子供用ロードバイク・クロスバイク・MTBの販売メーカーまとめ

子供用ロードバイク・クロスバイク・MTBの販売メーカーまとめ

弱虫ペダルなどの漫画を見てロードバイクに乗ってみたいという小学生、中学生は多いんじゃないでしょうか?最近はそういったロードバイクブームの流れで、通常よりワンサイズ小さいロードバイクやマウンテンバイクを製作するメーカーが増えてきました。

そこで今回は、まだまだ数は少ないですが、子供でも乗れるロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイクを製作しているメーカーをまとめます。ただ大きさが違うだけで、性能は本物です。日本でももっとスポーツバイクが普及して、未来のプロロードレーサーがどんどんでてくればいいなぁと思います。

ピナレロ/PINARELLO

フェラーリのような高級感をもつイタリアのメーカーです。また、現在世界最高の選手であるクリス・フルームが所属するチームスカイへの機材を行っているメーカーでもあります。弱虫ペダルでは鳴子くんが乗ってますね(笑 購入するには、ピナレロの取り扱いがあるスポーツバイク専門店を探す必要があります。

子供用は、「SPEEDY」というロードバイクのみで定価(税抜)は11.9万円となっています。アルミ製フレームにシマノのコンポーネントが装備されており、フロント2段、リヤ8段の変速が可能です。カラーはブラックとホワイトの2色から選べます。

PINARELLOの公式サイトはこちら

ピナレロ/PINARELLOの子供用ロードバイク SPEEDY 11.9万円

SPEEDY 11.9万円

スコット/SCOTT

弱虫ペダルでは今泉くんが乗っているスイスのメーカーです。自転車用品の他にスキー用品でも有名です。もちろんプロチームに機材を提供している信頼あるメーカーです。このメーカーも普通の自転車店での取り扱いはないので、スポーツバイク専門店で購入する必要があります。

ロードバイクの「SPEEDSTER JR 24」の他に、フロントサスペンション搭載のマウンテンバイク「VOLTAGE JRシリーズ」、フロントサスペンションなしのマウンテンバイク「SCALE JRシリーズ」があります。

そして、ロードバイクの「SPEEDSTER JR 24」はホイールサイズが24インチのみですが、「VOLTAGE JRシリーズ」と「SCALE JRシリーズ」は20インチと24インチのサイズが用意されています。

SCOTTの公式サイトはこちら

スコット/SCOTTの子供用ロードバイク SPEEDSTER JR 24インチ 9.5万円

SPEEDSTER JR 24インチ 9.5万円

スコット/SCOTTの子供用マウンテンバイク VOLTAGE JR 24インチ 4.6万円

VOLTAGE JR 24インチ 4.6万円

ルイガノ/LOUIS GARNEAU

気軽に乗れる街乗り用スポーツバイクを販売するメーカーです。特にスポーツバイク専門店でなくても購入できるので、比較的敷居が低く親しみやすいメーカーですね。

子供用として取り扱っているのは主に20~24インチのクロスバイクとマウンテンバイクで、ロードバイクはありません。他メーカーのスポーツバイクに比べて、デザイン性が高く、街乗りっぽい雰囲気があるので、普段使いや通学用としても活躍しそうです。また、各モデル、カラーも多く取り揃っているので選択肢は広いですね。

ルイガノ/LOUIS GARNEAUの子供用クロスバイク CHASSE 24インチ 4.9万円

CHASSE 24インチ 4.9万円

スペシャライズド/Specialized

数多くの世界トッププロチームに機材を供給しているアメリカの一流メーカーです。スポーツバイク専門でしか取り扱いがありません。

子供用はロードバイクはもちろんの事、マウンテンバイク、そしてファットバイクまで取り扱っています。今流行りのタイヤが極太なファットバイクまで取り扱っているのはすごいですね。

定価はロードバイクの「Allez Jr.」が9万円、マウンテンバイク「Riprock」が5.2万円、ファットバイク「FATBOY」が9.9万円です。そして、マウンテンバイクとファットバイクには24インチ以外にも20インチサイズがあります。

Specializedの公式サイトはこちら

スペシャライズド/Specializedの子供用ロードバイク Allez Jr. 9万円

Allez Jr. 9万円

スペシャライズド/Specializedの子供用ファットバイク FATBOY 20インチ 9.9万円

FATBOY 20インチ 9.9万円

メリダ/MERIDA

世界で最も有名なロードレース「ツール・ド・フランス」でも走るトップメーカーです。一流メーカーでありながら、自転車チェーン店などでも数多く取り扱いがあるのが特徴です。気軽に試乗などができますね。

子供用は、サスペンションフォーク&油圧ディスクブレーキ搭載の本格的マウンテンバイク「MATTS J TEAM」9万円を販売しているほか、廉価版のマウンテンバイク「MATTSシリーズ」4.7万円も製作しています。そして「MATTSシリーズ」には24インチ、20インチがあります。

MERIDAの公式サイトはこちら

メリダ/MERIDAの本格的マウンテンバイク MATTS J TEAM 9.6万円

MATTS J TEAM 9.6万円

アンカー/anchor

日本人の体形に合わせた設計が優しい、安心と信頼の日本メーカーです。自分も以前アンカーに乗っていましたが本当に乗りやすいロードバイクでした。やや地味なイメージがありますが、見た目より性能や乗り心地を重視するユーザーに人気があります。弱虫ペダルでは京都の石垣くんが乗ってました。イメージがピッタリですね(笑

子供用はロードバイクの「RJ1」のみですが、子供の体に負担をかけないよう最適なジオメトリーと剛性に調整してあるフレームは、乗り心地と加速感も両立しています。カラーバリエーションも豊富で、走りにこだわるキッズにおすすめです。また、ホイールサイズは24インチで、定価は9.5万円となっています。

アンカー/anchorの子供用ロードバイク RJ1 9.5万円

RJ1 9.5万円

関連記事

  1. ガンダムロードバイク第2弾!モビルスーツ6モデルの発売が決定

    完成車情報

    ガンダムロードバイク第2弾!モビルスーツ6モデルの発売が決定!

    以前のブログでガンダムのシャア専用仕様ロードバイクを紹介しましたが、非…

  2. 知ってる?日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

    完成車情報

    知ってる?日本でマイナーなロードバイクのフレームメーカー21選

    日本には世界各国から様々なロードバイクメーカーが入ってきています。しか…

  3. ブランドイメージまとめ 欧州2

    完成車情報

    ロードバイクの有名フレームメーカーまとめ欧州編②

    (最終更新日:2017.12.19)ロードバイクの有名フレームメー…

  4. 15万円以内のロードバイク おすすめランキング! 2017年版 

    完成車情報

    格安ロードバイクおすすめランキング|2017年

    2017年の新しいモデルも各メーカーだいたい発表が終わりましたね。そこ…

  5. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編②

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 欧州編②

    見るだけでウットリなる各ブランドのフラッグシップモデルをまとめる記事の…

  6. なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    完成車情報

    なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    現在、ロードバイクのフレームを製作しているメーカーは、日本で知られてい…

人気記事

  1. ロードバイクのメンテナンス用具
  2. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ
  3. 15万円以内のロードバイク おすすめランキング! 2017年版 
  4. Zwift【ズイフト】で使えるスマートトレーナー(ローラー台) 一覧まとめ
  5. 交換前に確認!バーテープの選び方と素材別の特徴 | ロードバイク
  6. 楽に速く走る!知っておきたいペダリングの基本 ペダリスタ | pedalista
  7. 最高速度を引き上げる!ロードバイクのスプリント術!
  8. デザインから注文まで!失敗しないオーダージャージ選びのコツとは?
  9. 軽快に自転車旅を楽しむ!荷物をコンパクトに積むバイクパッキング
  10. 丈夫で安い!通勤通学におすすめのクリンチャータイヤ 7選!

アーカイブ

  1. 2016 UCIワールドチーム紹介①

    ロードレースが面白い

    2016UCIワールドチーム紹介 ①|海外ロードレース
  2. クランクアーム長さと身長の適正表|ロードバイク

    メンテナンス・修理・調整

    クランクアーム長さと身長股下の適正表|ロードバイク
  3. ロードバイクの集団走行で使うハンドサイン|自転車の手信号まとめ

    初心者入門

    ロードバイクの集団走行ハンドサインまとめ|自転車の手信号
  4. ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?

    メンテナンス・修理・調整

    ボルトの締めすぎはダメ!締め付けトルクが重要な理由とは?
  5. なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    完成車情報

    なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情
PAGE TOP