簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方

簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方

前回の記事で「おすすめドリンクボトル6選 &機能まとめ!」を書きましたので、今回はボトルを差し込むボトルケージについて書きます。

取り上げる内容は「ボトルケージとは?」「ボトルケージの種類」「いろいろな素材」「ボトルケージの選び方」「おすすめボトルケージ6選」です。

ボトルケージとは?

ボトルケージとは、自転車のフレーム取り付けてドリンクボトルを差し込むアイテムの事です。乗りながら出し入れできる位置にあるので、走りながら楽に給水ができます。

取り付けは簡単で2本のボトルで留めるだけです。ただ、強く締めすぎるとフレームを痛めてしまうので注意しましょう。特にカーボンフレームの場合は割れる場合もあるので気を付けてください。

ボトルケージとは?

ボトルケージの種類

ボトルケージにはペットボトル用とサイクルボトル用があります。ちょっとサイズが違うので買う時は確認しましょう。

中にはサイズを調節でき、ペットボトルとサイクルボトルのどちらも使えるボトルケージもありますが、微妙な調整が面倒です(笑 できれば走りながら楽に飲める、サイクルボトルとボトルケージをおすすめします。

また、サドルの後ろに取り付けるボトルケージがあります。長旅や特に暑い日などに3本以上ボトルを装備したい場合に使います。

もちろん、このボトルケージをメインで使ってもいいですが、重心が高くなってダンシングで自転車を振るときに重くなるので、フレームに取る付けるタイプを基本に使うのがおすすめです。

ボトルケージの種類 サドルに取り付けるタイプ

その他、ボトルケージの形によって横から取りやすいタイプ、サイクルボトルをしっかりホールドするタイプなどいろいろな特徴があるので、購入するときは形をよく見て判断すれば間違いないですね。

いろいろな素材

素材は大きく分けてアルミなどの金属製、プラスチック製、カーボン製の3種類あります。金属製は比較的安価で丈夫ですが、自転車の見た目が少し安っぽくなりがちです。ただ、クロモリなどのクラシックな自転車には逆に似合うと思います。

プラスチック製はスポーティなデザインが多く、軽く丈夫で価格もそこそこなので使っているユーザーは多いです。カーボン製はかなり高価ですが見た目がかっこよく、重量が一番軽いです。

ただ、軽いと言っても他の2つとそこまで差はないので、個人的にはプラスチック製でいいと思います。

ボトルケージの選び方

ハッキリ言ってボトルケージの重量で走行性能に影響はありませんので、デザインや素材、使いやすさを確認して自分の好みの物を購入するといいでしょう。

デザインと素材は自転車に合わせたカラーリング、質感にしたほうがカッコいいです。さらに、ボトルも同じカラーリングで合わせる見た目がグッっとしまります。

素材も自転車に合わせるか予算で選ぶといいです。数十グラムの重量にこだわりたければ高価なカーボン製でもいいでしょう。そして、使いやすさは形を見て判断します。

おすすめブランド&メーカー

初心者向けのブランドから順に紹介します。

ミノウラ/MINOURA

シンプルな形の金属製ボトルケージをリリースしています。カラーリングの数はかなり豊富で多くの自転車に合わせられます。重量も38gと軽量なのでとにかく安い物が欲しい人におすすめです。また、ペットボトル専用も取り扱いがあります。

価格:580円~
このボトルケージをAmazonで購入する

ミノウラ/MINOURAのボトルケージ おすすめブランドメーカー

トピーク/TOPEAK

ペットボトルやサイクルボトルに合わせてサイズ調整が可能な「モジュラーケージシリーズ」が有名です。もちろん「モジュラーケージシリーズ」以外にも多くのモデルをリリースしています。

がっしりとしたデザインが多いのでクロスバイクかマウンテンバイク(MTB)に合わせやすいでしょう。

価格:1000円~
このボトルケージをAmazonで購入する

トピーク/TOPEAKのボトルケージ おすすめブランドメーカー

イベラ/Ibera

低価格ながら曲線を使ったスポーティなデザインがカッコいいアメリカで人気のブランドです。軽量でしっかりした性能とカーボン柄などのカラーリングがはえます。多くのモデルがあるので好みの物が見つけやすいですね。

価格:800円~
このボトルケージをAmazonで購入する

イベラ/Iberaのボトルケージ おすすめブランドメーカー

エリート/ELITE

ボトルケージの定番と言っても過言ではないブランドでしょう。洗練されたデザインと多数のカラーリングでケージ選びが楽しくなりますね。ボトルを取りやすい形状の「カンニバル」などが有名です。

価格:800円~
このボトルケージをAmazonで購入する

エリート/ELITEのボトルケージ おすすめブランドメーカー

オージーケーカブト/OGK KABUTO

サイクルヘルメットが有名な安心と信頼の日本ブランドです。価格は若干高めですが、シャープで尖った感じのデザインは目を引きます。

また、右利き用と左利き用があるモデルがあり、他では1万円以上しそうなフルカーボン製も3000円台で購入できるのは嬉しいですね。ペットボトル専用のケージもあります。

価格:1200円~
このボトルケージをAmazonで購入する

オージーケーカブト/OGK KABUTOのボトルケージ おすすめブランドメーカー

ブラックバーン/Blackburn

上品なデザインと鮮やかなカラーリングで注目されているアメリカのブランドです。自分も今はブラックバーンの「キャンバーCF グロスレッド」を使っています。

他のブランドにはない上質な雰囲気があり、自分のロードバイクも高そうに見えるようになりました(笑 おすすめです!

価格:1300円~
このボトルケージをAmazonで購入する

ブラックバーン/Blackburnのボトルケージ おすすめブランドメーカー

【おすすめ関連記事】
おすすめドリンクボトル6選 &機能まとめ!

関連記事

  1. どう選ぶ?ビンディングシューズ種類とペダル互換性 - ロードバイク

    ウェア・アクセサリー

    どう選ぶ?ビンディングシューズの種類とペダル互換

    ペダルにばちーん!とシューズがはまるビンディングはカッコいいですよね。…

  2. 自己満足OK!1000円でロードバイクの見た目を簡単カスタマイズ

    ウェア・アクセサリー

    自己満足OK!1000円でロードバイクの見た目を簡単カスタマイズ

    ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車は、ひとつのパーツを交換…

  3. ハイブリッド式&ダイレクト式!おすすめ最新特殊ローラー台 7選

    ウェア・アクセサリー

    ハイブリッド式&ダイレクト式!おすすめ最新特殊ローラー台 7選

    最近は3本ローラーと固定式ローラーの欠点を改善し、良い所だけを併せ持っ…

  4. 使用目的で選ぶ!サイクルコンピュータのおすすめ情報

    ウェア・アクセサリー

    サイコン【サイクルコンピュータ】ってどんな機能があるの?

    クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車を購入すると、欲しくなっ…

  5. 雨の日もサイクリング!スポーツバイク用レインウェアの特徴と選び方

    ウェア・アクセサリー

    雨の日もサイクリング!スポーツバイク用レインウェアの特徴と選び方

    通勤通学や自転車旅、ロードレースでは、雨の日でもロードバイクやクロスバ…

  6. アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ウェア・アクセサリー

    アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ロードバイクに乗り始めて5年以上、最初の鉄下駄ホイール「シマノ WH-…

人気記事

  1. もう初心者とは言わせない!ロードバイクにカッコよく乗るテクニック
  2. 買う前にチェック!ビンディングシューズのおすすめブランド11選!
  3. ロードバイク漫画。弱虫ペダル・のりりん・Odds -オッズ-・東京自転車少女。の紹介
  4. 初心者でも速くなれる!ロードバイクトレーニングの基本を知る
  5. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!
  6. 効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング方法 | pedalista
  7. ロードバイクのパワーメーターまとめ ペダル型・ハブ型・特殊型
  8. ロードバイクは軽い方が速い?軽量化で効果が高いパーツは?
  9. 自転車必須アイテム!サイクルボトルの種類とおすすめ商品を紹介!
  10. 携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!

アーカイブ

  1. なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    完成車情報

    なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情
  2. 自転車で楽しくダイエット!サイクリングと食事管理で無理なく痩せる

    初心者入門

    自転車で楽しくダイエット!サイクリングと食事管理で無理なく痩せる
  3. 初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ

    完成車情報

    初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ
  4. ロードレース観戦に行こう!日本の有名自転車チームまとめ!

    ロードレースが面白い

    ロードレース観戦に行こう!日本の有名自転車チームまとめ!
  5. ロードレースの面白さ3

    ロードレースが面白い

    自転車ロードレース選手の脚質特徴と役割まとめ
PAGE TOP