各パーツの違いを比較!シマノ 新型アルテグラR8000系と旧型6800系

各パーツの違いを比較!シマノ 新型アルテグラR8000系と旧型6800系

シマノのコンポーネント、アルテグラ「R8000系シリーズ」が2017年6月より発売開始となりますね。そろそろコンポーネントの買い替えを考えていた人にとっては、旧型6800系との違いが気になると思います。

そこで今回は各パーツごとに、6800系と新型R8000系の機能や見た目の違いをまとめます。購入の参考にしてください。また、発売予定日は機械式が6月下旬、電動式とディスクブレーキが11月となってます。

【関連記事】
R8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較
アルテグラR8000系と旧型6800系!重量と価格 比較一覧表

クランクセット

6800系からの4アームはそのままに、R8000系ではクランクアームが太くゴツくなってます。見た目は昨年発売されたデュラエースR9100系に似てますね。見た目は太くなっていますが、アウターリングはホローグライドテクノロジーより中空化され、より正確でスムーズなフロント変速を可能にすると同時に、50-34Tで91gの軽量化に成功しています。

また、ギヤの歯数は53-39T、52-36T、50-34Tと、シクロクロス用の46-36Tを取り揃えています

シマノ アルテグラのクランクセット 6800系とR8000系の見た目の違い

【重量と定価】

53×39T: 重量690g/定価(税抜)¥25,955
52×36T: 重量681g/定価(税抜)¥25,955
50×34T: 重量674g/定価(税抜)¥25,955
46×36T: 重量668g/定価(税抜)¥25,390

WiggleでアルテグラR8000系パーツを購入する
AmazonでアルテグラR8000系パーツを購入する

 シフター【デュアルコントロールレバー】

シフターには機械式と電動式【Di2】があり、さらにノーマルブレーキ用と油圧ディスクブレーキ用があるので全部で4タイプとなります。ただ、今回は油圧ディスクブレーキ用は省力しています。

R8000系アルテグラはシンクロシフトに対応し、フロントのフルオートマチック、リアディレーラーのセミオートマチックにも対応。よーく見ると、変速スイッチがやや大きくなっており、フォルムが微妙に違うので握りやすさや操作性を常に追求し、進化させている姿勢がうかがえます。

機械式

シマノ アルテグラの機械式シフター【デュアルコントロールレバー】 6800系とR8000系の見た目の違い

【重量と価格】

ST-R8000: 重量438g/定価(税抜)¥32,989
ST-R8020: 重量550g/定価(税抜)¥52,687
※ST-R8020はディスクブレーキ用

電動式【Di2】

シマノ アルテグラの電動式(Di2)シフター【デュアルコントロールレバー】 6800系とR8000系の見た目の違い

【重量と価格】

​ST-R8050: 重量295g/定価(税抜)¥31,697
​ST-R8070: 重量360g/定価(税抜)¥52,318
※​ST-R8070はディスクブレーキ用

Fディレイラー

Fディレイラーは、機械式も電動式も新型デュラエースを意識したデザインになってます。6800系に比べて見た目も大きく変化していますね。

機械式はシフトワイヤー取り回しが改善され、より少ない力でスムーズに変速できるようになっています。また、6800系では二通りあったワイヤーの取り回しが一つにまとめられ、多くのルーティングに使えるようになりました。

電動式本体はどちらもよりコンパクトに進化しているので、タイヤとのクリアランスが広がり、流行っている太めのタイヤでも使えるようになってます。

機械式

シマノ アルテグラの機械式フロントディレイラー 6800系とR8000系の見た目の違い

【重量と価格】

FD-R8000(直付): 重量92g/定価(税抜)¥4,902

電動式【Di2】

シマノ アルテグラの電動式(Di2)フロントディレイラー 6870系とR8050系の見た目の違い

【重量と価格】

FD-R8050: 重量132g/定価(税抜)¥21,256

Rディレイラー

リヤディレーラーは、新型デュラエースでも採用されたシャドーデザインが大きな特徴です。シャドーデザインとは側面への張り出しを抑えた形の事で、右側に落車した際の故障や破損を抑えます。また、ガイドプーリーとスプロケットの間隔がより一定となるように進化しており、変速の安定感は増していますね。

SSモデルは11-25Tと11-30T、GSモデルは11-28Tと11-34Tに対応しています。

機械式

【重量と価格】

RD-R8000-SS: 重量200g/定価(税抜)¥8,617
RD-R8000-GS: 重量210g/定価(税抜)¥9,181

電動式【Di2】

シマノ アルテグラの電動式(Di2)リヤディレイラー 6870系とR8050系の見た目の違い

【重量と価格】

RD-R8050-SS: 定価(税抜)¥25,561
RD-R8050-GS: 定価(税抜)¥24,996
※重量は不明。わかり次第更新します。

WiggleでアルテグラR8000系パーツを購入する
AmazonでアルテグラR8000系パーツを購入する

ブレーキセット

R8000系は6800系よりもコンパクトで洗練されたデザインになりましたね。性能面では、左右のピボットをスタビライザーによって連結する構造に進化。キャリパーのたわみが減少し抑制力が向上しています。

また、左右のアーム間の距離をせまくする事で、より力強いブレーキ制動力を実現すると共に、流行のワイドタイヤにもしっかりと対応。28cタイヤまで使用可能となっています。

シマノ アルテグラの前後ブレーキセット 6800系とR8000系の見た目の違い

【重量と価格】

BR-R8000 ノーマル: 重量360g/定価(税抜)¥13,814
ダイレクトマウント フロント: 重量174g/定価(税抜)¥7,884
ダイレクトマウント リヤチェーンステー: 重量160g/定価(税抜)¥6,912
ダイレクトマウント リヤシートステー: 重量172g/定価(税抜)¥7,884

ディスクブレーキ

アルテグラに正式な油圧式ディスクブレーキが初登場です。コンパクトでシンプルなデザインですが、ディスクブレークのメリットである制動力はしっかり確保しています。

新しいブレーキローターは、内径に大きな空冷フィンが追加され、高い放熱性能を発揮するので長い下り坂でも安心できますね。

ブレーキ本体

シマノ アルテグラのディスクブレーキ 6800系とR8000系の見た目の違い

【重量と価格】

BR-R8070 前後セット: 重量280g/定価(税抜)¥6,549

ブレーキローター

シマノ アルテグラのディスクローター 6800系とR8000系の見た目の違い

【重量と価格】

SM-RT800 160mm: 重量127g/定価(税抜)¥4,754
SM-RT800 140mm: 重量106g/定価(税抜)¥4,754

まとめ

こうしてみると6800系とR8000系の違いはわずかです。ロードバイクを新しく購入するならR8000系を選択したほうがいいですが、わざわざパーツ交換するほどの違いはないですね(笑

現在のコンポは文句のつけようがないほど高性能で必要十分な機能を持っています。今後、コンポーネントメーカーとしては、どうやって進化させていくか悩む所だと思います。

WiggleでアルテグラR8000系パーツを購入する
AmazonでアルテグラR8000系パーツを購入する

【関連記事】
R8000系ホイールWH-RS500と旧型WH-6800を比較
アルテグラR8000系と旧型6800系!重量と価格 比較一覧表

関連記事

  1. どれにする?スポーツ自転車のタイヤメーカー 特徴まとめ!

    おすすめパーツ

    どれにする?ロードバイクのタイヤメーカー 特徴まとめ!

    ロードバイク、クロスバイクなどのタイヤは走りを変えるアイテムです。そこ…

  2. ロードバイク・クロスバイクのタイヤ寿命と交換時期

    おすすめパーツ

    ロードバイク・クロスバイクのタイヤ寿命と交換時期

    ロードバイク、クロスバイクのパーツで唯一地面と接触しているパーツがタイ…

  3. ロードバイクは軽い方が速い?軽量化で効果が高いパーツは?

    おすすめパーツ

    ロードバイクは軽い方が速い?軽量化で効果が高いパーツは?

    ロードバイク・クロスバイクに乗っている人ならば軽量化を一度は考えたこと…

  4. ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較

    おすすめパーツ

    ロードバイクのサドルブランド10選!特徴と性能を比較

    スポーツ自転車でのサイクリングでお尻が痛くなり、「サドル探しの旅」を続…

  5. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - シマノ編

    おすすめパーツ

    どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 – シマノ編

    ロードバイクに装備されている3大コンポーネントメーカー【シマノ・カンパ…

  6. 実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    おすすめパーツ

    実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    一昔前まではトッププロのロードレースでもタイヤの太さは21~23Cと細…

人気記事

  1. 自転車必須アイテム!サイクルボトルの種類とおすすめ商品を紹介!
  2. 10万円以下!ロードバイクのおすすめホイール!クリンチャー編
  3. 誰でもできる!ロードバイクで疲れず高速巡行するコツとは!?
  4. 簡単にできる!スポーツ自転車のリヤディレイラー調整方法!
  5. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 - スポーツサングラス -
  6. もう読んだ?ロードバイクの自転車漫画 14作品 ① ペダリスタ
  7. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ part② アンブロシオ、ティーエヌアイ、ディーティー スイス、トーケン、トッポリーノ、ノヴァテック、ピーゼット レーシング、ファスト フォワード、フルクラム、エークラス
  8. road ロードレースの面白さ
  9. 40歳の中年がアマチュアロードレースに初参戦!結果と感想 Pedalista
  10. メンテナンスの必須アイテム!スポーツ自転車のおすすめチェーンオイル6選

アーカイブ

  1. ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ

    初心者入門

    ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ
  2. スポーツ自転車で挑戦!大人の競技「ブルベ」とは?必要な装備まとめ

    初心者入門

    大人の自転車イベント「ブルベ」とは?必要装備まとめ
  3. ロードバイクを買う前の注意点

    初心者入門

    初心者向けスポーツ自転車の選び方と注意点
  4. クランクアーム長さと身長の適正表|ロードバイク

    メンテナンス・修理・調整

    クランクアーム長さと身長股下の適正表|ロードバイク
  5. なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    完成車情報

    なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情
PAGE TOP