楕円リングの効果とは?メリットとデメリット・おすすめメーカー

楕円リングの効果とは?メリットとデメリット・おすすめメーカー

普通のクランクはチェーンリングが真円ですが、楕円リングは卵のような少しひしゃげた形となっています。クリス・フルームをはじめとしたトッププロにも使用している人はいますね。

そこで、楕円リングにすることでどう変わるのか?を簡単にまとめてみます。楕円リングの「メリットとデメリット」「取り付け方」「おすすめメーカー」を紹介します

楕円リングのメリットとデメリット

楕円リングは誰でも取り付ければ速くなるというわけではありません。その証拠に、機材にこだわるプロ選手でも楕円リングを使っている人は少数派です。楕円リングを検討している人は、メリットとデメリットをよく見てからがいいかもしれませんね。

メリット

  1. 楕円リングは、最もトルクをかけられる1時から4時のギア数が大きく、下死点と上死点はギア数が小さくなります。なので、1~4時ではしっかりトルクをかけながら、ペダリングで力が加わらない下死点と上死点を素早く通過できます。つまり、人間のパワーをより効率よくペダリングに変換できるのです。
  2. ペダリングの効率が上がる事でケイデンスが高くなり、足の溜まる乳酸を抑えられ疲労を軽減できます。
  3. 楕円リングはメーカーやモデルによって楕円の形(楕円率)や歯数が違います。自分にとって効率がいいものを選んで調整できます。
  4. 見た目に変化がありカッコイイです(笑 初心者の人とライドに行くと「それは何だ?」と必ず質問されるでしょう。

楕円リングのメリット

デメリット

  1. 下死点の通過が早くトルクが掛けられないという事は、しっかりとペダルを踏み切るスプリントでは不利となります。なので、プロのスプリンター、もしくはスプリントをやろうとしている選手は楕円リングを使いません。
  2. 楕円リングに交換するとペダリングも変える必要があります。真円チェーンリングで長く乗っている人は慣れるまで違和感があり、上手く乗りこなせない事があります。
  3. ペダリングが未熟なままで楕円リングに交換しても、効果がないどころか遅くなる場合もあります。

楕円リングへの交換方法

交換は簡単です。クランクを取り外せる人ならば誰でもできます。ただし、楕円率や歯数によっては互換性を事前に確認し、チェーンのコマ数調整やディレイラー調整が必要となります。よく分からないければ、プロショップに店員さんに聞いてみた方がいいですね。

  1. クランクを外す
  2. クランクからクランクアームを外す。
  3. 外したクランクアームを楕円リングに取り付ける。
  4. フレームにクランクを取り付ける。

ロードバイクのクランク 真円チェーンリングから楕円リングへの交換方法

おすすめ人気メーカー

楕円リングとして人気があり長く支持されているおすすめメーカーを紹介します。

Rotor/ローター

真円クランクでも有名な定番メーカーです。楕円リングでは「Q-RINGS」というモデルが有名です。4アーム用、5アーム用と数多くのコンポメーカーに対応しているのが特徴です。

また、OCPと呼ばれる調整ポイントが設けられているので、ポジションやペダリングに合わせた細かいセッティングが可能です。メーカー選ぶに迷ったらRotorにしておけば間違いないでしょう。

ユーザーの使い方によって、さまざまな種類の楕円リングが豊富にそろっています。

Rotorの楕円リングをAmazonで購入する
Rotorの楕円リングをWiggleで購入する

楕円チェーンリングメーカー Rotor/ローター

O.SYMETRIC/オーシンメトリック

Rotorと並んで定番とされているフランスのメーカーです。人間の力をいかに効率的に推進力に変換できるかを突き詰めて、ただの楕円ではなく細かい変化を付けているのが特徴です。形が凸凹と波打っている楕円リングに仕上がっています。

また、史上最高のツール・ド・フランスで王者のフルームが使っているのもこのメーカーです。ロードバイクの他にMTBやTTバイク用の楕円リングもリリースしています。

O.SYMETRICの楕円リングをWiggleで購入する

楕円チェーンリングメーカー O.SYMETRIC/オーシンメトリック

DOVAL/ドゥヴァル

何と言っても安さが魅力の韓国メーカーです。とにかく楕円リングを気軽に安く試してみたい人におすすめです。また価格の割には、楕円率など様々なタイプが揃っています。

楕円の形にはこだわって作っているかは分かりませんが、形状は細かいので有力メーカーの商品を研究して真似している感じはします(笑 口コミを見ると、そこまで批判的なものは少ないので、普通に使えるレベルとなっているのでしょう。

DOVALの楕円リングをAmazonで購入する

楕円チェーンリングメーカー DOVAL/ドゥヴァル

ABSOLUTE BLACK/アブソリュートブラック

ロードバイクのフレームメーカー「トレック」の元社員が独立して設立したメーカーです。 イギリスで設計し、ドイツの材料を使用して、ポーランドで製造するこだわりぶりです。

チェーンリングとしては珍しいアルミの中で最も固い素材「AL7075」を採用し剛性をアップさせています。たわみにくいチェーンリングは変速性能を損なわず、ライダーのパワーを逃がしません。シンプルなデザインも特徴です。

ABSOLUTE BLACKの楕円リングをAmazonで購入する

楕円チェーンリングメーカー ABSOLUTE BLACK/アブソリュートブラック

関連記事

  1. 新機能を搭載!シマノ 新デュラエース R9100/R9150

    おすすめパーツ

    新機能を搭載!シマノ 新デュラエース R9100/R9150の進化とは?

    2016年7月から新デュラエース R9100/R9150系が販売開始さ…

  2. 各パーツの違いを比較!シマノ 新型アルテグラR8000系と旧型6800系

    おすすめパーツ

    各パーツの違いを比較!シマノ 新型アルテグラR8000系と旧型6800系

    シマノのコンポーネント、アルテグラ「R8000系シリーズ」が2017年…

  3. ロードホイールの空気抵抗

    おすすめパーツ

    ロードバイクのディープホイール|空気抵抗と効果

    ディープホイールって見た目が速そうでカッコいいですよね。私も初心者の時…

  4. ロードバイク初心者向けおすすめカスタム交換パーツ

    おすすめパーツ

    ロードバイク初心者向けおすすめカスタム交換パーツ

    ロードバイクの価格帯は8万円~200万円と幅広いですが、サイクリングに…

  5. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ イーストン、ウルサス、エキノクス、エンヴィ、カンパニョーロ、ゴキソ、コリマ、ジップ、シマノ、スピナジー

    おすすめパーツ

    ホイール選びの参考に!31ブランドイメージまとめ

    ロードバイクのパーツの中で最も重要でみんなが大好きなホイール(笑 僕も…

  6. 性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!

    おすすめパーツ

    性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!

    クリンチャーよりも乗り心地が良く、軽量なチューブラータイヤ。ホイールも…

人気記事

  1. ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選
  2. 低予算で決戦用ロードバイクを作ってみる!いくらで出来るか? ブログ
  3. 自転車に乗って音楽を聴く!おすすめ骨伝導ヘッドホンメーカー 7選
  4. ロードバイク初心者向けおすすめカスタム交換パーツ
  5. 簡単にできる!スポーツ自転車のリヤディレイラー調整方法!
  6. どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!Pedalista
  7. どれだけ知ってる?スポーツ自転車で使える便利アイテム グッズ 14選
  8. 本当に必要!?自転車ウェアの機能と選び方 - サイクルジャージ
  9. 軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング
  10. ヘルメットのおすすめブランドメーカー 10選! | ロードバイク

アーカイブ

  1. 自転車で動画を撮影する!スポーツカメラの使い方&おすすめメーカー

    ウェア・アクセサリー

    自転車で動画を撮影する!スポーツカメラの使い方&おすすめメーカー
  2. インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON ULTIMATE]

    完成車情報

    キャニオン アルティメットのインプレッション|ロードバイク
  3. 注目選手まとめ1

    ロードレースが面白い

    ロードレース注目選手2016|オールラウンダーとクライマー
  4. アマチュアからプロチームまで!ロードレースのカテゴリー一覧

    ロードレースが面白い

    アマチュアからプロチームまで!ロードレースのカテゴリー一覧
  5. ツールを観戦中に渡辺航先生が「弱虫ペダルTシャツ」を着ていた

    アニメ・漫画・本

    ツールを観戦中に渡辺航先生が「弱虫ペダルTシャツ」を着ていた
PAGE TOP