ロードバイク・クロスバイクのタイヤ寿命と交換時期

ロードバイク・クロスバイクのタイヤ寿命と交換時期

ロードバイク、クロスバイクのパーツで唯一地面と接触しているパーツがタイヤです。しかも、スポーツ自転車のタイヤは細いので、ママチャリよりも大きな負担がかかっています。

なので、寿命が経過しているタイヤで走り続ければ、非常に危険だという事はすぐに想像できます。バーストやパンクでホイールや車体がダメになるならまだいいですが、落車で大けがとなったら目も当てられません。そうならないようタイヤの寿命と交換時期をしっかり把握して、定期的にチェックしましょう。

【関連記事】
タイヤの選び方!
タイヤメーカー 特徴まとめ!

タイヤがすり減っている

タイヤの寿命は、一般的に走行距離3000~5000kmと言われています。サイコンでタイヤ交換してからの距離を測れば交換時期が大体わかります。しかし、タイヤのメーカーや種類、走る路面の状況、ライダーの体重、走行スピードなどで消耗する度合いは変わってきます。

そこで、タイヤのすり減り具合を目視でチェックする事も大事です。タイヤによってはどれくらいすり減ってるかを一目で確認できる「スリップサイン」があります。スリップサインは小さなくぼみで、タイヤがすり減ってくぼみが無くなれば交換時期です。

ロードバイクタイヤの交換時期の目安「スリップサイン」

交換時期の目安「スリップサイン」

もし、スリップサインがない場合は、丸いタイヤのラインが、平べったくなってきたら交換の目安となります。ゴムの下の層が見えてしまえば、即パンクやバーストの可能性が高くなります。また、丸みがないのでコーナーリングでグリップを失いやすくなり、スリップの危険も高まります。

ロードバイクのタイヤはすり減ったら交寿命で交換時期

すり減ったタイヤ

細かいヒビや亀裂がある

ロードバイク・クロスバイクのタイヤは細くて繊細です。普通に乗っているだけで小さなキズができます。細かいキズであればゴム用接着剤で補修しておけばいいですが、大きい亀裂や深い亀裂であれば交換したほうが無難です。もし1cm以上の亀裂があればすぐに交換したほうがいいですね。

また、サイドに亀裂がある場合は、ゴムが薄く補強も弱いので危険です。亀裂が小さくてもすぐに交換しましょう。自分は、ロングライドに行ったなら自転車を片付ける前に、タイヤに異物が刺さっていないか?または大きなキズはないか?を確認するようにしています。このひと手間がパンクを未然に防ぐのです。

ロードバイクのタイヤは、大きい亀裂があれば即交換

タイヤの大きい亀裂

長期間乗っていない

自転車に限らず、物は使わないと劣化が早くなります。特に外に放置したままだと、紫外線や雨風にさらされてどんどん劣化が進みます。タイヤの場合はゴムなので、硬化して自然のヒビが発生したりします。大体2年以上乗らずに放置しているならば、乗る前にタイヤの硬さやヒビをチェックしたほうがいいですね。

【長期間乗らないときのタイヤ保管方法】

たまに、長期間乗らないならば空気を抜いて置くという人もいますが、空気は入れておくのが正解です。ゴムはある程度膨らまして伸びていた方が長持ちするのです。

ロードバイクのタイヤ 硬化してできた無数のヒビ

硬化してできた無数のヒビ

まとめ

いろいろと書きましたが、「タイヤは消耗品」と割り切って早め早めに交換するのが安全です。ケチってダラダラ使い続けると痛い間に合うことも・・。後は定期的な点検とメンテナンスもしっかり行いましょう。

【関連記事】
タイヤの選び方!
タイヤメーカー 特徴まとめ!

関連記事

  1. ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較

    おすすめパーツ

    ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較

    スポーツ自転車でのサイクリングでお尻が痛くなり、「サドル探しの旅」を続…

  2. ホイールリムとブレーキパッドの関係!ブレーキングへの影響とは?

    おすすめパーツ

    ホイールリムとブレーキパッドの関係!ブレーキングへの影響とは?

    サドルの高さやクリートの位置、わずかな軽量化にこだわる人はいますが、ブ…

  3. どれにする?ビンディングペダルの4大メーカー 特徴チェック

    おすすめパーツ

    どれにする?ビンディングペダルの4大メーカー 特徴と重量!

    前回の記事でビンディングシューズのおすすめブランドを紹介しましたので、…

  4. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - スラム編 ロードバイク

    おすすめパーツ

    どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 – スラム編

    ロードバイクに装備されている3大コンポーネントメーカー【シマノ・カンパ…

  5. 3大コンポーネント価格と重量 比較一覧表 【シマノ/カンパ/スラム】

    おすすめパーツ

    3大コンポーネント価格と重量 比較一覧表 【シマノ/カンパ/スラム】

    シマノ、カンパニョーロ、スラムそれぞれのコンポーネント各パーツ重量と価…

  6. どれにする?スポーツ自転車のタイヤメーカー 特徴まとめ!

    おすすめパーツ

    どれにする?ロードバイクのタイヤメーカー 特徴まとめ!

    ロードバイク、クロスバイクなどのタイヤは走りを変えるアイテムです。そこ…

人気記事

  1. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ②
  2. 簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方
  3. スポーツ自転車の盗難対策は?絶対に盗ませない方法!(ロードバイク・クロスバイク・MTB・マウンテンバイク)
  4. 大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!
  5. 【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!
  6. 低予算で決戦用ロードバイクを作ってみる!いくらで出来るか? ブログ
  7. どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!Pedalista
  8. オリジナルの1台を!ロードバイクのフレームをカラーオーダーする
  9. 速く走るために!簡単にロードバイクの空気抵抗を減らす方法とは!?
  10. ロードレースで効果的な補給とタイミング!ジェル・パワーバーなど

アーカイブ

  1. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?
  2. ロードバイクを買う前の注意点

    初心者入門

    初心者向けスポーツ自転車の選び方と注意点
  3. 世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは

    ロードレースが面白い

    世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは
  4. 自転車で動画を撮影する!スポーツカメラの使い方&おすすめメーカー

    ウェア・アクセサリー

    自転車で動画を撮影する!スポーツカメラの使い方&おすすめメーカー
  5. ロードバイク・クロスバイクを格安で手に入れる! 中古購入の注意点

    完成車情報

    ロードバイク・クロスバイクを格安で手に入れる! 中古購入の注意点
PAGE TOP