ロードバイクにディスクブレーキは必要か?メリットとデメリット!

ロードバイクにディスクブレーキは必要か?メリットとデメリット!

近年ディスクブレーキを搭載したロードバイク完成車が多く販売されています。そこでメリットとデメリットを挙げて、ディスクブレーキが本当に必要かどうか?をまとめてみます。

ロードバイクを新しく購入する際に、普通のキャリパーブレーキにするか、ディスクブレーキにするのか、選ぶ参考になればと思います。項目は「ディスクブレーキとは?」「メリットとデメリット」「プロは使ってるの?」「結論」です。

ディスクブレーキとは?

ディスクブレーキとは、ホイールのハブに取り付けた薄い金属板(ローター)を、ブレーキシューで挟み込んで速度を制御するブレーキです。制動力が強いので主にクルマやバイクに使われている方式です。

ロードバイクのディスクブレーキ見本

ロードバイクのディスクブレーキ

自転車では、悪路を走るのでよりバイクコントロールが重要なMTB(マウンテンバイク)に搭載されていましたが、近年ロードバイクにもディスクブレーキを搭載する流れになっています。今後普及するのか?注目される所です。

メリットとデメリット

キャリパーブレーキと比較しての、ディスクブレーキのメリットとデメリットを簡単にまとめました。

メリット

  • 制動力が強いので雨の日でもしっかり止まれる。
  • 長い下りでも手が疲れない。
  • バイクコントロールをしやすくなる。
  • 比較的安全に走行できる。

デメリット

  • 仕組みが複雑になるので価格が高くなる。
  • ローターが曲がらないよう扱いに注意が必要。
  • ディスク対応のホイールが少ない。
  • ホイールが重くなる。
  • 落車時にローターでケガする可能性がある。
  • メンテナンスや輪行が面倒になる。

これを見ると・・。必要かどうかは疑問ですね(笑 とにかく制動力は上がりますが、いろいろと面倒な事が多いですね。特にディスク対応ホイールが少ないのと、ホイールが重くなるのは痛いです。

プロは使ってるの?

2017年5月に行われている世界3大レースのひとつ「ジロ・デ・イタリア」を全コース視聴していますが、ディスクブレーキを使っている選手は見かけません。

さかのぼると、2015年8月にUCI(国際自転車競技連合)がプロロードレースでのディスクブレーキ使用を許可しました。そして、この流れをみた各メーカーがロードバイクにディスクブレーキを搭載して販売を始めたのです。

しかし、2016年4月のパリ〜ルーベでフランシスコ・ベントソ(スペイン、モビスター)が落車し、前走者のディスクブレーキのローターと接触し、脚にかなり深い傷を負った事を受けて、危険と判断しUCIはその使用を禁止しました。

2016年4月のパリ〜ルーベでフランシスコ・ベントソ(スペイン、モビスター)が落車し、前走者のディスクブレーキのローターと接触しかなり深い傷を負った

ローターでケガを負ったフランシスコ・ベントソ

その後、メディアでも議論は続きましたが、ブレーキローターの外周部に90度角を含まない、さらに面取り加工を施している事が条件に加えられて、2017年から再度ロードレースへのディスクブレーキ使用が認められています。

ディスクブレーキは儲かりそうなので、プロチームに機材を供給しているメーカーは搭載して走って欲しいと思いますが、プロ選手もあまり使ってないのが現状です。

結論

今後はディスクブレーキは普及するのか?う~ん・・。難しいですが、個人的にはあまりメリットを感じないのと、周りの自転車仲間もディスク搭載ロードを選ばないので普及はしないと思います。

MTBなら分かりますが、ロードバイクは現状のキャリパーブレーキでも制動力に不自由はないですからね。ただ女性など握力が弱い人はディスクブレーキはしっかり止まれるのでいいと思います。人によっては便利なツールになるんじゃないでしょうか。

結論をまとめると、積極的にディスクブレーキを選ぶ必要はないですね。元々、ユーザーが望んだものではなく、メーカーの都合(儲かる)でロードバイクに搭載する方向になったような気がします。ディスクブレーキ搭載のロードバイクにすると、後々キャリパーブレーキに換えるのは難しいです。購入するならばよく考えてからにしましょう!

自転車に乗って音楽を聴く!おすすめ骨伝導ヘッドホンメーカー 7選自転車に乗って音楽を聴く!おすすめ骨伝導ヘッドホンメーカー 7選前のページ

40歳の中年がアマチュアロードレースに初参戦!結果と感想次のページ40歳の中年がアマチュアロードレースに初参戦!結果と感想 Pedalista

関連記事

  1. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ

    おすすめパーツ

    購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ

    ロングライドやロードレースに使えるコスパが高いクリンチャータイヤ 7つ…

  2. ロードバイクのドロップハンドル!形状とサイズ&失敗しない選び方

    おすすめパーツ

    ロードバイクのドロップハンドル!形状とサイズ&失敗しない選び方

    ロードバイクの大きな特徴として湾曲したドロップハンドルがあります。ハン…

  3. ホイールハブ・プーリー・BBの3大メーカー別ベアリング構造の違い

    おすすめパーツ

    ホイールハブ・プーリー・BBのメーカー別ベアリング構造の違い

    ロードバイクなどのスポーツ自転車にかかる走行抵抗は、約80%が人体によ…

  4. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - カンパニョーロ編

    おすすめパーツ

    どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 – カンパニョーロ編

    ロードバイクに装備されている3大コンポーネントメーカー【シマノ・カンパ…

  5. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    おすすめパーツ

    10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    前回の記事「10万円以下!ロードバイクのおすすめホイール!」で10万円…

  6. ロードバイクの最強ホイール!ライトウェイトの性能と特徴とは?

    おすすめパーツ

    ロードバイクの最強ホイール!ライトウェイトの性能と特徴とは?

    いろいろな意味で最強の呼び声が高いホイールメーカー「ライトウェイト/L…

人気記事

  1. 自転車に乗って音楽を聴く!おすすめ骨伝導ヘッドホンメーカー 7選
  2. 初心者入門!ロードバイク選びから購入までの流れ
  3. ガーミンだけじゃない!高性能GPSサイコンメーカーが続々登場
  4. どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!Pedalista
  5. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 part.2
  6. スポーツ自転車用!おすすめテールライト[リヤライト] 10選!
  7. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!
  8. 10万円以下!ロードバイクのおすすめホイール!クリンチャー編
  9. 最高速度を引き上げる!ロードバイクのスプリント術!
  10. スポーツ自転車の盗難対策は?絶対に盗ませない方法!(ロードバイク・クロスバイク・MTB・マウンテンバイク)

アーカイブ

  1. ロードレース観戦に行こう!日本の有名自転車チームまとめ!

    ロードレースが面白い

    ロードレース観戦に行こう!日本の有名自転車チームまとめ
  2. 2016 UCIワールドチーム紹介①

    ロードレースが面白い

    2016UCIワールドチーム紹介 ①|海外ロードレース
  3. ロードホイールの空気抵抗

    おすすめパーツ

    ロードバイクのディープホイール|空気抵抗と効果
  4. ちゃんと処理してる?ロードバイクでスネ毛をキレイに剃る理由とは

    初心者入門

    ちゃんと処理してる?ロードバイクでスネ毛をキレイに剃る理由
  5. ブランドイメージのまとめ 北米・アジア

    完成車情報

    ロードバイク有名フレームメーカーまとめ北米アジア
PAGE TOP