最高速度を引き上げる!ロードバイクのスプリント術!

最高速度を引き上げる!ロードバイクのスプリント術!

まったり楽しいサイクリングでは全速力でスプリントをすることはほとんどないと思います。しかし、ロードレースではスプリントは必要です。特に日本のアマチュアレースでは短い平地コースが多く、最後にスプリント勝負なることがほとんどだと思います。そこで、最高速度を上げられるスプリントの姿勢とペダリング、ロードレースの駆け引きについて簡単に紹介しますね。

ただのサイクリングでも、安全な道でたま~に思いっきりスプリントしてみるのは面白いですよ!(笑

スプリントでの姿勢

スプリントの姿勢は基本ダンシングと一緒です。ただ、空気抵抗を最大限に減らすために、より頭を下げて姿勢を低くして、肘を内側にたたみます。後、ダンシングと同じようにバイクを左右に振って体の軸は動かさないようにします。(関連記事:効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング

スプリントの速度は世界のトッププロになれば時速80kmを超えます。日本のアマチュアレースでも時速50~70kmは出るので空気の壁を感じるほど空気抵抗がすさまじいです。少しでも空気抵抗を減らしてペダルに最大限のパワーをかけられることが大事です。

ロードレースのスプリント姿勢

最高速度を上げるペダリング

スプリントのペダリングで多くの人がやりがちな間違いは、スプリント時に足を思い切り踏み下ろすようにペダルを回して、上半身がが上下に動いてしまうことです。そうならないためには、腕を使ってハンドルを引き付けるようにペダルを踏むようにします。バイクを体で踏み込む感じではなく、バイクごと体に引き付けるイメージですね。

また、自分の最大の力で踏むために、力の強い太もも前の筋肉を主に使います。そして、1時-3時でトルクをかけてそれ以外はできるだけ力を抜いて慣性にまかせます。(関連記事:楽に速く走る!知っておきたいペダリングの基本

正しいギア比に合わせる

ロードバイクは、いかなる時でも正しいギアに合わせることが重要です。パワーがハンパではないプロスプリンターは、スプリント時にフロントが53Tか54T、リヤが11Tの組み合わせを使っています。

普通のクランク(アウター)は52T、コンパクトクランクで50Tなのですごいですよね・・。何度もスプリントしてみて自分の実力で一番効率的なギア比を見つけましょう。無理して力任せで回すのではなくしっかりクルクル回せるくらいがいいです。

ちなみに、スプリントに入ったらギアを段階的に変速せず、一気にトップギアに持っていくのが一般的です。スプリントが始まったら何も考えずただただ全力でペダルを回して突き進むのみです!

ロードレースでのスプリント

先ほども言いましたが日本のアマチュアレースでも時速50~70kmで走ります。ただ時速60km出せる人はかなり速いといっていいでしょう。そして60km出せない人はスプリント勝負では不利なので、スプリント以外の場所で勝負をしないといけなくなります。アマチュアレースではスプリント力は必須ですね(笑

ただし、スプリントで劣っていても勝つチャンスはあります。例えば発射するタイミングです。タイミングが早ければゴール前で失速してしまい、遅ければ先に出たライバルに差をつけられてしまいます。適正なタイムミングで発射すれば自分の能力を100%出し切れます。他には、多くの選手が位置を取り合う混戦の中で、最短ルートを確保することです。走るコースをふさがれたら避けて通る分不利になってしまいます。

また、風向きや空気抵抗を計算して他の選手を利用するなど心理戦も重要ですね。プロのチーム戦ではアシストを発射台に使う場合もあります。けっこう奥が深いのでロードレース観戦は面白いですよ!(関連動画:そうだったんだ!ロードレース観戦は面白い

まとめ

  • 姿勢は空気抵抗を抑えるように前傾でコンパクトに。
  • 太もも前の筋肉を使ってペダルを回す。
  • ギア比を合わせるときは無理のない重さにする。
  • ロードレースのスプリントは奥が深くで面白い。

効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング方法 | pedalista効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング前のページ

すごいぞ!自転車を愛しすぎた冒険家と偉人たち次のページすごすぎる!自転車を愛しすぎた冒険家と偉人たち

関連記事

  1. 初心者でも速くなれる!ロードバイクトレーニングの基本を知る

    速く走りたい!

    初心者でも速くなれる!ロードバイクトレーニングの基本を知る

    ロードバイクを購入してしばらくすると、できるだけ速く走りたいと思うよう…

  2. すぐに実践できる!高速コーナリングの知識とスキル part2

    速く走りたい!

    すぐに実践できる!高速コーナリングの知識とスキル part2

    前回のブログでは、ちょっと小難しいコーナーリング理論を書きましたが、今…

  3. 楽に速く走る!知っておきたいペダリングの基本 ペダリスタ | pedalista

    速く走りたい!

    楽に速く走る!知っておきたいペダリングの基本

    ロードバイクを購入したら「楽に速く走りたい」と思う人は多いですよね。そ…

  4. 6月3日 千葉競輪場でパワーメーターを使ったトレーニング講座を開催

    速く走りたい!

    6月3日 千葉競輪場でパワーメーターを使ったトレーニング講座を開催

    最近はアマチュアの人でもパワーメーターを使っている人をたまに見かけるよ…

  5. 新発売のパワーメーターの特徴!ステージズ/パイオニア/ガーミン

    速く走りたい!

    新発売のパワーメーターの特徴!ステージズ/パイオニア/ガーミン

    2017年秋に新しく発売予定のパワーメーターを紹介します。どれも、今ま…

  6. できたらプロ級?ロードバイクの超高等アクロバットテクニックのコツ

    速く走りたい!

    できたらプロ級?ロードバイクの超高等アクロバットテクニックのコツ

    ロードバイクに乗っての派手なアクロバットってカッコいいですよね。直接的…

人気記事

  1. 人気除毛クリーム「NOLLリムーバークリーム」4本セットと使い方の説明書
  2. 夜間は注意!自転車のライトに必要な明るさと選び方!
  3. 大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!
  4. どれだけ知ってる?スポーツ自転車で使える便利アイテム グッズ 14選
  5. ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選
  6. ロードバイクは軽い方が速い?軽量化で効果が高いパーツは?
  7. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?
  8. ロードバイクで脚力アップ!固定式ローラー台のおすすめ 9選!
  9. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ
  10. 新型アルテグラR8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較

アーカイブ

  1. 自転車競技の種目はどれだけあるのか?ピックアップしてまとめてみた

    ロードレースが面白い

    自転車競技の種目はどれだけあるのか?ピックアップしてまとめてみた
  2. 安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク13選!

    完成車情報

    安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク 13選!
  3. アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ウェア・アクセサリー

    アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想
  4. ロードレースの面白さ3

    ロードレースが面白い

    自転車ロードレース選手の脚質特徴と役割まとめ
  5. 楕円リングの効果とは?メリットとデメリット・おすすめメーカー

    おすすめパーツ

    楕円リングの効果とは?メリットとデメリット・おすすめメーカー
PAGE TOP