無名ブランドの格安ロードバイク・クロスバイクって性能が違うのか?

無名ブランドの格安ロードバイク・クロスバイクって性能が違うのか?

Amazon、楽天などの通販サイトや、大型ショッピングモールの自転車屋さんをのぞくと、無名ブランドの格安ロードバイク、クロスバイクが店頭に並んでいます。安い物だと1万円、高い物でも3万円くらいでスポーツバイクが購入できますね。

では、有名ブランドでそこそこ高価な本格的スポーツバイクと、格安スポーツバイクは何が違うのでしょうか?わかりやすく比較してまとめます。スポーツバイクの購入を検討している人は是非読んでみてください。また、周りにいる初心者の人が購入を悩んでいたら、性能の違いを教えてあげましょう。

この記事では格安スポーツバイクのデメリットの方を多く取り上げていますが、絶対ダメというわけではありません。その違いを理解した上で購入し、後で後悔しないようにしてほしいと思います。

本格的スポーツバイクの価格帯

本格的なスポーツバイクはそこそこ高価だと書きましたが、どれくらいが目安となるのでしょうか?スポーツバイクの種類ごとに簡単にまとめました。

クロスバイク 4~20万円

ハンドルが一文字で乗りやすいクロスバイクは、大体4万円からが本物と言っていいでしょう。ロードバイクに比べてタイヤが太くパンクに強いので、通勤通学にもピッタリです。

スポーツバイクとしてはカジュアルな部類ですが、かなりのスピードで気持ちよく走れます。ママチャリしか乗ったことがない人は、全く違う走行性能を体感できるでしょう。

ジャイアント エスケープR3 5万円

ジャイアント/エスケープR3 5万円

ロードバイク 8~200万円

ロードバイクは舗装された道であれば、最も速く快適に走れるスポーツバイクです。クロスバイクに比べてタイヤが細くて重量もやや軽くできています。また、ハンドルがドロップタイプなのも特徴ですね。

価格的には、大体8万円以上のロードバイクであれば本物といっていいでしょう。最高レベルの物は200万円くらいしますが、20万円くらいのロードバイクであればロードレースでも十分戦えます。

メリダ/スクルトゥーラ100 9.4万円

メリダ/スクルトゥーラ100 9.4万円

MTB(マウンテンバイク) 4万円~

マウンテンバイクは山道などの悪路でも平気で走れるスポーツバイクで大体4万円から購入可能です。パンクに非常に強いので通勤通学でも安心です。サスペンションが付いているタイプが多く、クッション性が高いので乗り心地が抜群なのも特徴です。重量はありますが、とにかく丈夫です。

GT/パロマー スチール 4万円

GT/パロマー スチール 4万円

格安ロードバイク・クロスバイクの欠点

上で紹介した本格的な価格帯より格安ロードバイク、クロスバイクは聞いたことないメーカーがほとんどで性能面ではやはり劣ります。そこで、本物と呼ばれるスポーツバイクとの違いを具体的に挙げていきます。

見た目と重量

とにかく見た目を速そうに作ってありますが、本物のスポーツバイクに比べてハンドルの形やケーブルの取り回し、その他もろもろのパーツ形状がまったく違います。また、安いロードバイクはとにかくコストを削減するために、手を抜いたつくりをしている事が多いです。

重量も格安ロードバイクは重いです。普通のロードバイクは大体6kg~9kgと軽いですが、格安ロードバイクは10kg~15kgくらいあります。

格安ロードバイクと普通のロードバイクの違い

フレームの精度

フレームの精度は全く違います。格安ロードバイクは、つなぎ目の美しさや全体的な強度、形の均一性が劣りますね。自分もチョイ乗り用に1.5万円で購入したロードミニベロを使ってますが、全力でペダルを回すとフレームがギシギシ言いますし、乗り心地が安っぽいです(笑

コンポーネント

格安スポーツバイクの場合、クランク、ディレイラー、ブレーキ、シフターなどのコンポーネントはシマノの最下位グレードか、無名メーカーが搭載されています。ギヤの段数が多く仕組みが複雑な分、ママチャリの変速機よりスムーズに動かない事もあるようです。

また、取り付けなどの精度も甘いので、購入後にトラブルが発生する事もあるでしょう。乗る前に自分で点検するか、自転車屋さんにチェックしてもらった方がいいかもしれません。

その他のパーツ

サドル、ハンドル、タイヤ、ホイールなどのパーツも、初めて乗る前に点検しましょう。組み付けが甘い場合があります。

また、パーツ自体の強度や乗りやすさ、性能的にやや難がありますね。こだわって作られてないので、サドルは固くてお尻が痛くなったりしやすく、ブレーキの利き具合もイマイチです。

走行性能

重量や各パーツの精度が全く違うので、走行性能も全然違います。ロードバイクの走行性能を10点、クロスバイクを8点、ママチャリを2点とすると、格安ロードバイクは4点くらいの感じではないでしょうか。

見た目だけは速そうに作られていますが、性能はママチャリに近いと思った方がいいですね。

まとめ

本当に快適に走りたければ、適正価格帯のしっかりしたスポーツバイクをおすすめしますが、近距離を楽しくサイクリングするくらいであれば格安スポーツバイクでも全く問題ありません。自転車に10万円近く出すのはなかなか難しいですしね。

ただ、本物のクロスバイクであれば1日で50km、ロードバイクであれば100km以上走るのは簡単です。ただ、格安スポーツバイクではちょっと厳しい距離でしょう。

後、本物を購入した方が、自転車仲間ができやすいですし、楽しいスポーツバイクライフを送れると思います。結婚している人は、頑張って奥さんを説得しましょう(笑

格安ロードバイクをAmazonで購入する
格安クロスバイクをAmazonで購入する
格安マウンテンバイクをAmazonで購入する
格安ミニベロをAmazonで購入する

関連記事

  1. 失敗しないお店選び!初心者はロードバイクをどこで買ったらいいの?

    初心者入門

    失敗しないお店選び!初心者はロードバイクをどこで買ったらいいの?

    初心者がロードバイク、クロスバイク、MTBなどのスポーツ自転車を購入す…

  2. ロードバイクを買う前の注意点

    初心者入門

    初心者向けスポーツ自転車の選び方と注意点

    スポーツ自転車(クロスバイクやロードバイク)のスタイリッシュな風貌と、…

  3. とっても楽しい!ロードバイクでロングライドの魅力とは!?

    初心者入門

    とっても楽しい!スポーツ自転車でロングライドする魅力とは!?

    クロスバイク、ロードバイクを買ったらちょっと遠くまで走りに行きたいです…

  4. ロードバイクの集団走行で使うハンドサイン|自転車の手信号まとめ

    初心者入門

    ロードバイクの集団走行ハンドサインまとめ|自転車の手信号

    スポーツ自転車での集団走行時に使うハンドサイン(手信号)をまとめました…

  5. 意外と知らない!正しいロードバイクのコーナリングとトレイン走行 ブログページ

    初心者入門

    ロードバイクの正しいコーナリングとトレイン走行

    ロードバイクはまず安全第一が基本ですよね。しかしサイクルイベントなどに…

  6. スポーツ自転車で挑戦!大人の競技「ブルベ」とは?必要な装備まとめ

    初心者入門

    大人の自転車イベント「ブルベ」とは?必要装備まとめ

    スポーツ自転車には「ブルベ」という耐久サイクリングイベントがあります。…

人気記事

  1. 自転車のホイール交換!シマノ・カンパ・フルクラムの違いを比較
  2. パンク修理の必須アイテム!スポーツバイク用おすすめ携帯空気入れ!
  3. 乗り心地がかわる!クリンチャーホイールに使えるチューブラータイヤ
  4. ロードバイクのメンテナンス用具
  5. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ⓵
  6. 低予算で決戦用ロードバイクを作ってみる!いくらで出来るか? ブログ
  7. 効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング方法 | pedalista
  8. スポーツ自転車の盗難防止に最新おすすめ鍵!防犯アラーム付きなど
  9. 誰でも簡単にすぐできる!ロードバイクで速く走れる呼吸法とは?
  10. ロードバイクで脚力アップ!固定式ローラー台のおすすめ 9選!

アーカイブ

  1. 2016 UCIワールドチーム紹介①

    ロードレースが面白い

    2016UCIワールドチーム紹介 ①|海外ロードレース
  2. 暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点

    初心者入門

    暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点
  3. ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ

    初心者入門

    ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ
  4. ホイールリムとブレーキパッドの関係!ブレーキングへの影響とは?

    おすすめパーツ

    ホイールリムとブレーキパッドの関係!ブレーキングへの影響とは?
  5. ロードホイールの空気抵抗

    おすすめパーツ

    ロードバイクのディープホイール|空気抵抗と効果
PAGE TOP