見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

ロードバイクのサイクルジャージ|ブランド一覧32選①

前回は「自転車ウェアの機能と選び方」を記事にしましたが、今回はサイクルジャージの有名ブランドメーカー32選をピックアップして、特徴や価格帯などを簡単にまとめます。

ジャージのシルエットやデザイン、機能性を採点しポタリング度数で表しています。ゆったり度★★★であれば初心者向けでゆったり着るタイプ、ゆったり度★☆☆はレース向きのタイプになります。数が多いのでとりあえずパート①では20メーカーを紹介します!

【おすすめ関連記事】
サイクルジャージのブランド一覧②
オシャレに着こなす!ロードバイクのサイクルウェア種類
本当に必要!?自転車ウェアの機能と選び方

パールイズミ | PEARL IZUMI

プリントから縫製まで国内生産の有名ブランドですね。デザインはシンプルで無難な感じが多かったのですが、近年は派手なプリントを施したジャージも作ってきています。

シルエットはややゆったり目で初心者の方でも違和感なく着れると思います。価格は高くも安くもなく標準です。

【ゆったり度★★★ 価格:7千円~1万5千円】

パールイズミをAmazonで購入する

パールイズミ | PEARL IZUMI  見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 34社 まとめ

セブンイタリア | 7-ITA

東京の7 BiCYCLE(セブンバイシクル)とイタリアのGSG(ジェッセージ)社がコラボしてできたブランドです。デザイン性が高く個性的でかわいいデザインが多いです。

シンプル基調な中に目立つアクセントがあって個人的に好きなブランドの一つです。仲間とのロングライドなどに着ていくと目立つでしょう。

【ゆったり度★★☆ 価格:1万円~1万5千円】

セブンイタリア | 7-ITA 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 34社 まとめ

ビエンメ | BIEMME

1978年イタリア北部にて創業され歴史あるブランドです。有名ロードレースチーム・選手にウェアを供給しているのでレーシーなデザインと機能を兼ね備えたウェアをリリースしています。本場ヨーロッパでも大変人気のあるブランドです。自分は好きですがシルエットがピチピチ目です。(笑)

【ゆったり度★☆☆ 価格:8千円~2万円】

ビエンメをAmazonで購入する

ビエンメ | BIEMME 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 34社 まとめ

カステリ | CASTELLI

1974年の創業の老舗イタリアブランドでネット通販でよく見かけます。海外のプロチームにもジャージ提供を行い日本でも人気があり、価格のわりに細かい所までデザインがされているので質は高いです。レース志向の機能ですがやや余裕もありロングライドなどで着ても違和感はないですね。

【ゆったり度★☆☆ 価格:1万円~2万円】

カステリをAmazonで購入する

カステリ | CASTELLI た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35社 まとめ

ゴアバイクウェア | GORE BIKE WEAR

他にない特徴的なデザインで目立ったブランドです。個人的には「ん?」と思う物ありますが、「すごくいい!」と感じるものも多く当たり外れが多いデザインだと思います。三振かホームランみたいな思い切った感じが好きです。(笑)

【ゆったり度★★☆ 価格:1万円~1万5千円】

ゴアバイクウェアをAmazonで購入する

ゴアバイクウェア | GORE BIKE WEAR 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35社 まとめ

シマノ | SHIMANO

高性能な自転車パーツを多くリリースしているシマノですが、ウェアに関してはあまり興味がないのかシンプルでスポーティーなデザインのみになります。ただ、価格は若干安くなっていますし質的にも問題ないので、デザインにこだわりが無ければおすすめです。

【ゆったり度★★☆ 価格:6千円~1万5千円】

シマノをAmazonで購入する

シマノ | SHIMANO 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35社 まとめ

デマルキ | DE MARCHI

1946年創業の超老舗ブランドです。Tシャツに近いゆったりしているタイプからレーシーなタイプまでラインナップの幅が広いです。襟が付いているポロシャツみたいなクラシカルなデザインが特徴です。価格が高めでデザインもシンプルなので、クロモリのロードバイクとかに乗るならばピッタリですね!

【ゆったり度★☆☆ 価格:1万3千円~3万円】

デマルキをAmazonで購入する

デマルキ | DE MARCHI 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35社 まとめ

ジェッセージ | GSG

1984年創業のイタリアのブランドです。デザインからプリント、縫製までイタリアの自社工場で一貫して製造されています。スタイリッシュで尖ったデザインが多くタイツに使用されるパッドは他社に供給すほど性能が高いです。

【ゆったり度★★☆ 価格:1万円~1万5千円】

GSGをAmazonで購入する

ジェッセージ | GSG 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35社 まとめ

レリック | RERIC

やや価格設定が高いですが斬新なデザインで気に入っているブランドの一つです。デザインの種類が多く配色が鮮やかで細かい所までよく作り込まれています。以前はサイクルジャージ専門でしたが、近年はランニングウェアもリリースしています。

【ゆったり度★★☆ 価格:1万2千円~2万円】

レリックをAmazonで購入する

レリック | RERIC 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35社 まとめ

キューサーティーシックスポイントファイブ | Q36.5

素材もシルエットもレース志向のブランドです。デザインは無地を基調としたシンプルな物もあれば花柄?を基調としたド派手な物まで振り幅が大きいです。素材は薄くて軽い物を使用しており品質は間違いありません。

【ゆったり★☆☆ 価格:7千円~1万5千円】

Q36.5をAmazonで購入する

キューサーティーシックスポイントファイブ | Q36.5 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35社 まとめ

スポーツフル | SPORTFUL

スポーティーな路線ですが個性的で目を引くデザインがいいですね!シンプルなデザインは価格も低めに設定されているので購入しやすいです。海外のプロチームも使用しているので機能的にはレース志向の人が着るといいでしょう。

【ゆったり度★☆☆ 価格:6千円~1万5千円】

スポーツフルをAmazonで購入する

スポーツフル | Sportful 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35社 まとめ

オンヨネ | ONYONE

全体的にスポーティーなデザインだけどそんなにピチピチ感はありません。レース向きモデル、ロングライド向きモデルがあるので商品の幅は広いです。ロードレース大会のジャパンカップジャージや弱虫ペダルとのコラボジャージもリリースしています。

【ゆったり度★★☆ 価格:1万円~1万6千円】

オンヨネをAmazonで購入する

オンヨネ | ONYONE 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

ファイントラック | FINETRACK

元々アウトドアのインナーウェアで有名なブランドなので、着心地を優先したシンプルデザインとなっています。もちろん自転車向きのインナーもリリースしています。クロスバイクでの街乗りや気軽なロングライド向きですが一部レース向けの商品もあります。

【ゆったり度★★★ 価格:5千円~1万円】

ファイントラックをAmazonで購入する

ファイントラック | FINETRACK 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

クラフト | CRAFT

スウェーデン生まれの高い機能性を持つブランドです。ややタイトなシルエットでデザインもスポーティなのでどちらかというとレース向きです。ただ、アクセントが効いたデザインもあるのでロングライドでも問題ないですね。

【ゆったり度★☆☆ 価格:1万円~1万3千円】

クラフトをAmazonで購入する

クラフト | CRAFT 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

ガノー | GARNEAU

このブランドもシンプル&スポーティーって感じのデザインですね。ゆったりしたシルエットは価格が安く、レース向けは高価です。自分が大ファンのインドアバイクインストラクター「平野由香里」さんが企画・デザインしたジャージがあります(笑 なかなか派手ですが素敵です!(ベタ褒め)

【ゆったり度★★☆ 価格:6千円~2万円】

ガノーをAmazonで購入する

ガノー | GARNEAU 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

ワールドジャージ | WORLD JERSEY

世界の地方をイメージしたカラフルで大胆なデザインが魅力のブランドです。パンチ力があるので着る人を選びますね(笑 こんなにカラフルなジャージでまったり自転車に乗ったら気分もウキウキしそうです。価格も安めです。

【ゆったり度★★☆ 価格:7千円~1万円】

ワールドジャージをAmazonで購入する

ワールドジャージ | WORLD JERSEY 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

サンマルコ | SANMARCO

サドルで有名なサンマルコがリリースしています。1935年創業と歴史が古く、記念ジャージはクラシカルなデザインでとっても高価です。現代風のデザインは独特で他にはない個性があり価格も安めです。

【ゆったり度★★★ 価格:8千円~3万円】

サンマルコをAmazonで購入する

サンマルコ | SANMARCO 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

ジェイスポーツ | J SPORTS

スポーツチャンネルのJスポーツが出しているブランドです。2016広島カープ優勝記念ジャージや弱虫ペダルの総北ジャージなど他では手に入らない面白いジャージを制作しています。また、国内プロチームのジャージを販売することもあります。

【ゆったり度★★☆ 価格:1万円~1万5千円】

ジェイスポーツ | J SPORTS 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

レトロ | Retro

2002年にアメリカ・シアトルで生まれたブランドで、1900年代を意識したデザインの商品をリリースしています。USサイズなので日本サイズより大きめになっています。

【ゆったり度★★★ 価格:1万円~1万3千円】

レトロをAmazonで購入する

レトロ | Retro 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

ポック | POC

スウェーデン生まれのブランドで「アスリートを重大事故から全力で守る事」を考えて制作されています。シンプルイズベストで大人の雰囲気が漂ってますね。どんな自転車、用途にも使えるオールマイティさがありますがとっても高価です。(笑)

【ゆったり度★★☆ 価格:2万円~2万5千円】

ポックをAmazonで購入する

ポック | POC 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

【おすすめ関連記事】
サイクルジャージのブランド一覧②
オシャレに着こなす!ロードバイクのサイクルウェア種類
本当に必要!?自転車ウェアの機能と選び方

関連記事

  1. ローラー台やバイクスタンドの有名ブランド「ミノウラ」が人気の理由

    ウェア・アクセサリー

    ローラー台やバイクスタンドの有名ブランド「ミノウラ」が人気の理由

    スポーツ自転車で使うローラー台やバイクスタンド、ボトルケージ、スマホホ…

  2. スポーツ自転車のおすすめ防水テールライト!PWT アルミCNCを購入

    ウェア・アクセサリー

    スポーツ自転車のおすすめ防水テールライト!PWT アルミCNCを購入

    ある日、通勤で気持ちよく走った後に、シートポストを見るとテールライトが…

  3. 軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング

    ウェア・アクセサリー

    軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング

    もし時間に余裕があれば、遠くまで自転車旅に行ってみたいと思う人は多いん…

  4. スポーツにおすすめ!鼻パッドがないサングラス AirFly (エアフライ)

    ウェア・アクセサリー

    スポーツにおすすめ!鼻パッドがないサングラス AirFly (エアフライ)

    サイクリングに最適な特殊スポーツサングラス【AirFly(エアフライ)…

  5. オリジナルデザインで個性を!サイクルジャージのオーダーサイト比較

    ウェア・アクセサリー

    価格や特徴を比較!ロードバイクのオーダージャージ製作メーカー11選

    前回の記事で「失敗しないオーダージャージ選びのコツ」について書きました…

  6. アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ウェア・アクセサリー

    アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ロードバイクに乗り始めて5年以上、最初の鉄下駄ホイール「シマノ WH-…

人気記事

  1. オシャレに着こなす!ロードバイクのサイクルウェア種類と選び方
  2. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ
  3. 人気除毛クリーム「NOLLリムーバークリーム」4本セットと使い方の説明書
  4. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?
  5. 40歳の中年がアマチュアロードレースに初参戦!結果と感想 Pedalista
  6. ロードバイク初心者向けおすすめカスタム交換パーツ
  7. Zwift【ズイフト】で使えるスマートトレーナー(ローラー台) 一覧まとめ
  8. どこまで走りが変わるのか? ロードバイクのホイール交換と選び方
  9. スポーツ自転車の盗難防止に最新おすすめ鍵!防犯アラーム付きなど
  10. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!

アーカイブ

  1. ロードバイクのサイズ選び

    初心者入門

    ロードバイク購入はサイズに注意|パーツ別サイズ確認方法
  2. ロードレースの面白さ3

    ロードレースが面白い

    自転車ロードレース選手の脚質特徴と役割まとめ
  3. MTBやシクロクロスで鍛えられる!ロードバイクのコントロール技術

    速く走りたい!

    MTBやシクロクロスで鍛えられる!ロードバイクのコントロール技術
  4. 世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは

    ロードレースが面白い

    世界最高の自転車ロードレース!ツール・ド・フランスの面白さとは
  5. 性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!

    おすすめパーツ

    性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!
PAGE TOP