2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ②

2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ②

3月になりロードレース本番の季節がやってきましたね。そこで前回に引き続き、世界トップカテゴリー「UCIワールドツアー」に所属する全18チームを紹介します。

チーム情報や注目選手、使用するロードバイクなどを知っておくと、ロードレース観戦がより楽しくなると思います!スカパー!に登録して「J SPORTS」でロードレース観戦!

今回紹介するのは「ディメイションデータ」「エフデジ」「カチューシャ・アルペシン」「ロット エンエル・ユンボ」「ロット・ソウダル」「モビスター」の6チームです。

【おすすめ関連記事】
2017 UCIワールドチームガイド ①
2017 UCIワールドチームガイド ③

TEAM DIMENSION DATA/チーム ディメイションデータ

TEAM DIMENSION DATA/チーム ディメイションデータのチームジャージ
エーススプリンターのカヴェンディッシュを中心に、ステージレースの平地区間やワンデーレースを得意とし、数多くの勝利をあげるチームです。ただ、グランツールの区間優勝やワンデーレースで勝てても、ステージレースの総合順位にはほとんど絡まないのでチームランキングは高くないのが残念です。

今年もカヴェンディッシュを中心に、アシスト選手もスプリント系の選手を揃えている印象です。平地ではキレイなトレインとチームワークで力を見せつけ、勝利を重ねる事でしょう。

2017年ロードレース ディメイションデータの注目選手 マーク・カヴェンディッシュ/オマール・フライレ/スティーブン・カミングス

左から「マーク・カヴェンディッシュ」「オマール・フライレ」「スティーブン・カミングス」

やはり一番の注目選手は、マン島超特急やキャノンボールといったニックネームを持つ圧倒的スプリンター「マーク・カヴェンディッシュ」ですね。ツール・ド・フランス(以下ツール)、ジロ・デ・イタリア(以下ジロ)、ブエルタ・ア・エスパーニャ(以下ブエルタ)の世界三大大会だけでも通算48勝という成績はもはや伝説です。(本当にすごい・・)

今年は31歳とベテランの域に入りましたが、「スティーブン・カミングス」や「エドヴァルド・ボアッソンハーゲン」といった強力なスプリント系アシストがいるので、まだまだ勝利を重ねそうです。

それ以外には、総合系で生粋のクライマー「オマール・フライレ」がいます。山岳の難易度が高いブエルタで2015、2016と2年連続で山岳賞を獲得しています。今年も山岳では注目の選手です!

2017シーズン TEAM DIMENSION DATA/チーム ディメイションデータ使用ロードバイク【CERVELO S5/サーヴェロ S5】

【CERVELO S5/サーヴェロ S5】

ディメイションデータが使うロードバイクはサーヴェロです。リヤタイヤを包み込むような独特のシートチューブレイアウトなど、とにかく空力性能を重視したスタイルでスプリントやTT(タイムトライアル)で活躍できるマシンです。スプリントチームのディメイションデータとイメージはピッタリ!

メインコンポはシマノですが、クランク周りはROTORが装備されています。また、ホイールはエンヴィとなっており、全体的にスタイリッシュで個人的にはカッコいい組み合わせだと思います。

FDJ/エフデジ

FDJ/エフデジのチームジャージ
20年以上の歴史を持つ息の長いフランスのチームです。チームの特徴としては、前回の記事で紹介したもう一つのフランスチーム「AG2R」とよく似ています。フランス国内の選手を中心に構成されたメンバーは、地道に育てた選手が多いです。

特に目立った強さはありませんが堅実なレース運びで勝利を狙います。また、フランス国内ではファンが大変多く、大きな結果を常に期待されています。

2017年ロードレース FDJ/エフデジの注目選手 ティボ・ピノー/アルノー・デマール/アルチュール・ヴィショ

左から「ティボ・ピノー」「アルノー・デマール」「アルチュール・ヴィショ」

フランス期待の星「ティボ・ピノー」はグランツールで総合系エースとして戦います。しかし、2014年にツールで総合3位に入る快挙を達成しましたが、その後はなかなか結果を残せていません。

チームのアシスト力が他のチームより見劣りするので勝負所で1人になってしまう事が多々あり、少しかわいそうではありますが今年は何とかグランツール総合で上位に食い込んでほしいです。情報によるとジロとツールに出場予定です。

その他、スプリンターの「アルノー・デマール」、パンチャーの「アルチュール・ヴィショ」などがいますが、現実的にはグランツール区間1勝か、ワンデーレースでの勝利が目標となるでしょう。

2017シーズン FDJ/エフデジ使用ロードバイク【LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE/ラピエール・ゼリウス SL アルティメイト】

【LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE/ラピエール・ゼリウス SL アルティメイト】

エフデジが駆るロードバイクは「ラピエール・ゼリウス SL アルティメイト」です。フランスのメーカーであり、カラーもフランスのトリコロール!どこまでも国家愛が強いチームですね。

ゼリウスの特徴としては、シートステーがシートチューブと交わることなく直接トップチューブとつながっている独特のフレーム形状です。乗り心地を考慮しての設計ですね。カモシカのように優雅なフレームシルエットは素敵です。後、メインコンポとホイールはシマノ製です。

TEAM KATUSHA ALPECIN/チーム カチューシャ・アルペシン

TEAM KATUSHA ALPECIN/チーム カチューシャ・アルペシンのチームジャージ
昨年まではロシア政府とロシアの大手企業がスポンサーでしたが、今年から本拠地をスイスに移し新しく生まれ変わったチームです。それにより昨年まで14人いたロシア人選手は5人に減らされてしまいました・・。

ただ、入れ替えに獲得した選手は、TTスペシャリストの「トニー・マルティン」をはじめ強力なメンバーで、スプリンター、クライマー、TTと各方面のスペシャリストをバランスよく揃えられた印象です。今年はグランツールでも区間賞をいくつか獲得し、総合でも上位に入ってくるのではないでしょうか。

2017年ロードレース カチューシャ・アルペシンの注目選手 アレクサンドル・クリストフ/トニー・マルティン/イルヌール・ザカリン

左から「アレクサンドル・クリストフ」「トニー・マルティン」「イルヌール・ザカリン」

「アレクサンドル・クリストフ」はツールで区間2勝をはじめ、数多くのワンデーレースで勝利をあげている生粋のスプリンターです。そしてTTスペシャリストであり、トレイン先頭でチームを強烈に引っ張るその姿から機関車の異名をとる「トニー・マルティン」がいます。世界選手権で7回の優勝を誇る実力者で、今年もTTとアシストで活躍するでしょう。

ステージレース総合ではヒルクライムとTTどちらも高いレベルでこなす「イルヌール・ザカリン」がグランツールで上位を狙います。その他には山岳賞を狙える実力派クライマー「レイン・タラマエ」などがいます。

2017シーズン TEAM KATUSHA ALPECIN/チーム カチューシャ・アルペシン使用ロードバイク【CANYON AEROAD CF SLX/キャニオン・エアロード CF SLX】

【CANYON AEROAD CF SLX/キャニオン・エアロード CF SLX】

カチューシャはドイツ製ロードバイク「キャニオン・エアロード CF SLX」を使います。エアロードは、キャニオンのフラッグシップモデルの中ではエアロ系のフレーム形状となっています。後で紹介するモビスターも同じキャニオンですが、そちらはオールラウンド系のアルティメイトを使っているのは興味深いですね。

ただ、エアロードは前年引退したクライマー「ホアキン・ロドリゲス」が山岳で愛用していたので、平地だけでなく総合的に優れた性能を持っているようです。後、メインコンポはスラム、ホイールはジップとなっています。

TEAM LOTTO NL-JUMBO/チーム ロット エンエル・ユンボ

TEAM LOTTO NL-JUMBO/チーム ロット エンエル・ユンボのチームジャージ
昨年のグランツールで優勝争いをしたり、ワンデーレースでの勝利を着々と増やしているため、近年注目されているオランダのチームです。今年はオランダ人エースの「スティーフェン・クライスヴァイク」を支えるアシストを補強しています。

グランツール制覇を狙うと同時に、スプリントのアシストも強化しワンデーレース対策もバッチリです!今年は昨年以上に期待が持てるシーズンとなりそうです。

2017年ロードレース エンエル・ユンボの注目選手 スティーフェン・クライスヴァイク/ジョージ・ベネット/ディラン・フルーネウェーヘン

左から「スティーフェン・クライスヴァイク」「ジョージ・ベネット」「ディラン・フルーネウェーヘン」

総合系エースの「スティーフェン・クライスヴァイク」は、昨年のジロで優勝確実という所まで行きながら、まさかの大落車で夢を逃がしてしまいました。レース終了後の本当に無念そうな顔はちょっとかわいそうでした。今年は気を取り直してグランツール初優勝を目指して欲しいです。

後は昨年のブエルタで総合10位に食い込んだ「ジョージ・ベネット」、ワンデーレースが得意でグランツール区間賞を狙う「ディラン・フルーネウェーヘン」などがいます。他にもグランツール総合上位レベルの「ユルヘン・ヴァンデンブロック」やアシスト専門の「ロベルト・ヘーシンク」など「クライスヴァイク」を支えるアシストは揃っています。

2017シーズン TEAM LOTTO NL-JUMBO/チーム ロット エンエル・ユンボ使用ロードバイク【BIANCHI OLTRE XR4/ビアンキ・オルトレ XR4】

【BIANCHI OLTRE XR4/ビアンキ・オルトレ XR4】

昨年に引き続きロット エンエル・ユンボが乗るロードバイクは「ビアンキ・オルトレ XR4」です。スピードレースで力を発揮するエアロロード系で、優れた空力性能はもちろんの事、ビアンキ独自の振動吸収素材が快適性を高めています。

また山岳ステージでは軽量オールラウンドタイプの「スペシャリッシマ」も登場すると思います。そして、コンポとホイールはシマノです。

LOTTO SOUDAL/ロット・ソウダル

LOTTO SOUDAL/ロット・ソウダルのチームジャージ
元々スプリントが強く、クラシックレースなどで勝利を量産するベルギーに本拠地を置くチームです。だけど昨年は、思うような結果を残せずに、勝ち星を大きく減らしてしまいました・・。

今年もそこまで大きな補強は行っておらず、スプリンターでエースの「アンドレ・グライペル」に頼る戦いになるかもしれないです。

2017年ロードレース ロット・ソウダルの注目選手 アンドレ・グライペル/トニー・ガロパン/ティム・ウェレンス

左から「アンドレ・グライペル」「トニー・ガロパン」「ティム・ウェレンス」

エーススプリンターの「アンドレ・グライペル」はワンデーレース、グランツール問わず多くの勝利を獲得している選手です。スプリンターらしい大柄な体格でゴリゴリ走るので愛称はゴリラ・・。34歳と年齢が気になりますが、ロット・ソウダルの運命は彼の活躍にかかっています。

その他に、ベテランスプリンターの「トニー・ガロパン」と若手スプリンター「ティム・ウェレンス」がグランツール1勝とワンデーレース優勝を狙います。

2017シーズン LOTTO SOUDAL/ロット・ソウダル使用ロードバイク【RIDREY HELIUM SLX/リドレー・ヘリウム SLX】

【RIDREY HELIUM SLX/リドレー・ヘリウム SLX】

ベルギーのチームが使うのはベルギーブランドの「リドレー・ヘリウム SLX」です。750gと軽量なフレームながら剛性が高く登坂性に優れ、とにかく極細のシートステーは快適な振動吸収性で石畳コースでも活躍します。そして、メインコンポとホイールは、カンパニョーロで揃えてます。

MOVISTAR TEAM/モビスター チーム

MOVISTAR TEAM/モビスター チームのチームジャージ
UCIワールドチームランキング4年連続1位と、ワンデーレース、ステージレースどちらでも優勝を量産しているスペインの名門チームです。とにかく選手の質と層の厚さはすごいですね。このチームには紹介したい選手が多くいるのですが、長文になるので止めときます(笑

2017年ロードレース モビスター チームの注目選手 ナイロ・キンタナ/アレハンドロ・バルベルデ/ヨナタン・カストロビエホ

左から「ナイロ・キンタナ」「アレハンドロ・バルベルデ」「ヨナタン・カストロビエホ」

まずはなんといっても小柄なコロンビア人クライマー「ナイロ・キンタナ」でしょう。まだ27歳と若いですが、すでにジロとブエルタで総合優勝し、ツールでも新人賞、山岳賞を獲っています。今年は悲願のツール総合優勝を狙うはずです。

そしてキンタナと同じくらいのインパクトがある「アレハンドロ・バルベルデ」です。ブエルタ総合優勝1回とポイント賞3回を獲得済みで、もしキンタナが不調でもこの人がグランツール優勝を狙えるほどの実力を兼ね備えています。それだけでなく大きなクラシックレースでの勝利も数多く、パンチャー的な能力も高いのが特徴です。このような実力者がアシストするので、キンタナは心強いはずですね!

その他、エースを献身的かつ強力にサポートできるアシストは「ヨナタン・カストロビエホ」「アンドレイ・アマドール」「ダニエーレ・ベンナーティ」「カルロスアルベルト・ベタンクール」「ルーベン・フェルナンデス」と揃っています。

さらに「30年に1人の逸材」と呼ばれる「マルク・ソレル」という若手もいるあたり、今後のチーム運営は盤石なようですね。

2017シーズン MOVISTAR TEAM/モビスター チーム使用ロードバイク【CANYON ULTIMATE CF SLX/キャニオン・アルティメイト CF SLX】

【CANYON ULTIMATE CF SLX/キャニオン・アルティメイト CF SLX】

同じキャニオンでも空力に優れたエアロードを使う選手がいますが、エースのキンタナが好むのは「アルティメイト CF SLX」です。空力、軽量性、快適性をバランスよく配慮した万能なロードバイクです。コンポとホイールはカンパを使用しています。

余談ですが、モビスターの選手が実際に使用したバイクがCANYONから毎年販売されています。ちょっと憧れますが、ホイールなどの装備も最高級品なので値段が高いんですよねぇ・・。

スカパー!に登録して「J SPORTS」でロードレース観戦!

【おすすめ関連記事】
2017 UCIワールドチームガイド ①
2017 UCIワールドチームガイド ③

関連記事

  1. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ③

    ロードレースが面白い

    2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ③

    2017年シーズン、ツール・ド・フランスなど大きな大会に参戦するトップ…

  2. ロードレース - 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝利。TTはトニー・マルティンが優勝

    ロードレースが面白い

    ロードレース – 2016世界選手権の結果!サガンが見事に勝利。

    2016年10月16日にカタールのドーハで行われたUCI世界選手権の結…

  3. 2016 さいたまクリテリウム サガン優勝!初山が2位!

    ロードレースが面白い

    2016 さいたまクリテリウム サガン優勝!初山が2位!

    2016年10月29日(土)に行われた「ツール・ド・フランス さいたま…

  4. 【画像】真似してみる?ロードレースのカッコいい高等テクニック集

    ロードレースが面白い

    【画像】真似してみる?ロードレースのカッコいい高等テクニック集

    前回の記事で「カッコよくロードバイクを乗りこなす 脱初心者編」を書きま…

  5. 2017年 ジロ・デ・イタリア終盤戦! 第16~21ステージの結果と感想

    ロードレースが面白い

    2017年 ジロ・デ・イタリア終盤戦! 第16~21ステージの結果と感想

    24日間、3,609kmにわたって行われたジロ・デ・イタリアも昨日で終…

  6. 生中継で観戦!2017年 世界の年間ロードレース開催日程まとめ

    ロードレースが面白い

    生中継で観戦!2017年 世界の年間ロードレース開催日程まとめ

    2017年も本格的にロードレースのシーズンが近づいてきましたね。そこで…

人気記事

  1. 10万円以下!ロードバイクのおすすめホイール!クリンチャー編
  2. パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?
  3. 低予算で決戦用ロードバイクを作ってみる!いくらで出来るか? ブログ
  4. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 part.2
  5. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ
  6. デザインから注文まで!失敗しないオーダージャージ選びのコツとは?
  7. どれにする?ビンディングペダルの4大メーカー 特徴チェック
  8. ハイブリッド式&ダイレクト式!おすすめ最新特殊ローラー台 7選
  9. どう選ぶ?ビンディングシューズ種類とペダル互換性 - ロードバイク
  10. ロードバイクのトレーニング!3本ローラー・固定ローラーの選び方

アーカイブ

  1. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編

    おすすめパーツ

    10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編
  2. パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターまとめ

    ウェア・アクセサリー

    ロードバイクのクランク一体型パワーメーターまとめ
  3. 無線式コンポーネント!SRAM RED e TAP【スラム レッド イータップ】

    おすすめパーツ

    無線式コンポーネント!SRAM RED e TAP【スラム レッド イータップ】…
  4. ロードレース観戦の楽しみ方!風向きと風力に左右される勝負の行方

    ロードレースが面白い

    ロードレース観戦の楽しみ方!風向きと風力に左右される勝負の行方
  5. ロードレース - 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝利。TTはトニー・マルティンが優勝

    ロードレースが面白い

    ロードレース – 2016世界選手権の結果!サガンが見事に勝利。
PAGE TOP