ロードバイクを買う前の注意点

買う前にチェック!失敗しないスポーツバイクの選び方と注意点!

スポーツバイクのスタイリッシュな風貌と、スピード感&爽快感に魅せられて購入を検討している人に是非読んでほしい注意点をまとめました。スポーツバイクは決して安い買い物ではないので、後悔がないよう自分に最適な1台が見つかりますように!

【関連記事】
ロードバイク・クロスバイクの初心者入門

ロードバイク・クロスバイクを選ぶ基準

ロードバイクは性能やクオリティの違いで8万円~200万近くするものまで様々です。まずは自分の予算と目的をしっかり決めましょう。バイク以外にも必要な物があるので予算にプラス3万円は余裕を見ておいた方がいいと思います。

仮に12万円の予算があれば3万円残しておきバイクは9万円以下で選びましょう。自分が無理せず使える金額を決めたなら目的を決めます。

ゆっくり近所を走りたい、通勤に使いたい、50km以上走りたい、レースに出たいなどいろいろあると思いますので、ぞれぞれの目的に近い性能のロードバイクを購入しましょう。クロスバイクは4万円からとなります。

自転車以外に必要なアイテム

【必須アイテム】
  • ヘルメット(5000~20000円) - 公道を走るので必ずかぶりましょう。
  • グローブ(3000~8000円) - 転倒した時はまず手を付くのでとても重要です。
  • フロントライト(1000~6000円) - 装備は法律で決められています。
  • リアライト(2000~7000円) - 後ろにつける赤いライトです。
  • 空気入れ(3000~7000円) - ママチャリとは違う規格の仏式が必要。
  • (2000~5000円) - 盗難防止に。
  • アーレンキー(500~3000円) - サドルの調整や急な修理の時に使います。
  • パンク修理キット(1000~2000円) - ロードバイクはパンクしやすいのです。
  • 携帯空気入れ(3000~10000円) - 走行中にパンクした時に空気を入れます。
  • ロードバイクに必要な備品
【あると便利なアイテム】
  • サイクルコンピュータ(5000~50000円) - 走る速度が表示されます。楽しいです。
  • ボトル(500~3000円) - 暑い時期の水分補給に。
  • ボトルゲージ(500~3000円) - バイクにボトルを装着するアイテムです。
  • ビンディングペダル(5000~30000円) - シューズとセットで使用。足がペダルに固定されます。
  • ビンディングシューズ(8000~40000円) - ペダルとセットで使用。
  • ウェア(8000~30000円) - お尻にパッドが入っていたり快適に走れます。
  • サングラス(5000~30000円) - 紫外線や目の乾きから目を守ります。
  • サドルバッグ(3000~6000円) - サドルに付けるバッグ。小物をまとめて入れておけます。
  • スタンド(3000~10000円) - 自転車を保管するときに立てかけられます。ロードバイクのアクセサリー

目的別スポーツバイクの参考価格帯

  • 乗りやすいクロスバイク - 4万円~10万円
  • のんびり近所を走る - 8万円~12万円
  • 通勤で使う - 8万~15万円
  • ロングライド(50km~)に使う - 10万円~30万円
  • レースなど本格的に走りたい - 20万円~

フレームの素材を決める

スポーツバイクのフレーム素材は4種類あります。それぞれ特徴があるのでよく考えて選択しましょう。クロスバイクはアルミが一般的です。(関連記事:フレーム素材別 性能と特徴まとめ!

フレームの素材は4種類

  • クロモリ - クラシカルなスタイルの自転車。鉄製で重いのが難点。耐久力が高く独特のしなりで疲れにくいのでのんびり長期間乗るのいいかも。中高年に人気がある。
  • アルミ - 8~20万くらいの価格帯のバイクに多い。軽くて丈夫。カッチリ硬いので若くて体力がある人向き。クロモリに比べて軽く、スタイルも現代風で若い人に人気。
  • カーボン - 最新の素材。価格帯は20万円~。高価だが路面の振動をしなりで軽減してくれるので疲れにくく非常に軽く予算に余裕があればおすすめです。ただし50万円以上のハイエンドモデルは速く走る為にかなり硬くしてある事が多く、初心者には向かないかも・・。
  • チタン - 珍しい素材で制作しているメーカーも少ない。かなり高価で耐久性が高いみたいです。あまり一般的ではないです。

ロードバイクのフレーム素材

メーカーはフレームだけ

ビアンキ、トレック、ジャイアント、メリダなど様々なメーカー名を聞いたことがあると思いますが、これらのメーカーが作っているのはフレームのみです。(フレームメーカー一覧はこちら)その他の部品は違うメーカーの部品を集めて1台のロードバイクになります。フレーム以外の部品のグレードもチェックして購入しましょう。

パーツの名称

コンポーネントのグレード

フロントデイレイラー、リアディレイラー、クランク、ブレーキ、シフター、スプロケットをまとめてコンポーネントと呼びます。コンポーネントのメーカーは3社(シマノ、カンパニョーロ、スラム)ありますが、日本で販売されている多くのロードバイクにはシマノが装備されています。

そこでシマノ製コンポーネントのグレードをまとめます。参考にしてください。グレードで変速の精度、強度、耐久力、重量が変わってきます。

DURA-ACE(デュラエース) > ULTEGRA(アルテグラ) >105(イチマルゴ) >TIAGRA(ティアグラ) >SORA(ソラ) > Claris(クラリス) > Tourney(ターニー)

  • デュラエース - トッププロが使用する最高峰のグレード。高価ですが強度、軽さなど全てがハイクオリティ。電動タイプ(Di2)もあります。50万円~のロードに装備されている。
  • アルテグラ - 本格的なレースにも対応するハイエンドモデル。電動タイプ(Di2)あり。35万円~のロードに装備。
  • 105 - 標準的なランク。アマチュアで乗る分には必要十分な性能。20万円~のロードに装備。
  • ティアグラ - ロングライドやイベントでも快適に乗れる。ティアグラ以上であれば長い期間乗れると思います。15万円~のロードに装備。
  • SORA - 通勤やロングライドで使用するには問題ないグレードです。10万円~のロードに装備。
  • Claris - できればSORA以上は欲しい所ですが、まったり乗る分には問題ありません。8万円~のロードに装備。
  • Tourney - 格安ロードに付属しているグレード。強度や精度が極端に落ちるのでClaris以上をおすすめします。

何よりもサイズが大事!

スポーツバイクには洋服のように各パーツにサイズがあり安全に・速く・快適にロードバイクを楽しむためには身体に合ったサイズ選びが最も重要です。

フレーム、ハンドル、ステム、クランクなどにサイズの違いがありますが、特にフレームは後で修正できないのでしっかり検討が必要です。フレームはメーカーによって基準が違うのでプロショップの人に聞くか、メーカーのホームページでサイズをしっかり確認しましょう。

トップチューブ(ホリゾンタル換算)を目安にするのが簡単ですね。ちなみに身体に対して小さいフレームは各パーツで調整できますが、大きいフレームはどうにもできないので注意しましょう!

サイズ合わせは本当に大事なので、次記事「ロードバイクを買う前に!各パーツのサイズチェック」で詳しく書きたいと思います。

買う店舗を決める

予算と目的、フレーム素材、買いたいメーカーなど絞れたら購入するお店を決めましょう。お店もプロショップから量販店まで様々です。高価なバイクであればプロショップがいいかもしれません。

今後、メンテナンスなどで長い付き合いになる場合が多いのでしっかり相談に乗ってくれるお店がいいかも。個人的には予算と目的などを聞かずに、できるだけ高価なバイクをすすめてくるようなお店は避けたいです。自分で整備できるならネットやヤフオクで中古の購入もありですね!

  • プロショップ - ちょっと敷居が高そうですが、自店で購入したバイクは無料で点検してくれたり修理代を安くしてくれる場合が多いです。他の店で買ったバイク修理はお断りするお店もあります。
  • 量販店 - 気軽に乗りたいならおすすめです。最近は知識が深い店員さんも増えています。
  • ネット購入 - あまりおすすめしませんが安く購入できる場合が多いです。ただ、ロードバイクは定期メンテナンスが必要なので自分で整備できないと危ない・・。
  • 中古ネット購入 - 安く手に入りますが、事故車や整備不良車もあり知識がないと後で後悔します。購入するときはしっかり調べて覚悟を持って行動しましょう。

安すぎるスポーツバイクはおすすめしません

ネットショップを見るとママチャリと変わらないような格安のロードバイク・クロスバイクがありますが、見た目だけで性能は別物です。現状、本物のロードバイクと言えるのは大体8万円以上ではないでしょうか。

それ以下の予算であれば有名メーカーのクロスバイク(4万円~)をおすすめします。ただ、あるある話なのですが、クロスバイクが物足らず、後々ロードバイクを買いなおす人は結構多いです(笑 自分もそのパターンでした・・。

まとめ

  • ますは予算と目的を決める。
  • 備品の予算も考えておく。
  • フレーム素材を決める。
  • サイズに注意。
  • 買うお店を決める。
  • ロードバイクと呼べるのは最低で8万円以上、クロスバイクは4万円以上

【関連記事】
ロードバイク・クロスバイクの初心者入門

関連記事

  1. オリジナルの1台を!ロードバイクのフレームをカラーオーダーする

    完成車情報

    オリジナルの1台を!ロードバイクのフレームをカラーオーダーする

    ロードバイクは見た目も楽しめるし、個性を出すにはフレームのカラーリング…

  2. 長距離走っても大丈夫!ロードバイクでのつらい膝の痛み解消法とは?

    初心者入門

    長距離走っても大丈夫!ロードバイクでのつらい膝の痛み解消法とは?

    普段の生活では何ともないのに、ロードバイクで長距離走ると膝がキリキリ痛…

  3. 寒い冬でもロングライド!暖ったか自転車ウェアとグッズを紹介!

    ウェア・アクセサリー

    寒い冬でもロングライド!暖ったか自転車ウェアとアイテムを紹介!

    さむ~い冬でもスポーツ自転車でロングライドに出かけたいですよね。そこで…

  4. どれがおすすめ?スポーツバイクを自動車に積載する方法 4パターン

    初心者入門

    どれがおすすめ?スポーツバイクを自動車に積載する方法 5パターン

    サイクルイベントに参加したりする場合には、ロードバイクやクロスバイクを…

  5. タイヤは走りを変える!スポーツ自転車 タイヤの選び方!

    おすすめパーツ

    走りを変える!ロードバイクで重要なタイヤの選び方!

    ロードバイク、クロスバイクのタイヤは走りに直結する重要なパーツです。交…

  6. 軽装で出来るパンク対策を考える!

    メンテナンス・修理・調整

    ロードバイクのパンク対策を考える!軽装でいろんなトラブルに対応したい!

    パンクをしたらせっかくの楽しいライドも台無しになってしまいます。そこで…

人気記事

  1. パワー計測でペダリング改善!ロードバイクのパワーメーターまとめ
  2. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど
  3. 注目選手まとめ1
  4. 25Cサイズ限定!ロードバイクのおすすめクリンチャータイヤを比較
  5. アイウェア選びに役立つ!ブランド一覧 32選 part.2
  6. ヘルメットのおすすめブランドメーカー 10選! | ロードバイク
  7. パンク修理の必須アイテム!スポーツバイク用おすすめ携帯空気入れ!
  8. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ part② アンブロシオ、ティーエヌアイ、ディーティー スイス、トーケン、トッポリーノ、ノヴァテック、ピーゼット レーシング、ファスト フォワード、フルクラム、エークラス
  9. 誰でも簡単にすぐできる!ロードバイクで速く走れる呼吸法とは?
  10. デザインから注文まで!失敗しないオーダージャージ選びのコツとは?

アーカイブ

  1. ロードレース - 2016世界選手権の結果!サガンが力を見せつけて勝利。TTはトニー・マルティンが優勝

    ロードレースが面白い

    ロードレース – 2016世界選手権の結果!サガンが見事に勝利。
  2. 2016 UCIワールドチーム紹介①

    ロードレースが面白い

    2016 UCIワールドチーム紹介 ① 世界ロードレース
  3. ロードバイクのアイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど

    ウェア・アクセサリー

    アイウェアの種類と選び方!- スポーツサングラスのレンズなど
  4. ロードバイク・クロスバイクの盗難防止に!カギの選び方と種類

    ウェア・アクセサリー

    ロードバイク・クロスバイクの盗難防止に!カギの選び方と種類
  5. MTBの草レースに参加してみた - 楽しい!自転車日記

    楽しい自転車日記

    MTBの草レースに参加してみた – 楽しい!自転車日記
PAGE TOP