話題のZwift【ズイフト】を初体験!ロードバイクで楽しく遊ぶアプリ

話題のZwift【ズイフト】を初体験!ロードバイクで楽しく遊ぶアプリ

最近、自分の周りで導入する人が徐々に増えているZwift【ズイフト】。どうしてもやってみたくなり、設備を整えている自転車仲間のお宅を訪問した。今回はそのレポートを書きたいと思う。

【おすすめ関連記事】
人気上昇中のZwift【ズイフト】って何?
Zwift【ズイフト】で使えるスマートトレーナー(ローラー台)

ズイフト設備の整ったお宅訪問

先に言っておくが訪問したお宅は建てて間もない家であり、その持ち主はただ者ではない。おそらくお金持ちだ!そこで、つつましい庶民である私は、靴下は新品を履くなど万全の体勢でお宅を訪ねたのだった。

ズイフトの設備が整ったお宅を訪問

お家の中はこんな感じだ。壁には大画面のテレビが掛けてあり、工業用扇風機で汗対策も万全となている。ただ、普段は右奥のPCが置いてある位置でズイフトを楽しむ事が多いらしい。

何はともあれここまでズイフトと室内トレーニングが万全に楽しめるお宅は少ないのではないだろうか?左の大きな窓から差し込む光も気持ちよかった。正直ウラヤマシイ・・。

その他に、至る所にホイールやヘルメットなどの自転車グッズが見え隠れしていて、ロードバイクにどっぷりハマっている感じがうかがえた。自分も同じなのですごく気持ちがわかった。一つの事にここまでのめり込めるのは、とても楽しい事だと思う。

使用したロードバイク

今回、ズイフトを初体験するにあたり、自分のロードバイクにはANT+センサー対応のサイコンはついておらず、ローラー台もスマートトレーナーではなかったので、ロードバイクを貸してもらう事になった。とにかくズイフトを初体験したかったので、ポジションとかは気にしない。

車種はメリダのフラッグシップモデル、「スクルトゥーラ9000」だ。コンポはデュラエースでばっちり固めてある素晴らしいロードバイクだ。クランクにはパイオニアのパワーメーターが搭載され、ANT+センサー対応のサイコンでズイフトと連動させる仕組みになっている。(関連記事:パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターとは?

高級ロードバイク メリダ SCULTURA 9000 スクルトゥーラ9000

後、自分はシマノのクリートだったが、このロードバイクのペダルはタイムだったので、ビンディングシューズもお借りした。新品の靴下が大活躍である。また、ズイフトでローラー台を回す時は汗がフレームに垂れないように汗受けネットが設置されている。

ゴキソハブで手組されたロードバイクのホイール

この記事とは関係ないが、階段に立てかけてあったホイールが珍しかったので紹介しておく。回転が滑らかと評判のゴキソハブを使った手組のカーボンホイールだ。主にロードレースで使う決戦用との事。素晴らしい!

初体験した感想

では早速ズイフト初体験を!遊び方によってモードがいくつかあったが、よくわからなかったのでお任せして40分コースとやらをやってみた。

ズイフトを初体験 ペダリスタの自転車日記

画面にW数(ペダルを回す力)が指定されるので、それに合わせてペダルを回すモードだ。最初の20分はワット数を上げたり下げたりの慣らし運転。(いや・・ならし運転の段階でキツイ・・ヤバイ・・)

そして後半20分は200W~300Wでの走行を強いられた。(きつい~)途中で言われた通りのW数で走るのは無理と判断し、とりあえず40分間完走できる範囲までペースを落として走った。この時に余裕がなくて画面をあまり見れなかったという・・(泣

ズイフトのモニター画面

右には何やら各国の人の名前がズラっと並んでおり、おそらく抜きつ抜かれつすると順位が変わるようだった。日本の人もかなり多かったのが印象的。「アメリカのサムには負けない」などと、勝手に競争心を抱いて走れるのは面白いと思った。

だが、正直この短時間でズイフトの良さは遊びつくせないと感じた。もっといろいろなモードで試してみたがったが、時間と体力がなかったのが残念。しかし、今日の体験だけでも十分楽しかったし、ズイフトを楽しめるローラー台とサイコンがかなり欲しくなったのは間違いない。おすすめですよ!ズイフト!

そして、小学生低学年の時に初めて友達の家でやったファミコンを思い出し、「あの時もすごく欲しくなったなぁ」と懐かしい感じになったのは嬉しい収穫だった。

本当に静かだったグロータックのローラー台

他に気が付いた点は、使用したグロータックのローラー台がすごーく静かで振動もほぼなかった事。ほぼ無音に近い。これなら眠っている嫁の隣でスプリントしても大丈夫だろう。(大丈夫じゃない)

グロータックのローラー台は音がすごく静か

その他フロントが固定されておらず、ゆらゆらと前後左右に動くのでしっかり体幹で重心をとる必要があり、3本ローラーのような疾走感が味わえた。ズイフトと連動できるスマートトレーナーではないが、トレーニングには持って来いのローラー台だと感じた。

グロータックのローラー台をAmazonで購入する

参考に乗ってもらった

トレック・セガフレードに所属する別府選手の講習会や、元プロ選手の宮澤選手との走行会などにも出席する、熱心なサイクリストであるこの設備の持ち主Iさん。

参考がてらにいつもの場所でズイフトをやってもらったら、慣れた感じでガシガシ漕いでくれた。毎月1200km以上はこれでトレーニングをしているという・・。やはり成功者は精神力がただ事ではない。そして、ペダルを回しながらもペダリングについていろいろと話をしてくれた。

PC画面でズイフトを楽しむ

また、年齢は40歳を超えているが、足腰の筋肉は引き締まっていてアスリートのようだった。自分もズイフトさえあればこのようになれるのでは!?と一瞬だけ浅はかな考えがよぎったが、すぐに間違いだと気づいたのだった・・。(でも自分の家でズイフトしたい・・)

【おすすめ関連記事】
人気上昇中のZwift【ズイフト】って何?
Zwift【ズイフト】で使えるスマートトレーナー(ローラー台)

2017/03/27 補給食やウェアが最大50%OFF!格安サイトのセール情報2017/03/27 補給食やウェアが最大50%OFF!格安サイトのセール情報前のページ

みんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方次のページみんなで楽しくサイクリング!一緒に走れる自転車仲間の探し方

関連記事

  1. 40歳の中年がアマチュアロードレースに初参戦!結果と感想 Pedalista

    楽しい自転車日記

    40歳の中年がアマチュアロードレースに初参戦!結果と感想

    先日の土曜日に開催されたアマチュアロードレース「2017 オール九州3…

  2. 自転車が好き!我が家にある愛車を全て紹介! ロードバイクのブログ ペダリスタ

    楽しい自転車日記

    自転車が好き!我が家にある愛車を全て紹介!

    今日は天気が良く気分が乗っているので自分の事をブログに書いてみようと思…

  3. ロングライド日記 熊本の絶景自転車コースを紹介 ロードバイク

    楽しい自転車日記

    ロードバイクでロングライド 熊本の絶景自転車コースを紹介

    今日はこのブログで初めて自分のロングライド日記を書こうと思う。無論ロー…

  4. 田舎を走る!ペダリスタを見てくれた人と真夏のサイクリング

    楽しい自転車日記

    田舎を走る!ペダリスタを見てくれた人と真夏のサイクリング

    今年の夏は暑い日が続いているけど、めげずにロングライドに行ってみた。ロ…

  5. 熊本の宇土半島一周コースを紹介!ロードバイクでロングライド日記!

    楽しい自転車日記

    熊本の宇土半島一周コースを紹介!ロードバイクでロングライド日記!

    前々からこのサイトで紹介したかった熊本県の素敵なロングライドコースにに…

  6. 気分が落ち込んだらロードバイク!サイクリングでスッキリ爽快

    楽しい自転車日記

    気分が落ち込んだらロードバイク!サイクリングでスッキリ爽快

    最近は仕事も立て込んでてなかなかブログ更新をできない私だ。なおかつ家庭…

人気記事

  1. スポーツ自転車の盗難防止に最新おすすめ鍵!防犯アラーム付きなど
  2. 10万円以下!ロードバイクのおすすめホイール!クリンチャー編
  3. 10~20万円で買える!ロードバイクおすすめホイール!クリンチャー編
  4. ロードバイクのパワーメーターまとめ ペダル型・ハブ型・特殊型
  5. 簡単にわかる!ボトルケージのおすすめブランド 6選・素材・選び方
  6. 買う前にチェック!ビンディングシューズのおすすめブランド11選!
  7. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど
  8. 携帯!ツールボトルやツールケース使用のすすめ!
  9. 場所を取らない!クロスバイクやロードバイクの室内保管方法!
  10. オリジナルの1台を!ロードバイクのフレームをカラーオーダーする

アーカイブ

  1. ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ

    初心者入門

    ロードバイク・クロスバイクに保険は必要?自転車保険の比較まとめ
  2. クランクアーム長さと身長の適正表|ロードバイク

    メンテナンス・修理・調整

    クランクアーム長さと身長股下の適正表|ロードバイク
  3. なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情

    完成車情報

    なぜロードバイクの形は進化しない?UCIルールに秘められた裏事情
  4. アマチュアからプロチームまで!ロードレースのカテゴリー一覧

    ロードレースが面白い

    アマチュアからプロチームまで!ロードレースのカテゴリー一覧
  5. 2016 UCIワールドチーム紹介①

    ロードレースが面白い

    2016UCIワールドチーム紹介 ①|海外ロードレース
PAGE TOP