ロードバイクを買う前の注意点

初心者向けスポーツ自転車の選び方と注意点

スポーツ自転車(クロスバイクやロードバイク)のスタイリッシュな風貌と、スピード感&爽快感に魅せられて購入を検討している初心者の方は多いです。

そこで、スポーツ自転車の選び方と購入する際の注意点をまとめました。クロスバイクやロードバイクは決して安い買い物ではないので、後悔がないよう自分に最適な1台を選びましょう。

【関連記事】
ロードバイク・クロスバイクの初心者入門

ロードバイク・クロスバイクを選ぶ基準

スポーツ自転車の価格は、性能やクオリティの違いで4万円~200万と普通の自転車に比べて高額です。まずは自分の予算と目的をしっかり決めましょう。

そして、自転車本体の他にも必要な道具やアイテムがあるので、予算にはプラス3万円は余裕を見ておいた方がいいでしょう。仮に総予算が12万円だとすれば、予備費用で3万円は残しておき、ロードバイクやクロスバイクは9万円以下で選びましょう。

自分が無理せず使える予算金額を決めたなら、次は目的を決めます。目的は人によって「ゆっくり近所を走りたい」「通勤通学に使いたい」「50km以上のロングライド」「アマチュアロードレースに出たい」などと違います。なので、ぞれぞれの目的に合ったスポーツ自転車を購入しましょう。

例えば、近距離ののんびりサイクリングが目的なのに、50万円のロードバイクは不要です。高額なスポーツ自転車は、性能がスピード重視なので乗り心地が犠牲になっている場合が多いです。

逆にロードレースに出たいならば、予算内でどこまで走行性能を上げられるかが重要になります。15万円の予算であれば、10万円のロードバイク本体を購入して、5万円で高性能ホイールに交換したほうがいいでしょう。

メーカーによって、価格のランク別に性能が違います。購入時はお店の人に予算と目的をしっかり伝えて相談してみてください。

自転車以外に必要なアイテム

スポーツ自転車を安全に楽しむためには、いろいろと必要なアイテムがあります。そこで、必ず必要な「必須アイテム」と、無くてもいいけどできれば欲しい「あると便利なアイテム」をまとめました。

【必須アイテム】
  • ヘルメット(5000~20000円):公道を走るので必ずかぶりましょう。
  • グローブ(3000~8000円):転倒した時はまず手を付くのでとても重要です。
  • フロントライト(1000~6000円):装備は法律で義務となってます。
  • リアライト(2000~7000円):後ろにつける赤いライトです。
  • 空気入れ(3000~7000円):ママチャリとは違う規格の仏式が必要。
  • (2000~5000円):盗難防止に必要です。
  • アーレンキー(500~3000円):サドルの調整や急な修理の時に使います。
  • パンク修理キット(1000~2000円):スポーツ自転車はパンクしやすいです。
  • 携帯空気入れ(3000~10000円):出先でパンクした時に空気を入れます。

ロードバイクに必要な備品

【あると便利なアイテム】
  • サイクルコンピュータ(5000~50000円):走る速度がリアルタイムで表示されます。
  • ボトル(500~3000円):暑い時期の水分補給に。
  • ボトルゲージ(500~3000円):バイクにボトルを装着するアイテムです。
  • ビンディングペダル(5000~30000円):足をペダルに固定します。シューズとセットで使用。
  • ビンディングシューズ(8000~40000円):足をペダルに固定します。ペダルとセットで使用。
  • ウェア(8000~30000円):お尻にパッドがおり、快適に走れます。
  • サングラス(5000~30000円):紫外線や目の乾きから目を守ります。
  • サドルバッグ(3000~6000円):サドルに付けるバッグ。小物をまとめて入れておけます。
  • スタンド(3000~10000円):自転車を保管するときに立てかけられます。

ロードバイクのアクセサリー

目的別スポーツ自転車の参考価格帯

スポーツ自転車は性能によって価格が大きく違います。目的別の参考価格を簡単に掲載。あくまで大体の参考なので、お店でセール品や掘り出し物があればもっと安く手に入るかもしれませんね。

  • クロスバイク:4万円~10万円
  • のんびりサイクリング用ロードバイク:8万円~12万円
  • 通勤通学で使うロードバイク:8万~15万円
  • ロングライドに使うロードバイク(50km以上)に使う:10万円~30万円
  • レースなど本格的に走るロードバイク:20万円~

フレームの素材を決める

スポーツ自転車のフレーム素材は大きく分けて4種類あります。それぞれ特徴があるのでよく考えて選択しましょう。クロスバイクはアルミが一般的です。(関連記事:フレーム素材別 性能と特徴まとめ!

フレームの素材は4種類

フレーム素材別に特徴をまとめました。

クロモリ

クラシカルなスタイルのフレームが細身の自転車。クロモリは鉄でできているので、錆びやすく他の素材より重いのが難点。しかし、耐久力が高く独特のしなりで疲れにくいと評価する人が多いです。どちらかといえば、昔からスポーツ自転車を趣味にしている中高年に人気があります。

アルミ

クロスバイクや、8~20万くらいの比較的安価なロードバイクに多く使われている素材です。軽くて丈夫なうえ、カッチリ硬い乗り心地で乗り手のパワーをダイレクトに伝えるので、若くて体力がある人向きですね。太めのフレームスタイルも現代風で、コストパフォーマンスでは全素材中ナンバーワンです。

カーボン

最新の高級素材です。価格帯は大体20万円からと高価ですが、路面の微妙な振動をしなりで軽減してくれるので疲れにくく、非常に軽量という特徴があります。予算に余裕があれば一番おすすめです。ただし50万円以上のハイエンドモデルは速く走る為にかなり硬くしてある事が多く、初心者には向かないかもしれません。

チタン

珍しい素材で制作しているメーカーも少ないです。耐久性が高いと評判ですが、かなり高価なのであまり一般的ではありません。

ロードバイクのフレーム素材

メーカーとはフレームだけ

スポーツ自転車には、ビアンキ、トレック、ジャイアント、メリダなど様々なフレームメーカーがありますが、これらのメーカーが作っているのはフレームのみです。(フレームメーカー一覧はこちら)

ハンドル、ホイール、タイヤ、サドル、コンポーネント、ブレーキなどは、それぞれ別の専門メーカーの部品を集めて1台のスポーツ自転車に組み上げてあります。なので、ロードバイクやクロスバイクを選ぶときは、フレーム以外の部品グレードもチェックして購入しましょう。

パーツの名称

コンポーネントのグレード

フロントデイレイラー、リアディレイラー、クランク、ブレーキ、シフター、スプロケットをまとめてコンポーネントと呼びます。コンポーネントのメーカーは3社(シマノ、カンパニョーロ、スラム)ありますが、日本で販売されている多くのスポーツ自転車にはシマノが装備されています。

そこでシマノ製コンポーネントのグレードをまとめますので、参考にしてください。グレードの違いで変速の精度、強度、耐久力、重量が変わってきます。

DURA-ACE(デュラエース) > ULTEGRA(アルテグラ) >105(イチマルゴ) >TIAGRA(ティアグラ) >SORA(ソラ) > Claris(クラリス) > Tourney(ターニー)

  • デュラエース:トッププロが使用する最高峰のグレード。高価ですが強度、軽さなど全てがハイクオリティ。電動タイプ(Di2)もあります。大体50万円以上のロードバイクに装備されている。
  • アルテグラ:本格的なロードレースにも対応するハイエンドモデルです。電動タイプ(Di2)あり。大体35万円以上のロードバイクに装備されています。
  • 105:標準的なランクのコンポーネントです。アマチュアで乗る分には必要十分な性能で、満足して長く乗れるでしょう。大体20万円以上のロードバイクに装備されています。
  • ティアグラ:長距離のロングライドやサイクルイベントでも快適に乗れる性能のコンポーネントです。ティアグラ以上であれば長い期間も問題なく乗れると思います。大体15万円以上のロードバイクに装備されています。
  • SORA:通勤通学やロングライドで使用するには問題ないグレードです。大体10万円以上のロードバイクに装備されています。
  • Claris:できればSORA以上は欲しい所ですが、まったり乗る分には問題ありません。クロスバイクや8万円以上のロードバイクに装備されています。
  • Tourney:格安スポーツ自転車に付属しているグレードです。強度や精度が極端に落ちるので、購入するならClaris以上をおすすめします。

何よりもサイズが重要

スポーツ自転車には洋服のように各パーツにサイズがあり、安全に・速く・快適にロードバイクを楽しむためには身体に合ったサイズ選びが最も重要です。サイズ違いの高価なロードバイクを購入するより、安価でもサイズがピッタリのロードバイクの方が乗りやすいです。

フレーム、ハンドル、ステム、クランクなどにサイズの違いがありますが、特にフレームは後で修正できないパーツなのでしっかり検討が必要です。また、フレームはメーカーによってサイズの基準が違うのでプロショップの人に聞くか、メーカーのホームページでサイズをしっかり確認しましょう。

初心者であれば、トップチューブ(ホリゾンタル換算)の長さを目安にするのが簡単ですね。ちなみに身体に対して小さいフレームは各パーツで調整できますが、大きいフレームは後でどうにもできないので注意しましょう。

サイズ合わせは本当に大事なので、次記事「ロードバイクを買う前に!各パーツのサイズチェック」で詳しく書きます。

買う店舗を決める

予算と目的、フレーム素材、買いたいフレームメーカーを絞れたら購入するお店を決めましょう。お店もプロショップから量販店まで様々です。高価なロードバイクであればプロショップがいいかもしれません。

今後、メンテナンスなどで長い付き合いになる場合が多いのでしっかり相談に乗ってくれるお店がいいですね。個人的には予算と目的などを聞かずに、できるだけ高価なスポーツ自転車をすすめてくるようなお店は避けたいです。自分で整備できるならネットやヤフオクで中古の購入もありですね。

プロショップ

ちょっと敷居が高そうですが、自店で購入したスポーツ自転車は無料で点検してくれたり修理代を安くしてくれる場合が多いです。他の店で買ったクロスバイクやロードバイクの修理はお断りするお店もあります。

自転車量販店/チェーン店

全国展開している大型の自転車量販店は、気軽に相談したいならおすすめです。専門のプロショップには及びませんが、最近は知識と技術がある店員さんも増えています。

ネット購入

あまりおすすめしませんが安く購入できる場合が多いです。ただ、ロードバイクやクロスバイクは定期メンテナンスが必要なので自分で整備できないと危ないですね。

中古ネット購入

最も安くスポーツ自転車が手に入りますが、事故車や整備不良車もあり知識とメンテナンス技術がないと後で後悔します。購入するときはしっかり調べて覚悟を持って行動しましょう。

安すぎるスポーツ自転車はNG

ネットショップを見るとママチャリと変わらないような格安のロードバイク・クロスバイクがありますが、見た目だけで性能は別物です。

その見た目だけスポーツ自転車という意味で「ルック車」とも呼びます。現状、本物のロードバイクと言えるのは大体8万円以上、クロスバイクなら4万円以上ではないでしょうか。

もしできるだけ安くスポーツ自転車を手に入れたいなら、有名メーカーのクロスバイク(4万円~)をおすすめします。ただ、あるある話なのですが、クロスバイクが物足らず後々ロードバイクを買いなおす人は結構多いです(笑)。

まとめ

初心者の方は、この記事で紹介した最低限の知識があれば、スポーツ自転車選びで大きな失敗はないと思います。慎重になおかつ楽しみながら自分に合った愛車を見つけてください。

  • ますは予算と目的を決める。
  • 備品の予算も考えておく。
  • フレーム素材を決める。
  • サイズに注意。
  • 買うお店を決める。
  • ロードバイクと呼べるのは最低で8万円以上、クロスバイクは4万円以上

【関連記事】
ロードバイク・クロスバイクの初心者入門

関連記事

  1. 知らないと損!もしもスポーツ自転車で事故に遭ってしまったら!?

    初心者入門

    知らないと損!もしもスポーツ自転車で事故に遭ってしまったら!?

    実際にロードバイクで軽い事故に遭ってしまった経験から、損をしない慰謝料…

  2. ロングライドは準備が大事!必須アイテムまとめ!

    初心者入門

    ロングライドは準備が大事!必須アイテムまとめ!

    時には100km以上を走るロングライド。遠い場所でパンクやハンガーノッ…

  3. ママチャリとは全然ちがうぞ!スポーツ自転車の良さとは?ロードバイク・クロスバイク

    初心者入門

    ママチャリとは全然ちがう!スポーツ自転車の魅力

    ロードバイクが大好きすぎてブログまで作ってしまった投稿者が、スポーツ自…

  4. 初心者入門!ロードバイク選びから購入までの流れ

    初心者入門

    初心者入門!ロードバイクの選び方から購入までの流れ

    昨今の自転車人気でクロスバイクやロードバイクが欲しい人は増えています。…

  5. 暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点

    初心者入門

    暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点

    夏の暑い日のサイクリングやロングライドで安全快適に走るには、熱中症や日…

  6. ちゃんと処理してる?ロードバイクでスネ毛をキレイに剃る理由とは

    初心者入門

    ちゃんと処理してる?ロードバイクでスネ毛をキレイに剃る理由

    春になって暖かくなるとサイクルパンツも短くなりますね。そうなると気にな…

人気記事

  1. 夜間は注意!自転車のライトに必要な明るさと選び方!
  2. 大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!
  3. 3大コンポーネント価格と重量 比較一覧表 【シマノ/カンパ/スラム】
  4. 名選手の人生は面白い!ロードレースのドキュメンタリー映画 6作品
  5. ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較
  6. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編
  7. 最高速度を引き上げる!ロードバイクのスプリント術!
  8. 本当に必要!?自転車ウェアの機能と選び方 - サイクルジャージ
  9. 携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!
  10. 新型アルテグラR8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較

アーカイブ

  1. 自転車ホイールの振れ取り手順とやり方!おすすめ振れ取り台

    メンテナンス・修理・調整

    自転車ホイールの振れ取り手順とやり方!おすすめ振れ取り台
  2. 性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!

    おすすめパーツ

    性能を比較!ロードバイクのおすすめチューブラータイヤ 7選!
  3. どれがおすすめ?スポーツバイクを自動車に積載する方法 4パターン

    初心者入門

    どれがおすすめ?スポーツバイクを自動車に積載する方法 5パターン
  4. インプレ! キャニオン アルティメット SL 9.0 DI2 [CANYON ULTIMATE]

    完成車情報

    キャニオン アルティメットのインプレッション|ロードバイク
  5. みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方

    初心者入門

    みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方
PAGE TOP