必須アイテム!サイクルグローブの選び方 ロードバイク/クロスバイク

ウェア・アクセサリー

最終更新日: 2017.06.3

必須アイテム!サイクルグローブの選び方 ロードバイク/クロスバイク

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクでは必須アイテムであるサイクルグローブ。今回はそのサイクルグローブの必要性と選び方を簡単にまとめます。サイクルグローブ選びの参考にどうぞ!

【関連記事】
サイクルグローブのおすすめブランド

サイクルグローブは必要?

結論から言えば必要です。スポーツバイクで転倒した時には、まず手を付く事があるからです。アスファルトのゴリゴリした路面で手のひらをケガすると痛いですよ~。だから、ヘルメットと同じくらいサイクルグローブは重要なアイテムなのです。

スポーツバイクで転倒した時にまず手のひらから地面に付く サイクルグローブの必要性

また、手のひらのクッションで乗車時の手への振動を軽減したり、汗で手が滑るのも防止します。その他、日焼け止め対策や、防寒にも役立ちます。スポーツバイクに乗る際はぜひ身につけましょう!

手のサイズをはかる

サイクルグローブを選ぶ時にはサイズをしっかり合わせる事がポイントです。適正なサイズのサイクルグローブは、ハンドルをしっかり握れますし、フィット感も良くなります。

サイクルグローブのサイズは手のひらの周りを測る

グローブのサイズは、上の図のように手のひら周りの長さが基準となります。また、同じSサイズでもパールイズミは18~19cm、カペミュールは21~23cmとメーカーやブランドによって長さとサイズは違ってきます。購入する時はちゃんとチェックしましょう。

後は、素材によっても締まり具合が微妙に違うので、できれば実際に試着してから購入した方がいいですね。自分は実店舗で軽く試着してからネットで買うようにしています。お店にはちょっと悪いんですけどね・・。(その代わりに小物はお店で買います)

指切りとフルフィンガー

サイクルグローブ 指切りとフルフィンガー ロードバイク クロスバイク

サイクルグローブには指切りフルフィンガーがあります。基本的に指切りは夏用、フルフィンガーは冬用です。また、一般的にフルフィンガーは布地が厚くて保温機能が高くなっています。価格は指切りの方が若干安く2000~4000円くらい、フルフィンガーは3000~5000円くらいの商品が多いです。

グリップとクッション性

ロードバイクやクロスバイクは、タイヤがママチャリより細くできているので振動が手に伝わりやすいです。慣れない人だと手がしびれる事もあります。そこで各メーカー、クッション性を考慮しゲルパッドを手のひらに配置したりといろいろ工夫しています。

サイクルグローブの選び方 クッション材の厚さの違い

ただ、クッション性を気にしすぎて厚い素材のグローブを選ぶと、ハンドルを掴みにくくなりグリップ力にも影響してきます。握りやすさを取るのか、クッション性を取るのかは考えどころですね。

ハンドルに体重をかけてまったり乗る人はクッション性が高いグローブ、きちんとした乗り方でハンドルに体重をかけずに速く走る人はクッション材薄めのグローブがおすすめです。

紫外線対策

女性の自転車乗りの中には日焼けを気にする人は多いですよね。指切りグローブの場合は指先が焼けてしまいます。なので、ちょっと暑くて蒸れますが夏でも薄~い素材のフルフィンガーを使っている人をたまに見かけます。

ただ、指先があるのとないのでは涼しさが全然違います。夏は日焼け止めクリームを塗って指切りグローブにしてもいいかもしれません。

まとめ

  • サイクルグローブがヘルメットと同じくらい大事。
  • サイズをきちんとはかって選ぶ。できれば試着をする。
  • 夏は指切り、冬はフルフィンガーと使い分ける。
  • 走り方を考えて素材やクッション材を見て選ぶ。
  • 夏の紫外線対策に薄い素材のフルフィンガーグローブもある。

次回記事では「サイクルグローブのおすすめブランド」をまとめます。

サイクルグローブをAmazonで購入する

第23回 天草下島一周サイクルマラソンに参加してきた! 自転車日記第23回 天草下島一周サイクルマラソンに参加してきた! 自転車日記前のページ

デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選次のページデザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選

関連記事

  1. 自己満足OK!1000円でロードバイクの見た目を簡単カスタマイズ

    ウェア・アクセサリー

    自己満足OK!1000円でロードバイクの見た目を簡単カスタマイズ

    ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車は、ひとつのパーツを交換…

  2. 軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング

    ウェア・アクセサリー

    軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング

    もし時間に余裕があれば、遠くまで自転車旅に行ってみたいと思う人は多いん…

  3. 自転車ヘルメットの努力義務化とは?|ロードバイク・クロスバイク

    ウェア・アクセサリー

    自転車ヘルメットの努力義務化とは?|ロードバイク・クロスバイク

    2023年4月から自転車に乗る際はヘルメット着用の努力義務化されました…

  4. ローラー台やバイクスタンドの有名ブランド「ミノウラ」が人気の理由

    ウェア・アクセサリー

    ローラー台やバイクスタンドの有名ブランド「ミノウラ」が人気の理由

    スポーツ自転車で使うローラー台やバイクスタンド、ボトルケージ、スマホホ…

  5. 買う前にチェック!ビンディングシューズのおすすめブランド11選!

    ウェア・アクセサリー

    買う前にチェック!ビンディングシューズのおすすめブランド11選!

    前回の記事「どう選ぶ?ビンディングシューズの種類とペダル互換」でシュー…

  6. スポーツにおすすめ!鼻パッドがないサングラス AirFly (エアフライ)

    ウェア・アクセサリー

    スポーツにおすすめ!鼻パッドがないサングラス AirFly (エアフライ)

    サイクリングに最適な特殊スポーツサングラス【AirFly(エアフライ)…

人気記事

  1. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!
  2. 新型アルテグラR8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較
  3. スポーツ自転車用!おすすめテールライト[リヤライト] 10選!
  4. 大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!
  5. 通勤通学や旅に!自転車用のおすすめリュック・バックパックと選び方
  6. ヒルクライムが速く楽になる!ペダリングや呼吸法とは?- ロードバイク
  7. 安くて明るい!スポーツ自転車のおすすめヘッドライト10選!
  8. ロードバイクのメンテナンス用具
  9. 誰でも簡単にすぐできる!ロードバイクで速く走れる呼吸法とは?
  10. ガーミンだけじゃない!高性能GPSサイコンメーカーが続々登場

アーカイブ

  1. ロードレースの面白さ3

    ロードレースが面白い

    自転車ロードレース選手の脚質特徴と役割まとめ
  2. 自転車で落車を防ぐ|ロードバイク

    初心者入門

    落車や転倒を防ぐには?自転車事故の対策まとめ|ロードバイク
  3. 性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!

    おすすめパーツ

    性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!
  4. ロードバイクはどんな定期メンテナンスが必要なのか?パーツ別まとめ

    メンテナンス・修理・調整

    ロードバイクはどんな定期メンテナンスが必要なのか?パーツ別まとめ
  5. 注目選手まとめ1

    ロードレースが面白い

    ロードレース注目選手2016|オールラウンダーとクライマー
PAGE TOP