ロードバイクにディスクブレーキは必要か?メリットとデメリット!

ロードバイクにディスクブレーキは必要か?メリットとデメリット!

近年ディスクブレーキを搭載したロードバイク完成車が多く販売されています。そこでメリットとデメリットを挙げて、ディスクブレーキが本当に必要かどうか?をまとめてみます。

ロードバイクを新しく購入する際に、普通のキャリパーブレーキにするか、ディスクブレーキにするのか、選ぶ参考になればと思います。項目は「ディスクブレーキとは?」「メリットとデメリット」「プロは使ってるの?」「結論」です。

ディスクブレーキとは?

ディスクブレーキとは、ホイールのハブに取り付けた薄い金属板(ローター)を、ブレーキシューで挟み込んで速度を制御するブレーキです。制動力が強いので主にクルマやバイクに使われている方式です。

ロードバイクのディスクブレーキ見本

ロードバイクのディスクブレーキ

自転車では、悪路を走るのでよりバイクコントロールが重要なMTB(マウンテンバイク)に搭載されていましたが、近年ロードバイクにもディスクブレーキを搭載する流れになっています。今後普及するのか?注目される所です。

メリットとデメリット

キャリパーブレーキと比較しての、ディスクブレーキのメリットとデメリットを簡単にまとめました。

メリット

  • 制動力が強いので雨の日でもしっかり止まれる。
  • 長い下りでも手が疲れない。
  • バイクコントロールをしやすくなる。
  • 比較的安全に走行できる。

デメリット

  • 仕組みが複雑になるので価格が高くなる。
  • ローターが曲がらないよう扱いに注意が必要。
  • ディスク対応のホイールが少ない。
  • ホイールが重くなる。
  • 落車時にローターでケガする可能性がある。
  • メンテナンスや輪行が面倒になる。

これを見ると・・。必要かどうかは疑問ですね(笑 とにかく制動力は上がりますが、いろいろと面倒な事が多いですね。特にディスク対応ホイールが少ないのと、ホイールが重くなるのは痛いです。

プロは使ってるの?

2017年5月に行われている世界3大レースのひとつ「ジロ・デ・イタリア」を全コース視聴していますが、ディスクブレーキを使っている選手は見かけません。

さかのぼると、2015年8月にUCI(国際自転車競技連合)がプロロードレースでのディスクブレーキ使用を許可しました。そして、この流れをみた各メーカーがロードバイクにディスクブレーキを搭載して販売を始めたのです。

しかし、2016年4月のパリ〜ルーベでフランシスコ・ベントソ(スペイン、モビスター)が落車し、前走者のディスクブレーキのローターと接触し、脚にかなり深い傷を負った事を受けて、危険と判断しUCIはその使用を禁止しました。

2016年4月のパリ〜ルーベでフランシスコ・ベントソ(スペイン、モビスター)が落車し、前走者のディスクブレーキのローターと接触しかなり深い傷を負った

ローターでケガを負ったフランシスコ・ベントソ

その後、メディアでも議論は続きましたが、ブレーキローターの外周部に90度角を含まない、さらに面取り加工を施している事が条件に加えられて、2017年から再度ロードレースへのディスクブレーキ使用が認められています。

ディスクブレーキは儲かりそうなので、プロチームに機材を供給しているメーカーは搭載して走って欲しいと思いますが、プロ選手もあまり使ってないのが現状です。

結論

今後はディスクブレーキは普及するのか?う~ん・・。難しいですが、個人的にはあまりメリットを感じないのと、周りの自転車仲間もディスク搭載ロードを選ばないので普及はしないと思います。

MTBなら分かりますが、ロードバイクは現状のキャリパーブレーキでも制動力に不自由はないですからね。ただ女性など握力が弱い人はディスクブレーキはしっかり止まれるのでいいと思います。人によっては便利なツールになるんじゃないでしょうか。

結論をまとめると、積極的にディスクブレーキを選ぶ必要はないですね。元々、ユーザーが望んだものではなく、メーカーの都合(儲かる)でロードバイクに搭載する方向になったような気がします。ディスクブレーキ搭載のロードバイクにすると、後々キャリパーブレーキに換えるのは難しいです。購入するならばよく考えてからにしましょう!

関連記事

  1. 25Cサイズ限定!ロードバイクのおすすめクリンチャータイヤを比較

    おすすめパーツ

    25Cサイズ限定!ロードバイクのおすすめクリンチャータイヤを比較

    一昔前までは23C以下の細いタイヤが主流でしたが、最近はプロが使うロー…

  2. 丈夫で安い!通勤通学におすすめのクリンチャータイヤ 7選!

    おすすめパーツ

    丈夫で安い!通勤通学におすすめのクリンチャータイヤ 7選!

    通勤通学用のクロスバイクやロードバイクには、安くて丈夫で長持ちするタイ…

  3. 交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク

    おすすめパーツ

    交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク

    前回の記事で「【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換す…

  4. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ

    おすすめパーツ

    購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ

    ロングライドやロードレースに使えるコスパが高いクリンチャータイヤ 7つ…

  5. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ

    おすすめパーツ

    ホイール選びの参考に!31ブランドイメージまとめ part③

    ロードバイクのホイールブランドをまとめる記事のpart3です。今回はマ…

  6. ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選

    おすすめパーツ

    ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選

    ロードバイクのドロップハンドル、ステム、シートポストはシンプルな作りで…

人気記事

  1. 自転車用パーツ・ロードバイクが激安!海外通販サイトでの購入方法
  2. 軽装で出来るパンク対策を考える!
  3. ヘルメットのおすすめブランドメーカー 10選! | ロードバイク
  4. 簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!
  5. 買う前にチェック!ビンディングシューズのおすすめブランド11選!
  6. 自転車に乗って音楽を聴く!おすすめ骨伝導ヘッドホンメーカー 7選
  7. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①
  8. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ
  9. ロードバイクのメンテナンス用具
  10. 軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング

アーカイブ

  1. ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ

    初心者入門

    ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ
  2. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?
  3. 長距離走っても大丈夫!ロードバイクでのつらい膝の痛み解消法とは?

    初心者入門

    長距離走っても大丈夫!ロードバイクでのつらい膝の痛み解消法とは?
  4. どれがおすすめ?スポーツバイクを自動車に積載する方法 4パターン

    初心者入門

    どれがおすすめ?スポーツバイクを自動車に積載する方法 5パターン
  5. 知ってる?日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

    完成車情報

    知ってる?日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選
PAGE TOP