【た行】 ロードバイク用語集

ロードバイクの専門用語をかんたんに解説! 【た・タ行】

【あ行】 【か行】 【さ行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【らわ行】

た~ タ~

  • タイム (TIME) - フランスのフレームメーカー。フレームは性能的に多くの支持を得ているが価格が非常に高い。ビンディングペダルもリリースしておりこちらも人気がある。参考ページ
  • タイムアウト (足切り) - ロードレース用語。先頭集団から大きく遅れるとタイムアウトとなりリタイア扱いになる。タイムアウト基準は大会やステージによってそれぞれ決められており、山岳ステージではスプリンター勢がグルペットを形成してタイムアウトにならないよう奮闘する姿が見られる。ちなみに日本のアマチュアのサイクリングイベントなどにもタイムアウトが設定されている場合がある。
  • タイムトライアル(TT) ー やや短めのコースをチームや個人ごとに走りタイムを競う競技。少人数、もしくは1人で走るので空気抵抗を受け続ける事になり非常に疲れる。パワーがありやや大柄な選手が得意。TT専用のバイクとウェア、ヘルメットで走る。
  • ダウンチューブ - フレーム部分の名称。参考ページ
  • 楕円リング - クランクが真円ではなく楕円の形をした特殊なパーツ。ペダル回転の360度で力が加わる角度とかからない角度に合わせて楕円にしてあるため理論上は効率よくペダリングできる。しかしトッププロで使用している選手は少なくイマイチ普及していない。使用している有名選手にはクリス・フルームなどがいる。
  • 立ちゴケ - 信号待ちや発車する前など停止している状態でコケる事。カッコ悪いけどビンディングペダルにしているとどうしてもやってしまう。ササッと立ち上がり笑顔でやり過ごすべし!
  • ターニー (Tourney) - シマノのコンポーネントグレード。ちゃんとしたスポーツバイクには装備されない一番下のグレード。 デュラエース(DURA-ACE) > アルテグラ(ULTEGRA) >イチマルゴ(105) >ティアグラ(TIAGRA) >ソラ(SORA) > クラリス(Claris) > ターニー(Tourney)
  • ダンシング - サドルに座らず立って走る事。坂道や急発進、スピードを上げたいときに使用することが多い。座って走る事はシッティングといいます。

ち~ チ~

  • チェーンステー - フレーム部分の名称。クランクからホイール中心までの部分の事。参考ページ
  • チェーンリング - クランクの円周にあるギアの事、小さいインナーギアと大きいアウターギアの2枚ある。サイズが3パターンありノーマルクランク、セミコンパクトクランク、コンパクトクランクと呼ぶ。一般的に装備されているのはコンパクトクランク。参考ページ
  • ちぎれる - ロードレース用語。集団についていけずに大きく離されてしまう事。
  • チタン - フレームやパーツに使用される金属素材の事。軽量でさびにくく耐久性が高いが高価なためロードバイクで使われるのは珍しい。特にチタンフレームを取り扱っているのは数社のみで所有している人も少ない。こだわりがない限りはカーボンを選択したほうが無難。
  • チューブ - クリンチャータイヤの中に入れる薄いゴム製の輪っか。パンクした場合はチューブを交換して修理するため携帯している自転車乗りは多い。ロードバイクやクロスバイク、ママチャリにも使われている。ロードバイクのチューブレスタイヤとチューブラータイヤには不要。
  • チューブラータイヤ - チューブがタイヤの中に縫い込まれているタイヤの事。パンクしにくく回転力のロスが少ないため高速走行に向いている。そのためほとんどのプロ選手がこのタイヤでレースをで走るが、パンクした場合にはタイヤごと交換となるのでコストがかかり作業も大変である。その他のタイヤにクリンチャーとチューブレスがある。
  • チューブレスタイヤ - 車のタイヤのようにチューブがなく直接空気を入れるタイヤ。中途半端な性能なので今のところあまり普及していない。その他のタイヤにクリンチャーとチューブラーがある。
  • 調光レンズ - スポーツサングラスに使われるレンズの1つで紫外線量によって色が変わるレンズの事。紫外線の強い野外の昼間などでは色が濃くなり、室内や夜間は色が薄くなり視界を遮りません。数年で性能は劣化してしまいます。
  • チームカー (サポートカー) - ロードレース用語。レース中に選手と共に移動し補給食を渡したり、作戦を指示したり、パンクなどのトラブルに対応する車。それぞれチームカラーにペイントされていてわかりやすい。
  • チームタイムトライアル (チームTT) - やや短めのコースをチームごとに走りタイムを競う競技。少人数のチームで走るのでしっかりローテーションをしながら走る。パワーがありやや大柄でTTを得意とする選手が長めに先頭を引くなどチームプレイも大事。大会によっては9人制チームで5番目にゴールした選手のタイムが記録となったりするので、4人は千切れるのを覚悟で長めに全力で引くなど作戦も重要。TT専用のバイクとウェア、ヘルメットで走る。

つ~ ツ~

  • ツアー・オブ・カリフォルニア - アメリカで開催され約1週間かけて行われるステージレースの事。5月に開催されるためジロ・デ・イタリアと時期がかぶる。ジロ・デ・イタリアに参加せずツール・ド・フランスの調整でツアー・オブ・カリフォルニアに参加する選手も結構いる。
  • ツアー・オブ・ジャパン - 5月に日本で開催されるステージレース。海外のトッププロも参加して行われ非常に盛り上がる。総合優勝は緑色のジャージ、ポイント賞は青色のジャージ、山岳賞は赤色のジャージ、ヤングライダー賞には白色のジャージが与えられる。
  • 追走集団 - 逃げ集団とメイン集団の中間を走る集団の事。逃げ集団ができた後にメイン集団から飛び出して逃げに追い付こうとする状況が多い。
  • つぶす - ロードレース用語。「逃げをつぶす」や「アタックをつぶす」などと何らかの攻撃的アクションを阻む意味で使用される。
  • ツール・ド・フランス - 世界3大大会の一つ。その中にあっても最高峰に位置し世界最高の選手が全て集結し順位を競い合う。毎年7月に開催され21ステージで約3300km、高低差2000m以上を走る過酷なレース。歴史は古く100年以上前から開催されている。
  • ツールボトル (ツールボックス) - ボトルケージにはめて使う工具入れの事。中にはパンク修理セット、工具、鍵、ライトの電池などを入れておける。こまごました備品をスッキリ収納できるので便利。

て~ テ~

  • Di2 (ディーアイツー) - シマノのコンポーネントに採用されている電動変速装置の事。デュラエース 、アルテグラはDi2(電動式)と機械式を選択できる。電動式の方が価格が高い。
  • ティアグラ (TIAGRA) - シマノのコンポーネントグレード。低価格ながらしっかりした性能で長く乗れる耐久性がある。 デュラエース(DURA-ACE) > アルテグラ(ULTEGRA) >イチマルゴ(105) >ティアグラ(TIAGRA) >ソラ(SORA) > クラリス(Claris) > ターニー(Tourney)
  • ディグリーザー - グリスを落とす効果がある洗浄剤の事。チェーンの清掃にあると便利です。
  • ディスクブレーキ - ホイールに付属したディスクをブレーキシューで挟み込んで速度制御するブレーキの事。マウンテンバイクなど荒れた路面でを走り制御が大変な自転車に装備されている。近年ロードバイク用が開発されロードレースでも使用が許可される動きで「今後はロードもディスクブレークの時代か?」と注目を集めたが、落車時に選手がディスクで大けがをするなどの事件が発生し普及にいたっていない。
  • TT (ティーティー) - タイムトライアルの略称。やや短めのコースをチームや個人ごとに走りタイムを競う競技。少人数、もしくは1人で走るので空気抵抗を受け続ける事になり非常に疲れる。パワーがありやや大柄な選手が得意。TT専用のバイクとウェア、ヘルメットで走る。
  • ディレイラー (変速機) - フロントとリアのギア周りに装着され、シフターを動かすとチェーンを操作して変速させる機械の事。非常に精密にできていてロードバイクを見ていてカッコいいと思うパーツの1つ。しっかり機能させるには調整が必要で0.1mm単位で動きが変わるほどシビア。
  • ディープホイール (ディープリム) - リムの高さが50mm以上のホイールの事。35~40mmはセミディープと呼ぶ。高速で巡航するのに適しているが、重くなるためヒルクライムや漕ぎだしは不利になる。見た目はカッコよくなるためパンチ力はあるが扱いが難しいホイール。参考ページ
  • デュラエース (DURA-ACE) - シマノのコンポーネント最高グレード。重量、耐久力、見た目などすべてがステキです。価格もアルテグラの約2倍とスペシャル仕様になっています(笑  デュラエース(DURA-ACE) > アルテグラ(ULTEGRA) >イチマルゴ(105) >ティアグラ(TIAGRA) >ソラ(SORA) > クラリス(Claris) > ターニー(Tourney)
  • デローザ (DE ROSA) ー イタリアのフレームメーカー。ハートのロゴがかわいいので女性に人気。男性が乗ってもカッコイイ。参考ページ

と~ ト~

  • トゥークリップ (トーストラップ) - 靴のつま先をはめ込めるペダルの事。ビンディングと違いスニーカーなどの普通の靴でも使用でき安価なので導入しやすい。すぐに靴を外せるので転倒する心配もない。ただしビンディングほどしっかり固定されないので効果は薄い。
  • トップチューブ - フレーム部分の名称。サイズ合わせの基準になる部分。ホリゾンタル換算にしてサイズチャックする。参考ページ
  • ドッペルギャンガー (DOPPELGANGER) - ルック車(見た目だけの自転車)の代表格とされる自転車メーカー。見た目はロードバイクですが性能はママチャリに近く、出来ればもう少し予算を増やしてクロスバイク(4万円~)を買うことをおすすめします。
  • トピーク (TOPEAK) - アクセサリー用品をリリースしているメーカー。比較的安価でコスパが良い商品が多い。
  • トラックレース (トラック競技) - 競技場のトラックを周回して行うレースの事。ケイリン、チームスプリント、スプリント、オムニアム、マディソン、ポイントレース、パシュート、タイムトライアル、スクラッチなど多くの種目があり、オリンピックでも正式種目となっている。
  • ドラフティング - 空気抵抗を減らすために、他の人のすぐ後ろを走る事。ドラフトは引くという意味で走行が軽くなり前の自転車に引っ張られる感覚がある事からきている。前との間隔は大体0.3~1mとするのが一般的で間隔が小さいほど空気抵抗は小さくなる。ロングライドでは少し大きめに間隔を開けて横にタイヤをずらすなど何かあれば対応できる準備をしておいたほうがよい。
  • トリム調整 - リアディレイラーにチェーンがかかっている位置に合わせてフロントディレイラーをわずかに動かして調整する事。電動コンポーネントの一部には自動でトリム調整する機能が装備されている。
  • トレイン - 数人で走るときの隊列の事。「トレインを組む」などと表現する。トレインを組めば後ろの選手は楽に走れるため重要な戦術。参考ページ
  • トレック (TREK) - アメリカのメーカー。先進的なアイデアを盛り込んでくる。カラーを自分で組み立てられるシステムも魅力。参考ページ
  • ドロップハンドル - ロードバイクに装備されているハンドルの形の事。シフター、ステム横、下ハンドルと状況に合わせて持つ場所が3か所ある。高速で走るのに向いているハンドル。

【あ行】 【か行】 【さ行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【らわ行】

人気記事

  1. ホイール選びの参考に!30ブランドイメージまとめ イーストン、ウルサス、エキノクス、エンヴィ、カンパニョーロ、ゴキソ、コリマ、ジップ、シマノ、スピナジー
  2. オリジナルの1台を!ロードバイクのフレームをカラーオーダーする
  3. 15万円以内のロードバイク おすすめランキング! 2017年版 
  4. 乗り心地がかわる!クリンチャーホイールに使えるチューブラータイヤ
  5. 自転車用パーツ・ロードバイクが激安!海外通販サイトでの購入方法
  6. 買う前にチェックしよう!目的別 ロードバイクのタイプと特徴まとめ
  7. ロードバイクは軽い方が速い?軽量化で効果が高いパーツは?
  8. スポーツ自転車の盗難対策は?絶対に盗ませない方法!(ロードバイク・クロスバイク・MTB・マウンテンバイク)
  9. ヘルメットのおすすめブランドメーカー 10選! | ロードバイク
  10. ロードバイク漫画。弱虫ペダル・のりりん・Odds -オッズ-・東京自転車少女。の紹介

アーカイブ

  1. 【画像】真似してみる?ロードレースのカッコいい高等テクニック集

    ロードレースが面白い

    【画像】真似してみる?ロードレースのカッコいい高等テクニック集
  2. どれにする?スポーツ自転車のタイヤメーカー 特徴まとめ!

    おすすめパーツ

    どれにする?ロードバイクのタイヤメーカー 特徴まとめ!
  3. 憧れの最上級ロードバイク!32ブランドまとめ 欧州編②

    完成車情報

    憧れの最上級ロードバイク!30ブランドまとめ 欧州編②
  4. 意外と知らない!?ロードバイクのシフトチェンジ基本!

    初心者入門

    意外と知らない!?ロードバイクのシフトチェンジ基本と使い方!
  5. ロードレースの面白さ

    ロードレースが面白い

    そうだったんだ!ロードレース観戦は面白い②【レースは多彩編】
PAGE TOP