自己満足OK!1000円でロードバイクの見た目を簡単カスタマイズ

自己満足OK!1000円でロードバイクの見た目を簡単カスタマイズ

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車は、ひとつのパーツを交換するだけで見た目がガラッと変わります。しかし、パーツをいちいち交換していたらお金がかかってしょうがありません・・。

そこで、安くスポーツ自転車のイメージを変えられるアイテムをいくつか挙げてみます。正直、これらのアイテムやパーツは性能を上げられるものではありませんが、カラーリングやデザインが変われば気分も違います。

【関連記事】カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

バルブキャップ

空気を入れるバルブに取り付ける「バルブキャップ」。あらかじめチューブに付属しているのは、黒いプラスチック製が多いですよね。ただ、市販品にはアルミ製もあり、カラーや形もさまざまです。このバルブキャップを、ロードバイクのカラーリングと合わせると足元がグッと引き締まります。

ちなみにバルブキャップは特につけなくても支障はありません(笑 万が一の飛び石や、雨水の侵入を防ぐ役割はあると思いますが、そんなトラブルはまれです。なので、バルブキャップを交換する場合はデザイン重視でいいと思います。

バルブキャップをAmazonで購入する

ロードバイクのバルブキャップ

クイックリリース

ホイールをフレームに固定するのが「クイックリリース」です。ホイールハブの中を通すので走りに関係ありそうですが、影響はほぼありません。安心してデザインやカラーリングの変化を楽しみましょう。ただ、万が一走行中に緩むと危険なので、固定の確認は行ってください。

クイックリリースをAmazonで購入する

ロードバイクのクイックリリース

ねじねじ(フレームプロテクター)

ブレーキケーブルやシフトケーブルはフレームとこすれる部分があります。具体的にはハンドル回りのケーブルがトップチューブにこすれますし、リヤブレーキあたりのケーブルとシートチューブもこすれやすいです。長期間こすれると、フレームの色が剥げたり、傷つくので困ります。

そこで「ねじねじ(フレームプロテクター)」が便利です。シリコン製の柔らかいねじねじをフレームと干渉するケーブルに巻き付ければ、フレームを保護することができます。カラーもさまざまなので、ロードバイクのカラーと合わせてアクセントにできます。

ねじねじをAmazonで購入する

ロードバイクのねじねじ(フレームプロテクター)

ワイヤーエンドキャップ

ブレーキワイヤーやシフトワイヤーの先端にさりげなく付いているのが「ワイヤーエンドキャップ」です。ワイヤーがほつれたり、フレームや体が傷つくのを防いでくれます。交換方法はペンチで引っこ抜くか、切り落としてから、新しいワイヤーエンドキャップを取り付けてかしめるだけです。

地味ですがさりげない演出をしてくれるアイテムです。細部まで愛車の見た目にこだわる人にはおすすめですよ。

ワイヤーエンドキャップをAmazonで購入する

ロードバイクのワイヤーキャップ

ブラケットカバー

「ブラケットカバー」とは、シフトレバーの握る部分にかぶせてあるゴム製カバーです。さまざまなカラーがあるのを意外と知らない人が多いのではないのでしょうか。もちろんシマノに対応したブラケットカバーもいくつかあります。バーテープのカラーリングと合わせると一体感が出ていいかもしれませんね。

ブラケットカバーをAmazonで購入する

ロードバイクのブラケットカバー

バーテープ&エンドキャップ

愛車のイメージを劇的に変えてくれるのが「バーテープ」と「エンドキャップ」です。模様やデザイン、素材の種類が数多くあり、最も個性を出しやすいアイテムでもあります。(関連記事:バーテープをきれいに交換する方法! バーテープの選び方と素材別の特徴

バーテープを固定するためにハンドル先端に取り付けるエンドキャップは、基本的なものがバーテープに付属しています。しかし、デザイン性の高いものや、ライト付き、鏡が付いているタイプなど特殊なものが欲しい人は別に購入しましょう。

バーテープをAmazonで購入する
バーエンドキャップをAmazonで購入する

ロードバイクのバーテープ&エンドキャップ

ボトルケージのネジ

本当に細かいのですが(笑 ボトルケージを固定する2本のネジも素材やカラーリングがいろいろ選べます。ボトルケージ周りはドリンクでぬれやすいので、素材はサビに強いアルミがおすすめです。

ボトルケージのネジをAmazonで購入する

ロードバイクのボトルケージのネジ

まとめ

安くて簡単なパーツでも愛車のイメージをカスタマイズできます。スポーツ自転車は走っても楽しめますが、自分でいろいろ好みに仕上げていくのも楽しみのひとつです。自己満足を追求してみてください!

【関連記事】カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

ホイールを選ぶ!アルミorカーボン/クリンチャーorチューブラーホイールを選ぶ!アルミorカーボン/クリンチャーorチューブラー前のページ

ロードバイク・クロスバイクのタイヤ寿命と交換時期次のページロードバイク・クロスバイクのタイヤ寿命と交換時期

関連記事

  1. デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選

    ウェア・アクセサリー

    デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選

    前回の記事「必須アイテム!サイクルグローブの選び方」でも書きましたが、…

  2. 簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方

    ウェア・アクセサリー

    簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方

    前回の記事で「おすすめドリンクボトル6選 &機能まとめ!」を書きました…

  3. 使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】 一覧

    ウェア・アクセサリー

    使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】

    前回の記事「サイコンってどんな機能があるの?」でサイコン(サイクルコン…

  4. 買う前に確認!スポーツ自転車のヘルメットを選ぶポイントとは!?

    ウェア・アクセサリー

    買う前に確認!ロードバイクのヘルメットを選ぶポイントとは!?

    ロードバイクなどのスポーツ自転車を購入したら、皆さんヘルメットも購入す…

  5. どれだけ知ってる?スポーツ自転車で使える便利アイテム グッズ 14選

    ウェア・アクセサリー

    どれだけ知ってる?スポーツ自転車で使える便利アイテム グッズ 14選

    ロードバイク、クロスバイクなどのスポーツ自転車には必要なアイテムがたく…

  6. ローラー台やバイクスタンドの有名ブランド「ミノウラ」が人気の理由

    ウェア・アクセサリー

    ローラー台やバイクスタンドの有名ブランド「ミノウラ」が人気の理由

    スポーツ自転車で使うローラー台やバイクスタンド、ボトルケージ、スマホホ…

人気記事

  1. 交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク
  2. どう選ぶ?ビンディングシューズ種類とペダル互換性 - ロードバイク
  3. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ イーストン、ウルサス、エキノクス、エンヴィ、カンパニョーロ、ゴキソ、コリマ、ジップ、シマノ、スピナジー
  4. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?
  5. ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較
  6. 携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!
  7. 安くて明るい!スポーツ自転車のおすすめヘッドライト10選!
  8. 速く走るために!簡単にロードバイクの空気抵抗を減らす方法とは!?
  9. ドロップハンドル・ステム・シートポストの人気メーカー10選
  10. ロードバイクは軽い方が速い?軽量化で効果が高いパーツは?

アーカイブ

  1. 実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    おすすめパーツ

    実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ
  2. とっても楽しい!ロードバイクでロングライドの魅力とは!?

    初心者入門

    とっても楽しい!スポーツ自転車でロングライドする魅力とは!?
  3. すぐに実践できる!高速コーナリングの知識とスキル

    速く走りたい!

    すぐに実践できる!高速コーナリングの知識とスキル
  4. ロードレース観戦に行こう!日本の有名自転車チームまとめ!

    ロードレースが面白い

    ロードレース観戦に行こう!日本の有名自転車チームまとめ
  5. ブランドイメージのまとめ 北米・アジア

    完成車情報

    ロードバイク有名フレームメーカーまとめ北米アジア
PAGE TOP