購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ

購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ

ロングライドやロードレースに使えるコスパが高いクリンチャータイヤ 7つ紹介します。耐パンク性能、摩耗耐久性能、走りの軽さ、振動吸収性、グリップ力を比較しているので、タイヤ購入の参考にしてください。

【関連記事】
走りを変える!タイヤの選び方!

タイヤメーカーの特徴まとめ!
通勤通学におすすめのタイヤ
おすすめチューブラータイヤ
CLホイールに使えるTUタイヤ
おすすめインナーチューブ

コンチネンタル [グランプリ4000S2/GRAND PRIX 4000S II]

グランプリ4000S2/GRAND PRIX 4000S II おすすめクリンチャータイヤの紹介と性能を比較

クリンチャータイヤの中では定番と呼ばれるモデルのひとつです。乗り心地に若干ゴツゴツ感があり硬く感じますが、それを補ってあり余る耐久性と耐パンク性能があります。ドイツメーカーらしく細かい部分の品質は高く、耐久性以外の性能もすべて平均以上なのでおすすめです!

自分もいろいろなタイヤを試しましたが、価格とトータル性能のバランスを見てこのタイヤを1番使っていました。(今はチューブラーなので使ってません) カラーは8種類ありますが、ブラック以外は売っているのをあんまり見ないような気がします。ブラックは23Cで205gですが、他のカラーは215gと10g重くなってしまうからでしょう・・。

耐パンク性:★★★★☆
摩耗耐久性:★★★★☆
走りの軽さ:★★★★☆
振動吸収性:★★★☆☆
グリップ力:★★★★☆

目安価格:4,500円
サイズ:23C、25C、28C
重量:205g、225g、235g
カラー:ブラック、レッド、イエロー、オレンジ、ブルー、グリーン、グレー、ブラウン
Amazonでグランプリ4000S2を購入する
格安サイトWiggleでコンチネンタルタイヤを購入する

コンチネンタル [グランプリ 4シーズン/Grand Prix 4-Season]

コンチネンタル [グランプリ 4シーズン/Grand Prix 4-Season] おすすめクリンチャータイヤの紹介と性能を比較

上記の「グランプリ4000S2」に近い性能ですが、タイヤの中に網状のデュラスキンを内蔵することによって更に耐パンク性能を高めています。その分、少しだけ重くなっているのが難点ですね。どうしてもパンクをしたくないぞ!って人におすすめです。ただ、その他の性能も軒並み高いので、軽くて速い走行も可能となっています。

耐パンク性:★★★★★
摩耗耐久性:★★★★☆
走りの軽さ:★★★☆☆
振動吸収性:★★★☆☆
グリップ力:★★★★☆

目安価格:5,500円
サイズ:23C、25C
重量:230g、240g
カラー:ブラック
Amazonでグランプリ 4シーズンを購入する
格安サイトWiggleでコンチネンタルタイヤを購入する

ミシュラン [プロ4 サービスクルス V2/Pro4 Service Course V2]

ミシュラン プロ4 サービスコース V2/Pro4 Service Course V2 おすすめクリンチャータイヤの紹介と性能を比較

ミシュランで人気のProシリーズの中でも走行性能と耐久性、価格のバランスが最も優れているモデルです。新開発のコンパウンドを採用し、センターには剛性の高いコンパウンド、ショルダーにはグリップ力の高いコンパウンドを配置してあります。グリップ力、走りの軽さ、振動吸収性が高いレベルでまとまっていますね。わずかに鳴る「コーーー」っという走行音もカッコいいです。

耐パンク性:★★★☆☆
摩耗耐久性:★★★☆☆
走りの軽さ:★★★★★
振動吸収性:★★★★☆
グリップ力:★★★★☆

目安価格:3,800円
サイズ:20C、23C、25C
重量:185g、200g、215g
カラー:ブラック、シルバー、レッド、グリーン、ブルー、ホワイト
Amazonでプロ4 サービスクルス[sc]を購入する
格安サイトWiggleでミシュランタイヤを購入する

パナレーサー [RACE L EVO3 (LIGHT)]

パナレーサー RACE L EVO3 [LIGHT] おすすめクリンチャータイヤの紹介と性能を比較

3タイプあるRACE EVO3シリーズの中で、最も軽量にできておりヒルクライムやタイムトライアルなどで威力を発揮します。23Cで180gの軽量性は驚きですね。トレッド下部に設置してある耐パンク素材が、「PT Belt」から「ProTite Belt」へとバージョンアップし、安心して使える軽量タイヤへ進化を遂げています。後、20Cサイズでは175gと最軽量を誇っています。

耐パンク性:★★★☆☆
摩耗耐久性:★★☆☆☆
走りの軽さ:★★★★★
振動吸収性:★★★★☆
グリップ力:★★★★★

目安価格:4,500円
サイズ:20C、23C、25C、28C
重量:175g、180g、200g、220g
カラー:ブラック
AmazonでRACE L EVO3を購入する

パナレーサー [RACE A EVO3 (ALL AROUND)]

パナレーサー RACE A EVO3 [ALL AROUND] おすすめクリンチャータイヤの紹介と性能を比較

3タイプあるRACE EVO3シリーズの中で、最も耐久性と軽さ、走行性能のバランスに優れたモデルです。通勤通学、ロングライド、ロードレースとあらゆるシーンに対応するオールラウンドなタイヤですね。その中でも特にグリップ力が秀逸です。また、耐パンク性に優れた「ProTite Shield」を採用して前モデルよりさらに使い勝手が良くなりました。

耐パンク性:★★★☆☆
摩耗耐久性:★★★☆☆
走りの軽さ:★★★★☆
振動吸収性:★★★★☆
グリップ力:★★★★★

目安価格:4,000円
サイズ:23C、25C、28C
重量:210g、240g、250g
カラー:ブラック、レッド、ブルー
AmazonでRACE A EVO3を購入する

ビットリア [オープンコルサ/OPEN CORSA]

パナレーサー コルサ/corsa おすすめクリンチャータイヤの紹介と性能を比較

大体6600円くらいとやや高めの価格設定ながら、多くの人に使われている定番タイヤのひとつです。ロードレースで使うにも十分な性能を一度は味わってみてはどうでしょうか。特に振動吸収性が高く、アスファルトの微妙な振動を吸収してくれるので、手やお尻に優しいです。また、トレッドパターンが非常に珍しく、縦に溝が施されています。この溝でグリップ力を確保しているので高速コーナーリングも安心です。

耐パンク性:★★★☆☆
摩耗耐久性:★★★☆☆
走りの軽さ:★★★★☆
振動吸収性:★★★★★
グリップ力:★★★★★

目安価格:6,600円
サイズ:23C、25C、28C
重量:235g、240g、265g
カラー:ブラック
Amazonでオープン コルサを購入する
格安サイトWiggleでビットリアタイヤを購入する

ビットリア [ルビノプロ3/Rubino Pro3]

パナレーサー ルビノプロ3/Rubino Pro3 おすすめクリンチャータイヤの紹介と性能を比較

重要な性能全てを高い次元でバランス良く備えているオールラウンドで人気があるタイヤです。高強度のトレーニングに適していると同時に、レースイベントにも使える性能があります。スピード、グリップ力、しなやかさを最大点引き出すために3種類のコンパウンドを使用し、耐パンク性能を高めています。また、振動吸収性が非常に高いのも特徴です。

耐パンク性:★★★☆☆
摩耗耐久性:★★★☆☆
走りの軽さ:★★★★☆
振動吸収性:★★★★★
グリップ力:★★★★☆

目安価格:5,000円
サイズ:23C、25C、28C
重量:225g、235g、245g
カラー:ブラック、レッド、ブルー、イエロー、ホワイト
Amazonでルビノプロを購入する
格安サイトWiggleでビットリアタイヤを購入する

関連記事

  1. プロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマ

    おすすめパーツ

    ホイール選びの参考に!31ブランドイメージまとめ part③

    ロードバイクのホイールブランドをまとめる記事のpart3です。今回はマ…

  2. 初心者必見!フレーム素材別 性能と特徴まとめ! ロードバイク

    おすすめパーツ

    初心者必見!フレーム素材別 性能と特徴まとめ! ロードバイク

    今回は初心者や入門者の人向けに、フレーム素材の性能や特徴をまとめます。…

  3. PD-5800 105 と PD-6800 アルテグラを比較!ピンディングペダル

    おすすめパーツ

    「PD-5800 105」と「PD-6800アルテグラ」を比較! ビンディングペダル

    乗っていたロードバイクから異音が発生したのでビンデシングペダルをシマノ…

  4. 実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    おすすめパーツ

    実際どっちがいいの?ロードバイクのタイヤ 25Cと23C を選ぶ

    一昔前まではトッププロのロードレースでもタイヤの太さは21~23Cと細…

  5. どれにする?スポーツ自転車のタイヤメーカー 特徴まとめ!

    おすすめパーツ

    どれにする?ロードバイクのタイヤメーカー 特徴まとめ!

    ロードバイク、クロスバイクなどのタイヤは走りを変えるアイテムです。そこ…

  6. どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 - スラム編 ロードバイク

    おすすめパーツ

    どれを選ぶ!?3大コンポーネントメーカーの特徴 – スラム編

    ロードバイクに装備されている3大コンポーネントメーカー【シマノ・カンパ…

人気記事

  1. どれにする?スポーツ自転車のタイヤメーカー 特徴まとめ!
  2. 初心者入門や完成車情報に!おすすめしたいロードバイク関連の本
  3. デザインと機能で選ぶ!サイクルグローブのおすすめブランド 10選
  4. 夜間は注意!自転車のライトに必要な明るさと選び方!
  5. 軽装で出来るパンク対策を考える!
  6. 購入の参考に!ロングライドやレースにおすすめのクリンチャータイヤ
  7. どれにする?ビンディングペダルの4大メーカー 特徴チェック
  8. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ part② アンブロシオ、ティーエヌアイ、ディーティー スイス、トーケン、トッポリーノ、ノヴァテック、ピーゼット レーシング、ファスト フォワード、フルクラム、エークラス
  9. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 31選 part.3
  10. 見た目もこだわる!サイクルジャージのブランド一覧 35選 ①

アーカイブ

  1. シマノ 電動コンポ[Di2]のディレイラー調整方法!

    メンテナンス・修理・調整

    シマノ 電動コンポ[Di2]のディレイラー調整方法!
  2. MTBの草レースに参加してみた - 楽しい!自転車日記

    楽しい自転車日記

    MTBの草レースに参加してみた – 楽しい!自転車日記
  3. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ イーストン、ウルサス、エキノクス、エンヴィ、カンパニョーロ、ゴキソ、コリマ、ジップ、シマノ、スピナジー

    おすすめパーツ

    ホイール選びの参考に!31ブランドイメージまとめ
  4. ロードバイクは軽い方が速い?軽量化で効果が高いパーツは?

    おすすめパーツ

    ロードバイクは軽い方が速い?軽量化で効果が高いパーツは?
  5. 2016 さいたまクリテリウム サガン優勝!初山が2位!

    ロードレースが面白い

    2016 さいたまクリテリウム サガン優勝!初山が2位!
PAGE TOP