初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ

初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車を始めたいけど、どんなメーカーを選べばいいかわからない。そんな初心者の人は多いんじゃないでしょうか。

そこで、今からスポーツ自転車を始めたい初心者の方でも購入しやすく、知名度が高い人気メーカー「ジャイアント/GIANT」と「メリダ/MERIDA」の特徴をまとめました。

細かいこだわりが無く、ただ楽しくスポーツ自転車を楽しみたい人には、ジャイアントとメリダがおすすめですよ。

【関連記事】
ロードバイクのブランドイメージまとめ①
日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

特徴①:販売店舗が多い

ジャイアントとメリダは数多くあるスポーツ自転車メーカーにあって、非常に特徴が似ています。まずは、日本全国で販売されている店舗が多いことが挙げられます。

ママチャリでおなじみの「サイクルベースあさひ」やスポーツデポなどの量販店でも取り扱いがありますし、ジャンアントは全国に専門ショップも展開しています。

高級メーカーであるピナレロやS-Works、LOOKなどほとんどのメーカーは、敷居の高い専門のプロショップでしか購入できませんが、ジャイアントとメリダは気軽に試乗や購入場所できるのがポイントです。

なので地方の田舎に住んでいる人や、何もわからない初心者の人でも親しみやすいですね。もちろん専門プロショップでも扱っている所はあります。

 

有名スポーツ自転車メーカー「ジャイアント」の専門店

ジャイアントの専門店

特徴②:ランクは超一流

気軽に購入できるとはいえ、メリダとジャンアントは超一流メーカーなのは間違いありません。何といっても世界最高峰のロードレース「ツール・ド・フランス」出場チームに機材を提供しているのです。

世界最高峰ランクのUCIワールドチーム(18チーム)に所属する「バーレーン・メリダ」と「チームサンウェブ」のスポンサーと機材提供を行い、数々の大きな大会で勝利をもぎ取っています。

有名メーカーでもこのクラスのチームに機材提供はなかなかできないので、ステータスはかなり高いですね。ちなみに、世界で戦う日本人ロードレーサー「新城幸也選手」もバーレーン・メリダに所属してメリダのロードバイクに乗っています。

バーレーン・メリダに所属する新城幸也選手とメリダのロードバイク

新城幸也選手とメリダのロードバイク

特徴③:コスパが高い

ジャイアントとメリダは超一流メーカーでありながら、価格は他のメーカーに比べて安いのが特徴です。そして、安くできるのには理由があります。それは、もともと他メーカーのOEMを請け負うメーカーだからです。

OEMとは、他社製品の製造を行うことです。現在自転車のフレームを販売しているほとんどの有名メーカーは、フレームの設計を自社で行い、製造はジャイアントやメリダのようなOEMに委託しています。

つまり、ほとんどの有名メーカーは、製造をOEMに委託している分コストがかさみユーザーへの販売が高くなりますが、自社で設計と製造を行うジャイアントとメリダはコストが抑えられ、比較的安価でスポーツ自転車を販売できるのです。

ただし、これは4~30万円クラスのスポーツ自転車の話で、ハイグレードモデルとなるとなかなかの価格となってしまいます。まあ、レースを考えない限りハイグレードモデルは必要ないので、気にしなくていいですが念のため(笑

また、ジャイアントとメリダは台湾に本拠地と工場を置いているのもコストを抑えられる要因となっています。

特徴④:世界トップレベルの技術

ジャイアントとメリダは、他メーカーの厳しい注文にも応えるOEMを行っているので、製造技術が高いのは当然です。特にカーボン加工技術はかなり進化しているんじゃないでしょうか。

また、他メーカーの製造を担っているといいうことは、技術や設計において数多くの有名メーカーの情報を集めることができます。その情報の粋を極めて自社フレームの設計にフィードバックできる強みもありますね。

この2つのメーカーのデメリットといえば、乗っている人が多いのでライドでほぼ他人と被ってしまうことと、個性が出しにくいことくらいです。

ジャイアント/GIANT

ジャイアントで有名なのはクロスバイクの「ESCAPE(エスケープ)シリーズ」ではないでしょうか。クロスバイクならエスケープシリーズを買って間違いはないでしょう。

その他、マウンテン、シクロクロス、ロードバイク、TTバイクを扱っているのはもちろん、女性専用ブランドの「Liv/リブ」も展開しており、徐々に女性人気も上がってきています。

ロードバイクでは、オールランドタイプの「TCRシリーズ」、空力性能を意識したエアロ形状の「PROPELシリーズ」、長距離サイクリング向けの「DEFYシリーズ」、初心者向けのエントリーアルミロード「CONTENDシリーズ」があります。

ジャイアント CONTEND 2 定価:¥80,000

ジャイアント CONTEND 2 定価:¥80,000

メリダ/MERIDA

メリダの初心者向けのエントリーモデルは低価格でありながら、ワイヤーがフレームに内蔵しているなど妥協のないつくりをしているメーカーですね。自分の嫁も運動不足解消の通勤用にロードバイクを買いましたが、自分のすすめで「メリダ SCULTURA100」を選びました。

また、クロスバイク、マウンテンバイクとほとんどのスポーツ自転車をリリースしていますが、ロードバイクはエアロタイプの「REACTOシリーズ」、オールラウンドタイプの「SCULTURAシリーズ」、エンデュランスタイプの「RIDEシリーズ」があります。

メリダ SCULTURA100 定価:¥93,900

メリダ SCULTURA100 定価:¥93,900

購入場所

購入は比較的どこでもできます。近くに専門ショップがあれば行ってみてもいいですし、入店しやすい自転車量販店の「あさひ」でも店頭で数多く販売していますよ。

もし、あさひで購入する場合は、ネットで購入すれば安くなるのでお得ですよ!ただし購入する前に店舗で試乗はした方がいいですね。また、注文したスポーツ自転車は近くの店舗で受け取ることもできます。

[自転車あさひ] ネットで注文、お店で受取りで、自転車が送料無料!

【関連記事】
ロードバイクのブランドイメージまとめ①
日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

秋冬用サイクルウェアの定番アイテムが格安!ロードバイクがセール中秋冬用サイクルウェアの定番アイテムが格安!ロードバイクがセール中前のページ

ロードバイク・クロスバイクに必要なアクセサリーとパーツの一覧次のページロードバイク・クロスバイクに必要なアクセサリーとパーツの一覧

関連記事

  1. TREK/トレックのハイテク設備!カーボンフレームの製造現場

    完成車情報

    TREK/トレックのハイテク設備!カーボンフレームの製造現場

    現在はほとんどの有名フレームメーカーが、カーボンフレームの製造を台湾や…

  2. 不要なロードバイクやクロスバイクを処分方法・高く売るコツ・注意点

    完成車情報

    不要なロードバイクやクロスバイクを処分方法・高く売るコツ・注意点

    ロードバイク・クロスバイクを買ったもののあんまり乗らなかった・・と、よ…

  3. ユニコーンガンダムと百式!アナハイム社製のロードバイクが発売開始

    完成車情報

    ユニコーンガンダムと百式!アナハイム社製のロードバイクが発売開始

    ガンダム仕様のロードバイク第1弾「赤い彗星シャア」に続き、2017年1…

  4. 子供用ロードバイク・クロスバイク・MTBの販売メーカーまとめ

    完成車情報

    子供用ロードバイク・クロスバイク・MTBの販売メーカーまとめ

    弱虫ペダルなどの漫画を見てロードバイクに乗ってみたいという小学生、中学…

  5. ガンダムロードバイク第2弾!モビルスーツ6モデルの発売が決定

    完成車情報

    ガンダムロードバイク第2弾!モビルスーツ6モデルの発売が決定!

    以前のブログでガンダムのシャア専用仕様ロードバイクを紹介しましたが、非…

  6. 10万円以下のアルミ製ロードバイクとカーボンフレームを乗りくらべ

    完成車情報

    10万円以下のアルミ製ロードバイクとカーボンフレームを乗りくらべ

    我が家には妻が乗っているアルミ製ロードバイク「メリダ SCULTURA…

人気記事

  1. ハイブリッド式&ダイレクト式!おすすめ最新特殊ローラー台 7選
  2. 新型アルテグラR8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較
  3. ロードバイクのパワーメーターまとめ ペダル型・ハブ型・特殊型
  4. 初心者でも速くなれる!ロードバイクトレーニングの基本を知る
  5. 使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】 一覧
  6. ロードバイクに補給食が必要なワケ!おすすめ補給食 10選まとめ
  7. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!
  8. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①
  9. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ
  10. 自転車必須アイテム!サイクルボトルの種類とおすすめ商品を紹介!

アーカイブ

  1. アマチュアからプロチームまで!ロードレースのカテゴリー一覧

    ロードレースが面白い

    アマチュアからプロチームまで!ロードレースのカテゴリー一覧
  2. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?
  3. 若者に負けん!アラフォー中年は経験を使って速くなる ロードバイク

    速く走りたい!

    若者に負けん!アラフォー中年は経験を使って速くなる ロードバイク
  4. ツールを観戦中に渡辺航先生が「弱虫ペダルTシャツ」を着ていた

    アニメ・漫画・本

    ツールを観戦中に渡辺航先生が「弱虫ペダルTシャツ」を着ていた
  5. ロードレース 注目選手まとめ

    ロードレースが面白い

    ロードレース注目選手2016|スプリンターとクロノマン
PAGE TOP