本当に必要!?自転車ウェアの機能と選び方 - サイクルジャージ

本当に必要?自転車ウェアの機能と選び方|サイクルジャージ

サイクルジャージやタイツなどの自転車ウェアって見た目が変わってますよね。ピタピタのピチピチで(笑)初心者の方は「本当に必要なの?」と思う人も多いと思います。

そこで、自転車ウェアの機能と特性、選び方を簡単に紹介します。スポーツ自転車に乗る為だけに作られているので、着用するととっても快適です!

【おすすめ関連記事】
サイクルジャージのブランド一覧①
サイクルジャージのブランド一覧②
オシャレに着こなす!ロードバイクのサイクルウェア種類

とっても快適!サイクルウェアの機能

サイクルウェアの機能とメリットをまとめました。

ぴったりフィットで空気抵抗が軽減

自転車乗りのピチピチしたウェアに違和感を持つ人は多いと思いますが、あのピチピチは空気抵抗を軽減して高速で走る為に必要です。ロードバイクやクロスバイクは、受ける抵抗のほとんどが空気抵抗です。

自転車ウェアで走ると抵抗が大幅に減るので、スピードを上げたり維持するのがかなり楽になりますし、のんびりサイクリングでも長距離を走れば疲労が軽減されます。

ちなみに自分はあのピチピチには慣れたので、自転車ウェアを着ておしゃれマダムが出入りするカフェに行き、笑顔でパンケーキを注文できます。(キリッ

とっても快適!サイクルウェア(サイクルジャージ、パンツ、タイツ)の機能

涼しくて薄い素材

薄くて吸湿速乾性の高い素材で出来ているので、長距離を走っても汗が早く乾きペタペタせず気持ちいいです。また、風通しもいいので体温が上がるのを防ぎ疲れにくくなります。

特に暑い夏はサイクジャージとTシャツでは全然違いますね。重量も軽くヒルクライムも楽になります。後、反射素材をカッコよく使ったデザインもあるので、夜間走行も安全に走れます。

便利な背中ポケット

背後の腰あたりに3つのポケットが付いていて、補給食やハンドタオル、携帯、お金などを入れておけます。サイクリングなどでバッグを持つ必要がなくなるのでとても便利ですよ。

入口にはゴムが付いているので入れた物が飛び出さないですし、走行しながら物を出し入れする事もできます。

とっても快適!サイクルウェアの機能 ジャージの背中ポケット

前後で裾の長さが違う

スポーツバイクはママチャリと違い前傾姿勢で乗るので裾の後ろが長く、前が短くなっています。お尻の割れ目がチラ出したりせず、お腹の部分もダブつかないのでカッコよく乗れます。

お尻にパッド(緩衝材)

ロードバイクやクロスバイクの細くて硬いサドルでお尻が痛い!という人は結構いると思います。

しかし、サイクルタイツにはお尻の部分にスポンジなどのパッド(緩衝材)が入っていて気持ちよくスポーツバイクを楽しめます。基本的にパンツを履かずに直接タイツを履きます。

とっても快適!サイクルウェアの機能 タイツ、パッドパンツの緩衝材

自転車ウェアの選び方

自転車ウェアのデザインやサイズは、乗り方に合わせて選ぶといいです。レース志向で出来るだけ速く走りたいのであれば、生地が薄く体にぴったりムチムチのジャージを選べばいいです。逆にのんびりとサイクリングやロングライドを楽しみたいのであれば、ややゆったり目でもいいでしょう。

季節に合わせる

自転車ウェアは季節に合わせて選びましょう。冬用のジャージは生地も厚くなっています。ただし自転車に乗っていればすぐに体は温まるので厚着はせずやや軽装でもいいかもしれません。

夏は半袖ジャージハーフパンツジャージグローブ(手袋)は指ぬきでいいでしょう。日焼けが気になるなら腕にアームカバー、脚にレッグカバーを装着すればいいです。アイウェア(サングラス)も効果的です。

スポーツ自転車の夏用ウェアイメージ

冬用サイクルウェアのイメージ

冬は長袖ジャージもしくはアンダーウェアの上から半袖ジャージ、下半身はタイツが基本です。さらに寒さが厳しい時は、ネックウォーマーアウタージャケットがおすすめです。そしてビンディングシューズの場合は、通気性がいいので足先が冷たくなってきますので、シューズカバーは欠かせません。

スポーツ自転車の冬用ウェア見本

冬用サイクルウェアのイメージ

メンズとレディースがある

一般的にサイクルジャージには上下ともメンズとレディースがあり、お尻にあるパッドも男性用と女性用で形が違うので確認して買いましょう。また、パッドは高価なタイツほどいい素材が使われている傾向があります。

多彩なデザイン

デザインは派手、シンプル、かわいい、スタイリッシュ、アニメ、ふざけた物など様々なので好きな物を選びましょう。個人的には自転車のカラーと合わせてジャージを選ぶとスッキリ見えると思います。

ウェアのメーカーも数多くあるので選ぶのは楽しいですね!次回の記事では自転車ウェアのメーカーまとめをやります。気になる人は見てください。

自転車ウェアの機能と選び方 - サイクルジャージ サイクルウェア

まとめ

サイクルジャージは本当に快適なので、ロードバイクやクロスバイクに乗るときは自転車ウェアを着る事をオススメします。

  • サイクルジャージとタイツにはスポーツバイクを快適に乗る機能がたくさんあるので着た方が良い。
  • ピチピチの見た目は慣れれば恥ずかしくない。
  • ウェアは季節や用途に合わせて選ぶ。
  • ウェアにはメンズとレディースがある。
  • 自転車ジャージにはデザインが多彩。

Amazonでサイクルジャージを購入する

【おすすめ関連記事】
サイクルジャージのブランド一覧①
サイクルジャージのブランド一覧②
オシャレに着こなす!ロードバイクのサイクルウェア種類

キャストが超豪華!2016/10/29 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムキャストが超豪華!2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム前のページ

ロードバイクのサイクルジャージ|ブランド一覧32選①次のページ見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

関連記事

  1. 寒い冬でもロングライド!暖ったか自転車ウェアとグッズを紹介!

    ウェア・アクセサリー

    寒い冬でもロングライド!暖ったか自転車ウェアとアイテムを紹介!

    さむ~い冬でもスポーツ自転車でロングライドに出かけたいですよね。そこで…

  2. 使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】 一覧

    ウェア・アクセサリー

    使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】

    前回の記事「サイコンってどんな機能があるの?」でサイコン(サイクルコン…

  3. 携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!

    ウェア・アクセサリー

    コンパクトに道具を携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!

    ロードバイク、クロスバイクでのサイクリングにはパンク修理セットなどを持…

  4. 買う前に確認!スポーツ自転車のヘルメットを選ぶポイントとは!?

    ウェア・アクセサリー

    買う前に確認!ロードバイクのヘルメットを選ぶポイントとは!?

    ロードバイクなどのスポーツ自転車を購入したら、皆さんヘルメットも購入す…

  5. アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ウェア・アクセサリー

    アルミクリンチャーホイールからカーボンチューブラーに交換した感想

    ロードバイクに乗り始めて5年以上、最初の鉄下駄ホイール「シマノ WH-…

  6. スポーツ自転車の盗難防止に最新おすすめ鍵!防犯アラーム付きなど

    ウェア・アクセサリー

    スポーツ自転車の盗難防止に最新おすすめ鍵!防犯アラーム付きなど

    ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車は盗難にあいやすいので、…

人気記事

  1. 室内でロードバイクに乗る!ローラー台で効率的にダイエットする方法
  2. 自転車用パーツ・ロードバイクが激安!海外通販サイトでの購入方法
  3. デザインから注文まで!失敗しないオーダージャージ選びのコツとは?
  4. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 part.2
  5. メンテナンスの必須アイテム!スポーツ自転車のおすすめチェーンオイル6選
  6. 自転車のホイール交換!シマノ・カンパ・フルクラムの違いを比較
  7. 【画像】で解説!ロードバイクのバーテープをきれいに交換する方法!
  8. スポーツ自転車の盗難防止に最新おすすめ鍵!防犯アラーム付きなど
  9. ロードバイクのメンテナンスするなら自転車工具箱セットがおすすめ

アーカイブ

  1. 意外と知らない!正しいロードバイクのコーナリングとトレイン走行 ブログページ

    初心者入門

    ロードバイクの正しいコーナリングとトレイン走行
  2. ロードレース 注目選手まとめ

    ロードレースが面白い

    ロードレース注目選手2016|スプリンターとクロノマン
  3. とっても楽しい!ロードバイクでロングライドの魅力とは!?

    初心者入門

    とっても楽しい!スポーツ自転車でロングライドする魅力とは!?
  4. ママチャリとは全然ちがうぞ!スポーツ自転車の良さとは?ロードバイク・クロスバイク

    初心者入門

    ママチャリとは全然ちがう!スポーツ自転車の魅力
  5. 山を楽しく攻略!ヒルクライムのペダリングや呼吸法 ロードバイク

    速く走りたい!

    山を楽しく攻略!ヒルクライムのペダリングや呼吸法 ロードバイク
PAGE TOP