スポーツにおすすめ!鼻パッドがないサングラス AirFly (エアフライ)

スポーツにおすすめ!鼻パッドがないサングラス AirFly (エアフライ)

サイクリングに最適な特殊スポーツサングラス【AirFly(エアフライ)】の特徴とメリットを紹介します。世界初のノーズパッドがない構造で、サイクリングはもちろん、ランニング、マラソン、ゴルフ、登山、スキー、ヨット、マリンスポーツ、ビーチバレー、魚釣り、フィッシング、野球などに最適です。今、売れているスポーツサングラスなので、気になった方は試してみてください。

【関連記事】
サングラスの種類と選び方!
サングラスのブランド一覧

サングラスは必要?

ロードバイクやクロスバイクに乗る時はあった方が良いですね。夏の強い日差しは目を傷めますし、夏は小さな虫がウジャウジャ目に飛び込んできたり、冬は空気が乾燥しているので目も乾きやすくなります。なので目を守るサングラスは必要です。ゴルフやランニング、登山、フィッシングなどの野外スポーツでも装着したほうがいいですね。

AirFlyの特徴

AirFlyはスポーツ専用サングラスとして多くの特徴を持っていますので、簡単にまとめます。

サイドパッドで支える構造

普通のサングラスは鼻すじにパッドがあり支えますが、AirFlyはこめかみ部分にあるサイドパッドで支える構造となっています。これにより鼻に圧迫感がなく快適でスポーツに集中できます。

スポーツサングラス【AirFly(エアフライ)】のサイドパッドで支える構造

サイドパッドは微調整可能

サイドパッドとテンプルにはチタニウム金属の芯が入っており、手で曲げる事で微妙な調整が可能となっています。どんな顔の形にもぴったりフィットするサングラスへ簡単にカスタマイズできます。

スポーツサングラス【AirFly(エアフライ)】 サイドパッドは微調整が可能

レンズが曇りにくい

ノーズパッドがない分、レンズ内の風通しがよくなっています。これにより、レンズが曇って前が見にくいといった事がありません。

スポーツサングラス【AirFly(エアフライ)】 レンズが曇りにくい

まつ毛が長くても大丈夫

まつ毛が長いとレンズに当たって困る事も・・。しかしAirFlyは、レンズを少し前に出すように調整が可能です。鼻で支えない構造だからできるかけ方です。

【AirFly(エアフライ)】はまつ毛が長くても大丈夫!

鼻が低い人にも最適!

鼻が低い人、小さい人はサングラスが徐々にずり落ちてくる事があると思います。しかしAirFlyは鼻で支えないのでまったく問題ありません。また、鼻の形もまったく気にする必要がありません。

【AirFly(エアフライ)】は鼻の形や大きさを気にしない。

汗ですべりにくい

普通のスポーツサングラスは汗で鼻パッドが徐々に下にズレることがありませんか?特に上目使いをするサイクリングなどではよくある事ですよね。しかしAirFlyはサイドパッドで支えるのでズレにくいです。

AirFlyをAmazonで購入する

サイドパットの大きなメリット

ここまで紹介した特徴以外にも、AirFlyには大きな特徴があるので紹介します。

異次元のフィット感

【AirFly(エアフライ)】は異次元のフィット感を実現

AirFlyは鼻骨より大きな頬骨で支える構造です。これにより荷重が分散されしっかりと安定します。また、圧迫感が少なく付け心地が軽く異次元のフィット感を実現しているのです。

女性に嬉しいシミ対策

【AirFly(エアフライ)】の情勢に嬉しいシミ対策機能

普通のサングラスを鼻の低い日本人が使用すると、鼻パッドが下にズレやすく、何度も持ち上げているうちに皮膚が慢性炎症を起こして色素が沈着してきます。

そして、これを続けるとシミになりと考えられています。しかし、AirFlyは大きな頬骨で支えるのでズレにくく、シミになる心配もありません。

スポーツに集中できる

【AirFly(エアフライ)】は集中力を維持できる

ゴルフ、ランニング、ロードバイク etc・・。色々なスポーツにするサングラスですが、鼻パッドが動くとズレる、装着すると違和感がある、鼻筋が痛いなどのトラブルがあれば集中できないですよね。しかし、AirFlyならば装着感が薄く、スポーツに集中できます。

AirFlyをAmazonで購入する

度付きレンズにも対応!

AirFlyは、近視や遠視の人でも使えるように度付きレンズにカスタマイズ可能です。また、湾曲したサングラスレンズを度付きにするとコストが高くなるのですが、専用アダプターを取り付けて、平面レンズを装着することでコストを抑える事ができます。

【AirFly(エアフライ)】は度付きレンズにも対応しています。

AirFlyをAmazonで購入する
公式サイトはこちら

【関連記事】
サングラスの種類と選び方!
サングラスのブランド一覧

関連記事

  1. オリジナルデザインで個性を!サイクルジャージのオーダーサイト比較

    ウェア・アクセサリー

    価格や特徴を比較!ロードバイクのオーダージャージ製作メーカー11選

    前回の記事で「失敗しないオーダージャージ選びのコツ」について書きました…

  2. 自転車で動画を撮影する!スポーツカメラの使い方&おすすめメーカー

    ウェア・アクセサリー

    自転車で動画を撮影する!スポーツカメラの使い方&おすすめメーカー

    スポーツカメラは、アクションカメラ、ウェアラブルカメラとも呼ばれ、スポ…

  3. 必須アイテム!サイクルグローブの選び方 ロードバイク/クロスバイク

    ウェア・アクセサリー

    必須アイテム!サイクルグローブの選び方 ロードバイク/クロスバイク

    ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクでは必須アイテムであるサ…

  4. 買う前にチェック!ビンディングシューズのおすすめブランド11選!

    ウェア・アクセサリー

    買う前にチェック!ビンディングシューズのおすすめブランド11選!

    前回の記事「どう選ぶ?ビンディングシューズの種類とペダル互換」でシュー…

  5. ガーミンだけじゃない!高性能GPSサイコンメーカーが続々登場

    ウェア・アクセサリー

    ガーミンだけじゃない!高性能GPSサイコンメーカーが続々登場

    一昔前はサイクルコンピュータ(サイコン)といえば、価格で選ぶならキャッ…

  6. スポーツ自転車の盗難対策は?絶対に盗ませない方法!(ロードバイク・クロスバイク・MTB・マウンテンバイク)

    ウェア・アクセサリー

    できてる?スポーツ自転車の盗難対策!盗難防止アイテム

    ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイク(MTB)などのスポーツ自…

人気記事

  1. ハイブリッド式&ダイレクト式!おすすめ最新特殊ローラー台 7選
  2. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ
  3. ロードバイクのパワーメーターまとめ ペダル型・ハブ型・特殊型
  4. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ
  5. 大容量で便利!ロードバイクのおすすめサドルバッグメーカー 7選!
  6. 8万円~200万円まで!ロードバイクは価格の差で何が違うのか?
  7. スポーツ自転車の盗難対策は?絶対に盗ませない方法!(ロードバイク・クロスバイク・MTB・マウンテンバイク)
  8. パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?
  9. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ
  10. 人気上昇中のZwift【ズイフト】って何?室内で楽しく自転車に乗る!

アーカイブ

  1. 自転車で楽しくダイエット!サイクリングと食事管理で無理なく痩せる

    初心者入門

    自転車で楽しくダイエット!サイクリングと食事管理で無理なく痩せる
  2. ロードバイクの最強ホイール!ライトウェイトの性能と特徴とは?

    おすすめパーツ

    ロードバイクの最強ホイール!ライトウェイトの性能と特徴とは?
  3. 自転車活用推進法で日本はどう変わるのか?サイクリストの心構え

    楽しい自転車日記

    自転車活用推進法で日本はどう変わるのか?サイクリストの心構え
  4. 暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点

    初心者入門

    暑い日も楽しくサイクリング!夏を快適安全に走るための注意点
  5. 熊本の宇土半島一周コースを紹介!ロードバイクでロングライド日記!

    楽しい自転車日記

    熊本の宇土半島一周コースを紹介!ロードバイクでロングライド日記!
PAGE TOP