パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?

速く走りたい!

最終更新日: 2017.11.14

パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?

ロードバイクのペダルを回す力を計測できるパワーメーター。一昔前は30万円以上もしましたが、今では数万円で購入できるようになり、ロードレースのトレーニングには欠かせないアイテムですよね。

そこで今回は、パワーメーターの「仕組みと機能」「必要性」「種類の違い」について書きます。

【おすすめ関連記事】
クランク一体型のパワーメーターまとめ
ペダル型・ハブ型・特殊型まとめ
2017年秋 新パワーメーター

仕組みと機能

パワーメーターの仕組み

パワーメーターの中には「ストレインゲージ(歪計)」という電子機器が内蔵されており、力が加わり金属が歪んだり伸びたりしたら電気信号を発信します。金属の歪みと電気信号の強さは比例するので、より大きな力が加われば電気信号も強くなりトルク値として計算されます。

後は、トルク値にペダルを回す速度や角度、加速度などの情報を加えてパワー値に変換し、計測機に表示する仕組みになっています。

パワーメーターの機能

パワーメーターの機能はメーカーや機種によって様々ですが、大体下記のような機能があります。

  1. ペダルを回す力を測る「パワー計測機能」
  2. ペダリング時の力の方向や強さを視覚的に確認できる機能
  3. 足の力の何%がペダルに伝わり走る原動力となっているか分かる「ペダリング効率測定機能」
  4. 計測したデータを記録して、パソコンなどで詳しく分析できる機能

ロードバイクのパワーメータ機能まとめ 表示画面

パワーメーターは必要?

結論から言うと必要ではありません(笑 ただ、パワーメーターがあればペダリングのパワー計測ができるので、トレーニングの指標になり効率よく練習するのに役立ちます。また、現時点での自分の実力とトレーニングの成果を数値で正確に確認できるので、モチベーションの維持にも効果的です。

そして、パワー値はロードレースのぺース配分をする基準にもできます。以上の事からロードレースに出場するなど、より速く走りたい人には必要かもしれませんね。

種類の違い

パワーメーターの計測器は「クランク」「ペダル」「ホイールのハブ」と取り付ける位置は様々です。それぞれの特徴を簡単にまとめます。

クランク一体型

クランク一体型のパワーメーター ロードバイク

ペダルを足で踏み込んだ時の力をクランクの歪みで計測し、パワー値として表示する方式です。最も昔からある方式で、精度が高く、ペダリングのトルク値や力の方向も計測できます。

もっとも有名なのはシマノに取り付けられるパイオニアですが、クランクを取り外してメーカーに送る必要があるなど、ちょっと手間がかかります。取付依頼もパイオニア取扱店舗でしかできません。新型デュラには最初から取り付けられるようですが・・。

他のメーカーもクランク事取り換えないといけないので、どちらにせよ導入は面倒ですね。とはいえ、左右別々にパワー計測できますし、世界トッププロもクランク一体型を多く使用しているので信頼性が高いです。もし自分が購入するとしたらクランク一体型から選ぶでしょう。(関連記事:クランク一体型のパワーメーターまとめ

ペダル型

ペダル型のパワーメーター計測器 ロードバイク

乗り手がペダルに加えた力を直接計測し、パワー値として表示する方式です。デメリットはクリートのメーカーを制限がされてしまう事ですね。多くはLOOKなのでシマノやタイムを使用している人には合いません。

そして、価格が意外と高いのと、ペダルの重量が重くなってしまうのも難点です。メリットは取り付けはペダルを付け替えるだけなので、導入が簡単な事ですね。直接愛の力を計測するので精度は高いです。

ハブ型

ハブ型のパワーメーター ロードバイク

ペダリングで後輪を回す力を計測して、パワー値として表示する方式です。導入するにハブ型パワーメーター搭載のホイールを購入するか、ハブのみを購入して自分でホイールを組むしかありません。

そして、ホイールごと購入した場合は、トレーニングにはいいかもしれませんが、レース本番では重量面で不利になってしまうかもしれませんね。

特殊型

特殊なタイプのパワーメーター ロードバイク

心拍数からパワー計測をするタイプ、ペダル軸に取り付けるタイプ、チェーンリングに取り付けるタイプなど様々な物があります。特殊型の多くは精度は荒くイマイチですが、取り付けがが簡単で、価格も安い物ので導入が簡単です。

【おすすめ関連記事】
クランク一体型のパワーメーターまとめ
ペダル型・ハブ型・特殊型まとめ
2017年秋 新パワーメーター

携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!コンパクトに道具を携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!前のページ

ロードバイクのクランク一体型パワーメーターまとめ次のページパワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターまとめ

関連記事

  1. 山を楽しく攻略!ヒルクライムのペダリングや呼吸法 ロードバイク

    速く走りたい!

    山を楽しく攻略!ヒルクライムのペダリングや呼吸法 ロードバイク

    頑張って山を上っているのに、後ろから皆にササッと抜かれてしまう・・。ち…

  2. 意外と知らない!正しいロードバイクのコーナリングとトレイン走行 ブログページ

    速く走りたい!

    ロードバイクのコーナリングとトレイン走行|ライディングの基本

    ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどのスポーツ自転車は速く…

  3. ロードバイクで楽に速く走る!知っておきたいペダリングの基本 ②

    速く走りたい!

    楽に速く走る!知っておきたいペダリングの基本②

    前記事に続いてロードバイクで楽に速く走る方法を紹介します。ペダリングの…

  4. MTBやシクロクロスで鍛えられる!ロードバイクのコントロール技術

    速く走りたい!

    MTBやシクロクロスで鍛えられる!ロードバイクのコントロール技術

    普段スポーツ自転車といえばロードバイクしか乗らないのですが、MTB(マ…

  5. 集団走行スキルを身につける!ロードバイクの効果的なローラー台練習

    速く走りたい!

    集団走行スキルを身につける!ロードバイクの効果的なローラー台練習

    ローラー台でロードバイクのトレーニングしている人は、ロードレースに参加…

  6. 速く走るために!簡単にロードバイクの空気抵抗を減らす方法とは!?

    速く走りたい!

    速く走るために!簡単にロードバイクの空気抵抗を減らす方法とは?

    自転車雑誌を見ると、「空力性能を追求したフレーム」「空力性能を高めたハ…

人気記事

  1. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編
  2. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ
  3. ヒルクライムが速く楽になる!ペダリングや呼吸法とは?- ロードバイク
  4. 低予算で決戦用ロードバイクを作ってみる!いくらで出来るか? ブログ
  5. 25Cサイズ限定!ロードバイクのおすすめクリンチャータイヤを比較
  6. 欲しい自転車に乗る!格安でロードバイクをつくる方法!
  7. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ part② アンブロシオ、ティーエヌアイ、ディーティー スイス、トーケン、トッポリーノ、ノヴァテック、ピーゼット レーシング、ファスト フォワード、フルクラム、エークラス
  8. 自転車のホイール交換!シマノ・カンパ・フルクラムの違いを比較
  9. 自転車必須アイテム!サイクルボトルの種類とおすすめ商品を紹介!
  10. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?

アーカイブ

  1. テレビを見ながらできる!ロードバイクの体幹トレーニング方法

    速く走りたい!

    自宅で気軽にできる!ロードバイクの効果的な体幹トレーニング方法
  2. オリジナルデザインで個性を!サイクルジャージのオーダーサイト比較

    ウェア・アクセサリー

    価格や特徴を比較!ロードバイクのオーダージャージ製作メーカー11選
  3. どれがおすすめ?スポーツバイクを自動車に積載する方法 4パターン

    初心者入門

    どれがおすすめ?スポーツバイクを自動車に積載する方法 5パターン
  4. サクリファイスシリーズが面白い!おすすめロードレース小説6冊

    アニメ・漫画・本

    サクリファイスシリーズが面白い!おすすめロードレース小説6冊
  5. 性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!

    おすすめパーツ

    性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!
PAGE TOP