードバイクで疲れず高速巡行するコツとは!?
  4. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①
  5. 人気上昇中のZwift【ズイフト】って何?室内で楽しく自転車に乗る!
  6. ロードバイク・クロスバイクの盗難防止に!カギの選び方と種類
  7. 軽装で出来るパンク対策を考える!
  8. 夜間は注意!自転車のライトに必要な明るさと選び方!
  9. ロードバイクのトレーニングに!効果的な栄養素と持久系サプリメント

アーカイブ

  1. ロードバイクを買う前の注意点

    初心者入門

    初心者向けスポーツ自転車の選び方と注意点
  2. 世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは

    ロードレースが面白い

    世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは
  3. ブランドイメージのまとめ 北米・アジア

    完成車情報

    ロードバイク有名フレームメーカーまとめ北米アジア
  4. とっても楽しい!ロードバイクでロングライドの魅力とは!?

    初心者入門

    とっても楽しい!スポーツ自転車でロングライドする魅力とは!?
  5. 長距離走っても大丈夫!ロードバイクでのつらい膝の痛み解消法とは?

    初心者入門

    長距離走っても大丈夫!ロードバイクでのつらい膝の痛み解消法とは?
PAGE TOP