ロードバイクを余裕で積む!大人気ダイハツ・ウェイクの収納スペース

ロードバイクを余裕で積む!大人気ダイハツ・ウェイクの収納スペース

コンパクトてお手軽、低価格の軽自動車はとっても便利ですよね。そして近年は、スーパースペース系と呼ばれる広い室内空間を売りにしているジャンルがあります。軽自動車でありながらどれだけ収納スペースを確保できるのかメーカーが競っているのです。

そこで今回は、「あんちゃん!それウェイクだよ!」のフレーズでもおなじみ、大人気のダイハツ・ウェイクにスポーツ自転車を積載したらどうなるのか?を検証します。他メーカーのスーパースペース系軽自動車は、どれくらい余裕でロードバイクなどの自転車を積めるか?の参考にもなると思います。

ロードバイクを積んでみる

ダイハツ・ウェイクはテレビCMで、スポーツ自転車の前後ホイールを外さなくても2台積載できる事をアピールしています。じゃあ、ロードバイクを2台積載するとどういった感じになるのか?を見てみましょう。

積載するのは身長170cmの人が乗れるサイズのロードバイク2台。それとヘルメット、シューズ、工具箱、空気入れ、ウェア類や着替えを入れたバッグです。サイクルイベントやロードレースに持っていく基本セットですね。

クルマの準備は左側の前後シートを倒してフラットにし、ロードバイクの前後ホイールを取り付けたままま載せます。シューズやヘルメットはリヤのトランク下スペースに収納。そして空いたスペースにバッグ類を積みました。

収納力抜群の軽自動車「ダイハツ・ウェイク」にロードバイク2台を積む

結果は・・。上の画像のように余裕で収納する事ができました!人も2人ゆったり乗れます。これならどんな自転車でも問題なく積めますね。スポーツ自転車を軽自動車に積みたいならダイハツ・ウェイクは選択肢の一つになってくると思います。

3人乗ってロードバイク3台積めるか?

ダイハツ・ウェイクが提唱するのは2人+自転車2台ですが、室内空間がかなり広いので、3人分の座席を確保しつつ、自転車を3台積載できないか挑戦してみます。

ダイハツ・ウェイクに3人と自転車3台を積載できるのか?

結果はごらんのとおり。ホイールを前後とも外して、車体をきれいに詰める必要がありますが、無理なく収納できました!すごいですね。これなら家族でサイクルイベントに行く事も可能です。(関連記事:スポーツバイクを自動車に積載する方法 5パターン

ダイハツ・ウェイクのグレード別価格表

グレード別に価格や燃費をまとめてみました。

グレード駆動方式価格燃費
Gターボ “LE SA Ⅱ2WD172万円23.8 km/L
4WD184万円23.2 km/L
Gターボ “SA Ⅱ”2WD167万円23.8 km/L
4WD180万円23.2 km/L
L “LE SA Ⅱ”2WD160万円25.4 km/L
4WD172万円24.6 km/L
L “SA Ⅱ”2WD156万円25.4 km/L
4WD168万円24.6 km/L
D “SA Ⅱ”2WD141万円25.4 km/L
D2WD135万円25.4 km/L

便利なアイテム

ダイハツ・ウェイクにオプションで付けられる自転車専用アクセサリーを紹介します。自転車を載せる作業が楽に、そして安定しそうですね。

ラゲージマット

ダイハツ・ウェイクのラゲージマット

自転車の積み下し作業でよく傷つけてしまうのがリヤパンパーです。自転車のギアやチェーン、ペダルが当たってしまうんですね。しかし、このマットを使う事でパンパーと自転車が傷つくのを防げます。価格:11,513円

サイクルホルダーセットA(1台積載用)

サイクルホルダーセットA(1台積載用)

自転車を固定するベルトとフック、車輪を固定して安定させるホルダーのセットです。フックは床に4つ付いています。価格:33,804円

サイクルホルダーセットA(1台積載用)のホルダーとベルト

ホルダーとベルト

サイクルホルダーセットA(1台積載用)のホルダーとベルトの床に付けられたフック

床に付けられたフック

サイクルホルダーセットB(2台目積載用)

サイクルホルダーセットB(2台目積載用)

自転車2台を固定できるベルトとフック、車輪を固定して安定させるホルダーのセットです。サイクルホルダーセットAに追加できるオプションとなります。

関連記事

  1. 初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ

    完成車情報

    初心者でも購入しやすい一流自転車メーカー!ジャイアントとメリダ

    クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車を始めたいけど、どんなメ…

  2. 10万円以下のアルミ製ロードバイクとカーボンフレームを乗りくらべ

    完成車情報

    10万円以下のアルミ製ロードバイクとカーボンフレームを乗りくらべ

    我が家には妻が乗っているアルミ製ロードバイク「メリダ SCULTURA…

  3. 15万円以内のロードバイク おすすめランキング! 2017年版 

    完成車情報

    格安ロードバイクおすすめランキング|2017年

    2017年の新しいモデルも各メーカーだいたい発表が終わりましたね。そこ…

  4. ブランドイメージのまとめ 北米・アジア

    完成車情報

    ロードバイク有名フレームメーカーまとめ北米アジア

    (最終更新日:2017.12.19)ロードバイク有名人気メーカーの…

  5. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編②

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 欧州編②

    見るだけでウットリなる各ブランドのフラッグシップモデルをまとめる記事の…

  6. 乗り心地は最高!国産フレームメーカー「アンカー/anchor」の特徴

    完成車情報

    乗り心地は最高!国産フレームメーカー「アンカー/anchor」の特徴

    ロードバイク、MTB、シクロクロスを展開している人気ブランド「ブリジス…

人気記事

  1. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ イーストン、ウルサス、エキノクス、エンヴィ、カンパニョーロ、ゴキソ、コリマ、ジップ、シマノ、スピナジー
  2. ロードバイクのメンテナンスするなら自転車工具箱セットがおすすめ
  3. どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!Pedalista
  4. スポーツ自転車の盗難対策は?絶対に盗ませない方法!(ロードバイク・クロスバイク・MTB・マウンテンバイク)
  5. どれだけ知ってる?スポーツ自転車で使える便利アイテム グッズ 14選
  6. 【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!
  7. ロードバイク・クロスバイクに必要なアクセサリーとパーツの一覧
  8. 初心者入門!ロードバイク選びから購入までの流れ
  9. 夜間は注意!自転車のライトに必要な明るさと選び方!
  10. 欲しい自転車に乗る!格安でロードバイクをつくる方法!

アーカイブ

  1. アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ウェア・アクセサリー

    アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想
  2. ちゃんと処理してる?ロードバイクでスネ毛をキレイに剃る理由とは

    初心者入門

    ちゃんと処理してる?ロードバイクでスネ毛をキレイに剃る理由
  3. ロードレース 注目選手まとめ

    ロードレースが面白い

    ロードレース注目選手2016|スプリンターとクロノマン
  4. 実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    おすすめパーツ

    実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ
  5. ロードバイクはどんな定期メンテナンスが必要なのか?パーツ別まとめ

    メンテナンス・修理・調整

    ロードバイクはどんな定期メンテナンスが必要なのか?パーツ別まとめ
PAGE TOP