ロードバイクで手がしびれたり痛くなった時の解決方法!

ロードバイクで手がしびれたり痛くなった時の解決方法!

ロードバイク初心者の人の中には、長距離を走ると手のひらがしびれたり、痛くなったりする人がいますよね。たま~に初心者の方とご一緒させていただくと、右手と左手を入れ替えて休ませていたり、走りながらぶるぶると手の体操をしてる人を見かけます。

そこで、手のしびれや痛むを解決する方法をいくつか紹介します。ロードバイクは普通に乗れていれば手がしびれたり痛くなる事はありません。何か原因があるので、それを解決すれば快適にロングライドを楽しめるはずです。

関連記事:ロードバイクでのつらい膝の痛み解消法とは?

クッションが厚いグローブにする

サイクルグローブを付けずにロングライドに挑むと、手に直接振動が伝わりますし安全面でもよくありません。落車した時にはまず手を付くので、グローブ無しでコケてしまったら手のひらが血だらけになります。

もし、サイクルグローブを付けていながらしびれや痛みがあれば、手のひらにあるクッションが厚いサイクルグローブに交換してみてはどうでしょうか。最近はクッションにゲルパッドが入っていたり、厚いクッションのグローブが多くあります。

そういったサイクルグローブに交換する事で、手へ伝わる振動は軽減されます。振動吸収性にこだわってサイクルグローブを選んでみましょう。

関連記事:サイクルグローブの選び方

ロードバイクで手のしびれや痛みを解消する方法 サイクルグローブのクッションを厚くする

バーテープを交換する

バーテープは厚さや素材がさまざまです。下ハンやアップハンドルの位置を持った時にはバーテープの厚さでだいぶ振動が軽減されます。素材も衝撃吸収性が高い物がいいでしょう。また、バーテープを巻く時に、重ねる部分を多くすればより厚くすることができます。いろいろと工夫してみましょう。

関連記事:バーテープの選び方と素材別の特徴

ロードバイクで手のしびれや痛みを解消する方法 バーテープを厚くする

乗り方を変える

手のしびれ、痛みを解消するには、サイクルグローブやバーテープも大事ですが、何といっても乗り方が大きな問題です。この問題を解決すれば手のしびれや痛みの解決に大きな効果があるでしょう。

体幹で支える

手に問題を抱えている人の多くは、単純に手のひら体重をかけすぎているのです。基本、ロードバイクは体幹で上半身を支えるので、乗り慣れている人ならば手のひらにはほとんど体重はかかりません。正しい乗り方をマスターすれば、手のひらに体重がかかからないので手が痛くなりようがないのです。

手はハンドルに添えるだけのイメージで、体幹で上半身を支えるよう意識してみましょう。そうすればペダルに体重がかかるようになり、ペダリングも楽になるはずです。ただ、運動不足の人は体幹の力が足りず、どうしても手で体重を支えがちです。焦らず徐々に体幹を鍛えながら慣れて行くようにしましょう。体幹を意識して乗っていれば自然に鍛えられます。

ロードバイクで手のしびれや痛みを解消する方法 体幹で上半身支えて手に体重をかけない

ハンドルを握る位置

ハンドルを持つ位置は下の図のように大きく分けて5つあります。同じ位置ばかりを長時間持って走っていると、手に負担がかかります。そこで、ハンドルを持つ位置を定期的に変えながら走ってみましょう。そうする事で、手だけでなく腰や首など全身の負担を減らせます。

ロードバイクで手のしびれや痛みを解消する方法 ハンドルを持つ位置を変える

ポジション調整を見直す

手に体重がかかりすぎている原因は無理なポジションにあるかもしれません。ステムが長すぎたり短すぎるとうまく体感が使えずに手に体重がかかりやすくなります。また、ハンドルが高すぎたり、低すぎたりすると無理な態勢で手に負担がかかりがちです。サドルの高さと前後調整からハンドルの位置まで、もう一度ポジションを確認してみましょう。

関連記事:ロードバイクの簡単なポジション調整方法

まとめ

ちゃんとした走り方と装備ができていれば手のしびれと痛みは解消できるはずです。これまでの記事を参考にいろいろ試してみてください。快適な自転車ライフを楽しみましょう!

関連記事:ロードバイクでのつらい膝の痛み解消法とは?

関連記事

  1. みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方

    初心者入門

    みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方

    ロードバイクやクロスバイクを買ったら、サイクリングに出かけたくなります…

  2. 比較まとめ!ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い!

    初心者入門

    ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い比較まとめ!

    数年前に趣味で少しだけ自転車店でバイトしていた時期がありました。その時…

  3. とっても楽しい!ロードバイクでロングライドの魅力とは!?

    初心者入門

    とっても楽しい!スポーツ自転車でロングライドする魅力とは!?

    クロスバイク、ロードバイクを買ったらちょっと遠くまで走りに行きたいです…

  4. 意外と知らない!正しいロードバイクのコーナリングとトレイン走行 ブログページ

    初心者入門

    意外と知らない!ロードバイクの正しいコーナリングとトレイン走行

    ロードバイクはまず安全第一が基本ですよね。しかしサイクルイベントなどに…

  5. もう初心者とは言わせない!ロードバイクにカッコよく乗るテクニック

    初心者入門

    もう初心者とは言わせない!ロードバイクにカッコよく乗るテクニック

    プロロードレーサーや上級者の人は、ちょっとした動作やしぐさが洗練されて…

  6. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!

    初心者入門

    場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管!

    普通の自転車にくらべると高額なロードバイク・クロスバイク・MTB(マウ…

人気記事

  1. 楽しく体幹をきたえる!おすすめ 3本ローラー台 7選 | ペダリスタ
  2. どう選ぶ?ビンディングシューズ種類とペダル互換性 - ロードバイク
  3. 使用目的で選ぶ!おすすめサイコン 【 サイクルコンピュータ 】 一覧
  4. 軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング
  5. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ
  6. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ
  7. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど
  8. 軽装で出来るパンク対策を考える!
  9. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ イーストン、ウルサス、エキノクス、エンヴィ、カンパニョーロ、ゴキソ、コリマ、ジップ、シマノ、スピナジー
  10. スポーツ自転車の盗難対策は?絶対に盗ませない方法!(ロードバイク・クロスバイク・MTB・マウンテンバイク)

アーカイブ

  1. インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON ULTIMATE]

    完成車情報

    インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON U…
  2. 朝からスッキリ!まったり田舎でロードバイク通勤 自転車日記

    楽しい自転車日記

    朝からスッキリ!まったり田舎でロードバイク通勤
  3. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?
  4. ロードバイク女子必見!世界で活躍するイケメン自転車選手を紹介

    ロードレースが面白い

    ロードバイク女子必見!世界で活躍するイケメン自転車選手を紹介
  5. 実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    おすすめパーツ

    実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ
PAGE TOP