簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

簡単にイメージを変える!カッコいいロードバイクになる配色のコツ!

ロードバイクやクロスバイクは乗って楽しむだけではなく、パーツを好きなカラーに取り換えたりして、見た目の変化も楽しめますよね。自分もバッチリ仕上げた愛車を眺めながらお酒を飲んだりするのは至福のひと時です。

ロードバイク、クロスバイクは少し色の変化を加えただけで、イメージは大きく変わってきます。そこで今回は、たくさんの画像でわかりやすく、カラーリングとイメージの変化について書きます。カッコいいバイクに仕上げるコツがわかれば、さらに愛車に乗るのが楽しくなると思います!

自転車の歴史

ロードバイクをはじめとしたスポーツバイクには長い歴史があり、ここ30年くらいで材質やカラーリングも大きく変わってきました。そして、スポーツバイクの年代によるイメージの変化を知っておけば、愛車をカスタマイズする際の参考となるのでザックリとまとめます。

クロモリ時代

1990年代のクラシックなクロモリ製ロードバイク

1995年くらいまではクロモリと言われる鉄素材でできたロードバイクが一般的でした。もちろんトッププロもこのロードバイクでレースに参加していたのです。

細身のフレームはクラシカルな印象を与え、ワイヤーがハンドルの上に突き出ているのも今では斬新ですね。カラーリングもシンプルで良い味が出ています。

アルミ時代

アルミ製フレームのロードバイク

1995~2005年まで軽くて太いアルミフレームが全盛期を迎えます。フレームが太くなった事で見た目がレーシーになり、カラーリングも派手でビビットな物が多くなっています。コンポーネントも進化してワイヤー関連もスッキリしています。

カーボン時代

最新のカーボン製ロードバイク

2005~2017年現在、軽量で硬いカーボンフレームが高級モデルとして使われています。アルミに比べて成型がしやすいので、細かい部分で空気抵抗を減らす工夫がされており、カーボンの網目をわざと残してデザインとしているモデルもあります。

カラーリングは、黒1色や少しだけアクセントを加えた程度のデザインが多く、シンプルな物が好まれる傾向があります。また、コンポーネントもさらに進化し、最新モデルになるとワイヤーや配線は全て機体の中に収納されています。

デザインの方向性は4パターン

デザインの方向性は大きく分けて4パターンあります。この4つの中でどのロードバイクを購入するかで、カスタマイズの考え方も変わってきます。

黒一色のハイエンドモデル

黒を基調とした最高級のハイエンド ロードバイク

最近の高級バイクはブランドロゴさえ目立たない程、真っ黒なデザインが多いですね。ストイックな雰囲気を醸し出し、ロードレースなどで走る「闘う自転車」といった凄味があります。

このパターンのカスタマイズは、パーツも基本的に黒でまとめるのがいいでしょう。色を入れるのであれば、1色をワンポイントで使うくらいにとどめた方がカッコいいですね。ゴチャゴチャ色を加えると良さが損なわれてしまいます。

スマートでスタイリッシュ

洗練されたデザインのスタイリッシュなロードバイク

今後はハイエンドモデルもこのような配色に変わっていくのではないでしょうか。基本的に派手さはなくシンプルだけど、今まであまり使われなかったカラーを取り入れるなどセンスと個性が光るデザインパターンです。

カスタマイズする際は、シンプルさを崩さないようにした方がいいですが、センスに自信があれば少し尖った色を加えてみるのもいいでしょう。良くも悪くも乗る人のセンスが問われる配色ですね。

アクティブでスポーティー

アクティブなイメージのスポーティなデザインのロードバイク

2種類以上のカラーを使い、コントラストが強く、スポーティーで派手な見た目のロードバイクです。使われているカラーに合わせるのが基本ですが、それ以外のカラーを加えてもあまり違和感がありません

シンプルにまとめるのもいいですが、思い切ってさらに派手にしてもいいでしょう。カスタマイズ次第でシンプルにも派手にもできるカラータイプです。

親しみやすくてシンプル

親しみやすいシンプルなカラーリングのロードバイク

1色ベタ塗りにロゴだけ色が違うといった、柔らかい感じのカラーリングタイプです。見た目的にはロードレースというより、さわやかに街乗りって感じがします。

このカラーリングは、初心者用のエントリーモデルや女性用モデルに多いですね。カスタマイズはカラーに合わせておとなしい感じの方が似合うでしょう。

横のラインが大切

上記で紹介した4タイプ全てに共通する、カッコいいカラーリングのコツがあります。それは、バーテープとサドルといった横のラインのカラーを同じにする事です。できればヘッドパーツとシートポストも同じにするといいでしょう。

例として下の画像にあるロードバイクは、サドルとハンドルの色が違うのでちょっとゴチャゴチャしています。これを黒に統一します。また、カラーの量を減らすもの効果的なので、ホイールに入っている赤と白を黒に変更します。

やや派手目のカラーリングのロードバイクバーテープとサドルの横ラインの色を揃えると見た目が引き締まる

ハンドルとサドルを黒に統一したらだいぶスッキリして大人な感じの迫力ある見た目になりました。ホイールも黒になり、色味が減ったのも効いています。カラーリング的にはわずかな違いですが、全体でみるとだいぶイメージが変わりましたね。

素材感とアクセントカラー

コンポーネントなどのパーツの素材感とアクセントカラーもバイクの印象をガラリと変えます。カーボン製のクランクと、金属製のクランクは印象がだいぶ違いますし、パーツの細かいアクセントカラーはフレームカラーと同じにした方がカッコよくなります。

サドル、ハンドルなど細かい部分のカラーリングでアクセントを付ける

アクセントカラーは赤

実際にやってみる

実際にパーツ交換するとどれほど印象が違うのかを見てみましょう。まずはビアンキの有名カラー「チェレステ」のフレームを使ってみます。

足回りやコンポーネントをシルバーにすればクラシックな雰囲気のロードバイクになる足回りとコンポーネントを黒で揃えるとレーシーな雰囲気のロードバイクになる

上の画像はシルバーとブラウンのパーツでクラシカルに仕上げられています。ホイールのハイトが浅く、黄色の差し色がクラシック感を引き出していますね。その下の画像はパーツをすべて黒で統一してあるので、一気にレーシーになり、闘うロードバイクって感じになりました。ディープホイールもハマってます。

次はBMCの迫力ある真っ黒な高級ロードバイクです。個性が足りないので、ちょっとだけ工夫してみます。

黒を基調とした引き締まったカラーリングのロードバイクホイールにカラーを加えればイメージが変わる

タイヤだけをカラーが入っている物に交換したら、少しアクセントが効いて個性ある見た目になりました。クランクのシルバーも手伝ってややクラシカルな雰囲気も漂います。

このように何かをちょっと変えるだけでも、イメージが変わるのは面白いですね。気分を変えたい時などは、ぜひカラーリングを考えながらパーツ交換してみましょう。

まとめ

  • スポーツバイクは時代とともにデザインが変わってきた。
  • ロードバイクのカラータイプは大きく分けて4つある。
  • 横のラインのカラーを統一すると見た目に一体感がでる。
  • パーツの質感や素材でもイメージは変わる。
  • 少しのカスタマイズでもイメージを変える事ができる。

関連記事

  1. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ

    完成車情報

    買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ

    近年は同じロードバイクでも微妙にフレームの形が違う、目的別に特化したタ…

  2. なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    完成車情報

    なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    現在、ロードバイクのフレームを製作しているメーカーは、日本で知られてい…

  3. 安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク13選!

    完成車情報

    安くて丈夫で軽い!おすすめクロスバイク 13選!

    前回の記事で「ロードバイク/クロスバイク/MTB/ミニベロの違い」を書…

  4. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 欧州編

    高級バイクはお値段的に買えないと分かっていても見るだけで楽しくなります…

  5. ブランドイメージまとめ 欧州2

    完成車情報

    ザックリわかる!ロードバイクのブランドイメージまとめ【ヨーロッパ編②】

    ロードバイクを購入する時に迷うのは、ブランド選びですよね。フレームブラ…

  6. かわいいデザインが多い!女性用ロードバイクのメーカーブランド一覧

    完成車情報

    かわいいデザインが多い!女性用ロードバイクのメーカーブランド一覧

    ロードバイクには女性専用モデル(women's)をリリースしているメー…

人気記事

  1. 自転車用パーツ・ロードバイクが激安!海外通販サイトでの購入方法
  2. 3大コンポーネント価格と重量 比較一覧表 【シマノ/カンパ/スラム】
  3. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ
  4. どれにする?クリンチャータイヤのおすすめチューブ 6選!Pedalista
  5. 誰でも簡単にすぐできる!ロードバイクで速く走れる呼吸法とは?
  6. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど
  7. ハイブリッド式&ダイレクト式!おすすめ最新特殊ローラー台 7選
  8. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編
  9. 効率よく速く走る!ロードバイクのダンシング方法 | pedalista

アーカイブ

  1. 2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ⓵

    ロードレースが面白い

    2017 UCIワールドチームガイド!移籍情報・注目選手・使用マシン ①
  2. 必須アイテム!サイクルグローブの選び方 ロードバイク/クロスバイク

    ウェア・アクセサリー

    必須アイテム!サイクルグローブの選び方 ロードバイク/クロスバイク
  3. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!

    ウェア・アクセサリー

    場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管!
  4. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ part② アンブロシオ、ティーエヌアイ、ディーティー スイス、トーケン、トッポリーノ、ノヴァテック、ピーゼット レーシング、ファスト フォワード、フルクラム、エークラス

    おすすめパーツ

    ホイール選びの参考に!31ブランドイメージまとめ part②
  5. 自転車必須アイテム!サイクルボトルの種類とおすすめ商品を紹介!

    ウェア・アクセサリー

    自転車必須アイテム!おすすめドリンクボトル6選 &機能まとめ!
PAGE TOP