ブランドイメージのまとめ 北米・アジア

ザックリわかる!ロードバイクのブランドイメージまとめ③【北米・アジア編】

ロードバイク購入でまず考えるのが「どのメーカーがいいの?」ではないでしょうか。ただ、フレームブランドの違いは走りにほとんど影響しないので、価格帯やデザイン、イメージで選んでもいいですよ。

みんな大好きブランド選び!複数あるブランドのイメージや特徴を個人的な意見でまとめます。今回は北米・アジア編② 現在はヨーロッパや北米の有名ブランドメーカーが、フレーム製作は台湾に委託しているほどアジアの技術力は高いです。

ヨーロッパ編①  ヨーロッパ編②

cervélo(サーヴェロ) ー カナダ ー

エアロ系バイクが有名で、カッコいいスタイリッシュなイメージです。ヒルクライムより平地での高速巡行やタイムトライアルに強い印象ですね。実際TTバイクの種類が豊富です。価格帯はかなり高く、エントリーモデルの扱いがなくミドルグレード以上のものしか取り扱っていないのが潔くていいです。後、このバイク乗っている人見ると男前に見えます。ヴェの発音は舌を巻き気味で!(笑 (cervélo/サーヴェロ公式サイト

cervelo サーヴェロ

Argon18(アルゴン18) ー カナダ ー

1989年に設立され、最近グランツールなどの主要大会で見かけるようになったブランドです。日本ではまだメジャーではありませんね。「なんか名前に数字が入っているぞ」くらいの印象しかまだありません。(すいません汗)乗っている人もまだ見たことがないです。形的にはサーヴェロに似ているので山より平地が速そうな感じがします。(Argon18/アルゴン18公式サイトアルゴン18

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) ー カナダ ー

量販店などでも多くのモデルが販売されている、カジュアルで親しみやすいブランドです。どっちかというとファッション性が高く街乗り感が強いです。価格帯は安目です。レーザージャージを着ずにラフな格好でちょっとそこまで行きたい人や通勤にもおすすめです。(LOUIS GARNEAU/ルイガノ公式サイトlouisgarueau ルイガノ

SPECIALIZED(スペシャライズド) S-WORKS(エスワークス) ー アメリカ ー

エントリー~ミドルグレードがスペシャライズド、ハイグレードがS-WORKSとなります。フレームに記載される名前も違いますが会社は一緒です。S-WORKSは有名な世界トッププロチームが使用しており、2016年現在ツール・ド・フランスなどの主要大会でも1番多く見かけますね。スぺシャライズドの価格帯は普通ですがS-WORKSは高価です。限定版などは個性的なカラーリングが多く出されています。(SPECIALIZED/スペシャライズド公式サイトspecialized スペシャライズド

s-works エスワークス

Cannondale(キャノンデール) ー アメリカ ー

名前からロケットや弾丸みたいな加速をイメージしてしまいます。実際ハイグレードモデルはかなり軽量で、ギリギリまで無駄をそぎ落としてある印象です。また、アルミロードの最高峰と言われるCADDシリーズが有名で、最新のCADDシリーズにちょっといいホイールを付ければ高性能なバイクの出来上がりです。価格帯は普通ですかね。(Cannondale/キャノンデール公式サイトcannondale キャノンデール

TREK(トレック) ー アメリカ ー

最新式の風洞実験で風の抵抗を考えた設計など、各所に革新的なアイデア盛り込んでくるブランドです。機械的でクール、斬新、そんなイメージです。やっぱり価格帯は高め(笑。カラーリングを自分で組み合わせてこだわりの1台を作れる独自のシステムが特徴です。

トレックがスポンサーのトッププロチーム「トレックファクトリーレーシング」では日本人の別府選手が活躍中!また、トレック専門ショップを開店するなど日本での販促活動に積極的なメーカーですね。ロングライドをしていると乗っている人をよく見かけます。(TREK/トレック公式サイトtrek トレック

GIANT(ジャイアント) ー 台湾 ー

ジャイアントはコストパフォーマンスが非常に高く、自転車ショップでも多く販売されています。会社は台湾にありますが、ツール・ド・フランスなどに出場するプロチームを持っている一流ブランドです。クロスバイクでは定番となっているエスケープR3が有名ですね。価格帯も安目で最初の一台には持ってこいですが、他人とかぶる事が多いので個性はあまり出せません。女性専用でLivというブランドも発売されています。(GIANT/ジャイアント公式サイトgiant ジャイアント

liv リブ

 MERIDA(メリダ) ー 台湾 ー

ジャイアントと同じく台湾製ですがトッププロチーム(ランプレメリダ)を持つ一流ブランドです。2017年現在、新城選手が所属しているチームで、近年日本での販促に積極的なように思います。コストパフォーマンスが最高でエントリーモデルは8万円~からあります。ハイグレードモデルにはかなりの軽量モデルがあり性能も間違いありません。ちなみに自分の嫁さんもメリダに乗っています。(MERIDA/メリダ公式サイトmerida メリダ

anchor(アンカー) ー 日本 ー

日本が誇る日本人の為のブランドです。デザインやカラーリングも含めて素直で実直なイメージです。ジオメトリー(フレームの各寸法)が日本人の体形に合わせてあるのが特徴。RIS9というモデルに乗っていた時期がありますが非常に乗りやすく、体にぴったりフィットした疲れないバイクでした。ハイグレードモデルのカーボンフレームでも硬すぎず適度な柔らかさがあります。機種も豊富なので最初の一台におすすめです。価格帯は普通。(anchor/アンカー公式サイトanchor アンカー

関連記事

  1. 安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク13選!

    完成車情報

    安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク 13選!

    前回の記事で「ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い」を書…

  2. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編②

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 欧州編②

    見るだけでウットリなる各ブランドのフラッグシップモデルをまとめる記事の…

  3. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 北米・アジア編

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 北米・アジア編

    手が届かない高級ロードバイクを眺めてはニヤニヤしている私が「せめてブロ…

  4. 初心者必見!フレーム素材別 性能と特徴まとめ! ロードバイク

    おすすめパーツ

    初心者必見!フレーム素材別 性能と特徴まとめ! ロードバイク

    今回は初心者や入門者の人向けに、フレーム素材の性能や特徴をまとめます。…

  5. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

    完成車情報

    簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

    ロードバイクやクロスバイクは乗って楽しむだけではなく、パーツを好きなカ…

  6. ブランドイメージまとめ 欧州2

    完成車情報

    ザックリわかる!ロードバイクのブランドイメージまとめ【ヨーロッパ編②】

    ロードバイクを購入する時に迷うのは、ブランド選びですよね。フレームブラ…

人気記事

  1. 使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】 一覧
  2. もう初心者とは言わせない!ロードバイクにカッコよく乗るテクニック
  3. 大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!
  4. 自転車必須アイテム!サイクルボトルの種類とおすすめ商品を紹介!
  5. 交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク
  6. 速く走るために!簡単にロードバイクの空気抵抗を減らす方法とは!?
  7. デザインから注文まで!失敗しないオーダージャージ選びのコツとは?
  8. パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?
  9. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ
  10. 初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本

アーカイブ

  1. ロードレース - 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝利。TTはトニー・マルティンが優勝

    ロードレースが面白い

    ロードレース – 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝…
  2. 初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本

    アニメ・漫画・本

    初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本
  3. 2016 さいたまクリテリウム サガン優勝!初山が2位!

    ロードレースが面白い

    2016 さいたまクリテリウム サガン優勝!初山が2位!
  4. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 北米・アジア編

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 北米・アジア編
  5. 20万円以上のロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    おすすめパーツ

    20万円以上のロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編
PAGE TOP